メニュー
10秒でできるネット選びの診断ツール
ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

あなたにぴったりのネット選びが10秒でできる診断ツール診断してみる

ドコモ光の料金を徹底調査。安く使うためのシミュレーション。

ドコモ光の料金を徹底調査。どこよりも安く契約する方法
  • URLをコピーしました!

ドコモユーザーが光回線を利用するならお得に利用できる「ドコモ光」はNTTのフレッツ光回線を使ったインターネット回線です。

最大下り速度が1Gbps〜10Gbpsとドコモのスマホ通信よりも快適に利用でき、WiFi接続すれば使い放題で利用ができます。

ネトセツ

このドコモ光の料金に徹底フォーカスし、マンション/アパート・戸建てタイプのそれぞれの料金の違いやその他の工事費、初期費用、ドコモユーザーのセット割りを適用した場合の料金シミュレーションまでまとめてチェックしていきます。

読みたい場所へ押して飛ぶ

ドコモ光の基本料金と内訳を確認

まずドコモ光の基本的な料金の内訳とざっくりと確認していきます。

マンションタイプ戸建てタイプ
月額料金4,180〜4,620円
4,400円 ※タイプA/タイプC
4,620円 ※タイプB
4,180円 ※単独タイプ
5,500〜5,940円
5,720円 ※タイプA/タイプC
5,940円 ※タイプB
5,500円 ※単独タイプ
工事費16,500円
キャンペーンで無料
19,200円
キャンペーンで無料
契約事務手数料3,300円3,300円
ひかり電話オプション550円550円

ドコモ光の料金はマンション/アパートタイプだと4,180円〜4,620円、戸建てタイプであれば5,500円〜5,940円の月額費用で利用することができます。

またドコモスマホを利用している場合はこの月額料金にセット割が適用できることになり更に大幅な割引が適用されます。

👉ドコモユーザーのセット割について詳しく

料金のタイプA〜Cはプロバイダによって変わる

またドコモ光はマンション、戸建てタイプともにプロバイダによってタイプA〜C、単独タイプへ判別されており、それによって細かく料金が異なります。

タイプAドコモnet・ぷらら・GMOとくとくBB・ニフティ・ANDLINE・スピーディア・BIGLOBE・ic-net・hi-ho・BBExcite・タイガーネット・エディオンネット・シナプス・DTI・楽天ブロードバンド・@ネスク・TikiTiki・コアラ(2022年5月末で終了)
タイプBOCN・@TCOM・TNC・@ちゃんぷるネット・WAKWAK・ASAHIネット

またタイプCにおいてはケーブルテレビの設備を使ってドコモ光のインターネットサービスを利用する場合に限ります。そのためマンションタイプ等ですでにケーブルテレビの設備しかない環境の方がドコモ光を利用する場合はタイプCに該当します。

ネトセツ

大半の方がタイプAで契約するパターンが多いので、ドコモ光はマンションタイプなら4,400円戸建てなら5,720円だと基本的に考えておけば問題ないでしょう。

工事費用はキャンペーンで無料

また現在は新規申込時に発生する工事費用はキャンペーンで無料で実施しており、初期にかかる費用は事務手数料の3,300円だけなので他の光回線のように工事導入費などが発生しないため比較的良心的です。

ネトセツ

通常であれば戸建てで19,800円、マンション・アパートで16,500円の工事費を12〜60回の分割で支払いをする必要がありますが、この費用が期間限定で無料になるだけでも利用するユーザーによってはかなり大きいコストカットになります。

ドコモ利用者なら更にセット割りで料金が安い

ドコモ光ではマンションタイプ、戸建てタイプそれぞれドコモユーザーであれば「ドコモ光セット」を適用することにより最大1,100円の毎月の割引が適用されます。

マンションタイプ戸建てタイプ
通常の月額料金4,180〜4,620円
5,500〜5,940円
ドコモユーザーによる
ドコモ光セット割り適用時の料金
3,080〜3,520円
(最大1,100円割引時)
4,400〜4,840円
(最大1,100円割引時)

またこの割引はドコモ光の月額料金が割引になるわけではなく、ドコモのスマホ料金から割引が行われます。

例)ドコモ光マンションタイプの場合

セット割による金額他社光回線利用時
光回線料金4,400円
(ドコモ光タイプA)
4,000〜5,000円
ドコモ料金7,205円
(ギガホプレミア)
7,205円
(ギガホプレミア)
光セット割-1,100円なし
合計10,505円11,205円

12,205円

ドコモユーザーならドコモ光に乗り換えるべき最大の理由としてこのドコモ光×ドコモプランのセット割りが適用できるのが大きな要因です。

更に他の家族もドコモユーザーであれば、その人数分の割引が適用されるため、家族でドコモを使っているのであれば更にお得になります。

例)家族割り×ドコモ光マンションタイプの場合

セット割による金額他社光回線利用時
光回線料金4,400円
(ドコモ光タイプA)
4,000〜5,000円
ドコモ料金7,205円×3家族
(ギガホプレミア)
7,205円×3家族
(ギガホプレミア)
光セット割-1,100円×3なし
合計22,715円25,615円

12,205円

家族3人全員がドコモユーザーであればドコモ光を1契約するだけで毎月最大3,300円の割引、そして年間で計算すると最大で39,600円もの割引が適用されます。

ネトセツ

これだけの大幅な割引が毎月受けられると考えれば家族でドコモを使っている方で、他社の光回線をつかっているなら、ドコモ光に乗り換えなければ損してしまいますね。

またこのドコモ光のセット割りの最大1,100円の割引はドコモのスマホの契約プランによって金額が異なります。

ドコモのプラン毎のドコモ光セットの割引額

現在ドコモユーザーでギガプラン以外のプランを契約中の場合はこのドコモ光のセット割を適用することができないため、ギガプランいずれかにプラン変更をすることをおすすめします。

利用しているドコモのスマホプランによっては大幅な割引が適用できないユーザーも居る可能性があるので使っているドコモのプランを事前にチェックしておくのが良いでしょう。

ドコモ光の料金はahamoではセット割りが適用されない

ドコモから新しくスタートした格安ブランドの「ahamo」を契約している場合は同じドコモグループとはなりますが、ドコモ光のセット割は対象外となり適用されません。

ただしahamoは本家ドコモの料金と比べて非常に安いので、ドコモ光のセット割を適用しなくてもトータルではドコモ契約者よりもahamo契約者のほうが安い計算になることが大半です。

例)ドコモ光マンションタイプの場合

ahamo
×
ドコモ光
ドコモ
×
ドコモ光
スマホ料金2,970円6,765円
(ギガライトの場合)
ドコモ光料金
(戸建てタイプ時)
5,720円5,720円
パケットデータ20GB7GB
光セット割なし-1,100円
合計8,690円11,385円

もしもスマホのパケットデータが20GB程度で十分な方であればahamoを使っている上でドコモ光を契約しても7GBのドコモのギガライトプランよりトータルの金額を計算しても安いです。

ネトセツ

元々ドコモの本家のプランがギガプランでもギガライトでも料金が高めに設定されているので、家族割などを駆使しない限りahamo単体とドコモ光を組み合わせても安く収まる結果となっています。

ドコモのエコノミーMVNOでもセット割の対象外

ドコモの小容量で低価格料金となる「ドコモのエコノミーMVNO」プランを契約している方もahamoと同様でドコモ光契約によるセット割りは適用外となります。

ただしドコモのエコノミーMVNOは元々料金自体が安く、格安SIMを契約しているのであればドコモ光のWiFiを自宅にいる場合は利用し、スマホのパケットデータを節約しつつ料金を抑えられるという狙いもあります。

ドコモのエコノミーMVNOとは

ドコモショップで契約が可能な格安SIM(MVNO事業者)です。対象となる格安SIM業者は「CONモバイルONE」と「TONE for docomo」です。

ドコモ光の料金を状況に応じてシミュレーション

ドコモ光を契約した場合のトータルの月額料金についてシミュレーションをすると以下のようになります。

戸建ての場合

ドコモ契約者 ahamo契約者 ドコモエコノミー契約者
月額料金 7,205円
(ギガホプレミア(60GB)時)
2,970円
(20GB)
770円〜
(OCNで1GBプラン時)
ドコモ光の料金
(タイプA)
5,720円
ドコモ光セット割 -1,100円 × ×
合計月額 11,825円 8,690円 6,490円

マンション・アパートの場合

ドコモ契約者 ahamo契約者 ドコモエコノミー契約者
月額料金 7,205円
(ギガホプレミア(60GB)時)
2,970円
(20GB)
770円〜
(OCNで1GBプラン時)
ドコモ光の料金
(タイプA)
4,400円
ドコモ光セット割 -1,100円 × ×
合計月額 10,505円 7,370円 5,170円

ドコモ契約者以外であればドコモ光のセット割が適用できないため不利なように見えますが、スマホプランによってはドコモ契約よりも安く抑えられるケースも多いので、一概にセット割が良いとは言えません。

ネトセツ

いかに毎月のコストを抑えつつドコモ光を有効活用して自宅ではWiFi、外出先ではパケットデータを使う分だけにコントロールするということが大事になってきます。

ドコモ光をお得に安く契約するには?

ドコモ光は基本的に契約するプロバイダによってタイプA〜Cまであり、単独タイプというものが一番料金は安いですが、なかなかその条件でドコモ光を契約できる人はおらず大半の場合がタイプAでの契約となります。

そこでプロバイダによって月額料金が大きく変わることがないので、ドコモ光を安く利用するためには申込時のキャンペーンやキャッシュバック等で1年〜2年のトータルコストを安く抑えることを検討するのが良いでしょう。

ドコモショップや家電量販店、ケータイショップ等でもドコモ光は申込することはできますがやはりWEBで行われているキャンペーンがキャッシュバックやキャンペーンによる特典が大きいです。

ドコモショップではドコモ光の申込でdポイントを10000ポイントプレゼントするキャンペーンを行っています。

ただしWEB限定のキャンペーンであれば、現金のキャッシュバックを行っている窓口が多く存在し、ドコモショップや家電量販店よりも更に得するキャンペーンを行っています。

WEB限定のキャッシュバックキャンペーン

プロバイダ
or
代理店
月額料金
(マンション)
月額料金
(戸建て)
キャッシュバック
CON 4,620円
(タイプB)
5,940円
(タイプB)
20,000円
とくとくBB 4,400円
(タイプA)
5,720円
(タイプA)
最大20,000円
(オプション加入条件)
ニフティ 20,000円
ネットナビ 4,400円〜
(プロバイダを選べる)
5,720円〜
(プロバイダを選べる)
最大20,000円
(オプション加入条件)

WEB限定のキャンペーンであればdポイントよりも様々な買い物に使える現金での特典が受け取れるのでトータルで考えてもドコモ光を安く利用することができます。

WEBとドコモショップの比較

WEBの2万キャッシュバックドコモショップのdポイント
ドコモ光料金4,620円
(マンションタイプAの場合)
4,620円
(マンションタイプAの場合)
特典20,000円10,000円相当のdポイント
1年間利用時55,440円55,440円
特典差し引き合計35,440円45,440円

WEB限定のキャンペーンは人件費などを使わない代わりに申込者に多くの特典を還元できるので、キャッシュバックを含めると1年間利用した時点でもドコモショップで契約した場合と比較しても総支払額に大きな差があります。

ネトセツ

よってドコモ光を検討しているならWEB限定のキャンペーンを使って申込するのが得をするのは一目瞭然です。

おすすめのドコモ光キャンペーン窓口

GMOとくとくBB

1つ目のおすすめのWEB限定キャンペーンはGMOが運営する「とくとくBB×ドコモ光」です。

キャンペーンは最大20,000円のキャッシュバックはもちろんですが、+αでドコモのdポイント2000円相当も同時にもらうことができます。

ただしキャッシュバック額はオプション加入なし時は5,500円〜と加入するオプションによって金額が変動するので注意が必要です。

またとくとくBBではドコモ光の高速通信を活かすことができる最大1.7Gbps対応のWi-Fiルーターを無料で貸し出しを行っているので、4Kなどの高画質な動画配信サービスやオンラインゲーム、大容量のデータのダウンロードを行う人には必須な高性能ルーターです。

このWi-Fiルーターが申込と同時に到着してずっと無料で使えるのでドコモ光を快適に使いたいのであればおすすめのプロバイダです。

👉GMOとくとくBB×ドコモ光キャンペーン公式

OCN

おすすめの2つめとなるWEB限定のキャンペーンはプロバイダとして長い歴史と信頼が高いNTTコミュニケーションズが運営する「OCN」です。

OCNで実施しているキャッシュバックは新規・乗り換え(転用・事業者変更)いずれも対象でオプション加入条件なしであっても20,000円を受け取ることができます。

またOCNでもIPoEという次世代の高速通信に対応したWi-Fiルーターを無料でレンタルすることができ、ドコモ光の性能をいかんなく発揮することができます。※OCN v6アルファ(月550円)の申込が条件。

👉OCN for docomoキャンペーン公式

ネトセツ

ドコモ光を申し込みできるWEB限定のキャンペーンは他にも多数存在しますが、dポイントの他にキャッシュバック+高速通信が可能なWi-Fiルーターを無償レンタルができる窓口や実績のあるプロバイダを選ぶとしたらこの2社がおすすめできるでしょう。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

ネット選びに困ったら診断

ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
ドコモ光の料金を徹底調査。どこよりも安く契約する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる