【検証】CoDモバイルのデータ通信量と1GBまでの目安や節約方法

CODモバイルのデータ通信量と1GBまでの目安や節約方法

2019年の10月に全世界に一斉配信がスタートされ、世界ですでに1億ダウンロードを突破した、スマホのFPSゲームなら圧倒的な人気となった「CoD(コール・オブ・デューティー)」のモバイル版。

このゲームは当然ながらマルチプレイ対戦が必須の一人称ゲームなので当然ながらデータ通信量を消費します。

この「CoDモバイル」のプレイにおけるデータ通信量(パケットデータ)の消費量と外出先での節約方法などを解説します。

CoDモバイルのアプリダウンロードはデータ1GB超え

まずこのCODのアプリ自体は1GBを余裕で超えているデータのため、もしもWiFiに接続せずにモバイルデータ通信を利用してダウンロードした場合はこの時点で1GB以上のパケットデータ量を消費してしまうので注意してください。

ゲームアプリ自体の容量が大きいので可能な限りWiFiでダウンロードをすることを推奨しています。

CoDモバイルのプレイにおけるデータ通信量

CODモバイルのデータ通信量

CoDモバイルはアプリ起動からサーバーへの接続を行います。

ということは起動してロビー画面が表示される時点でパケットデータを消費していることとなります。

CoDモバイル起動時における消費量は140KB

ゲームアプリの起動だけでしたが140KBというほんの少しのデータ通信量を消費しました。

CoDモバイルのデフォルト設定でのデータ通信量

iPhone 11 Proでのデフォルト設定ではグラフィック品質が「最高」でフレームノートが「高」に設定されていました。この状態で10分のプレイを実施してみます。

【1回目】の10分プレイでは3.6MBのデータ量

【2回目】の10分プレイでは3.5MBのデータ量

【結果】10分のマルチプレイ対戦ではデータ量の消費量は「約3.5MB〜4MB」でした。

プレイ時間データ消費量
10分4MB
30分12MB
60分(1時間)24MB
120分(2時間)48MB
300分(5時間)120MB

CoDモバイルはプレイにおける通信量の消費量は荒野行動に次いで非常に少ないです。プレイヤーが非常に多く、マッチするまでの読み込み時間も非常に速いのでこういう結果になっているのではないかと思います。

1GBまでの目安約41時間
もしもWiFiに接続せずにモバイル通信で1GBのパケットデータを消費するとしても41時間もプレイができます。

バトロワゲームとCODモバイルのデータ通信量を比較

ちなみにバトルロイヤル系のゲームアプリ通信量と比べると以下のようになります。

ゲームアプリ別10分プレイ時のデータ消費量1GBまでの目安
CODモバイル
CoDモバイル
4MB41時間プレイ可能
荒野行動
荒野行動
3MB55時間プレイ可能
フォートナイト
フォートナイト
7MB23時間プレイ可能
PUBGモバイルPUBGモバイル10MB16時間プレイ可能

CoDモバイルは10分程度で1プレイをサクサクと遊べるので、バトルロイヤルのように長時間プレイし続けなければならないという状況はないので、パケットデータ量の節約や調整はしやすいのではないかと思います。

その他のゲームアプリとも比較

ゲームアプリ別10分プレイ時のデータ消費量1GBまでの目安
CODモバイル
CoDモバイル
4MB41時間プレイ可能
ドラクエウォーク
ドラクエウォーク
8MB20時間プレイ可能
アイデンティティ5
アイデンティティ5
7MB23時間プレイ可能

ドラクエウォークやアイデンティティ5と比べてもCoDモバイルは省エネなのがわかります。

プレイ時間は消費が少ないがアップデートは注意

CoDモバイルはプレイ時間におけるパケットデータ量の消費は少なめでしたが、それだけでは安心することはできません。

結構やっかいなのは頻繁に実施するゲームアプリのアップデートです。

注意
より良いゲーム調整を行うために今後もCoDモバイルはアップデートを繰り返していきます。そこでWiFi接続されおらず誤ってモバイル通信でアップデートを行うと平気で100MB〜300MBほど消費することになります。
もしも少ないパケットデータ定額などで節約しながらモバイル回線を使っている方はこのアップデートの方を要注意しておくようにしましょう。

CoDモバイルのデータ通信量を節約する方法

CODモバイルはプレイではなくアップデートのデータ消費量に注意

CoDモバイルはPC版やPS4版などと同じようにサクサクと短時間でプレイすることができますが、ハマってしまうと余裕で数時間プレイすることもあるでしょう。

そこで少なからず通信量を抑えたり消費量を節約するための設定や環境をいくつかまとめてみました。

①無料のWiFiアプリを活用する

CoDモバイルは歩きながらではなく外出先でも一定の場所で立ち止まってプレイすることが多いかと思います。

そのため、もしもその場所が公共施設などで無料のWiFiを提供しているのであれば「タウンWiFi」が非常に役立ちます。

コンビニやファミレス、そして公共施設などの無料WiFiスポットへ簡単にすることができるアプリで、WiFiモデルのiPadなどのタブレットでもインストールしておけば利用することができます。

インストールしてWiFiを使うための面倒な登録などをスキップしてくれたり、通信速度が遅いWiFiには繋がないような設定などができるため非常に便利です。
注意
ただしフリーWiFiに自動的に接続するアプリゆえ、セキュリティの問題やWiFiを提供している施設を離れてしまうと電波が弱くなるなどデメリットも存在するので予め理解しておきましょう。

このタウンWiFiについては以下で詳しく解説しています。

②どこでも接続するなら「ポケットWiFi」を活用する

今回のCoDモバイルに限らず、普段からスマホでSNSやLINE通話、YouTubeなどの動画などでたくさんのデータ通信量を使っている方は少しでも数GBであってもスマホのパケットを節約したいはず。

ポケットWiFiでたくさん使う

ですが逆にパケットデータ量を気にせずに使い放題できたらそんな心配しなくて良いのではないでしょうか?

また逆にギガが足りなくなって1GBを1,000円でたまに追加している方がいたらそれってめちゃくちゃもったいないです。正直1GBに1,000円の価値はないです。
そこで最近では3千円〜4千円ほどの月額料金でパケットデータが50GBでも100GBでも気にせず使えるポケットWiFiサービスを利用する方が増えています。

CoDモバイルも他のゲームアプリも動画もこの持ち運べるポケットWiFiが1台あれば自宅でも外出先や移動中でもいつでもWiFiに接続できるので私も利用していますが最強です。

ポケットWiFiのサービスはいくつもの種類があり料金プランや特性がありますので気になる方は以下をチェックしてみてください。

【注意】「画質」や「フレームノート」の変更は節約に効果なし

多くのサイトやブログではこの「画質設定」や「フレームノート」を低く設定することでデータ通信量を抑えることができると解説しています。

  • 画質設定を「最高」「標準」
  • フレームノートを「高」「標準」

ただしこの「画質設定」と「フレームノート」を「標準」状態で低めに設定して実際に数回に分けて検証してみましたが、パケットデータの消費量は抑えることができず、数回のプレイでは逆に少し消費量が増えてしまう結果となりました。

画質設定とフレームノートを下げて検証した結果は4.6MB

画質設定とフレームノートを下げて検証した結果は高グラフィックや高フレームノートに設定していたときよりも消費量が増えています。

この設定はあくまでもスマホのパフォーマンスを最適化することと、バッテリーを長持ちさせるための省エネ設定なのでパケットデータ量の節約には全く効果がないことがわかります。
ですからこの設定はスマホに最適化されたデフォルト設定のままで良いでしょう。

CoDモバイルのデータ通信量まとめ

CODモバイルは世界で1億ダウンロード、そして日本では課金が率が世界2位なっているようで、やり込んでしまう方は自宅であろうが外出先であろうが結構ドハマリするFPSシューティングゲームです。

マルチプレイにおけるパケットデータ量の消費量はそこまで多くありませんが、アップデートや長時間のプレイはモバイル回線だといつの間にかギガが減って通信制限にもなりかねません。

  • 外出先で無料WiFiサービスやポケットWiFiを活用する
  • ソフトウェア・アップデートはなるべくWiFiで行う
画質設定やフレームノート変更は節約には効果がないので2つの方法を駆使してCODモバイルを余計な心配をせずプレイできる環境を整えてみるのがよいでしょう。

その他のゲームアプリのデータ通信量は以下で検証しています。

ゲーム以外のSNSや動画アプリについては以下で通信量の検証をまとめて紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA