初心者でも分かる「クラウドSIM」の仕組みと取扱い業者の徹底比較とおすすめ

普段からWiMAXやLTE通信を使ったポケットWiFiを活用している方は耳にしているかと思いますが、2019年に多くの企業から「クラウドSIM」を採用したWiFiサービスが販売されました。

クラウドSIMとは端末に物理SIMを使わずともLTE電波を受信し、海外に持ち運んでも現地のクラウドからSIM情報を受信して通信ができる次世代型の通信サービスです。
このクラウドSIMの仕組み、そしてメリット・デメリットなどを調査し、おすすめできるクラウドSIMのWiFiサービス業者を徹底比較してまとめました。

クラウドSIMの仕組みを理解する

クラウドSIMは通常ドコモやau、ソフトバンクのようにスマホやWiFiルーターなどの通信端末にこのようなSIMカードを差し込み通信を行いますがクラウドSIMはこのSIMカードを差し込まずとも通信ができる技術です。

SIMカード を入れなくて通信ができるってWiFiにつなぐだけのイメージですか?
近いですね(^^) WiFiに接続するような感じでモバイル回線にもクラウド上ではつながるようなイメージですね。

仕組みでいうとクラウドSIMはSIMカードを仮想化し、現在地に適したネットワークを自動で選んで通信するシステムです。

ですので国内ならドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線から自動的に選別されてクラウドSIM専用端末で受信してインターネットを利用する流れになります。
ということはその専用端末だけ持ち運べば勝手にネットに接続してくれるってことですね?
そうです。クラウドSIM専用端末があればエリア内であればその場所の最適な通信を選んでつながるという仕組みがクラウドSIMです。
ちなみにこのクラウドSIMは中国のuClouedlinkが開始した通信技術で、海外はもちろん国内ではドコモ、au、ソフトバンクと提携しているためこのサービスが2019年頃から利用できるようになったということです。
参考 uCloudlink | 制限のない”つながりとシェア”を提供することuCloudlink Japan

クラウドSIMのデメリット

「端末さえあればSIMが必要ない」「海外でもネット接続ができる」と、クラウドSIMは一見良さそうなサービスではありますが、いくつかのデメリットが存在します。

①通信速度が若干遅い

1つ目はやはり大手キャリアでSIMカードが差し込まれたスマホと比べると速度が遅い場合があります。

当然ながらクラウドSIMはその場所において最適な通信回線が自動的に選別され接続するシステムですが、まれに快適な通信への接続が行われないことも多いようです。

接続が不安定な場合などはクラウドSIM端末側の再起動を行なうなどして、接続しているモバイル回線の再接続を試みる必要があります。

また接続利用するアプリによっては思っているほど良いパフォーマンスがでないことも多々あるようです。

ただしクラウドSIMを提供しているサービス業者では殆どの場合が無制限でなおかつ使い放題な上に低価格の定額料金で提供しているので、多少の不満は目をつぶるしか無いかもしれません。

とはいっても10Mbps以上の速度が確保できていれば普段利用するアプリや動画サービスにあまり大きく支障がでるものではないのでそこまで不安になる必要もないかと思います。

②海外での利用はデータ量に上限がある

多くの現在国内で提供されているクラウドSIMサービスは「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「MugenWiFi」「hi-ho GoGo Wi-Fi」など様々な販売業者がいますが、海外での利用にはデータ量の制限がもうけられています。

クラウドSIM提供業者1日の高速通信可能なデータ量上限1GB超えた場合の速度
どんなときもWiFi1GBまで384Kbps
Mugen WiFi
hi-ho GoGo Wi-Fi256Kbps
限界突破WiFi300MB/1日
1GB/7日
3GB/30日

日本国内は無制限で使い放題で利用できるクラウドSIMサービスが大半ですが、海外では別途料金がかかり1日に利用できる通信量が限られています。

海外では1日1GBを超えて数GBを使うことはできないので、もしも海外で1日に1GB以上のデータ通信を超えて利用したい場合は現地のSIMサービスか海外専用のポケットWiFiを使うことをおすすめします。

とはいえ、1日のデータ容量を超えてしまっても通信速度は384Kbpsや256Kpsときつい速度制限ではないので動画やダウンロードなどを行わなければ我慢できる速度かもしれません。

クラウドSIMのメリット

次にクラウドSIMのメリットもたくさんあります。そのメリットについて解説していきます。

①たくさんのデータ通信が行える

クラウドSIMのメリットはなんと言ってもスマホのパケットプランのように「7GBまで」 「20GBまで」「50GBまで」といったデータ容量の制限をもうけておらず使い放題で利用できます。

通信会社別月間データ容量直近1日や3日のデータ容量制限
クラウドSIM
(どんなときもWiFi,限界突破WiFi,よくばりWiFi,MugenWiFi,hi-ho GoGo WiFi,めっちゃWiFiChat WiFi)
無制限・使い放題制限なし
ドコモ60GB
(ギガホ)
au上限なし+テザリングは2GBまで
(auデータMAXプランNetflixパック)
直近3日で6GBまで
ソフトバンク50GB
(ウルトラギガモンスター)
制限なし
WiMAX2+上限なし
(ギガ放題)
直近3日で10GBまで

比較的大手のスマホキャリアとポケットWiFiサービスでは有名なWiMAXと比べてもクラウドSIMのデータ容量制限や通信制限は非常にゆるいです。

ここまでデータ容量の制限がゆるいと家のネットもこれ一本にして持ち運ぶということもできますよね?
そうですね。一人暮らしの方にはこういったクラウドSIMのWiFiサービスの方が安いですし制限もひどくないのでおすすめできますね。
注意
ただしどのクラウドSIMも大量のダウンロードを短期間で何度も行ったり1日で100GB以上を超えるような通信を行ったりした場合は速度制限の対象となるのでそのような使い方はしないよう注意が必要です。

②料金が定額で安い

またクラウドSIMは大手キャリアやWiMAX2+と比べても料金も定額で安く、月々の通信費のコストを抑えることができつつ更にはたくさんの通信を利用できるのでメリットが多いです。

通信会社別月額料金
クラウドSIM
(どんなときもWiFi,限界突破WiFi,よくばりWiFi,MugenWiFi,hi-ho GoGo WiFi,めっちゃWiFiChat WiFi)
3,280〜3,500円
ドコモ6,980円
au7,880円
ソフトバンク7,480円
WiMAX2+3,880円

使えるパケットデータ量も無制限で使い放題なのに他社と比べても非常に安い定額料金で利用することができます。

特にauやソフトバンク、ドコモと比べたらたくさん通信する人ならクラウドSIMの方が断然安いしたくさん通信できますね。
データ容量を気にせずに使えて、なおかつ持ち運びができる光回線のようなイメージで考えておけばよいでしょう。
ただし速度や安定度はモバイル通信がゆえそこまで高くないので、自宅でネット通信をたくさん使うなら光回線の方が安定度が高くておすすめです。

③海外にそのまま持ち運んで使える

ヨーロッパ、アメリカ、東南アジアなどいろんな旅行に行く方はそのままクラウドSIMのWiFi端末を持ち運び、そのまま通信を行なうことができます。

よってわざわざ空港でWiFiルーター(イモトのWiFiやグローバルWiFi など)を借りる必要はありませんし、現地でプリペイドのSIMカードを探す必要もありません。

こういった一つの端末で国内も海外もカバーしてくれるWiFi機器は今までは存在しませんでしたが、クラウドSIMを採用することでこれらが可能になったということですね。

クラウドSIMのルーターが申し込める国内業者一覧

国内でほぼデータ容量を無制限にし、使い放題の定額料金で利用できるクラウドSIM一覧を以下にまとめました。

 

月額料金初期費用特徴

どんなときもWiFi
【新規受付停止中】
3,480円
【2年総額:86,520円】
3,000円CMで話題
クラウドSIMの国内先駆け

THE WiFi
3,480円
【2年総額:83,520円】
無料
(5月末まで)
2020年3月スタートの新サービス

限界突破WiFi
3,500円
【2年総額:84,000円】
無料初期費用無料
接続台数が8台と多い
海外プランも細かくリーズナブル

よくばりWiFi
3,450円
【2年総額:79,700円
3,800円どんなときもWiFiとそっくり
最大2ヶ月無料

Mugen WiFi
3,280円
【2年総額:81,720円】
3,000円 月額料金が安い
30日間お試し可能

hi-ho GoGo Wi-Fi

【新規受付停止中】
3,355円
【2年総額:80,520円】
無料老舗プロバイダ
海外料金が多少安め
Chat WiFi3,380円
【2年総額:85,100円】
3,980円国内SIMのみプランもあり
初期費用が高め
制限は100GBまで
NOZOMI WiFi3,780円
【2年総額:97,700円】
3,980円
+3,000円
(端末登録料)
契約縛りがない
初期費用が高い
めっちゃWiFi3,480円
【2年総額:86,520円】
3,000円ほぼどんなときもWiFiと同じ

※2年間の月額料金の総額は【月額料金×24ヶ月】+【初期費用】の合計金額を算出しています。

※Chat WiFiは無制限とHP上では記載されていますが、100GBまでのデータ量制限があります。

2年間総額で最安値は「よくばりWiFi」

初期費用、月額料金、そして2ヶ月無料の総合料金を2年間で計算すると最安値で一番安く利用できるのがこの「よくばりWiFi」です。

よくばりWiFiの詳細・スペック
月額料金3,450円
(最大2ヶ月間無料)
初期費用3,800円
データ容量無制限・使い放題
取扱い端末U2s
(同時接続台数5台)
端末代金無料
(25ヶ月以降返却不要)
解約金初月~12ヶ月目:18,000円
13~24ヶ月目:12,000円
25ヶ月以降:無料

よくばりWiFi公式:https://yokubari-wifi.jp/campaign1/

クラウドSIMで2年トータルの料金が最安値になる要因となったのはこの2ヶ月無料です。他社では1ヶ月目から月額料金がかかるのでその点このよくばりWiFiは無料にしているのが安心感があります。

またどんなときもWiFiと同じく採用されているD1(U2s)端末を採用し2年利用した後は返却が不要で、他の通信回線用として再利用することができます。

よくばりWiFiの詳細については以下で更に詳しく解説しています。

最強か?「よくばりWiFi」の料金とスペック。評判と他社との比較まとめ「よくばりWiFi」の料金スペックと利用者の評判まとめ。ライバルとの比較まとめ

トータルでおすすめは限界突破WiFi

比較した上でクラウドSIMのWiFiを提供しているサービスの中で総合的におすすめできるのはこの「限界突破WiFi」です。

限界突破WiFiの詳細・スペック
月額料金3,500円
初期費用無料
データ容量無制限・使い放題
取扱い端末jetfon P6
同時接続台数8台
端末代金無料
(25ヶ月以降返却不要)
解約金初月〜24ヶ月目:18,000円
25ヶ月以降:更新月以外は5,000円

限界突破WiFi公式:https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

他のクラウドSIMで提供しているディスプレイがない端末とは異なり、スマートフォンをベースにした端末で接続状況や翻訳機能、そして接続台数が多く家族などの複数人数での利用にも向いています。
多くのクラウドSIMサービスではネットに接続できる接続台数が最大5台までなのに対し、限界突破WiFiは8台まで同時接続ができるので家族や友達とシェアして使うのには最適です。

また海外での通信データ量や費用もショート的な使い方から長期間の利用にも適した柔軟なプランがあり調整しやすいです。

限界突破WiFiの詳細をもっと詳しく以下の記事で解説しています。

全部解決「限界突破WiFi」がおすすめな人と料金プランを徹底的に解説全部解決!「限界突破WiFi」がおすすめな人と料金プランを徹底的に解説

クラウドSIMのまとめ

モバイル通信のインターネットは今は4G LTEが主流となっています。その4Gを使った使い放題のクラウドSIMサービスは安い定額料金で使える上に非常におすすめです。

また今後は5Gの使い放題で利用できるモバイル回線が普及してくるとは思いますが、料金もおそらく非常に高く安定して、さらに安く使えるまではまだ数年かかるでしょう。

ですので今はクラウドSIMを活用しコストを下げつつ5Gが完全に普及するまで様子するのが賢い運用方法だと私は感じます。

クラウドSIMの現在提供しているサービスは大半が2年の契約しばりとなっているので契約期間に縛られたくない方や短期間で利用したい方はレンタル系のWiFiサービスを検討してみても良いでしょう。

【契約期間なし】レンタル専用ポケットWiFiのおすすめ3社を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA