MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

パケット20ギガで絶対的に安い料金プランサービス業者はこの5社

動画、SNS、LINEなど多くのネット通信を必要とするアプリの影響でスマホの20ギガプランを契約している人も最近では非常に増えています。

そこで20ギガのパケットプランをどうせ使うなら毎月の料金を安く抑えたいはずです。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

そこで数あるネットサービスから20ギガプランを利用するなら絶対的におすすめできるサービスを4社厳選しました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

20GBで月額1,980円の神コスパ「ゼウスWiFi」

CMで話題となっているゼウスWiFiがデータ量に対しての業界最安値級の神コスパに挑戦しているということで、今までは40GBと100GBしか提供していませんでしたが、新たに20GBプランをスタート。

その20GBがなんと1,980円という破格の料金設定で、もちろん20GB使い切るまでは1日や3日の直近制限はなし。

また短期間だけ使いたい方のためにも契約縛りがないプランも用意されており、それでも2,380円〜と非常にコスパに優れています。

ゼウスWiFiの料金・プラン概要
月額料金 20GB/2年契約:1,980円
20GB/契約縛りなし:2,480円
通信エリア ドコモ/au/ソフトバンク 4G LTEエリア
Wi-Fi端末 ・H01(持ち運びタイプ)
利用期間 2年 or 期間なし

\ WEB限定キャンペーン /

他社とゼウスWiFiの20ギガを比較

ゼウスWiFiとライバル他社、格安SIMの20GBプランの料金をグラフで比較すると以下のようになります。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

大手キャリアの今では提供していない20GBプランを使っている方ならおそらくパケット料金だけで6〜7千円を払っているでしょうし、その3分の1で利用できると考えたら乗り換えるべきでしょう。

2020年10月からこのゼウスWiFiの20GBプランがスタートしていますが、今の所一番安くて神コスパなのは間違いなしです。

\ WEB限定キャンペーン /

ゼウスWiFiは実際に私も旧プランではありますが、利用しています。

20ギガで月額2,480円「どこよりもWiFi」

100GBプランが3,380円のクラウドSIMのWiFiを提供している「どこよりもWiFi」ですが、20ギガプランの用意もあり、ゼウスWiFiとは端末が異なりますが、2年契約なら2,480円と非常に安い料金で利用できます。

また2年も使う予定がない方は【契約縛りなし】プランもあり、その場合は2,980円となります。

どこよりもWiFiの料金・プラン概要
月額料金 20GB/2年契約:2,480円
20GB/契約縛りなし:2,980円
通信エリア ソフトバンク 4G LTEエリア
Wi-Fi端末 ・JT101(持ち運びタイプ)
利用期間 3年

公式HP:https://wifi.dokoyorimo.com/

また利用の際に使えるポケットWi-Fiは「JT101」というあまり情報が出回っていない新しい形のWiFi端末です。下り速度は最大150Mbpsでソフトバンクの4G LTEが利用できます。

https://twitter.com/axyxa17/status/1247904990133284867

これを持ち運べばスマホ、タブレットなどを外でいつでもWi-Fi接続することができ毎月のコストを抑えられます。

携帯大手とどこよりもWiFiの20ギガを比較

それがだいじWiFiと大手キャリア、格安SIMの20GBプランの料金をグラフで比較すると以下のようになります。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

大手キャリアや格安SIM業者で20ギガを使っている方はなおさら乗り換えを検討してみるのはありです。20ギガのパケットを毎月使うのに2倍以上も料金に差があります。

スマホの料金プランを最小限のプランへ変更しどこよりもWiFiに切り替えたほうが断然節約ができるでしょう。

もしも現在20ギガのプランで毎月5,000円以上の支払いを行っているならどこよりもWiFiは確実に安くなるポケットWi-Fiプランです。

端末があるならFUJI WiFiの20GBもおすすめ

もしも余ってるスマホやデュアルSIM搭載のAndroidスマホ、またはSIMフリーのルーターを持っている方はFUJI WiFiの「SIMプラン(Softbank)20GB」が2,100円でめちゃくちゃ安いです。

公式HP:https://fuji-wifi.jp/

ただしSIMだけが届いて自分で設定などを行わないといけないため、ネット系にあまり疎い初心者の方にはちょっとだけハードルが高めかもしれません。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ですがそこまで難しい設定ではないので限りなく費用を抑えたいという方には圧倒的に安くておすすめできます。

口座振替なら「NEXTモバイル」

ギガゴリWiFiもFUJIWiFiも料金が安いのですがクレジットカードの支払にしか対応していません。

そこで支払い方法で【口座振替】での支払い方法を行いたい方は「NEXTモバイル」がクレジットカード以外の口座振替に対応しておりおすすめです。

NEXTモバイルは20GBで2,400円、30GBで2,700円と低価格設定でさらにはポケットWiFi端末も無料で提供しています。

また2年利用した場合は返却が不要なので2年後はWiFi端末を再利用することもできます。

20GB、30GBどちらのプランでもクレジットカード以外での支払い方法に対応しているので口座引き落としが利用したい方には一番おすすめの業者です。

公式HP:https://next-mobile.jp/

50GBで月額2,980円「Ex Wi-Fi」

50GBで3千円以下!「Ex Wi-Fi」

もしも「20GBや30GBではちょっと不安かも・。」「もうちょっとパケットデータがあれば余裕かも」と考えている方には50GBのパケットデータで2,980円の料金設定となる破格の値段設定の「Ex-Wi-Fi」がおすすめできます。

Ex-Wi-Fiの料金・プラン概要
月額料金 50ギガ 2,980円
通信エリア ソフトバンク 4G LTEエリア
Wi-Fi端末 ・FS030W(持ち運びタイプ)
利用期間 3年

公式HP:https://ex-wifi.jp/

料金形態は非常にシンプルです。月間50GBのたっぷりのパケットデータをわずか2,980円で利用できるポケットWi-Fiサービスは他にはないです。

ギガゴリWiFiと同じく「FS030W」の端末を利用しソフトバンク 4G LTEの幅広いエリアで利用できます。

携帯大手とEx-Wi-Fiと50ギガを比較

Ex-Wi-Fiと大手3社【ドコモ(30GB)ソフトバンク(50GB)au(25GB)】と料金をグラフで比較すると以下のようになります。

ずーっと2,980円の固定月額で利用することができ、大手スマホキャリアで50GBを契約するより半分以下のコストで利用することができるので抜群のコストパフォーマンスです。

契約期間は3年間となりますが、途中解約してしまうと実質無料となっている端末代金と解約金9,500円だけかかるのでその点だけ注意が必要です。

20ギガの格安SIMなら「mineo(マイネオ)」

  • 「別個にWi-Fiを持ち歩きたくない」
  • 「今のスマホを20ギガで安くしたい」

という方には20ギガの格安SIMの中でも特におすすめできるのがmineo(マイネオ)です。

マイネオの料金・20ギガプラン概要
月額料金 auプラン 3,980円(+通話プラン 4,590円) ドコモプラン 3,980円(+通話プラン 4,680円) ソフトバンクプラン 4,070円(+通話プラン 5,030円)
通信エリア ドコモ/au/ソフトバンク
利用期間 ・データプランのみなら縛りなし ・通話プランありなら13ヶ月

公式HP:https://mineo.jp/

もちろんプラン変更は前月の1〜25日までに申請を行えば翌月から適用できます。また10分のかけ放題プランも850円でつけることもできます。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

またマイネオはドコモ・au・ソフトバンクの3社の回線に対応しているので今使っているスマホがそのまま使えます。

マイネオは数ある格安SIMサービスの中でも満足度が圧倒的に高く、サポートセンターよりも親切なマイネオコミュニティを利用できるのも他の携帯会社サービスにはないメリットです。

実際に私もマイネオユーザーですが、毎月1ギガを無料でもらえたり、質問をするとすぐに対処法を同ユーザーが教えてくれたり正直大手3社よりもサポートが充実しています。

携帯大手とマイネオの20ギガを比較

マイネオと大手3社(au、ドコモ、ソフトバンク)の20ギガ+通話プランありの料金をグラフで比較すると以下のようになります。

マイネオの20ギガプランを比較

※大手3社は電話の基本プランとネットプラン(spモート等)をプラスした料金表示になります。

格安SIMにするデメリットとしては多少の通信速度の低下が起きるケースがあります。しかしながら毎月の費用が2,000円〜3,000円、年間で2、3万円も安くなると考えれば検討の余地もあります。

もちろんマイネオも残ったパケットデータは繰り越しもでき、家族・または家族以外の友達にもパケット上げたりもらったりも可能です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

同じようなサービスを毎月数千円高く利用しているなら、乗り換えも意外とですし、格安SIMに乗り換えるきっかけになるかもしれませんよ。

ただし他のポケットWiFiサービスと比較すると、やはり格安SIMサービスということもあり通信速度はある程度制限がかけれられているため、より高速で快適な通信を求めるならギガゴリWiFiやWiMAXなどのポケットWi-Fiが望ましいです。

速度制限中も1Mbpsの「とくとくBBのWiMAX」もおすすめ

もしも20ギガを使っていて「それでもパケットデータが足りない」という場合は30ギガ?50ギガ?とより多くのパケットデータプランへの乗り換えを考えると思います。

ただしギガ数が増えるに連れて毎月支払う月額料金は当然高くなります。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

そこで上限なく使えて定額のWiMAXのポケットWi-Fiがおすすめできます。

WiMAX(GMOとくとくBB)の料金・プラン概要
月額料金 7GBプラン 2,590円 上限なしギガ放題 3,344円
通信エリア WiMAX/au 4G LTE
Wi-Fi端末 【持ち運びタイプ】 ・Speed Wi-Fi NEXT W06 ・Speed Wi-Fi NEXT WX06 【自宅据え置きタイプ】 ・Speed Wi-Fi HOME L02 ・WiMAX HOME 01
利用期間 3年
gababalh
アプリ 画質別 20GBまでの目安
YouTubeYouTube 標準(360p) 高(720p) 最高(1080p) 60時間 16時間 8時間

公式HP:https://gmobb.jp/wimax/waribiki/

毎月20ギガなど決まったデータ量がなく上限がない「ギガ放題」プランがWiMAXでは圧倒的に人気です。

直近3日の間に10GBのデータ量を超えた場合のみ速度制限がかかりますが、10GBを下回れば速度制限が解除され利用できる仕組みです。

ただしこの速度制限は1Mbpsの速度は確保されるので、全く色々なコンテンツが見れないということはなく、画質を落としたYouTubeの動画も見れるレベルの制限なのでほぼ使い放題と同等です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

結果的に月間90GBほどのパケットデータが使えてGMOとくとくBBのWiMAXなら4,000円以下で利用できます。

携帯大手とWiMAXを比較

携帯電話大手3社の20ギガプランとパケット上限がないWiMAXのギガ放題の料金プランを比較すると以下のようになります。

WiMAXと大手3社との料金比較

もしも20ギガでは足りない、20ギガ以上使いたいけど料金が高くなるのは避けたいと考えている方ならWiMAXが圧倒的に安いので非常におすすめできます。

WiMAXはデメリットとして大手3社とは別の通信エリアを使っており、場合によっては利用できない地域や建物に弱い性質もあります。

WiMAXのエリアに関して

もしもWiMAXが使えるエリアが問題なければ持ち運びWi-Fi端末機種を選べば外でスマホやパソコンなど色々な端末をWi-Fi接続できます。

【参考】20ギガはどれくらい使える?

20ギガって工夫すれば節約できるかもしれない、もしくは節約してまで便利なサービスを制限したくないなどパケットデータ量に対して様々な考えをもっている方もいるでしょう。

参考までに今まで私が検証してきたデータ測定の結果から20ギガ使うまでの目安を乗せておきます。

YouTubeの20ギガ消費までの目安

YouTubeは画質の細かな設定が行うことができその画質設定によりデータの使用量が異なります。

アプリ画質別20GBまでの目安
YouTubeYouTube標準(360p)
高(720p)
最高(1080p)
60時間
16時間
8時間

スマホでのモバイルデータ利用時の画質設定はiPhone、Androidでも共に360p〜480p程度の標準画質での設定になっています。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

20ギガまでを考えるとWi-Fiに接続していない状態でのスマホの720pや1080pの画質での動画視聴は避けたほうが良いでしょう。

その他の動画サービスなどの20GB到達までの目安は以下でまとめています。

LINE通話の20ギガ消費までの目安

LINEはトークなどに関してはあまり20ギガを多く消費する機会は少ないのでここでは通話とビデオ通話時の消費データの目安を掲載します。

アプリ内容20GBまでの目安
LINELINE音声通話
ビデオ通話
400時間
40時間

音声通話ならLINE通話でも20ギガ消費するまで400時間となかなか余裕かもしれませんが、遠距離で恋人、友人、家族などとLINEのビデオ通話をモバイル通信で行ってしまうと余裕で20ギガ超える勢いです。

なるべくWi-Fiがある状態でビデオ通話は行うべきですし、LINE通話ならまだマシではある印象ですね。

Instagramの20ギガ消費までの目安

SNSの中でも大きなデータを扱うことで知られるインスタグラムの20ギガまでのパケット消費の目安です。

アプリ内容1GBまでの目安
InstagramInstagram写真閲覧
動画閲覧
ストーリー
インスタライブ
30時間
50時間
50時間
60時間

Instagramの場合は写真を閲覧がもっともパケットデータの消費量が多く、わずか30時間で20ギガに到達してしまう結果となっています。

恐らく高画質の写真データを読み込むことになるので、LIVEやストーリーよりもパケットデータを消費してしまうことが分かります。

自分にあった20ギガプランを探そう

20ギガプランは今や5,000円以上出さずとも使えるサービスが非常に多くなってきています。

多くの人が毎月の固定費で簡単に削ることができるのがスマホ代金です。

今回紹介した4社の特徴をまとめるなら以下のようになりました。

ゼウスWiFi
がおすすめな人
・20GBプランで一番安いプランを使いたい方
どこよりもWiFi
FUJI WiFi
がおすすめな人
・安い20ギガプランを探している人
・今の月額料金が高いと感じている人
・外でもどこでもWi-Fi接続したい人
mineo(マイネオ)
がおすすめな人
・スマホプランの20ギガを見直したい人
・スマホの20ギガプランを安くしたい人
WiMAX
がおすすめな人
・20ギガ以上使えて料金を安くしたい人

それぞれの4社のサービスにも特徴があります。それぞれのメリットやデメリットもあるのでしっかりチェックしてみてより安く「切り替えてよかった」と思えるサービスを探してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる