1GBの格安SIMプランと最安値調査。本気でどれがいいかおすすめをプロが判断

1GBの格安SIMプランと最安値調査。本気でどれがいいかおすすめをプロが判断

パケットデータ容量が1GBでなるべく安く条件が良い格安SIMのプランを探す方のために

  • 「1GBで最安」
  • 「1GB+アプリ使い放題」
  • 「1GB+音声通話で激安なプラン」
  • 「1GBプランで安いスマホもセットで」
など、それぞれの条件に合わせて格安SIMサービスを探している方も多いでしょう。

そこで2020年2月時点でプロがおすすめする格安SIMプランを徹底的に比較してまとめました。

1GBの格安SIMプランを徹底比較

通信業者【パケットデータ1GB】月額料金特徴や+αで使える機能など
データSIMデータSIM+SMS音声通話SIM
LINEモバイル
(2月18日まで)
500円620円1,200円LINEの音声通話、トーク、画像・動画の送受受信・タイムラインは使い放題
OCNモバイルONE680円800円1,180円スマホがほぼ原価並の値段で購入できる&ミュージックアプリのカウントフリー
イオンモバイル480円1,280円データSIMで最安値。全国のイオン店舗で相談&申し込み可能
BIGLOBEモバイル1,400円エンタメフリー・オプションでYouTubeや音楽アプリが見放題・聴き放題
b-mobile990円1GB=200=で最大20GBまでの段階制プラン
DTI SIM600円7501,200円なし

※すべて税抜き表示です。

その他にも1GBのパケットデータ容量専用のプランを用意している格安SIM(MVNO)業者は多いのですが、料金の安さと大きな特徴を兼ね備えている業者は上記の6社となります。

ただし、LINEモバイルに関しては2020年2月19日より1GBのLINEフリープランが廃止され新料金プラン適用からは最低データ量は3GBと変更されます。

よってLINEモバイルの1GB500円でLINE使い放題(ビデオ通話以外)というおすすめのプランは終了予定なのでこのプランを使いたい方は2月19日までに申し込みしましょう。

1GBのデータSIMのみで最安値は「イオンモバイル」

イオンモバイル

電話番号を発番せず、データのみのSIMプランで1GBであれば最安値となるイオンモバイルです。

イオンモバイルの特徴
  • 1GBのデータSIMのみでは「480円」で最安値
  • 全国のイオン店舗で申し込み&相談可能
  • プランが非常に細く設定可能
  • ドコモ/au回線

4ヶ月割引キャンペーン中

イオンモバイルの大きな特徴は全国にあるイオン店舗での申込みやサポートが受けられる点です。

他の格安SIM業者はUQモバイルやワイモバイル以外はあまり店舗が多くなく、有人店舗でのサポートを受けるのも全国的に少ないのでイオンモバイルはかなり希少な存在です。

よって店舗で申し込みすれば即日スマホも契約もOKなので、これからスマホ料金を節約したくて初めての格安SIMを利用する方にも安心でおすすめできると言えるでしょう。

1GB+音声通話SIMで最安値は「b-mobile s」

電話番号も必要で1GBのパケットデータをつけて千円を下回る格安SIMプランはこのb-moble以外にはありません。

b-mobileの特徴
  • 1GBのデータ音声SIMで「990円」は最安値
  • 1GB毎に200円でデータ増量可能
  • ドコモ/ソフトバンク

無駄なくスマホ代を節約

よって音声通話の1GBプランならこのb-mobileが最安値となり、このプランでは1GB毎に200円ずつの料金が加算され毎月使った分だけの支払いで済むのが最大のメリットです。

〜7GBまで5,000円や〜20GBまで7,000円といったような自分の利用した分だけの支払いができない都合が悪いプランを契約している方にはこのb-mobileの料金プランは救世主となるでしょう。

1GBプランとスマホセットでおすすめの「OCN モバイル ONE」


もしも音楽を聴き放題にしたい方、そしてスマホを新たに購入したいという方にはOCNモバイルONEがおすすめ。

CON モバイル ONEの特徴
  • 音声SIMでも1,180円〜で安い
  • ミュージックのカウントフリーが利用可能
  • スマホがめちゃくちゃ安く購入可能
  • ドコモ回線

スマホの激安セールを定期的実施中

イオンモバイルの大きな特徴は全国にあるイオン店舗での申込みやサポートが受けられる点です。

おすすめポイント①とにかく販売しているスマホが安い

OCNモバイルはそもそもスマホが安い

通常のキャリアや大半の格安SIM業者はスマートフォンを定価で販売していますが、CONモバイルONEでは「スマホを売って利益を得る」ことに固執していません。

ですので他社では実現できない販売価格でスマホを購入することができます。

スマホ機種他社キャリア&格安SIM業者の価格OCNモバイル ONEでの価格
AQUOS sense3 SH-M12約32,000円15,100円
OPPO Reno A約32,000円19,000円
HUAWEI P30 lite約19,000円4,800円

最近の話題のスマートフォンがほぼ仕入れ値ぐらいの値段で購入できてしまえるのはこのOCNモバイルONEだけ。※2020年2月10日時点で常に価格は変動します。

またOCNでは定期的にセールを実施しているので更に安く購入できるチャンスもあります。※ただし大半が音声SIMセットでの申込みが前提となるので端末だけの購入は行なえません。

おすすめポイント②音楽聴き放題の「Musicカウントフリー」

OCNの更に良い点は無料のオプションでMusicのストリーミングアプリが通信量を消費せずに聴き放題で利用できます。

通信量を消費しないカウントフリー対象のMusicアプリAmazonMusic、AWA、Spotify、Google Play Music、LINE Music、ANiUTA、dヒッツ、Rec Music、ひかりTVミュージック
カウントフリー対象とならない通信音楽以外の動画や画像などの読み込みや外部サイトへのアクセスなどの通信、利用中にコース変更(OCNモバイルのプラン変更)等を行った場合、変更適用月1日〜2日の間。
カウントフリー対象とならないプランOCNモバイルONEプリペイド契約者

当然1GBの少量のパケットデータプランを契約していても無料で適用できるオプションなので音楽好きは適用しておきましょう。

参考 MusicカウントフリーOCNモバイルONE

また音楽アプリが普段どれくらいデータ量を使うのか気になる方は以下をチェックしてみてください。

新しいスマホと音楽を聴きまくりたい方には最小限プランでも料金のバランスもよく1GBのパケットプランなら一番おすすめできます。

1GBプランでLINE使い放題「LINEモバイル」※2月18日で終了

ワンコイン500円で1GBのパケットデータとLINE通話やトークが使い放題という2020年2月18日までで終了してしまう今しかないプランです。

パケットデータ通信が1GB分あってLINEは音声通話、トーク、動画・画像の送受信、タイムラインが通信をカウントせずに使えるようになっています。

2020年2月19日以降は500MB:600円のプランもしくは3GB:980円のプランとなるので1GBプランは終了となります。

2020年2月19日から新プラン

イオンモバイルの大きな特徴は全国にあるイオン店舗での申込みやサポートが受けられる点です。

1GBプランの格安SIM選びで重要なポイント

1GBの限られたパケットデータ量で格安SIM業者から良いプランを選ぶ際に知っておきたいポイントがいくつかあります。

①低速モードが用意されているか

1GBで利用できるデータ通信量は限られているのでまず節約もしくは低速モードへ切り替えて月間のパケットデータを節約できるサービスを提供しているかを確認しましょう。

格安SIM業者別節約・低速モードの有無低速モード時の速度
OCN モバイル ONEあり200Kbps
イオンモバイル
LINEモバイル
b-mobile sなし
DTI SIM
通常のパケットデータを節約して通信を行う「節約」「低速」への切り替えモードがある格安SIM業者とそれを提供していない格安SIM業者があります。

ですのでもしも1GBを超えそうな通信を行ってしまいそうな方や、WiFiへ接続する環境が普段から無い方はこの節約モードがない格安SIMを選択してしまうと1GBプランの容量を超えた場合に128Kbpsの低速になってしまいます。

動画やダウンロードなど大量の通信を行う可能性が低そうな方なら問題ありませんが、1GBで足りる自信が無い方は節約モードが採用された格安SIMプランを選ぶことをおすすめします。

②カウントフリーがあるか

1GBの格安SIMでは使える用途が限られてしまいますし、動画アプリや多くの通信を行うアプリを使ってしまうとすぐに速度制限にかかる可能性があります。

格安SIM業者別カウントフリー(使い放題)の内容
OCN モバイル ONEMusicカウントフリー(無料)
リンクスメイトゲームアプリカウントフリー(500円)
BIGLOBEモバイル動画・エンタメフリー・オプション(480/980円)
LINEモバイルLINEフリー(無料)SNSデータフリー(280円)SNS音楽フリー(480円)
イオンモバイルなし
DTI SIM

音楽はAppleMusicを除いてはOCNモバイルONEが無料でつけられるので優秀です。その他のカウントフリーのサービスは別途料金がかかるか1GBプランではつけることができない会社もあります。

最近では音楽アプリのカウントフリー、動画アプリが見放題になるようなオプションサービスを提供している格安SIMサービスあるので1GBのパケットプランがちょっと不安な方は検討してみてください。

1GBプランの格安SIMのおすすめまとめ

格安SIMの1GBプランはあまり提供している業者は少ないです。

その中でまとめるなら以下のようになります。

おすすめの格安SIM特徴やおすすめの用途
イオンモバイル・データSIMのみで最安値
・全国のイオン店舗で受付可能
・節約モードで節約可能
OCN モバイル ONE・スマホを安く購入できる
・音楽アプリを聴きまくれる
・節約モードで節約可能
LINEモバイル・LINE通信がカウントフリー
(2月19日以降は1GBプラン廃止)
b-mobile s・音声SIMで最安値
・1GB=200円で使った分だけ請求
BIGLOBEモバイル・動画や音楽使い放題オプション

1GBプランで契約するならこういった特徴別となりますが、同じ1GBでもよく使うアプリの傾向だったり、節約モードを使うかもしくは電話番号がなくてもよいかなどよく考えて検討してみてください。

基本的には2019年10月以降での格安SIM申し込みの場合は契約期間や解約金1,000円など縛りが厳しくないため色々ためして乗り換えを行ってみても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA