MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

Chromebookの初期設定の手順解説

Chromebookを最初に購入して電源を入れてからの初期設定手順を解説します。

またChromebookは起動時にWiFi接続を行いGoogleアカウントでの認証を行うため、オフライン環境ではなくなるべくWiFi環境へ接続できる状態でのセットアップを推奨します。

読みたい場所へ押して飛ぶ

Chromebookの初期設定の手順

STEP
 Chromebookを起動したら「続行」をクリック
STEP
ネットワークへの接続を行う

次にGoogleアカウントの情報を復元するためにネットワーク(WiFi)接続を行います。

普段から利用しているネットワーク名とパスワードを入力し接続が完了したら「次へ」をクリックします。

STEP
Google Chrome OS 利用規約に「同意して続行」する
STEP
Chromebookへのログイン画面で「Googleアカウント」でログインする

ログイン画面ではGoogleアカウントで利用している「メールアドレス」と「パスワード」で「次へ」を押してログインを行います。

もしもGoogleのアカウントを作成していない場合は以下より無料で作成ができます。

STEP
ログイン後は「同意して続行」をクリック

またChromebookへGoogleアカウントでログインを行うとすでにログインしている端末宛に上記のようなセキュリティ通知が届きますが、自分の操作であればそのまま無視して構いません。

STEP
Google Playのアプリとサービスに「同意する」をクリック

Google Playのアプリとサービスという項目で右下の「もっと見る」をクリックします。

更に表示された項目を表示して右下に表示された「同意する」をクリックします。

STEP
インストールしたいアプリを選択して「インストール」する

すでにこのGoogleアカウントでGoogle Playストアよりダウンロードして利用していた場合は、ここに同じアプリが表示されます。

ダウンロードしたいアプリのみを選択して「インストールして続行」でダウンロード&インストールが行なえますが「スキップ」を押して後ほどインストールすることもできます。

任意で選択したアプリはインストールが開始されていますが、その途中で「設定を続行」を押して次に進みます。

STEP
Googleアシスタントの設定を行う

Googleのパートナーはアシスタントと協力し・・・と表示されたら「次へ」をクリック

Voice Matchでアシスタントにアクセスという項目で「同意する」をクリック

アシスタントの設定が完了したら「完了」をクリックします。

STEP
Androidスマートフォンとの連携を確認する

もしも今回ログインしたGoogleアカウントをAndroidスマホでログイン設定している場合は対象デバイスが表示されます。

例えばChromebookをロックしている場合、連動したスマホのロックを解除すればChromebookのロックを解除することが可能になるので連携しておいて損はないでしょう。

設定が終わり、デスクトップ上に【こんにちは、○○○さん】と表示されればChromebookの初期設定は完了です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

また時間があるかたは「使い方ガイド」で操作方法などを確認しておくと良いでしょう。

オフラインでは初期設定はできる?

実施にChromebook初期設定時にすぐにWiFi接続を促され、その項目には「スキップ」という項目が存在しませんでした。

初期設定時は必ずインターネット接続が必要なようで、初期設定が完了さえすればオフラインでの作業もChrome側で設定して行うことができるようです。

オフラインでChromebookを使用するための設定

ただしAndroidスマホをメインで使っている方なら、Chromebookも常にオンラインで使ったほうが写真、ファイル、作業内容が瞬時に同期されてより使い勝手が増します。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

Androidスマホとの連携がChromebookの強みの一つでもあるのでぜひオンライン利用は前向きに検討してみたほうが良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる