クレジットカードをiPhoneに登録してApplePay(アップルペイ)を使う

【写真付き】クレジットカードをiPhoneに登録してアップルペイを使うため流れ

iPhoneだけでスマートに買い物をしたい。クレジットカードを出さずに決済ができるApple Pay(アップルペイ)の登録方法の流れを写真付つきで解説していきます。

アップルペイにクレジットカードを登録する方法

Apple Payへカードを登録手続きをするために手元にクレジットカードもしくはプリペイドカードを用意しておきましょう。

STEP.1
「Wallet」>「+」ボタン
WALLETを選ぶ
プラスボタンを押す

ホーム画面から「Wallet」というアプリをタップし、表示された画面で「+ボタン」もしくは「カードを追加」を選択します。

STEP.2
カードの種類で「クレジットカード」を選択
続けるを選ぶ
クレジットカード/プリペイドカード

次の画面で「続ける」を選択したらカードの種類の表示画面で「クレジット/プリペイドカード」を選択します。

STEP.3
クレジットカードを「読み取る」
カード読み取りのカメラが立ち上がるのでクレジットカードを置いて読み取る
読み取ったカードをチェックして名前を入力

クレジットカードの番号を読取るためにカメラが立ち上がりますので、クレジットカードをカメラ枠内に置いて読み取りさせます。次に読み取ったカード番号と名前を確認したら「次へ」を押します。

明るさやカードの状態により表面の文字をうまく読み取れない場合もあるため、カード番号そして名前(クレジットカードに表記された大文字アルファベット)に誤りがないかしっかりチェックしてください。
STEP.4
タイトル4
カードの有効期限とセキュリティコードを入力
利用規約を読み同意

次に「有効期限」と「セキュリティコード」を入力して「次へ」を押します。その次の画面では利用条件が表示され読んで問題がなければ「同意する」を押します。

有効期限は読み取り時に入っている場合がありますが、誤りがあれば訂正してください。セキュリティコードはカード裏面もしくは表面に表示されている3桁もしくは4桁のコードです。
STEP.5
カードを追加しIDもしくはクイックペイの表示がされる

「カードを追加中」と表示されカードの登録が開始されます。問題なく登録が完了できればQUICPayもしくはIDで利用できますと表示されます。この画面から「次へ」をタップします。

STEP.6
「利用可能になりました」と表示されたら完了

(※クレジットカード名)がApple Payで利用可能になりました。と表示されればクレジットカードの登録は完了です。

SMSにメッセージが届く

またこのようにSMSにてApple Payにクレジットカード登録完了のメールが届きます。

ここで誤りがあればエラがー表示されるため、

  1. クレジットカード番号
  2. 名前
  3. 有効期限
  4. セキュリティコード
読み取りや入力を見直して登録し直してください。

Apple Watchにもそのまま登録が可能

Apple Watchをすでに利用している方は自動的にクレジットカードを追加で登録ができますと表示されます。

STEP.1
「今すぐ追加」をタップする

Apple Watchにもカード登録が可能

もしもApple Watchでも同じようにApple Payを利用したい方はこの状態で「今すぐ追加」を押します。

STEP.2
Apple Watchの「ロックを解除」

もしもApple Watchを腕にはめていない場合は【Apple Watchのロックを解除】と表示されます。

STEP.3
Apple Watchのロックを解除する

Apple Watchのロックを解除

Apple Watchのロックをパスコードで解除します。

STEP.4
クレジットカードのセキュリティコードを入力する
iPhone上のカードと表示されセキュリティコードを入力

ロックが解除できたらApple Watch側はクレジットカード番号の入力は不要でセキュリティーコードだけ求められます。ここで入力をし「次へ」を押します。すると同じく利用条件が表示されるため「同意する」を押します。

STEP.5
「Walletに追加されました」と表示されたら完了

「○○カードがWalletに追加されました。このカードはQUICPay or IDマークの提示があるお店でご利用いただけます」と表示されたらApple Watch側も登録が完了です。

この様にApple Watchの画面側で「アクティベート中」と表示されているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA