他社からドコモ光に「事業者変更」時のキャンペーンや流れについて

ドコモのスマホを利用している方で自宅でも光回線を利用しているならはやりドコモ光への切り替えを行った方がペア回線におけるセット割などで安くなりメリットが多いです。

そこで最近では店舗やドコモショップ店員さんがおすすめする「事業者変更」です。

事業者変更は他社フレッツ光回線を利用している場合に工事などの新規の手続きを行わずとも簡単に切り替えができドコモ光へ変更できる手続きのことを言います。※もちろん逆にドコモ光から他社へ事業者変更することも可。
このドコモ光へ事業者変更を検討している方におすすめのキャンペーンや手続きの流れを解説していきます。

事業者変更について理解する

光コラボのドコモ光への事業者変更

まず事業者変更というものは、NTTフレッツ光回線とプロバイダがセットになった光コラボ(光コラボレーション)サービスから他の光コラボサービスに工事不要で簡単に乗り換えができる手続きのことを言います。

もしも自分が現在契約しているサービスが【○○(プロバイダ名)光(ひかり)】という光コラボサービスであれば工事も不要で簡単にドコモ光へ事業者変更を行うことができるということになります。
もしも光コラボじゃない場合は事業者変更はできないんですか?
事業者変更はできませんが、「転用」を行うことができるのでその場合でもNTTフレッツの回線を使っていれば工事を別途行わずとも利用できますよ(^^)
光コラボ○○光という名前で、NTTフレッツ光+プロバイダの支払いもすべてまとまっている光回線サービス。

ドコモ光へ事業者変更が可能
光コラボではないNTTフレッツ光利用代金と別途プロバイダ契約を行い料金を別々に払っている。

ドコモ光へ転用が可能
そうなんですね!それなら安心です(^^) 事業者変更と転用って似たようなものなんですね?
ほとんど同じと考えていただいてOKです!事業者変更というのは2019年7月から開始された内容なんですが、一度転用して他の光コラボに移ると別の光コラボなどに変更できなかった手続きがいつでも移動できるようになったんです。
注意
また【auひかり】【NURO光】は光コラボサービスとは異なるのでドコモ光への事業者変更はできず「解約」👉「新規申込み」という流れになるので開通工事も必要になります。

ドコモ光に事業者変更を行うための流れ

ドコモ光へ事業者変更する流れ

STEP.1
契約中の光コラボ業者へ連絡し【事業者変更承諾番号】を発行してもらう

契約中で該当のあるプロバイダ名の問い合わせ先へ連絡し「○○へ事業者変更するので承諾番号を発行してください」と伝えればOKです。

 

事業者変更のための問い合わせ先

STEP.2
事業者変更承諾番号の有効期限は15日

契約中の光コラボレーションの問い合わせ先で発行してもらった「事業者変更承諾番号」の有効期限は15日間となるのでその間に変更先(ドコモ光)への申込みを行います。

※auからソフトバンクへMNP(ナンバーポータビリティ)を行うのと同じです。

もしも発行から15日間を過ぎてしまうと事業者変更承諾番号は無効となり、再度手続きし直す必要があります。

STEP.3
ドコモ光へ申込みを行う



ドコモ光へ申込みを行い契約中の光コラボレーションプロバイダにて発行した「事業者変更承諾番号」を伝えてください。

これからドコモ光の受付センターのスタッフが案内してくれ、現在の光回線サービスからドコモ光への事業者変更の手続きが進む流れとなります。

ドコモ光への事業者変更におすすめのキャンペーン

とくとくBB経由のドコモ光が一番オトク

ドコモ光へ事業者変更を行うならドコモショップや家電量販店よりも得する「GOMとくとくBB」経由がおすすめできます。

GOMとくとくBBでドコモ光へ事業者変更した場合
【受けられる特典】
・最大15,000円キャシュバック
・高速無線LANルーターを0円提供
・ドコモのdポイント5,000ポイントプレゼント
・1年間無料セキュリティ
・訪問設定サポートが無料

WEB限定キャンペーン↓
👉GMOとくとくBBドコモ光特設ページ

GMOとくとくBBはWEB限定でキャンペーンを実施しているので上記のような様々な特典を受け取ることができます。

工事費がかからずこれだけの特典が受け取れるのはかなりメリットが高いですね。
そうなんす(^^)ドコモショップや電気屋さんでは人件費や固定費の関係で、これだけの特典をどうしても実施することができません。
そういうことなんですね。確かに給料や固定費がたくさんかかるとその分、利用者に還元しにくくなりますもんね・・・

キャッシュバックも最大15,000〜20,000円

とくとくBBでは通常のドコモ光申込みで受けられるdポイントの特典の他にキャッシュバックが受け取れるのが大きなポイントです。

ドコモ光の限定キャッシュバック

ただしこのキャッシュバックを受け取るには以下の条件が必要となりその組み合わせによって受け取れるキャッシュバックの金額が変わります。

GMOとくとくBBドコモ光契約条件キャッシュバック詳細
ドコモ光ネット契約「2年定期契約プラン(タイプA)」5,500円キャッシュバック
ドコモ光「2年定期契約プラン(タイプA)」

DAZN for docomo
15,000円キャッシュバック
ドコモ光「2年定期契約プラン(タイプA)」

ひかりTV for docomo
18,000円キャッシュバック
ドコモ光「2年定期契約プラン(タイプA)」

ひかりTV for docomo

DAZN for docomo
20,000円キャッシュバック

またスポーツが好きな方ならドコモ利用者であればDAZNをドコモのIDで申込みをすると通常1,750円の月額料金が980円で利用できるのですごくお得です。

特に映像サービスが不要なら通常のドコモ光ネット契約「2年定期契約プラン(タイプA)」だけでも5,000円のキャッシュバックが受け取れます。

WEB限定キャンペーン↓
👉GMOとくとくBBドコモ光特設ページ

ドコモ光のセット割りが可能なら事業者変更は必須

ペア回線による料金の割引

この記事を見ている方は「ドコモのスマホユーザー」が大半だと思いますので、ドコモ光へ事業者変更を行うことで毎月のドコモ光セット割り(ペア回線)が適用されます。

ドコモスマホ通常月額
(ペア回線なし)
セット割りの割引
(ペア回線)
ギガホ5,980円-1,000円
ギガライト
(5〜7GB)
5,980円-1,000円
ギガライト
(1〜3GB)
3,980円-500円
ギガライト
(〜1GB)
2,480円なし
ウルトラデータLLパック
(30GB)
8,000円−1,600円
ウルトラデータLパック
(20GB)
6,000円−1,400円
ベーシックパック
(〜20GB)
7,000円−800円
ベーシックパック
(〜5GB)
5,000円−800円
ベーシックパック
(〜3GB)
4,000円−200円
ベーシックパック
(〜1GB)

2,900円−100円
ケータイパック300〜4,200円−500円

ご自身で契約しているドコモのプランやパケットパックによってセット割の金額が異なります。

同一契約者名でないとペア回線が利用できない

ただしこのセット割を適用するために注意しなければいけないのは、現在のドコモスマホの契約者名とドコモ光の契約者名が同一であるのが前提です。

もしも今契約している光回線の名義が家族名義などで異なっている場合はドコモ光で名義変更を手数料2,000円で変更することも可能です。家族名へ変更もしくは第三者へ変更したい場合は直接ドコモへ問い合わせしてみましょう。

事業者変更時の工事費は無料?

通常であればドコモ光の新規申込み時には工事費が発生し、一括もしくは分割で支払いを行う必要があります。

ドコモ光「新規申込み」の場合

  • 戸建て:18,000円
  • マンション:15,000円

※ただし2019年9月からキャンペーン中で無料です。

ただし、今回の事業者変更と転用の場合は無料なります。

ドコモ光「事業者変更」と「転用」の場合

  • 無料

ですので申込み時における「初期費用」は契約事務手数料(3,000円税抜)となるので事業者変更による乗り換えの負担は少ないです。

事業者変更の場合は工事を実施しないから工事費がかからないという認識で大丈夫ですか??
はい、そのとおりです!もともとのNTT回線自体は入れ替えることが無いですし、あくまでもプロバイダだけが変わる手続きになるので工事も工事費も発生しないということです。

ひかり電話も事業者変更により乗り換えOK

参考:事業者変更のお手続き(NTT東日本)

光コラボレーションで利用してるひかり電話も今回の事業者変更ではもともと取得していた電話番号をそのまま簡単に引き継ぐことができるようになっています。

携帯会社のナンバーポータビリティーみたいな感じですね?

そうです。一時期は転用での乗り換えの場合は電話番号を引き継げないケースがありましたし、電話加入権付きの電話番号をアナログ電話へ戻す必要があり手続きが非常に面倒でしたのでかなり簡単になっています。
ちょっとむずかしい内容ですが、簡単になったのならそれは嬉しいことですね\(^o^)

【注意】現在の契約の解約金をしっかり確認する

1点だけ注意すべき点があり、もしもドコモ光へ事業者変更手続きをする際には現契約の光サービスの解約金が発生するかを確認しておきましょう。

光コラボレーションの業者によりますが、2年、3年契約の期間によりますが解約金は9,500〜20,000円ほどかかるケースもあります。

解約金については「事業者変更承諾番号」の発行を依頼する際に必ず確認しておきましょう。

事業者変更を行う場合の転出の手続き

もちろん現在ドコモ光を使っていて、auスマホユーザーになった場合などであれば今度はauスマホとのセット割ができるビッグローブ光などに乗り換えることもできます。

ドコモ光から事業者変更を行い他の光コラボサービスへ乗り換える場合でも同様に「事業者変更承諾番号」を発行すれば乗り換えることは可能です。

ドコモ光から事業者変更で転出する場合は「ドコモショップ」への来店、もしくは「電話での申込み」が可能です。

メモ
ドコモ光から転出するための事業者変更事務手数料:3,000円

【まとめ】ドコモ光への事業者変更は気軽に行える

もしも現在ドコモのスマホを利用していて他社光回線や他の光コラボの契約を行っているなら、毎月の割引が適用されずもったいないです。

事業者変更という手続きであればすんなりとドコモ光へ乗り換えることができるので、ぜひ前向きに検討してみるのをおすすめします。

またNURO光やauひかりなどの事業者変更ができない光回線サービスを利用している場合は、現在の契約の解約をする期間を決めてからドコモ光へ新規申込みをする流れになります。

ドコモ光では新規申し込みであっても工事費が無料になるキャンペーンなどを定期的に実施しているので光回線を切り替えたいと考えている方は以下も参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。