MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

無線LAN(WiFi)の2.4GHzと5GHzの違いと改善方法は?

スマートフォン・パソコン・ゲーム機などあらゆる通信機器でWiFiに接続を行う際に2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯域があります。

この2つの帯域の違いとインターネット通信ではどのような影響があるのか解説したいと思います。

この記事の重要なポイントタイトル

  • 2.4GHz帯域は混線し建物に強い
  • 5GHz帯域は混線に強く建物に弱い
  • それぞれのメリット・デメリット
読みたい場所へ押して飛ぶ

2.4GHz帯域とは?特徴は?

2.4GHz

2.4GHzは日常のあらゆる機器の通信で多く使われている帯域です。インターネットの帯域だけに限らずBluetoothも2.4GHz帯域を使用しています。

家庭で使われいてる製品であれば電子レンジ・ワイヤレススピーカー・無線マウス・ゲーム機のワイヤレスコントローラーなど幅広い通信機器でこの帯域が使われているという事になります。

2.4GHzのデメリット

2.4GHzは他の通信機器と干渉しやすい

先程述べたように多くの通信機器や普段日常に使われている製品と同じ帯域のため、非常に混雑し干渉しやすく通信が不安定になりやすいデメリットがあります。

もちろんこれはご自身の自宅だけではなくマンション・アパートなどであれば近隣の住人の2.4GHzの通信の影響も受けやすいため密集している住宅なら尚更ネット通信などの混雑が起こるということなります。

2.4GHzのメリット

日常に使われているということもあり、この2.4GHzが多く使われる理由として「壁や床などの障害物に強く、また遠くまで電波が届きやすい」というメリットがあります。

障害物にも強く幅広く通信ができるという理由からあらゆる電化製品で使われているという周波数帯なんですね。

よって2階建てのお家や広いリビング、部屋数が多い自宅だとこの2.4GHzの帯域が幅広く電波が届くためおすすめできます。

5GHz帯域とは?特徴は?

2.4GHzの次世代規格として使われている5GHz帯域。

Bluetoothや多くの人が使っている2.4GHzのWiFi通信とは異なり多く使われることがない帯域となります。

5GHzのメリット

5GHzのメリットは干渉を受けづらい

5GHzは日常的に頻繁に使われている通信ではないため、当然のことながら電波干渉がしずらく2.4GHzと比べると通信の安定度が高いです。

最近ではIEEE802.11acという超高速なWiFi通信が可能なパソコンやスマートフォンなどの対応機種が販売されていますが、このIEEE802.11acの語尾にあたる「11ac」という規格は5GHzの帯域を使ってるのです。

5GHzのデメリット

すべてが2.4GHzと比べて勝っていることはなく、2.4GHzと比べると5GHzは壁などの遮蔽物に弱いという特徴を持っています。

そのため自宅にあるルーターなどから5GHzのWiFiを飛ばしていても受信するスマートフォンや通信機器までの間に複数の壁や階数が異なる場所で通信すると逆に2.4GHzの方が安定して接続できるというパターンもあります。

2.4GHzと5GHzの見分け方

どちらの通信を使い分けるか?という場合にまず

  1. 自宅で使用している無線LANルーターが両方の帯域に対応しているのか?
  2. パソコンやスマートフォンが両方の帯域に対応しているのか?
を確認して置かなければなりません。

この見分け方に関してはそれぞれの機器のスペックもしくは型番でチェック出来るようになっています。

接続するデバイス(パソコン・スマホ・ゲーム機)側の確認

周波数帯 規格 通信速度(最大)
2.4GHz IEEE802.11g
IEEE802.11b
IEEE802.11n
54Mbps
11Mbps
600Mbps
5GHz IEEE802.11a
IEEE802.11ac
54Mbps
6.9Gbps
2.4GHz+5GHz IEEE802.11ax
(WiFi 6)
9.6Gbps
60GHz IEEE802.11ad 6.8Gbps

無線LANルーターやWiFi通信が出来るスマートフォンやパソコン、ゲーム機にもIEEE802.11から始まる通信規格の表示が必ずあるため、チェックしてみると良いと思います。

2019年からは更にIEEE802.11acを高速化させ改良されたIEEE802.11ax(WiFi6ともいう)の標準化が始まりました。※iPhone 11 ProなどのWiFi6に対応した通信端末とWiFi6対応の無線LANルーターが利用できる規格となります。

※ちなみに60GHzはあまり普及せず、今後最高速の通信規格としてはWiFi6が標準化する予定のようです。

無線LANルーター側の実際のネットワーク名(SSID)の確認

メーカーによって実際に接続する場合の5GHz帯のネットワーク名(SSID)は以下の通りです。

メーカー別 5GHzのSSID(ネットワーク名)
NTT SSID-3「XXXX-XXXX-3
NEC 「aterm-XXXX-a
BUFFALO 「Buffalo-A-XXXX」
IOデータ Streamxxxxx」
この赤い部分が表示されている場合は5GHzの電波が発信されているため、もしも接続したいデバイスに表示されれば接続することが可能です。

逆に赤い部分の表示がないネットワーク名は2.4GHz帯となります。

※表に表示されているネットワーク名はあくまでも工場出荷時の場合の表記になるため、注意してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる