パケット50GB(ギガ)でコスパ抜群の料金プランとWiFiサービスはこの4社

スマホでのパケットデータは足りてますか?もしくは大容量パケットデータの契約はしているけど料金が高くてコスパが悪いと感じていませんか?

50GBのパケットデータを使うなら毎月の料金を圧倒的に安くする方法があります。

今回は数多くのWiFiサービスを利用してきたネット回線のプロが絶対的におすすめできるサービスを4社厳選しています。

50GBのパケットデータを使えるモバイルサービスを比較

モバイル通信業者パケットデータ量月額料金
50GB6,500円
比較対象👇
Ex-WiFi50GB2,980円
UQWIMAX月間上限なし3,480円
無制限3,480円
無制限3,450円

50GBが使えるスマホのプランでいうとソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」が有名です。

ソフトバンクの【ウルトラギガモンスター+】の最低維持費ついて

ソフトバンクは50GBの大容量パケットデータの他に動画やSNSのアプリをカウントフリーで利用でき、たくさんの通信が利用できるプランとなっていますが、月間の料金が6,500円〜と毎月の固定費として考えるならコスパが悪いです。

ソフトバンクはCM広告でウルトラギガモンスター+が3,480円〜と紹介していますが、家に別途ソフトバンク光(月額5,200円)の契約と家族3人以上がソフトバンクで家族割を行った場合の料金となっているのでかなり条件が厳しいです。
というよりも、ウルトラギガモンスター+を安く利用するために自宅にソフトバンク光を契約することになるので月額5,200円がスマホ代以外に加算されるとなると意味がよくわかりませんよね笑

ということでソフトバンクを比較対象として、それよりも確実に安くおすすめできるWiFiプランを5社紹介していきます。

①50GBで月額2,980円の「Ex-WiFi」

50GBで3千円以下!「Ex Wi-Fi」

50GBのパケットデータで収まっているソフトバンクユーザーであれば、同じソフトバンクのLTE回線を利用できるにも関わらず、半額の2,980円の「Ex-WiFi」が圧倒的に安いです。

Ex-WiFiの料金プラン詳細
パケットデータ量月50GBまで
初期費用3,000円
月額料金2,980円(税抜)
WiFi通信端末FS030W
最大接続台数15台
通信エリアソフトバンク 4G LTE
契約期間3年の自動更新

手数料は3,000円の事務手数料のみとなっており端末代金は3年利用し続ければかかりません。

Ex-WiFiで提供しているポケットWiFiは「FS030W」という手のひらサイズでこの通信端末で最大15台のスマホやパソコン、ゲーム機を接続できます。
モバイル通信業者パケットデータ量月額料金
50GB6,500円
Ex-WiFi50GB2,980円
同じ50GBのパケットデータが利用でき同じソフトバンクエリアなのにこれだけ料金の差がありますので、どちらがコストパフォーマンスが良いのかは一目瞭然ですよね。

このEx-WiFiの更に深堀りした詳細は以下の記事で解説しています。

②月間上限なしの高速通信「WiMAX」

月間の上限がなく3,480円のWiMAX

「UQ(ユーキュー)」というフレーズのCMを耳にしたことはあると思いますが、UQコミュニケーションズが提供している「WiMAX(ギガ放題)」というサービスは月の上限を設けておらず、データ通信が50GBよりも更に多く利用できます。

UQWiMAXの料金プラン詳細
パケットデータ量月上限なし
初期費用3,000円
月額料金3,880円(税抜)
👇
GMOとくとくBB経由【3,480円】
通信端末Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT WX5
Speed Wi-Fi HOME L02
WiMAX HOME 01
最大接続台数10台〜40台
通信エリアWiMAXエリア
au 4G LTEエリア
契約期間3年の自動更新

50ギガのパケットデータでは毎月足りないというほどヘビーに使っている方には、月間の上限なしで通信が行えて3,480円という非常に良心的な料金設定でおすすめです。

WiMAXで提供しているWiFi端末で横長ながらもコンパクトでSpeed Wi-Fi NEXT W06の端末なら最大16台のデバイスをネットに接続することができ、下りも最大1.2Gbpsに対応し非常に高速です。
モバイル通信業者パケットデータ量月額料金
50GB6,500円
Ex-WiFi50GB2,980円
UQWIMAX上限なし
(※3日10GBの制限あり)
3,480円
(GMOとくとくBBの場合)
auショップや家電量販店、ケータイショップでも申込みできますが、通常月額の3,880円となり、【GMOとくとくBB】のWEB専用サイト経由なら3,480円で利用ができ更に初月は2,170円と非常に安いです。
直近の3日の間の10GBのデータ量を超えた場合のみ翌日まで1Mbpsに速度が制限されますが、すぐに解除されまた通常通り高速通信ができます。

WiMAXはスマホとのセット割りで更に安くなる

WiMAXはKDDIのグループ会社となり、auスマホユーザー、UQモバイルユーザーであればセットによる割引があります。

auのパケット定額などでサービスを利用しているなら最大1,000円のスマホの料金が割引され、格安SIMのUQモバイルを使っている方なら「ウルトラギガMax」という割引が適用され毎月300円が割引されます。

WiMAXとのセット割り実質のWiMAX料金
au毎月最大1,000円割引月額2,480円
UQモバイル毎月300円割引月額3,180円

もしもUQモバイルやauでスマホを契約して利用しているならこの割引やセットは行って損は無いでしょう。※WiMAX契約後に手続きが行なえます。

WiMAXのサービス概要や店舗や量販店ではなくGMOとくとくBB経由が安い理由などを以下で解説しています。

③無制限で使い放題の「どんなときもWiFi」

無制限で使い放題のどんなときもWiFi

CMでも話題になっている無制限のポケットWiFiサービスで、いまいる場所で最適なネット回線をドコモ・au・ソフトバンク3つのから自動選別して接続してくれる画期的なサービスです。

どんなときもWiFiの料金プラン詳細
パケットデータ量無制限
初期費用3,000円
月額料金3,480円
※3年目から3,980円
(口座振替は3,980円)
通信端末D1
最大接続台数5台
通信エリアドコモ/au/ソフトバンク LTE
契約期間2年毎の自動更新

どんなときもWiFiの大きな特徴は月間に50GBなどのパケットデータの制限が一切なく、無制限で使い放題となる点です。

どんなときもWiFiのD1
どんなときもWiFiで利用できる「D1」というWi-Fi端末はこのような縦長の本体でSIMを必要としない「クラウドSIM」を採用することでドコモ・au・ソフトバンクどのLTE回線にもつながるので基本山奥などでなければどこでもつながるのもポイントです。

このクラウドSIMによってこのD1端末は海外にそのまま持ち運んでも通信ができるのも見逃せない点です。

別途料金はかかりますが、わざわざ空港でWiFiをレンタルする必要がないのは海外によく行く方にも良心的でしょう。
モバイル通信業者パケットデータ量月額料金
50GB6,500円
Ex-WiFi50GB2,980円
UQWIMAX上限なし
(※3日10GBの制限あり)
3,480円
(GMOとくとくBBの場合)
無制限3,480円
※3年目から3,980円
(口座振替は3,980円)

いくつかだけどんなときもWiFiのデメリットをまとめるとするならば「同時接続台数は5まで」「3年目から500円の値上げ」なのでもしもたくさんのデバイスを接続する方や長期利用する方は予め理解しておきましょう。

50GBで足りる方ならEx-WiFiで良いですし、50GBなら不安な方は月500円高くなりますが、WiMAXやこの「どんなときもWiFi」を選択するのが良いのでは無いでしょうか。

どんなときもWiFiは実際に私が利用して速度のレビューや踏み込んだ内容をまとめています。

④2ヶ月無料特典と無制限「よくばりWiFi」

よくばりWiFi

よくばりWiFiはどんなときもWiFiと同じくクラウドSIMのWiFi端末を使った無制限で使い放題のWiFiサービスです。

どんなときもWiFiの料金プラン詳細
パケットデータ量無制限
初期費用3,000円
月額料金3,450円
(※最大2ヶ月無料)
通信端末U2s
最大接続台数5台
通信エリアソフトバンク LTE
契約期間3年毎の自動更新

どんなときもWiFiと同じ端末(品名は異なる)を使って、ソフトバンクの4G LTEを使い、月間のパケットデータ量は無制限で利用ができます。

更に「よくばりWiFi」はどんなときもWiFiよりも月額料金が30円安く、利用開始月から最大2ヶ月は無料で利用できます。
モバイル通信業者パケットデータ量月額料金
50GB6,500円
Ex-WiFi50GB2,980円
UQWIMAX上限なし
(※3日10GBの制限あり)
3,480円
(GMOとくとくBBの場合)
無制限3,480円
※3年目から3,980円
(口座振替は3,980円)
無制限3,450円
※最大2ヶ月無料

この比較を見るとよく分かると思いますが、「よくばりWiFi」はどんなときもWiFiを相当意識した料金設定になっています。同じく海外113ヶ国でそのまま端末を持ち出して通信することもできます。

よくばりWiFiのデメリットをまとめるとするならば、どんなときもWiFiと同じ端末を使っており「同時接続台数は5まで」「3年契約が前提」ということなので長期の利用と接続台数をしっかりと理解した上で検討しましょう。

2ヶ月の無料期間もありますし、少しでも安く利用したいという方にはよくばりWiFiでも十分安いのではないでしょうか。無制限で利用できるならもってこいのWiFiサービスに間違いありません。

よくばりWiFiに関してはまだサービスが2019年10月に開始したばかりで利用者の声は少なく、サポートなどがしっかりと整っているのかは不明です。

多くの人が【知っている安心したサービスを使いたい】というのが前提にあると思いますので、安すぎて条件が良すぎて勘ぐってしまう方は実績のある「どんなときもWiFi」を選択するのもよいでしょう。

50GBでコストを抑えるなら「Ex-WiFi」

50GBで毎月の利用で足りているなら、より料金を抑えられるEx-WiFiがおすすめできます。

料金やスペックEx-WiFi
月額料金6,500円
(3人家族+自宅光回線セットなら
2,980円
下り最大速度838Mbps
スマホ端末による
150Mbps
メリット対象SNSや動画がカウントフリー料金が非常に安い
最大15台の同時接続
デメリット毎月の維持費が高い契約の縛りがある
契約期間プランによる
2019年10月より解約金緩和
3年

もしもInstagramやティック・トック、YouTubeなどをヘビーに視聴する方で、カウントフリーないのは不安という方はソフトバンクでもいいかもしれません。

しかしカウントフリー対象となるアプリを頻繁に使っていて、結局ソフトバンクの50GBが余っているということなら半額料金でEx-WiFiを使った方が賢いのではないでしょうか。
3年の契約期間で長いと感じるかもしれませんが、自宅では15台同時接続が可能ですし、家族とも分け合って通信ができるので非常に使い勝手は良いでしょう。

Ex-WiFi公式:https://ex-wifi.jp/

50GB以上使うなら「無制限」「上限なし」タイプのWiFi

50GBのパケットデータで足りなくなる方や、上限を超えて制限にかかるという方はここで紹介した「GMOのWiMAX」「どんなときもWiFi」「よくばりWiFi」から選ぶのが良いでしょう。

料金やスペック

UQWIMAX
月額料金どんなときもWiFi:3,480円
よくばりWiFi:3,450円
GMOとくとくBB経由:3,480円
ケータイショップ・量販店:3,880円
下り最大速度150Mbps1.2Gbps
メリット無制限で使い放題
繋がりやすいLTE回線
上限なしの使い放題
auやUQモバイルのセット割りあり
通信速度が速い
接続台数が最大40台
デメリット接続台数が最大5台まで
セット割りなどの割引がない
通信エリアが狭い
3日10GBの制限がある
契約期間2年3年

使い放題で利用するなら安心感はありますので、月額料金はEx-WiFiよりも多少高くなりますがこの3社から選ぶのはベストでしょうね。

もしもauスマホやUQモバイルを使っている方はWiMAXとのセットの割引が適用されますし、同時接続台数は多いのでWiMAXの通信エリア等が問題なければWiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX公式:https://gmobb.jp/wimax/

また海外での利用や地方出張などが多い方は比較的どこでも繋がりやすいLTE通信を利用した「どんなときもWiFi」や「よくばりWiFi」がおすすめできます。

どんなときもWiFi公式:https://donnatokimo-wifi.jp/

よくばりWiFi公式:https://yokubari-wifi.jp/

【参考】50ギガはどのくらい使える?

50GBは実際にどれくらい利用すれば到達する数値なのか今まで私が検証してきた様々なアプリの測定結果から算出してみます。

動画サービスが50GBに到達するまで

動画はYouTubeや動画配信サービスの海外ドラマなど、ハマってしまうと長時間視聴してしまいがちです。

そこでたっぷりとある50ギガのパケットデータに到達するまでの利用時間を計算しています。

アプリ画質設定50GBまでの目安
YouTubeYouTube標準(360p)
高画質(720p)
最高画質(1080p)
150時間
40時間
25時間
TikTok設定なし100時間
TVer(ティーバー)ティーバー低画質
自動画質
100時間
50時間
AbemaTVAbemaTVLIVE放送
ビデオ放送
325時間
150時間
Amazonプライム・ビデオAmazonプライム

最高
125時間
50時間
25時間
HuluHulu推奨
最高


50時間
25時間
30時間
50時間
75時間
daznDAZNLIVE放送
※節約モード
ハイライト放送
※節約モード
15時間
150時間
12時間
50時間
ライブミーライブミーHD画質
通常画質
80時間
150時間
17live(イチナナ)イチナナ設定なし125時間
ツイキャスツイキャス音声のみ
最低画質
低画質
標準画質
ソース画質
100時間
2750時間
1350時間
350時間
150時間
ふわっちふわっち低品質
中品質
自動
高品質
最高品質
800時間
500時間
150時間
150時間
40時間

特に視聴が多いYouTubeや若者に人気のティックトックなどはだらだらと視聴してしまう可能性が高く、ヘビーに使っているユーザーでは50GBでも足りなくなる可能性が高いです。

これを消費するデータ量を常にしながら節約しつつ使うのも納得いかないという方は今回紹介した無制限や上限なしのポケットWiFiサービスがおすすめできます。

SNSサービスが50GBに到達するまで

ついつい時間があれば見てしまうSNSサービスが50GBに到達するまでの時間も計算してみました。

アプリ利用内容50GBまでの目安
InstagramInstagram写真閲覧
動画閲覧
ストーリー
インスタライブ
75時間
125時間
125時間
150時間
LINELINE音声通話
ビデオ通話
1000時間
100時間
TwitterTwitterタイムライン閲覧
動画・外部コンテンツ
セーフモード機能利用
200時間
175時間
1000時間
Facebook
Facebook
タイムライン閲覧175時間
skypeチャット
音声通話
ビデオ通話
1000時間
850時間
200時間

動画よりは消費量は少ないですが、SNSの中でも特に高画質な写真を次々と閲覧していくInstagramは消費量が激しい印象です。

ましてやInstagramを閲覧するだけでなくどんどんど投稿している場合はそのアップロードにおいても通信量が発生するので要注意です。

ゲームアプリが50GBに到達するまで

最近ではスマホのゲームアプリで日本中だけではなく世界中の方と競い合ってプレイするゲームが多いです。

その通信においてもパケットデータを消費するため50GBまでの目安を計算しています。

アプリ利用内容50GBまでの目安
ドラクエウォーク
ドラクエウォーク
GPS利用
ロビー通信時
プレイにおける通信
1000時間
フォートナイトフォートナイト1150時間
PUBGモバイルPUBGモバイル800時間
荒野行動
荒野行動
1650時間
アイデンティティ5
Identity5
1150時間

動画やSNSに比べて実際もゲームプレイ時のオンライン通信はパケットの消費量は少ないです。

ただしゲームアプリにはアップデートの頻度が多くアップデート時は大きくデータを消費します。

もしもこのアップデートをWiFiに接続できない状態で実施した場合はデータサイズと同じ通信データを消費します。

高グラフィックのゲームアプリなら一回のダウンロードで500MBや1GBを余裕で超える場合もあります。

スマホのアプリ全体で以外にも消費はする

スマホにもしも多くのアプリをインストールしているならアプリのアップデートの頻度も多いでしょうし、スマホ本体のアップデートも含めるとモバイル通信以外でもたくさんデータは消費していることになります。

自宅に光回線などのWiFiサービスを契約していない方はアップデートをしないか、モバイル通信で行っていて50GBで足りないというのも理解できます。

そこでもしも50GBやそれ以上のパケットデータの通信を行うならそれなりに賢く安くネットサービスを使ったほうが得ですし、わざわざ通信データの節約をする必要なんてないはずです。

持ち運びができるWiFiはメリットが多い

また今回紹介しているWiFiサービスなら自分のスマホやその他の通信データが必要は端末のアップデートやネット利用だけではなく、家族や外出先の友人にもネット通信を分け合って利用できるのが最大のメリットです。

もちろん

今では災害も多いですし、万が一の通信障害にも備えて自分でどこでも持ち運べバッテリーで駆動するWiFiサービスはたとえ50GBでも無制限でもコスパに優れているのは間違いありません。

持ち運びができるポケットWiFiサービスについては以下で検証やサービス内容などを詳しく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA