ルーター

BUFFALO(バッファロー)ルーターの初期の設定と流れを解説

BUFFALO(バッファロー)ルーターの初期の設定と流れを解説

BUFFALOルーター「WSR-2533DHP」を用いて初期の設定の流れを解説します。

この型番より旧型となる無線LANルーター機種の場合は設定方法が異なる可能性があるため、注意してください。

STEP① BUFFALOルーターの付属品を確認

BUFFALOルーターの初期設定
例)BUFFALO「WSR-2533DHP」製品の付属品
1.ルーター本体
2.ルーター用スタンド
3.電源アダプタ
4.LANケーブル
5.セットアップカード/説明書

ルーター本体、電源アダプタ、LANケーブルは必ず必要になるため、なくさないよう注意してください。

BUFFALOルーターにはセットアップカードが付属する

セットアップカードは無線接続に必要
ネト研究博士
ネト研究博士
また比較的最新のBUFFALOルーターにはこのセットアップカードというスマホやパソコンを無線で接続するためのパスワードの情報が書かれたカードが入っているのでこれも予め用意しておきましょう。
相談者
相談者
これが入っていない場合や無くしたらどうしましょう??
ネト研究博士
ネト研究博士
大丈夫です(^^) この情報はルーター本体の裏側にも表記されているので万が一無くしたとしても本体を見れば確認できますよ!

ただし本体をいちいち裏返してパスワードなどをチェックすることになるため、手元に用意できるのであれば用意しておいたことに越したことはありません。

ネト研究博士
ネト研究博士
予めセットアップカードのネットワーク名とパスワードをスマホで撮影しておいて、セットアップカードは無くさないようにしまっておいて良いと思いますよ(^^)
相談者
相談者
あ、そうですね!それいい案です!
ネト研究博士
ネト研究博士
ただしネットワーク名とパスワードは大事な情報なので、写真を残してるスマホも普段からロックかけたりなど、ちゃんとセキュリティ対策もしておいてくださいね!

STEP② BUFFALOルーターとOUNをLANケーブルで接続する

ルーターとONUを接続する

まずBUFFALOルーターと自宅に設置してあるONUと呼ばれる機器(光回線を部屋へひっぱってきている終端装置)へLANケーブルへ接続を行います。

ONU(モデム)のLANからINTERNET差し込み口へつなげる
ネト研究博士
ネト研究博士
ちなみにONU(モデム)からは「LANと呼ばれる部分のどれか一つ」にLANケーブルを差し込みBUFFALOルーター側へは「INTERNET」と呼ばれる差し込み口へLANケーブルを指します。
相談者
相談者
この差込口を間違ったら・・・?
ネト研究博士
ネト研究博士
インターネットに繋がりませんよ(^o^)
相談者
相談者
そうなんですね。これは間違わないようにしないとですね。
相談者
相談者
ちなみに壁からケーブルでルーターに繋がれて設置されてるんですが、それもONUというもので間違いないですか?
ネト研究博士
ネト研究博士
ONU内蔵ルーターの可能性が高いですね!同じ意味合いで間違いないです。またモデムとも言われているのでその機器とBUFFALOルーターを接続します。
ネト研究博士
ネト研究博士
BUFFALOルーターと接続が完了したらBUFFALOルーターの電源アダプタを接続して電源を入れましょう。

STEP③ BUFFALOルーターとパソコンもしくはスマホで接続を行う

セットアップカードは無線接続に必要
ネト研究博士
ネト研究博士
BUFFALOルーター本体の電源が入り、2分ほど経過して起動が完了したら、付属品となる「セットアップカード」をもとにWiFiの接続を行います。

LANケーブルで有線接続することが可能であれば手間は省けるのですが、デスクトップパソコン以外で設定する場合は多くがWiFiのみにしか対応していない機種が多いためWiFi接続設定からの流れを解説します。

STEP④ BUFFALOの画面に沿って初期設定を行う

WiFiもしくは有線LAN接続でBUFFALOルーターと接続が完了したら下記のような設定画面が表示されます。

インターネット回線判別中
ネト研究博士
ネト研究博士
BUFFALOの設定画面(エアーステーション)にて回線判別が行われます。ここで「Internetの側の確認を行う」をクリックします。
ログイン画面が表示されadmin、passwordでログイン

次にログイン画面が表示されます。ID、パスワードを入力します。

工場出荷時(初期の設定)では

  • ID admin
  • パスワード password

と入力するとログインが出来ます。

ネト研究博士
ネト研究博士
次の画面でプロバイダー情報の設定という項目が表示された場合は契約しているプロバイダの接続用IDとパスワードの入力が必要になります。

この画面が表示されずインターネット接続が完了する場合もあります。

契約中のプロバイダーの情報はインターネット回線を契約した際に書類が送られてきており、その書類の中に基本的には記入してあります。

もしも契約したプロバイダの書類が不明な場合は各プロバイダへ問い合わせが必要です。

接続IDと接続パスワードを入力
ネト研究博士
ネト研究博士
基本的には「接続先ユーザー名」「接続先パスワード」という項目のみでOKです。その他の項目は入力は不要です。一番下へスクロールし「進む」ボタンを押します。
ネト研究博士
ネト研究博士
入力が完了し次の画面へ進めると接続テストが行われ「接続成功です!」と表示されたらインターネットの接続は完了します。

もしも何度もIDやパスワードの入力間違いで接続ができない場合、上記のBUFFALOの設定画面左上にある地球儀のマークを押せば何度もネット判別〜の再設定を行えます。

最新のファームウェアへの更新を行う

接続が完了すると最新版ファームウェアに更新出来ますと表示されています。

ネト研究博士
ネト研究博士
ここでは最新版ファームウェアに更新しておいたほうがセキュリティやインターネット通信の安定度が高まりますので必ず実施しておきましょう。
最新のファームウェアへ更新
ネト研究博士
ネト研究博士
現在のバージョンを確認し、選択項目の中に最新のバージョン(数値が多いもの)があればチェックを入れて「更新実行」ボタンを押します。
ネト研究博士
ネト研究博士
ファームウェア更新中は絶対に電源を切ったりしないよう注意してください。途中で電源を落としてしまうと故障の原因となります。

ファームウェア更新もすべて完了したらBUFFALOルーターの初期設定は完了です。

【おまけ】BUFFALOルーターへ切り替えた理由

BUFFALOのWSR-2533DHP

私が実際にしようしていたWiFiルーターは古く、最近になり「調子がおかしい」「ネット接続が不安定」「速度が遅い」という状況でした。

その際に最新で性能が従来よりUPしている人気の無線LANルーターというのを調べた結果【BUFFALOのWSR-2533DHP】というルーターを購入するに至りました。

ネト研究博士
ネト研究博士
結果的に従来の無線LANルーターよりもWiFi接続をした時点で3倍ほど速度が早くなり今では快適に利用できています。

もしも

  • 「使っているルーターは結構年月が経っている」
  • 「速度が以前よりも遅くなってきたかも」
  • 「思うように速度がでなくてストレス」

という状況であれば思い切って最新の技術が搭載された無線LANルーターへ切り替えてみるのも改善策の一つではないかと感じます。

最新でWiFiの高速通信が可能な無線LANルーター5選
最新技術搭載で最強の無線LANルーターの選び方とおすすめ3選スマホ・タブレット・携帯ゲーム機など有線接続が出来ないWiFi通信必須のデバイスを持っている方が多い中、無線でのインターネット通信を快適...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。