MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

スマホ契約に合わせた高速の光回線選び詳しくはこちら

ドコモのテザリングも無制限「5Gギガホ プレミア」はアリか?ナシか?

ドコモは2021年3月から20GBで低価格のahamoブランドをスタートさせ、従来のドコモプランも大幅に料金とプランを改定しました。

そこで2021年4月から「5G ギガホ プレミア」というスマホでの通信、そしてテザリングも無制限という大胆なプランを新たにスタートしました。

ネトセツ

テレワークが加速する現在で無制限の必要性が高まっている点も含め、この「5G ギガホ プレミア」の料金スペックや他社との比較、注意点などをまとめこれから無制限のLTEを使いたい方にアリかナシかの判定を行ってみたいと思います。

読みたい場所へ押して飛ぶ

ドコモの「5Gギガホ プレミア」の料金スペックと概要

まずドコモの5Gギガホ プレミアを要約すると以下のようになります。

5Gギガホ プレミア

月額料金 無制限
(テザリングも無制限
7,315円/月
〜3GBまで
(テザリングも合わせて)
5,665円/月
※3GB超えて使わない月は1,650円割引
通信可能エリア ドコモ4G/5G
国内通話 家族(ファミリー割引)間は通話無料
家族以外は通話30秒あたり22円
かけ放題オプション
5分無料:+770円
24時間無料:+1,870円
セット割引 家族割 2回線目:-550円
3回線目以上:-1,100円
ドコモ光セット割 -1,100円
dカードお支払い割 -187円

「5Gギガホ プレミア」の料金は無制限で7315円の月額料金で利用ができ、月間に3GB(テザリング含む)以下の利用なら1,650円(税込)の割引が行なわれ5,665円となります。

これはあくまでも家族割、ドコモ光、dカード支払いなどの利用がない場合の単体での契約時の料金となり、セット割引を適用するとそこから更に安くすることが可能です。

ネトセツ

逆にCMやメディアで話題のahamoの場合は家族割もできませんし、店舗での申込み手続きもできないので、その点では不明な点があればサポート窓口もおおいのは本家ドコモのプランならではだと思います。

この無制限プランを選択する方ではありえないとは思いますが、万が一全くデータ通信を使わない月があり、月間利用データ量が3GBを下回った場合は自動的に1,650円の割引を適用してくれるのは多少のありがたいポイントでもあります。

もちろんこのプランは5Gが使えないエリアの場合は4G LTEでも同じく無制限で利用することができるプランです。

ネトセツ

ahamoの存在や格安SIMと比べるといくら無制限とはいえど、料金も安くもなく、自宅でのWiFi利用一択であれば光回線の方がおすすめだとは思いますが、光回線+外でのスマホ利用を一本化したいと考えている方にはもしかするとオトクに感じるかもしれません。

もしも自宅での利用頻度が多い場合は2021年8月から開始されるhome 5Gの方がより安いです。

5Gギガホ プレミアの最大のメリットは【テザリングが無制限】

多くのスマホプランでは最大◯GBまでのスマホ単体のパケットデータが利用可能か、もしくはテザリングは◯GBまでという制限があります。

今回の「5Gギガホ プレミア」においては、ドコモのSIMカードを挿入したスマホだけが無制限になるのではなく、そのスマホからテザリングを行ったパソコンやゲーム機などの通信端末の通信も無制限になることです。

参照:ドコモ公式サイト「5Gギガホ プレミア」紹介ページ

またドコモの公式サイトでも「大容量のテザリングで便利に」という名目で、オンライン授業・外出先・オンラインゲームでもテザリングが無制限で利用できるメリットをプッシュしています。

また格安SIMのように一部速度が低下するMVNOによる通信回線ではなく、より高速な5G/4Gのドコモ本家の通信回線が無制限となります。

ネトセツ

よって自宅にいても、外出先にいても一つの回線を無制限回線をどこにでも持ち歩けるというメリットは今までスマホとは別にポケットWiFi(WiMAX等)などを使ってきた方には料金形態が許せば待望のプランなのではないでしょうか。

もしも自宅に光回線があって自宅ではWi-Fiメインでの利用で多少外出先で多めにデータを使うという方はahamoのほうが良いでしょう。

ドコモ担当者にチャットで質問

5Gギガホ プレミアはあくまでも5Gの対応プランということで、どうしても5Gが使えないエリアでも無制限で使いたい方も多いのでは?と疑問に思ったので直接チャットにて問い合わせてみました。

5Gギガホプレミアの無制限プランは5Gがエリア外の地域でも利用できますか?

5Gエリア外では4Gでの通信となります。

5Gギガホ プレミアのプランで4Gオンリーでの通信しか行なわなかった場合は4Gギガホ プレミアのように60GBのデータ制限がかかるんでしょうか?

いい料金プランに準じたものとなりますため、無制限で利用できます。

では4G利用時でもテザリングも無制限で使えるんですか?

テザリングも無制限で利用できます。

例えば5Gのミリ波対応でないiPhone 12 miniでこのプランを利用することも可能ですか?

iPhone 12 miniは5G対応機種ですので、5G料金プランとして利用が可能です。

ネトセツ

要は5G対応機種であれば自分の地域が4Gエリアのみだったとしても5Gギガホ プレミアプランを利用し、通信もテザリングも無制限でりようできるという答えでした。

5Gがついているプランとなるので、建前上は5G通信が常時使えくても5G対応スマホであればこのプランは使えるという認識ですね。

ドコモとソフトバンク・auの無制限プランを比較

ドコモの5Gギガホ プレミアのプランをauやソフトバンクの無制限プランと比較してみました。

ドコモ ソフトバンク au
無制限プラン 5Gギガホ プレミア メリハリ無制限 使い放題MAX 5G
月額料金 7,315円 7,238円 7,238円
3GB以下利用時の割引 1,650円割引
パケットデータ 無制限
テザリング 無制限 30GBまで 60GBまで

このようにソフトバンクとauと無制限のプランを比較してみるとソフトバンクは30GB、auは60GBまでとテザリング利用時だけはパケットデータ量を制限していることが分かります。

テザリングに対して多くのデータ通信を許してしまうと、他の接続機器による膨大な通信トラフィックが増えて通信回線自体を圧迫してしまうためauやソフトバンクのようにある程度の制限をかけてしまうのは当たり前だとは思いますが、今回のドコモは一味違うようです。

ファミリー割引などのセット割がない状態では3社とも月額料金に大差はないですが、テザリングの条件を考えるとスマホ以外の他の通信端末への接続が無制限となるドコモが有利となります。

ネトセツ

今後のこのプランの契約者数の増加や需要によってはauやソフトバンクも制限を緩めてくる、もしくはドコモ側が制限をかけてくる可能性は十分に考えられますが、現時点ではたくさんのデータをパソコンやゲーム機などでも使いたいと考えている方にはこの5Gギガホ プレミアが有力候補となるでしょう。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」との比較

では大手3社に対し300万人限定に1年間無料キャンペーンを実施し、驚異的な勢いでユーザーを獲得している楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の無制限プランと比較してみます。

ドコモ
(5Gギガホ プレミア)
楽天モバイル
(Rakuten UN-LIMIT Ⅵ)
パケットデータ 無制限 無制限
月額料金 7,238円 3,278円
テザリング 無制限
全国エリアカバー率 100% 74.9%

楽天モバイルとドコモはどちらもパケット通信が無制限、そしてテザリングも無制限ですが、楽天モバイルはドコモの5Gギガホ プレミアに比べて約半額以下の月額料金です。

一見楽天モバイルの方が安くて同じ条件ならお得だと感じてしまう点がありますが、楽天モバイルの無制限通信が利用できるエリアは限られており、場合によっては楽天エリア外となりパートナーエリアの最大5GBまでしか利用できない可能性が高いです。

ドコモは大半がLTEエリアとなっており、カバー率が高く無制限で利用できるエリアもほとんど。

楽天回線エリアは濃いピンク部分のみが無制限エリアで、それ以外の薄ピンクはパートナーエリア(au回線)で月5GBまでしか使えません。

また楽天モバイルはドコモと違いプラチナバンドを採用していないため、建物内、そして地下などの電波が弱い傾向にあります。

更には万が一の地方や田舎などの十分な通信設備が整っていない場所への旅行などでは楽天モバイルは完全にエリア外となるケースが大半です。

ネトセツ

よって山岳地帯でも4G LTEの電波が届きやすいドコモの5Gギガホ プレミアのプランの方が圧倒的に有利ということが分かります。

安くてエリア外で5GBまでしか使えない可能性が高い楽天モバイルか、全国的に無制限で利用できるエリアが広く多少料金が高いドコモ、この2社のどれを選択するかはかなり大きく異なってきます。

楽天モバイルが1年間無料でサービスを提供するのも楽天回線エリアがまだ発展途上で十分にサービスを提供できるまではまだ時間がかかる理由からだと感じています。

ドコモの無制限プランでネット環境の一本化も可能

もしも自宅では光回線もしくはホームルーター、外出先ではスマホで通信として使っている方は2つ合わせて平均して7千円〜1万円ほどの月額料金を払っていることでしょう。

そんな方にはこの5Gギガホ プレミアで一本化することによりスッキリするのかもしれません。

例えばスマホで3千円弱の格安SIMやライトプランなどを契約し、自宅では光回線もしくはホームルーターなどを使っている場合、それを5G ギガホ プレミア1つにまとめれば毎月のコストが逆に安くなる可能性を秘めています。

光回線ほど家でネットはしないけども、多少のパケットデータ量に余裕を持ちたい方、そして仕事や学校、外出先でデータを気にせず動画やSNSを時間つぶしに通信して使いたい方もいるでしょう。

スクロールできます
ネット費用の例スマホ契約その他のネット契約合計費用
ドコモ+光回線の場合ギガライト
月額6,150円
ドコモ光
月額4,400円〜
10,550円〜
セット割で9,450円
格安スマホ+WiMAXの場合UQモバイル
月額3,498円〜
(15GB+5分カケホ)
WiMAX
月額4,268円〜
7,766円〜
5Gギガホ プレミア単体契約5G ギガホ プレミア契約なし7,315円〜

もしもスマホ契約も家のWiFi契約も2つの契約がある方が、ドコモの「5Gギガホ プレミア」一つにまとめた場合、利用しているサービスによっては逆に安くなるケースもあります。

ネトセツ

自宅でわざわざWiFiに切り替える必要もないですし、5Gギガホ プレミアなら外も家も1つのスマホ端末でネットを使えるようになり煩わしさも解決しなおワンプランとして安くなるかもしれませんね。

【注意】5Gギガホ プレミアを使うための条件

この5Gギガホ プレミアを使うための絶対条件として5G通信対応スマホ」での利用が必須となります。

ドコモ公式サイトでは【5G向け料金プランの申込時に5G機種の購入を伴わない場合、5G機種をご利用中であることを当社が確認できた場合に限り、本料金プランをお申込みいただけます。】と書かれています。

よってこのプランを4G LTEにしか対応していないスマホで使うことはNGとされており、5Gギガホ プレミアを申し込みする際にはドコモで5Gスマホを入手するか、自分で5G対応スマホを用意する必要があります。

ドコモで販売中の5G対応スマホは以下です。

機種名メーカー参考価格
(2021年7月17日時点)
※スマホおかえしプログラム適用時の価格
iPhone 12 miniApple58,608円〜
iPhone 12Apple67,584円〜
iPhone 12 ProApple86,064円〜
iPhone 12 Pro MaxApple95,040円〜
AQUOS R6シャープ77,088円〜
Galaxy A52 5Gサムスン39,600円〜
Xperia 1 Ⅲソニー102,960円〜
Galaxy S21 5Gサムスン74,976円〜
 Galaxy S21 Ultra 5Gサムスン100,848円〜
AQUOS sense5Gシャープ39,600円〜
aroows NX9富士通50,688円〜
LG VELVETサムスン46,992円〜
Xperia 5 Ⅱソニー66,000円〜
Galaxy A51 5Gサムスン46,992円〜
AQUOS R5Gシャープ74,448円〜
ドコモオンラインショップによる価格

5Gスマホは4Gスマホより平均価格1〜2万円ほど高めですが、5Gギガホ プレミアを適用させるには5Gスマホへ切り替えする必要があるのでドコモオンライショップなどで予め対象スマホを選択しておくと良いでしょう。

もしもドコモ以外の他社回線を使っている方が今回のドコモへの乗り換えを検討しているのであれば、他社からの乗り換えで対象スマホが22,000円の割引を実施しているので、こういったキャンペーンをうまく活用するのも手です。

ネトセツ

もちろん対象スマホは5G対応Androidスマホ、そしてiPhone 12以降のシリーズも割引対象ですし、支払い方法は一括だけではなく、24回、36回の分割払いなどにも対応しています。

またドコモ直接からではなく、他社で使っている5Gスマホを持っているのであれば、それを使うこともできますし、自分で5GのSIMフリー版スマホを家電量販店や通販サイトで購入し用意することで5Gギガホ プレミアを利用することは可能です。

予め知っておくべき5Gギガホ プレミアの【注意点】

いくら無制限といっても光回線のようなサービスとはことなり、やはりモバイル通信なりの限度があります。

5Gギガホ プレミアの【注意事項】に書かれている、利用するにあたり留意しておくことについてまとめました。

データ量・通信制限について

当日を含む直近3日間のデータ量が特に多い場合は、それ以外の利用者と比べて通信が遅くなることがあります。なお一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

機械的な発信などにより、1度の音声発信またはデータ通信接続において長時間の通話継続または大量のデータ通信があった場合や、一定時間内に連続で音声発信またはデータ通信接続をした場合など、当社設備に影響をおよぼすと当社が判断した場合は、その音声通話を切断またはそのデータ通信の速度を制限することがあります。

無制限とされているこのプランでも限度を超えて通信を行った場合は速度制限や通信切断を行うという注意事項があり、これが実際にどれくらいの通信量という表記がないのですが、1日に100GB、200GBとなる大容量のデータを使用した場合は制限が掛かる恐れがあるので予め留意しておくべきポイントです。

特に機械的なスパム行為などに利用するのも判明した時点で即切断、通信制限の対象となることもこの注意事項からわかることなので、そういった利用はしないようにしましょう。

乗り換え・申込みによる各種割引

5Gギガホ プレミアは「月々サポート」「docomo with」「eリビング割引」「U25応援割」などの各種割引サービスは対象外。

もしも現在ドコモを利用されている方が5Gギガホ プレミアに乗り換えることで上記の割引を適用されている場合はその割引がなくなってしまいます。

海外での利用において

5Gギガホ プレミアは「パケットパック海外プション」を利用したデータが月30GBを超過した場合は残りの利用データ量にかかわらず、当月末まで通信速度が制限される。

5Gギガホ プレミアはあくまで国内通信利用において無制限とされており、海外での通信利用においては30GBのデータ制限が設けられています。

ネトセツ

特に注意しておくべきは膨大なデータ通信を利用することです。オンラインゲーム、オンラインビデオ会議、なども24時間接続しっぱなしなどはもしかすると制限の対象となるので、1日中のサーバーへの接続などを想定しているか方は素直に光回線を検討したほうが良いでしょう。

ドコモでは初となるテザリング無制限ですが、スマホをWiFi端末としてパソコン、ゲーム機、タブレット、日常家電に接続して使おうと考えている方は注意事項を予め理解した上での利用を行っていきましょう。

5Gギガホ プレミアに実際に乗り換えた方の声

5Gギガホ プレミアに切り替えて早速大量のデータ通信を行っている方もいるようですが、短時間で数百GBほどのデータを使うと目をつけられてしまう可能性がないとは言えないのでちょっと心配ですね^^;

3月末で申し込み受付を終了した5Gギガホは60GBの制限がありますが、料金が変わらず5Gギガホ プレミアに移行できるので、もしも5Gギガホの方は乗り換えたほうが良いでしょう。

4月からスタートしたこのプランはギガライトからの乗り換えの場合は翌月5月1日からの適用のようです。MNPや5Gギガホからの乗り換えは即日らしいのですが、ドコモの他のプランからのプラン変更→適用は翌月からのようです。

【結論】5Gギガホ プレミアは家も外も程よく使う層にはアリ

テザリングも無制限となるドコモの「5Gギガホ プレミア」は特に外出が多く外での仕事、そして一人暮らしでインターネット回線を一本化したい方にはアリなプランで今の所間違いないでしょう。

逆に自宅でのネット利用が多い方は料金が数千円ほど安くなる光回線を普通に導入したほうが良いと思います。

ahamoが話題となり、低価格路線のスマホプランが度々取り沙汰される状況ですが、シーンに応じて通信会社を分散してネット環境を用意している方には毎月の固定費を総合的にまとめて安くするという効果もあるでしょう。

ネトセツ

特に自宅でも外出先でもほどほどに使うという方にはこの5Gギガホ プレミアはぴったりなプランには間違いないので、今後のこのプランを利用している方の感想も含め情報を追って行きたいと思います。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 引越しするのとPixel5aへの機変のタイミングが合ったので
    光は引かずにこれで一本化しようかなと思ったけど、ゲームをする層には無理そうですね
    昨今のPS4PS5はゲーム一本インストールするだけで100Gを軽く超えてくるからすぐ制限されそう

    VODガチガチに見まくる層はどうなんだろう?
    制限がかかるか4k視聴でも問題がないか等検証してもらいたいですね

    • 確かに大量なダウンロードやデータを使いまくる場合だと光回線の方が間違いないと思います。
      あくまでも5Gギガホプレミアは20GB、50GBのパケットデータでは足りないかな?という方向けのちょっとライトな大容量プランかなと考えています。
      VODはいくつか検証してましたが4K動画は検証してなかったので、ちょっとやってみようか検討してみます。

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる