【検証】AppleMusicのデータ通信量と1GBまでの目安や節約方法

【検証】AppleMusicのデータ通信量と1GBまでの目安や節約方法

モバイル通信でAppleMusicを再生した際のデータ通信量はどれくらいなのか?またダウンロードにおける通信量も合わせて実際に測定してみました。

また外でもどこでもモバイル通信でAppleMusicを楽しみたい方のための節約方法や使い放題にするための裏技も紹介します。

AppleMusic再生による通信量

AppleMusicの通信量

AppleMusicのスマホ本体に保存されていない音楽を10分間、ストリーミングで再生した通信量の結果を確認してみます。

【結果】10分のストリーミング再生によるデータの消費量は「平均して9〜10MB」でした。

10分間で10MBと想定してそれぞれの時間による通信量の消費を計算してみました。

ストリーミング再生時間データ消費量
10分10MB
30分30MB
1時間60MB
10時間600MB
15時間900MB
20時間1200MB(1.2GB)
音楽はSNSアプリや動画アプリなどと比べると比較的低いデータ消費量です。10分だと大体2〜3曲再生ができますね。
AppleMusicは車の運転中でも流したりするので結構活用したりしてます。以外と通信量が少なくて助かりますね(^o^)
ストリーミング音楽系は結構ダラダラと長時間流しっぱなしにすることがあるのでWiFiに接続できない場所だと気づけば結構データを使ってしまう可能性がありますね。
1GBまでの目安音楽のストリーミング再生なら「約16時間」
遠出するときは平気で3時間ぐらい流しっぱなしなのでやっぱ事前にダウンロードしておいたほうがいいですかね?
塵も積もれば山となるので通勤や車でAppleMusicを流しながらであれば予めWiFiに接続してダウンロードをしておいていいですね。

高品質ストリーミング再生時の通信量

高品質ストリーミング再生

次にミュージック設定項目からモバイル通信時の「高品質ストリーミングをON」にすることができます。この音質でも同じく10分間のストリーミング再生を実施してみました。

高品質ストリーミングの通信量

【結果】10分のストリーミング再生によるデータの消費量は「平均して30〜32MB」でした。なんと通常ストリーミングの3倍の消費量です。

10分間で32MBと想定してそれぞれの時間による通信量の消費を計算してみました。

ストリーミング再生時間データ消費量
10分32MB
30分96MB
1時間192MB
10時間1920MB(約1.9GB)
15時間2880MB(約2.9GB)
20時間3840MB(約3.8GB)
高音質ストリーミングはかなり消費量が激しいです。YouTubeなどの動画再生に迫るぐらい通信量を食ってしまいます。
これはちょっとモバイル通信でもやらないほうがいいですね。音質はどれくらい違うんですかね?
通常の音質の再生でもいい音なので相当なマニアでなければ全然普通の音質で十分ですし、わざわざ切り替えなくて良いと思います。
1GBまでの目安
高音質ストリーミング再生なら「約5時間」

曲のダウンロードによる通信量

AppleMusicはモバイル通信時のデフォルトではダウンロードはOFFになっていますが、モバイル通信を使ってもダウンロードを行うことが出来ます。

そこでダウンロード1曲におけるダウンロードの通信量を測定しました。

【3分の曲】

【5分の曲】

【結果】1曲のダウンロードにかかった通信量は「平均して11〜13MB」でした。

また特に曲の分数によるダウンロードの容量の変化はほんの僅かで平均すると13MB程度に落ち着くのではないかと思います。

ダウンロード数データ消費量
1曲13MB
10曲130MB
100曲1300MB(1.3GB)
1000曲13GB
曲数によってだんだんと通信量は増えてくるのでモバイル通信を使用してAppleMusicの曲をダウンロードするのは現実的ではないですね。
100曲もダウンロードしたらすぐに1GB超えてしまうんですね(T_T) 確かにWiFiに接続しておいたほうが安心してダウンロード出来ますよね。
1GBまでの目安
曲のダウンロードなら「約75曲〜80曲数」

AppleMusicの通信量を節約する対策法は?

AppleMusicはどこでも音楽を気軽に聴けるサービスですが、賢く利用しないと結構データ通信量を使ってしまいます。

そこでいくつかの節約方法がありますので参考にしてみてください。

①WiFi環境でダウンロードを行っておく

AppleMusicは曲を検索してライブラリに追加する機能がありますが、WiFiに接続して予めダウンロードしておくことで外では通信量を利用せずAppleMusicの音楽を聴くことが出来ます。

「設定」項目の中にある「ミュージック」を選択します。

 

ミュージック項目の中にある「自動的にダウンロード」をONにしてください。

この設定を行うことでお気に入りの曲を「ライブラリへ追加」した際に「自動的にダウンロード」を行います。

ここで重要なのがミュージック設定の中にある「モバイルデータ通信がオン→オフ」にすることでストリーミング再生&ダウンロードを完全にモバイル通信を使わない設定にすることがでます。

通信制限やデータ量が気になる方は必ずモバイルデータ通信をオフに設定変更をしておいたほうがよいでしょう。

もしも自宅でインターネット契約などをしていない場合はカフェや施設でWiFiに接続してダウンロードすると良いでしょう。

どこでも無料でWiFiが使える最強アプリ「タウンWiFi」フリー(無料)WiFiに簡単に接続できる最強アプリ「タウンWiFi」

②AppleMusicの通信量を消費しないモバイルプランを使う

WiFiだけに接続しダウンロードを行うのも良いですが、最新曲や友人などと集まった歳やドライブなどでダウンロードされていない最新曲や話題曲を突然聞きたくなることもあるでしょう。

そういう場面が多い方はAppleMusicだけではなくYouTubeなどの動画もデータ通信量としてカウントされず使い放題で利用できるモバイルプランが存在します。

上記のアプリすべてがモバイル通信を利用しても使い放題となるBIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」というサービスです。

BIGLOBEではこの通信量がカウントされないアプリ使い放題サービスが1,880円〜の月額料金で使える非常に格安なプランです。

話題の格安SIMのサービスですが、もしも音楽や動画閲覧がメインで毎月のデータプランの通信量を気にしながら利用している方には非常に安く利用できるメリットがあり、なおかつ速度制限による利用制限に悩まされずに済むため非常におすすめです。

動画見放題・音楽聴き放題の格安SIM「BIGLOBEモバイル」の評判とキャンペーン動画見放題・音楽聴き放題の格安SIM「BIGLOBEモバイル」の評判とキャンペーン
注意
ただしAppleMusicでも曲のダウンロードにおける通信量だけは対象外となるので注意してください。

Softbankでも似たようなサービスを開始したようですが、月額料金が1年間だけ3,480円(家族割りが必須)で2年目以降は5,000円〜ほどかかり毎月のコストは結果的に高くなります。

ソフトバンクの【ウルトラギガモンスター+】の最低維持費ついてソフトバンクの50GB【ウルトラギガモンスター+】の最低維持費ついて

BIGLOBEモバイルならこの使い放題のサービスを約半額で使うことができるので毎月のコストも考えると非常におすすめです。

BIGLOBEモバイルはYouTubeも見放題になるので、動画も見る方はかなり通信量の節約に貢献できると思います。YouTubeはAppleMusicよりも通信量を多く消費するため、音楽も動画もデータ量にカウントされないのであれば非常にメリットが高いですね。

YouTubeのデータ通信量も検証しているので気になる方はチェックしてみてください。

画質設定別でYouTubeのデータ通信量の目安を検証。節約のヒントに!【検証】YouTubeアプリのデータ通信量の目安と節約方法まとめ

その他の音楽アプリの通信量は下記をチェック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA