MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

スマホ契約に合わせた高速の光回線選び詳しくはこちら

ドコモの20GBの新ブランド「ahamo」を徹底まとめ。安いが注意点も多数あり。

NTTドコモが2021年の3月からスタートした低価格プランの「ahamo」。

本家ドコモは通信品質は最高ですが、料金がちょっと・・・ということで今までは格安SIMなどをやむなく使っていたユーザー層も「これはドコモに乗り換えるでしょ」という声がSNS上では上がっていようです。

ネトセツ

このプラン発表からメディアでも大きな反響があり、他のモバイル回線業者への驚異となっており、この「ahamo」の料金形態やメリットやデメリットについて徹底的にまとめてみました。

※2021年3月1日にさらに料金の変更が加わり内容はそのままで2,980円(税込3,278円)👉2700円(税込2,970円)へ値下げしました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

ドコモの20GB「ahamo」のプラン概要まとめ

ドコモの新プラン「ahamo」の料金概要は以下のようになります。

「ahamo」の概要

月額料金2,970円(税込)
(税抜2,700円)
月間データ量20GB
(超過後は1Mbps)
※追加データは+550円/1GB
通話国内5分かけ放題
(+1,100円で24時間カケホ)
通信エリア4G/5G
(Foma/3Gは対象外)

注目すべきは月間20GBの4G/5Gが利用でき、1回5分までの国内通話無料がコミコミで2,970円(税込)という今までのドコモ史上ありえない料金設定ということです。

ネトセツ

もちろんこの20GBのパケットデータはスマホ単体だけではなく、テザリングも無料で使えるのでタブレットやパソコン、ゲーム機などの接続も可能です。

また20GBを月内に使い切らなかった場合のデータ繰り越し機能はないため、毎月の利用データ量に変動があり、使いたい時にたくさん使いたい方は繰り越し機能がある業者を選んだほうが良いでしょう。

ahamoのメリット

ではまず、今回のahamoの新プランによるメリットをまとめると以下のようになります。

ahamoのメリット
  • 格安SIMやサブブランドの20GBよりも安い
  • 広いエリアと安定した通信が低価格で使える
  • 1回の5分通話し放題がコミコミ
  • ドコモユーザーは無料でMNP乗り換え可能
  • 20GB超えても1Mbpsで使える
  • 5G通信も料金プラン内で利用可能
  • +1,100円(税込)で24時間通話し放題が可能
  • +550円(税込)で1GB追加が可能
  • MNPが無料で行える
ネトセツ

このメリットの中で特に注目すべき内容について以下で解説します。

実際に私も格安SIMから2021年5月にMNPにてahamoに乗り換え、その手順をまとめています。

格安SIMやサブブランド系の20GBプランより圧倒的に安い

今まで20GBプランはドコモ、au、Softbank(50GB)は過去に提供してきたプランとしては珍しくはない状況ですが、それでも7,000〜8,000円と毎月の費用としては高めでした。

また格安SIM業者ではこの20GBプランは平均して4,000〜5,000円と一見お得に見えつつも、格安SIMとしては微妙な料金設定で残っていますが、今回のahamoのプランではこれらのちょいヘビー層にも十分に響く絶妙な料金設定であることが分かります。

回線業者別月間データ量月額料金
(音声通話+データ)
ahamo 20GB
(ドコモの新プラン)
20GB2,700円
(税込2,970円)
BIGLOBEモバイル20GB5,200円
(税込5,720円)
マイネオ20GB1,980円
(税込2,178円)
イオンモバイル20GB3,980円
(税込4,378円)
b-mobile20GB4,790円
(税込5,269円)
楽天モバイル楽天エリア:無制限/20GB/3GB/1GB
パートナーエリア:5GB
20GB時
1,980円
(税込2,178円)
無制限
2,980円
(税込3,278円)
ワイモバイル
(新プラン予定)
20GB
(シンプル20)
4,480円
(税込4,928円)
UQモバイル
(新プラン予定)
20GB
(スマホプランV)
4,480円
(税4,928円)
(通話60分パック時)

このように他社の20GBプランと比較しても格安SIMとは異なり、ドコモ通信品質がそのまま利用できる「ahamo」のコストパフォーマンスが圧倒的なことが分かると思います。

またLTE回線が無制限を謳う楽天モバイルも未だ楽天専用回線のエリアが狭く、大半の方がパートナーエリア(5GB)で利用している状況なため、エリアに強いドコモが同等の料金で攻めてくれば一瞬に不利になるでしょう。

安定したLTE通信が低価格で使える

なによりもドコモのLTE回線は日本国内では現時点でも非常に広い範囲をカバーし、通信品質も国内では最高峰です。

ネトセツ

実際に私もahamoへUQモバイルから乗り換えを行いましたが、非常に快適でドコモ本家の品質の通信がこんなに安く利用できるのはありがたいです(^^)

料金がネックで通信速度を妥協しながら格安SIMで利用してきた方からすると格安SIMより安く、通信品質も安定し、さらにはより多くのデータ通信が利用できるとなればわざわざ格安SIMを使う理由もなくなります。

料金の高さがネックで大手キャリアや今回のドコモの契約を避けてきたユーザーにとってはこの料金プランの発表は度肝を抜く内容だったことは間違い無いでしょう。

ahamoのスマホ対象機種一覧

ahamoに乗り換えるタイミングでスマホを新たに購入する方、また今まで使っていたスマホをそのまま使いたい方に向けて、公式サイトでは対応端末(対象機種)も掲載されています。

iPhoneAndroid
iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max/iPhone 12/iPhone 12 mini/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max/iPhone 11/iPhone XS Max/iPhone XS/iPhone XR/iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 6s Plus/iPhone 6s/iPhone SE(第2世代)/iPhone SE(第1世代)※公式サイトを参照
【以下は発信番号通知・着信通知の設定が不可】
iPhone 6/iPhone 6 Plus

2021年5月時点でahamo公式サイトの対応端末一覧ではiPhone、Androidともに多くの対応機種が発表されていますが、今後も動作検証を行っていき対象機種は増えていくと思われます。

ちなみに2021年5月に発売された新型iPad Pro(セルラー版)でもahamoは特に設定などを行なわずに差し込むだけで普通に使えました。

他社からでも無料てMNP手続きが可能

今までMNP乗り換えによる手数料3,300円が2021年4月1日から無料化となりました。そのため、ドコモユーザーに限らず他社からのMNP乗り換えや転出における手数料がなくなりました。

auやSoftbank、楽天モバイルやその他の格安SIMからのMNP手続きについては従来と同様で転出の場合は転出元、そして転入の際にはahamoからの手数料がかかります。

2021年5月移行であれば、MNP乗り換えが必要ではなくなり、単純なプラン変更で手続きができるようになるので急ぎで乗り換える予定がなければ待っていても良いかもしれません。

ahamoのデメリットまとめ

ドコモらしくない、そして今までのドコモではありえないぐらいの料金形態となった新プラン「ahamo」ですが、当然ながら今までのドコモとは使い勝手とは異なり、デメリットがいくつか存在します。

ahamoのデメリット
  • 店舗受付は有料サポート
  • 電話でのサポートは受けられない
  • 家族割りは適用されない
  • ドコモ光のセット割りも適用されない
  • キャリアメールは使えない
  • ドコモ利用者もMNP手続きが必要
  • 3Gエリアが利用できない

そのためahamoの料金プランが安くてお得だからといってむやみに飛びつかず、このプランの概要をしっかり確認し注意しなければならなりません。

ネトセツ

次はこのahamoのデメリットをいくつかピックアップして解説していきます。

ahamoは実店舗(有料サポート)での申込

この「ahamo」自体の申し込みにおていは、基本的にオンラインでの受付のみとなっていましたが、新たに有料(3,300円の事務手数料)ありでの手続きであれば、最寄りのドコモショップやケータイショップで申込することが可能となりました。

サービス名料金サポート内容
ahamo WEBお申し込みサポート3,300円ahamoの新規契約、MNP乗り換え、ドコモからの料金プラン変更
ahamo WEBお手続きサポート3,300円ahamo契約後の各種手続きサポート

新規申込等のサポートは事務手数料として今までの内容とあまり変わりませんが、ahamoをすでに契約中で毎回ドコモショップへ足へ運ぶ方はその度にサポート料として3,300円の支払いが必要なので、無料でずっとサポートを受けることはできません。

本家ドコモの契約であれば、このサポート料金はかからないのでなにかあれば常にドコモショップへ駆け込む方はここらへんはしっかりと見極めなければなりません。

もしも手数料を払いたくない場合はahamoのはWEBサイトでの受付か専用アプリでの手続き経由での申込が必須です。

とはいっても以外とオンライン手続きは簡単で以下ではahamoへの乗り換え手順を解説しています。

ahamoは元々コンセプトが若い人向けへの新たなプランドとして立ち上げたプランのため、このWEBのみの申し込みという方向性はシニア層には非常にハードルが高いのですが、申し込み対象年齢は20歳以上ということで年齢が限定されているわけではありません。

ネトセツ

今までドコモショップなどの店舗に出向きスタッフの方にすべて任せているという方でもWEB手続きが可能であれば無料で乗り換えることはできます。

ahamo申し込み時のSIMは郵送で送付され到着までは3〜一週間ほどかかり、eSIMについては今後提供予定とのことです。

また最近ではeSIMが採用されたiPhoneやAndroidスマホが増えているのでeSIMでの提供もぜひ行ってほしいですよね。

電話でのサポートを受けられない

またahamoの申し込みや手続きと同様でahamo利用者は電話(ドコモショップ、ドコモインフォメーション)でのサポートが受けられなくなります。

なにか困ったことで毎回ドコモのサポートセンターへ電話を行いサポートを受けていた方からすると、WEBサイトや専用アプリのみのサポートのみとなると心細いかもしれません。

ネトセツ

逆に固定費となる人件費がかかるサポートにおいてはahamoの低価格プランを実現するためにはこの部分は省かざるを得なかったのかもしれませんね。

ただ毎回ドコモショップへ訪れている長年のドコモユーザーが訪問して、今回のahamoについて問い合わせた場合は対応はするみたいですね(^^) ただし初見として訪れる方には門前払いでもしょうがないとは思いますが・・・

家族割りは対象外

家族でもしも現在ドコモの家族割りを行っている場合、このahamoは家族割りの対象のプランではないため、割引が適用されません。

もしも現在家族との大容量シェアや家族割りでの割引を適用されている場合はahamoに乗り換えることで逆に毎月の月額料金が高くなってしまう可能性もあるので、良く考えて検討する必要があります。

3Gエリア(FOMAエリア)が使えない

ahamoはドコモの高速ネットワーク通信を利用し他の格安SIMとは比べ物にならない通信品質を安い料金設定で利用できますが、ドコモ本家と大きく違うのは3G(FOMA、FOMAプラス)エリアが利用できない点です。

fふぉふぉーふぉーmふぉーまFOMAええrえりえりあエリア

もしも地方の方が現在ドコモの4G/5Gプランを契約していてまれに自動的に3Gへのネットワーク切り替えが行われている場合、ahamoでは3Gエリアで圏外になってしまう恐れがあります。

この場合は3Gエリアを抜けないと全く通信ができない状況になってしまうのでドコモから乗り換えたいと考えている方は慎重に検討をしてみたほうが良いでしょう。

ネトセツ

ただ今後ドコモは3GのFOMAエリアを終了させたいようで、4GLTEがそこまで整備されていれば問題ないですがまだ整っていない地域であれば死活問題になるでしょう。

ドコモ光のセット割りも対象外

ドコモの関連サービスとなる「ドコモ光」ですが、従来のドコモのプランであれば光回線サービスとのセット割が適用されましたが、このahamoではドコモ光のセット割りが適用されません。

こちらもファミリー割引と同様で、ahamoへの切替によって各割引が解除されてしまい、逆に家族全員の維持費が高くなる可能性もあるので、不明な場合はドコモへ現在の契約でどれくらいの割引が適用されているか事前に確認しておいた方が良いでしょう。

ただし、ドコモユーザーの家族としてはカウント自体は行われるようで、割引自体は行われないようです。

ネトセツ

要は家族割としてのカウントはするが従来からのドコモの料金プランを使っている方のみ割引対象とし、家族内にahamoユーザーがいる場合はそのahamoユーザーだけが割引が行われないということです。

キャリアメールが使えない

ドコモユーザーでもahamoに乗り換えてしまうと、今まで使えていた「○○@comomo.co.jp」のキャリアメールが利用できなくなります。

これは長年ドコモユーザーとして「○○@comomo.co.jp」のメールアドレスをいろんなアカウントや連絡先として使っている方には正直言っ非常に不便な問題でしょう。

ネトセツ

それでもahamoの料金プランを魅力的に感じるのであれば、思い切ってgmailやヤフーメールなどを取得してアカウントや連絡先をすべて変更する手続きを頑張るしかありませんね。

ahamoとギガホを比較

今回のahamoとドコモで一番の大容量プランとなるギガホを比較すると以下のような違いがあります。

ahomoギガホ
月額料金2,700円
(税込2,970円)
6,980円
(税込7,678円)
月間データ量20GB30GB
(期間限定:60GB)
データ超え時の速度1Mbps1Mbps
5分かけ放題の場合の合計2,700円
(税込2,970円)
7,680円
(税込8,448円)
24時間かけ放題時の合計3,700円
(税込4,070円)
8,680円
(税込9,548円)
ファミリー割引なし回線ごとに最大1,000円割引
ドコモ光セット割なし最大1,000円割引
キャリアメールなし利用可能
申し込み窓口WEBサイト・専用アプリのみドコモショップ
ケータイショップ

家電量販店
WEBサイト・専用アプリ
サポート窓口ahamo専用WEBサイト
専用アプリ
ドコモショップ
インフォメーション

WEBサイト
専用アプリ
通信可能エリア4G/5GFOMA(3G)/4G/5G

現在のドコモのギガホプランと比較してみるとかなりの多くの機能が削られている様に感じますが、逆に必要ない方には思いきり削って料金も削りきったのがahamoのコンセプトということが分かると思います。

ドコモ的にはサブブランドとは頑なに言わないようですが、ドコモからのMNPが現状必要な点で考えれば、どうみてもサブブランドとなるような気もしますが・・・

ネトセツ

格安SIMのプランと同じように一見玄人向けに出したサービスとも言えますし、この内容やコンセプトを理解しなければ用意に乗り換えるのも難しいプラン内容とも言えるかもしれません。

ahamoは間違いなく安いけども内容を良く理解する必要がある

ahamoはたしかに今までのドコモにはなかった「潔さ」がある圧倒的なコストパフォーマンスに優れた新プランと言えますが、今までのドコモユーザーにとって「当たり前にできたこと」が多く削られている点には要注意しなければなりません。

ドコモユーザーが乗り換えて注意する点
  • 家族割りがなくなる
  • ドコモ光セット割引がなくなる
  • キャリアメールがなくなる
  • 電話サポートがなくなる
  • FOMA(3Gエリア)が使えなくなる
  • 20歳以上からの本人名義契約となる
  • 法人は契約できない

もしもドコモユーザーが今回のahamoへの乗り換えを検討しているなら上記の注意点を問題なく容認できるのであれば、万々歳なプランには間違いありません。

また後日にはahamoとは別に「Economy(エコノミー)」というMVNO(格安SIM)と連携したプランも発表予定であり、現状のギガホ・ギガライトについても値下げするという発表が行われています。

また他社を使っている方には特にセット割引やファミリー割引がない点はしっかりと理解しておいた上で申し込みを検討してみるのが良いのではないかと思います。

ネトセツ

とはいっても今回のこの20GBプランの破壊力は凄まじいことには間違いありませんので、他社大手のauやSoftbank、楽天モバイルの今後の出方も見どころではありますし、格安SIM業者がどのようなプランを打ち出してくるのかも楽しみではあります。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる