クレジットカード以外の支払いに対応した「ポケットWiFi」総まとめ

クレジットカード以外の支払いに対応した「ポケットWiFi」総まとめ

ポケットWiFiのサービスを利用したいのに大半がクレジットカード決済にしか対応していなくて困った・・という方も多いのではないでしょうか。

実際にポケットWiFiを提供している業者では8割ほどが「クレジットカード決済」にしか対応していません。

そこでクレジットカードが無い方でも申込みできる「クレジットカード以外の口座振替支払い」に対応したポケットWiFi業者をまとめてみました。

口座振替に対応したポケットWiFi業者を総まとめ

サービス提供業者通信回線月間データ量月額料金
どんなときもWiFi
おすすめ度★★★★★
ソフトバンクLTE20GB、30GB20GB:2,400円
30GB:2,700円
NEXTモバイル
おすすめ度★★★★★
ソフトバンク/au/ドコモ3キャリア無制限3,980円
スペースWi-Fi
おすすめ度★★★★☆
WiMAX
ソフトバンクLTE
3日10GBまで3,680円
ブロードWiMAX
おすすめ度★★★☆☆
WiMAX3日10GBまで3,411円
BIGLOBEWiMAX
おすすめ度★★★☆☆
3日10GBまで3,980円

クレジットカード決済ができない方のために口座振替に対応したポケットWiFiサービスは上記の5社です。

auやドコモ、ソフトバンク本家で実施しているポケットWiFiサービスはこれらの値段での提供はできず、パケットデータ量にも制限が多すぎるのでおすすめできません。
またそれぞれのWiFiサービスにおいて初期費用や月額料金、パケットデータ量の制限などが異なるため、この6社を「おすすめ順」からそれぞれ解説していきます。

「1位」どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

CMでも話題となった「通信容量が無制限で使い放題」そして「海外に持ち出しても使える」というこれ1台でどこでもWiFiにつないでインターネットに接続ができる無敵のポケットWiFiサービスです。

どんなときもWiFiのメリット

  • ソフトバンク/ドコモ/auのトリプルキャリの通信に対応
  • パケットデータ量が無制限で使い放題
  • 海外もこれ1台でOK

パケットデータが無限に使えるので「ギガが足りなくなった」「通信制限が怖い」ということにならずに済むので今一番熱いポケットWiFiサービスです。

どんなときもWiFiの料金スペック
初期費用3,000円
月額料金3,980円
月間パケットデータ量無制限
通信端末D1
端末代金無料レンタル
契約期間2年

初期費用は契約事務手数料の3,000円のみで、端末代金も無料レンタルになります。※端末は解約時に返却が必須です。

支払い方法はもちろん口座振替に対応しており、クレジットカード決済時の3,480円よりは若干高くなりますが2年間は430円の割引となる3,980円の月額で使い放題で利用できるのが最大の利点です。

WEB限定公式ページ

さらに「どんなときもWiFi」について知りたい方は以下をチェックしてみてください。

「2位」NEXTmobile(ネクストモバイル)

ネクストモバイルがおすすめな人

20GB、30GB、無制限の3つのプランから選択でき、国内ソフトバンクの4G LTEを使った大容量のデータ量が利用できるポケットWiFiサービスです。

ネクストモバイルのメリット

  • 20GB,30GBで3千円以下の破格の料金
  • エリアが広いソフトバンクの4G LTE
  • 同時接続台数が最大15台

自分のパケットデータ量の利用頻度によって料金プランを選択することができ、大手キャリアの大容量パケットプランと比べると半額以下の料金設定でお得感が強いです。

SPACE WiFiの料金スペック
初期費用3,000円
月額料金20GB:2,400円
30GB:2,700円
月間パケットデータ量月間20GB、30GBから選択
通信端末FS030W
端末代金無料レンタル
契約期間2年

初期費用は契約事務手数料の3,000円のみで、端末代金も無料レンタルになります。※端末は契約満了で自分のものにでき再利用できます。

ネクストモバイルの口座振替支払いの場合は20ギガ、30ギガのプランのみ

ネクストモバイルは3種類のプランがあるのですが、口座振替支払いで利用できるプランは20ギガと30ギガのプランのみなので注意が必要です。

どうしても無制限で使い放題プランを選択したい場合は「どんなときもWiFi」を検討しましょう。

WEB限定公式ページ

もっとこのネクストモバイルを知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ネクストモバイルをもっと詳しく

「3位」SPACE WiFi(スペースワイファイ)

民泊ワイファイ系のスペースワイファイ

SPACE WiFiは短期利用を目的とした民泊WiFi系として契約縛りが無いポケットWiFiサービスです。

SPACE WiFiのメリット

  • 初期費用が無料
  • 契約縛りがなし
  • 上限なしで3日10GBまでのたくさんのデータ量が使える

自分のパケットデータ量の利用頻度によって料金プランを選択することができ、大手キャリアの大容量パケットプランと比べると半額以下の料金設定でお得感が強いです。

SPACE WiFiの料金スペック
初期費用無料
月額料金3,680円
月間パケットデータ量3日10GBまで
通信端末Speed Wi-Fi NEXT04
Pocket WiFi 801ZT
端末代金無料レンタル
契約期間2年

契約縛りがなくさらには初期費用も端末代金も無料レンタルになります。※端末はサービス解約時に返却が必須です。

短期レンタルサービスとして契約縛りがないため、純粋に月額料金の支払いだけでOKです。

ただし注意なのがWiMAXとソフトバンク通信のどちらかを選択することができません。申し込み地域に合わせ適した通信回線が利用できる端末が発送される形となります。

公式ページ

「4位」Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

ブロードWiMAX

Broad WiMAXは大手UQWiMAXの通常料金よりも非常にリーズナブルな料金で利用できるプロバイダサービスです。

Broad WiMAXのメリット

  • 月額料金が通常より安い
  • 高速通信が利用できる最新端末が選択できる

ブロードワイマックスは最新端末の2機種のポケットWiFi型とより安定度が高いホームルーター型の2機種の合計4機種から端末を選択することができます。

Broad WiMAXの料金スペック
初期費用3,000円(事務手数料)

18,857円
月額料金3,411円
(2ヶ月2,726円)
月間パケットデータ量3日10GBまで
通信端末Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT HOME L02
WiMAX HOME 01
端末代金無料レンタル
契約期間3年

ただし注意点として口座振替の場合は初期費用の18,857円が発生し、契約期間は3年間の利用が前提となります。

最大で1.2Gbpsを超える最新端末どれを選択しても無料になるのは良い点です。またWiMAX回線がつながらないエリアではauの4GLTEを月間7GBまで利用ができます。

au LTEが利用できるLTEオプションは通常月1,000円かかるのですが、3年契約で利用している間は無料オプションとして利用できます。

月額割引キャンペーンページ

「5位」BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ)

ビッグローブワイマックス

大手光回線通信でも長年の実績があるKDDIの子会社となるビッグローブが提供するWiMAXのWiFiサービスです。

ビッグローブ WiMAXのメリット

  • 上限なしのWiFiが4,000円弱で利用可能
  • 10,000円のキャッシュバック
  • 契約期間が1年と短い

BIGLOBEでは他社で実施していないサービス開始月の翌月に10,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

BIGLOBEWiMAXの料金スペック
初期費用3,000円(事務手数料)
月額料金3,980円
(開始月は無料)
月間パケットデータ量3日10GBまで
通信端末Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT HOME L02
端末代金19,200円
契約期間1年

最新のWiMAX端末が提供されていますが、口座振替での申し込み時にはサービス開始の郵送時に代引きで19,200円(端末代金)+400円(代引き手数料)の支払いが必要になります。

また契約期間は1年と短期間での利用を考えている方にもおすすめで、解約金も1,000円と割安なためサービス停止時のリスクは低いです。

キャッシュバック特別公式ページ

BIGLOBEのWiMAXサービスについては以下でより詳しく解説しています。

【比較】初期費用の安さ

ポケットWiFi各社初期費用
SPACE WiFi無料
どんなときもWiFi3,000円(事務手数料)
NEXTモバイル
Broad WiMAX3,000円(事務手数料)
+18,857円(初期費用)
BIGLOBEWiMAX3,000円(事務手数料)
+19,200円(端末代金)
今回厳選したポケットWiFi各社で初期費用を比較してみると契約期間がないSPACE WiFiが一番安いです。そしてそれに続いて無制限系のどんなときもWiFiや30GBで3千円以下で利用できるNEXTモバイルの2社がおすすめできますね。
WiMAXはどうしても初期費用で2万円ほどかかってしまうので、「どうしてもWiMAXでなければ」という理由がなければ選ぶ必要はないと思います。

口座振替での支払いには手数料がかかる

口座振替手数料の200円

ポケットWiFiやスマホ契約でもよくある話ですが、基本的に口座振替を行うために毎月の手数料が発生するケースがほとんどです。

ATMで現金を引き出す時や振込を行う時にかかる手数料と同じ感覚で、ポケットWiFiサービスに限らず携帯や光熱費の支払いの場合でも口座振替にすることで実は手数料がかかっているんです。
ポケットWiFi各社口座振替手数料
どんなときもWiFi200円
NEXTモバイル
SPACE WiFi
Broad WiMAX
BIGLOBE WiMAX

今回紹介したポケットWiFi提供会社はどの業者であっても月額料金とは別途200円の口座振替手数料がかかります。

口座振替手数料はクレジットカード決済と比べると余計な費用がかかりデメリットになるのですが、どうしてもクレジットカードを利用できない状況にいる方は必要手数料と認識しておきましょう。

口座振替でポケットWiFiの申し込みに必要なもの

クレジットカードの決済のように口座振替では必要な書類が多めに必要となります。

口座振替の場合は引き落とし対象となる銀行口座は必須ですが、審査に必要な本人確認書類(身分証)の提出が必要になります。

本人確認書類の種類審査における提出の条件
運転免許証
運転履歴証明書
パスポート
マイナンバーカード
在留カード・特別永住証明書
各種福祉手帳
住基カード
原則一つの提出でOK
 

保険証・年金手帳
各種福祉手帳
印鑑登録証明書
住民票
戸籍謄本・抄本
官公庁から発行された書類

上記の原本とあわせて提出が必要
参考 本人確認書類って何? | F.銀行で手続き | 一般社団法人 全国銀行協会一般社団法人 全国銀行協会
クレジットカードは一度その人の経済信用をクリアした証明となりますが、口座振替はまだ支払いをちゃんとしてくれるか?という審査が必須となるからです。
ポケットWiFi各社口座振替の手続きの流れ
どんなときもWiFi本人確認書類・口座情報の登録が完了するまで端末発送は保留
NEXTモバイル
SPACE WiFi申し込み完了メールのURLより口座情報の登録を行う→登録情報に不備がなければ端末発送
Broad WiMAX本人確認書類を申し込み確認メール宛もしくはFAXで提出
BIGLOBE WiMAX支払い方法登録書に記入し返送後、金融機関で審査

ポケットWiFiなどの契約でWEBで申込みする際にはまずはそれぞれ公式のWEBサイトで申込みを行ってから、郵送またはセキュリティメールなどで本人確認書類の提出を行った上で初めて契約が完了となります。

口座振替でポケットWiFiを申込みする際には「本人確認書類」がなければ審査自体ができませんので、必ず事前に用意しておきましょう。

口座振替が可能になるまで日数がかかる

口座振替はどうしても申込先の業者と銀行との手続きの関係上、登録が完了しポケットWiFiのサービスが利用開始になるまで場合によっては2〜3週間ほどの日数がかかる場合があります。

そのため初回のポケットWi-Fi利用代金などは請求書払いもしくは振込用紙が届き自分でコンビニもしくは振込にて支払いする必要が出てきますので予め理解しておきましょう。

クレジットカード不要のポケットWiFiまとめ

クレジットカードが不要でも申込みできるポケットWiFiの業者別では以下のようにまとまりました。

ポケットWiFi各社こんな人におすすめ
どんなときもWiFi無制限で使い放題で利用したい方
海外での利用も想定している方
NEXTモバイル20〜30ギガでちょうど良いプランを探している方
月額料金を3千円以下に抑えたい方
SPACE WiFi短期での利用を考ている方
契約期間に縛られたくない方
Broad WiMAXauスマホの方で割引で更に安くしたい方
BIGLOBE WiMAX

バランスが良いのはやっぱり上位におすすめしている「どんなときもWiFi」や「NEXTモバイル」でしょう。

WiMAXは初期費用が高いパターンが多くあまりおすすめできませんが、長期利用を考えていて、なおかつauスマホを使っている方にはauスマートバリューmineでの割引がメリットとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA