MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

docomoから新ブランド「ahamo」が発表詳しくはこちら

AppleのAirTag(エアタグ)レビュー。どういった人におすすめできる?

AppleのAirTag(エアタグ)レビュー。どういった人におすすめできる?

Appleの紛失防止となるAirTag(エアタグ)が到着したので実際にどういった用途で使えるのか実機をレビューしていきます。

ネトセツ

使っていく中で気づいた点や今後わかった情報なども随時追記していこうと思います。

読みたい場所へ押して飛ぶ

AirTagは1個で3,800円、4セットなら1個3,200円

AirTagはスマホを使ったスマートタグと言われている紛失を防止するためのタグであり、iPhoneと連携をしてこのタグを紛失したくないアイテムへアクセサリーなどで装着しておくことで紛失を防ぐ効果があります。

Apple製品の中では比較的リーズナブルな製品ではあり、1個3,800円(税込)で販売されています。

もしも一つの荷物の紛失防止として使うのであれば1個で十分ですが、財布、鍵、リュック等、複数の紛失防止タグとして使うのであれば4つセットだと1個の価格が3,800円→3,200円となり少しお得です。

価格4個の合計価格
エアタグ
※1個入り
3,800円15,200円
エアタグ
4個入り
12,800円12,800円
合計:2,400円お得

AirTagはマグネットとほぼ同じ大きさ

AirTagの大きさは冷蔵庫などに貼り付けるマグネットと同じような大きさで、思わずこのタグを紛失してしまうような小ささです。

表面?背面にはアップルロゴが表示され、鏡面仕上げになっており映り込みするのでちょっとした鏡として使えます笑

また逆面はクリアなホワイトカラーで昔のMacBookを思い出すような質感です。

実際に冷蔵庫で使っているマグネットと比べると本当に同じようなサイズ感で、厚さもほとんど変わりません。

ちなみにAirTagもマグネットのように微弱な磁力があるようで、冷蔵庫にほんのり貼り付ける事ができましたが、そもそもこのような使い方をすることは無いかと思います。

AirTagの設定は1分程度で簡単に完了する

まずこのAirTagを使うためにはiPhoneのバージョンをiOS14.5へアップデートする必要があります。

そしてアップデートが完了したiPhoneはAirTag設定時には側に置いておきます。

AirTagの設定は非常に簡単でまず購入時に包装されているこのペリペリと剥がし、AirTag本体と電池の隙間のラベルを引き抜くことで設定が始まります。

起動しているiPhoneが側にあればAirPodsの初期設定のようにiPhone上にAirTagがポップアップされます。

AirTagの名称をプルダウンメニューから設定し名前は任意でカスタムすることもできます。決定したら続けるを押します。

この名前は探すアプリから「持ち物の名称変更」という項目がありいつでもネーミングを変更することができます。

【このiPhoneの位置情報を共有してAirTagのその他の機能を有効にする】表示されれば有効にします。

Apple IDに登録する画面が表示され続けるをタップします。

これで設定は完了です。

AirTagの場所を確認するには「探す」アプリから

AirTagはiPhoneやMac、iPadなどの位置情報を検索する「探す」アプリから探すことができます。

もちろんMacBookなどのパソコンも同じApple IDで利用している場合はMacからでも探すアプリを起動してAirTagの位置情報を確認できます。

探すアプリ内でAirTagは下のメニューバーの「持ち物を探す」から探す事ができます。すると設定したAirTagは上記のようにマップ上でどこにあるのか随時更新されつつ表示されます。

またAirTagには超広帯域無線通信のためのU1チップを搭載しており、このU1チップを搭載しているiPhone 11、iPhone 12シリーズであれば探すという項目が表示されます。

この探すを押すとより正確な場所を探知し設定したAirTagの位置まで矢印で誘導してくれます。

実際の距離やAirTagがある方向はリアルタイムで矢印も動いてくれるので何かに埋もれていて見えない場合でも比較的見つけ出しやすいです。

また目的のAirTagの目の前に近づくとiPhoneが振動し「ここだよ」と知らせてくれます。

家の中でもなくしてしまいそうな鍵や財布などではこの探す機能は非常に有効です。

Siriとも連携して探すことが可能

またAirTagの探すはSiriを使っても起動することができ「Hey Siri、財布(鍵)を探して」と声をかけることで、探すアプリがバックグラウンドで起動します。

またiPhoneのロックを解除していればその状態ですぐに該当のAirTagのサウンドを鳴らしてくれます。

ネトセツ

サウンドはしばらくすれば停止しますが、わざわざ探すアプリをホーム画面から開かずとも声だけで探すことも可能ということになります。

階層が違う場合はお知らせされる

2階建ての自宅や高層ビルなどのオフィスで紛失したAirTagを探す場合は階数を具体的に知らせることはできませんが、「あなたが現在いる階とは別の階にある可能性があります。」と表示され今いるフロアではない可能性をお知らせしてくれます。

ネトセツ

矢印は360度回転はしますが、斜め上や斜め下など立体的には表示されないので上の階か下の階かまでは把握はできないので、その点だけは注意が必要です。

主に無くしそうな鍵や財布におすすめ

AirTagは普段から外出先でも自宅内でもしっかりと持ち物を整理して無くさないという方には不要ですが、外出先でも自宅でも持ち物を無くしがちな方には案外役に立ってくれるツールです。

アクセサリーを装着して鍵(家の鍵、車の鍵)やリュックなどに装着しておけば、万が一の盗難時の瞬間には位置情報を検知して探し出すことができるでしょう。

もちろんU1チップが搭載されていないiPhoneシリーズの場合は「探す」機能が使えませんが、サウンドの再生をタップするとAirTagの音がなり近辺にある状態であれば探し出すことができます。

ネトセツ

私みたいな家でよく財布を探したり鍵を探したりしているズボラな方にはこのAirTagの機能は非常にありがたいです。

AirTagは財布にも入る

少しかさばるかもしれませんが、AirTagは長財布のような少し幅に余裕がある財布であれば余裕で入ります。

特に財布を家中で探す方やうっかり飲み会にいってどこかで毎回なくすような方にはAirTagを入れて置いたほうが良いでしょうし、よく無くす友人がいるのであればプレゼントすることで喜んでもらえるでしょう。

ネトセツ

ただしAndroidユーザーにうっかりプレゼントしないように注意しましょう。

紛失モード時はAndroidスマホでも検知できる

AndroidユーザーはAirTag自体を設定して使うことはできませんが、AirTagを装着した荷物を紛失した場合はAndroidユーザーに探してもらえることも可能です。

他のiPhoneユーザーのAirTagが紛失モード時にされた場合にのみAndroidスマホにも反応するようで、あくまでもAndroidユーザーがエアタグを使うことはできないので注意が必要です。

AirTagはアクセサリーがないとそのものを紛失しそう

設定が完了したのは良いのですが、AirTag単体ではリュックや鍵に取り付けることはできず、キーリングなどのアクセサリーが必須です。

ネトセツ

Apple公式で販売している純正のAirTagアクセサリーは最低でも3,800円〜とこのアクセサリーとセットならAirTagの1個に対し8,000円の出費となるのでうまくAppleの戦略に乗せられないようにと思いましたが純正を買ってしまいました・・・

今ではAmazonでも数百円から販売している類似品が豊富に販売しているのでそっちを買ったほうが断然良いと思います。しかも2個のアクセサリーで700円程度なのでとんだ無駄な出費になりました・・・

ちなみにアクセサリーに装着したAirTagはアップルロゴが入っている鏡面部分はかっこいいのですが、背面になると一気にダサく感じます笑

ネトセツ

デザインを重視するのであればAirTagのホワイトカラーに合った明るめのアクセサリーが良いかもしれません。

AirTagは子供の追跡にはおすすめしない

実際にエアタグを購入した友人からの話だとiPhoneを持たない子供にAirTagをもたせた状態で追跡を行っても見失い、リアルタイムで情報が更新されなかったようです。

当然ながらAirTagはGPSは内蔵されておらず、iPhoneとはBluetoothのみで接続しているため、AirTagを設定した自分のiPhoneから遠く離れると、他のiPhoneを持った人通りがない場合では情報更新が途切れてしまうのが大きな理由です。

Appleでは子供の追跡にはApple Watchを推奨しているようで、AirTagは持ち物専用のスマートタグということを改めて理解した上で検討するようにしましょう。

わざわざ追跡や位置情報をしっかりと正確にリアルタイムに捉えてくれるのはやはりApple Watchの(セルラー/GPSモデル問わず)ようで、それを目的として検討しているならGPSが内蔵されたApple Watchの方がおすすめです。

ただしApple Watchは初期導入費のコストが高いため子ども用GPS専門でサービスを展開している「GPS BoT」や「soranome」などを検討するのも良いでしょう。

またAirTagにはひとつ問題点があり子供がiPhoneを持っている場合は追跡ができるようで、それは赤の他人がiPhoneユーザーであればAirTagを忍ばせると自宅や経路を特定できることに・・

もしも今後心当たりのないAirTagが自分の持ち物(カバン等)に入っていたり、道に落ちていた場合などは拾って自宅には持ち帰らず、交番などに届けたほうが良いでしょう。

もしもスマホを持っているのであれば「知らないAirTag」という通知がくるので、紛失モードになっていないのであれば、その場で電池を抜いて無効化する方法や手順が表示される仕組みになっているのであるAppleとしてはプライバシー対策もしっかり保証しているようです。

ただ、このようなAirTagの使い方はAppleによるプライバシー保護の観点から絶対に行ってはいけませんが悪意を持ってこのような利用を考えている人がいるのも事実です。

ネトセツ

そのまま自宅に持ち帰った場合は他のレビューサイトでは自宅を特定できてしまったという事例があり、今後AirTagのアップデートでよりプライバシー部分が強化しなければ危ないかもしれませんね。

AirTagは無くしものが多い「うっかりさん」には特におすすめ

AirTagはうっかり持ち物を無くしがちな方には非常におすすめのアイテムなので、鍵、財布などの貴重品、自転車など大事なものに身に着けておくと良いでしょう。

また1個の価格もお手頃なので、自分だけではなく家族や友人へのプレゼントにもうっかりさんには喜ばれるかもしれません。

ネトセツ

合わせてアクセサリーを用意する場合はApple純正だと値段が結構高いので、サードパーティー製で十分です🙆

これからAirTagをもう少し使ってみて気づいた点や役立つ情報等が見つかれば追記していきたいと思います。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。
AppleのAirTag(エアタグ)レビュー。どういった人におすすめできる?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる