50GBで月額2,980円!高コスパの「Ex-WiFi」を徹底的に検証

50GBで月額2,980円!高コスパの「Ex-WiFi」を徹底的に検証

スマホの大容量パケットサービスに毎月5千円〜1万円ほど払っている人は要チェックです。

50GBで月額2,980円の非常にコスパが高い「Ex-Wi-Fi」というポケットWiFiサービスが2019年10月から開始されました。

注意
ソフトバンクのWi-Fiスポット(EX)とは異なるポケットWiFiサービスです。
もしも20GBや50GBなどのたくさんのデータ通信が使える定額プランに加入しているのに値段が高く不満を持っている人は要チェック必須です。

Ex-Wi-Fiの料金やサービススペック

大容量パケットデータの50ギガの通信量が毎月使えて3千円を下回るWi-Fiサービスはほとんど聞いたことがありません。

50GBで3千円以下!「Ex Wi-Fi」

ただしこのEX-WiFiは50GBで月額2,980円という非常にコスパがよいポケットWiFiで大手スマホ会社で大容量パケットプランを契約している方にはびっくりする料金設定ではないでしょうか。

EX-WiFiの概要と料金スペック
初期費用事務手数料3,800円
月額料金月額2,980円
(36ヶ月契約更新プラン)
WiFi端末(ルーター)代金3年継続で無料
(1,000円×36回-1,000円×36回割引
パケットデータ量月50GB
1日/3日のデータ量制限なし
通信回線4G LTE

また最近では話題になった「どんなときもWiFi」が無制限で3,480円ですが、そこまでパケットデータが必要無い方はこの「Ex−Wi-Fi」でも十分でしょう。

公式HP:https://ex-wifi.jp/

Ex-Wi-Fiの月額料金の詳細

月額料金は3年契約を前提としており、50GBで2,980円となっています。その内訳は以下のようになります。

通常5,800円+端末代金(月1,000円)で6,800円ですが、ここの【3年割】の3,820円が適用されて毎月の料金が2,980円(税抜)となっています。

よって3年間の利用を条件でこの月額料金を実現しているということになります。

50GB提供の他社サービスとEx-Wi-Fiを比較

Ex-Wi-Fiの50GBプランと他社を比較

50GBのパケットデータが利用できて2,980円の月額料金は破格には間違いありませんが、同じく50GBのパケットデータプランを提供している他社と比較してみると以下のようになります。

サービス業者別月間50GBの月額料金サービス特徴
Ex-WiFi2,980円3年契約
大手キャリアタイプ
大手キャリアのLTE回線6,500円
(1年はおトク割で5,500円)
一部SNSが使い放題
ポケットWiFiタイプ
4,880円
(1年間は3,490円)
2年契約
FUJI WiFi3,100円
(おまとめ支払いで3,000円) 
レンタル契約
格安SIMタイプ
イオンモバイル8,480円データSIM定額プラン
エキサイトモバイル10,180円

有名所の大手キャリアのLTE回線、そしてポケットWi-Fiサービスや格安SIMと比較しても「Ex-Wi-Fi」の月額料金は同じパケットデータ量でも一番安く設定されています。

特に大手3キャリアや格安SIMで大量量パケットデータを利用している方で大容量パケットデータは使いたいけど5,000円以上の料金を払いたくないという方には非常におすすめできます。

Ex-Wi-Fiで提供するWiFi端末は「FS030W」

Ex-WiFiで利用できる通信端末「FS030W」

Ex-Wi-Fiで提供しているポケットWiFi端末は「FS030W」という手のひらサイズの通信端末です。

FS030Wのスペック
サイズ74×74×17.3mm
重量128g
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大同時接続台数15台
最大下り速度150Mbps
最大上り速度50Mbps
バッテリー連続最大20時間

NEXTモバイルというポケットWiFiサービスと同じ端末の提供となり、下り最大速度はLTE回線の150Mbpsに対応し必要十分の速度です。

実際に私も利用しているのですが、手のひらサイズの割には意外とずっしりとしています。当然バッテリーの時間や容量を考慮するとこれぐらいのほうが安心できるでしょう。

そしてポケットWiFiで連続通信で最大20時間もバッテリーがもつWi-Fi端末はなかなか無いため長時間充電できない状況でも約に立ってくれるでしょう。

そしてこのFS030Wのさらに良い点はバッテリーを取り外した状態で給電しながらもWi-Fi通信が可能です。

実際にお昼の混み合う時間帯で測定しましたが、下り速度が30Mbps超え、上りが18Mbpsでした。またオンラインゲームで重要とされるPing値も50を下回っていて通信状況は非常に良好です。
WiMAXや他のポケットWi-Fi系の通信端末ではこのようなバッテリーレスで通信を利用することができないため、車での利用や万が一のバッテリー節約などにも応用ができるスグレモノです。

またこのFS030Wは価格コムでもAmazonでも評価が高くSIMフリー端末としても人気のようです。

今までいくつかのポケットWiFiの端末を使ってきましたが、この「FS030W」は速度に対する安定度とバッテリー時間、そしてバッテリーを外した状態での利用も可能と考えると今のところかゆいところに手が届く最強のWiFi端末でしょう。

この端末でパケットデータが50GBとたっぷりと使えながら月額2,980円で利用できるなら現時点でコスパは最強でしょう。

端末保証は新規契約時のみ

このFS030Wの万が一の故障や盗難、水濡れや液晶割れに対応した保証サービスは月額500円です。

また注意なのはこの端末保証は新規申込み時のみが加入できるため、あとから加入できない仕様になっています。

もしもメーカー保証1年を過ぎて故障や紛失の心配がある方は加入しておきましょう。

FS030Wの通信エリアは繋がりやすい4G LTE

繋がりやすいソフトバンクの4G LTEエリア

Ex-Wi-Fiは地方や移動中が危ういWiMAXなどの通信ではなく大手キャリアの4G LTE通信エリアが利用できます。

直近の通信制限について記載がなし

WiMAXでは3日で10GBを超えた場合の1Mbpsの速度制限を実施していますが、このEx-WiFiについて調べてみましたが、この制限について記載がありませんでした。

この図を見るとおそらくNEXTモバイルと同じように制限がなく50GBめいいっぱい使うことは可能だと考えられます。

一度この件については問い合わせを行った上で後ほど記載します。

Ex-Wi-Fiのデメリットは?

50GBのデータ通信が利用できて2,980円という非常に良心的な料金設定で良いことばかりのEx-Wi-Fiですが、やっぱり気になるのはデメリット探し。

ということで詳しく見ていくとEx-Wi-Fiのデメリットがいくつか存在しましたので順に解説していきます。

①支払い方法はクレジットカード決済のみ

Ex-Wi-Fiを利用するためにはクレジットカードでの決済が必須となります。

今はキャッシュレス化が進んでいますが、それでも現金主義の方もいるでしょう。

口座振替に対応しているポケットWi-Fiを探している方にはこのEx-Wi-Fiは利用することができません。デビットカードやVプリカなども対応していません。

口座振替にた対応したポケットWi-Fiサービスを検討している方は以下で口座振替対応の業者をまとめていますので参考にしてください。

②契約期間が3年で途中解約時の解約金に注意

もう一つの契約期間が3年間と多少長いというデメリットもあります。

3年以内の解約による解除料金
3年以内の解約契約解除料9,500円
3年割賦中の端末代金1,000円×36ヶ月以内の解除による残債の支払い
解約金はそこまで高く設定されているわけではありませんが、途中解約を行ってしまうと解約金の9,500円と相殺割引となっている端末代金の一括請求が行われます。

そのためあくまでもこのEx-Wi-Fiを使うなら3年間の利用を前提として申込みを検討しましょう。

ただ3年という契約期間ですが、契約満了まで使わない状況になった場合は、たっぷりデータ通信が利用できて3千円以下ですので自分が使わない場合は家族などに譲って一時的に使ってもらう作戦なども良いと思います。

【まとめ】Ex-WiFiは長く使う方には非常におすすめ

Ex-Wi-Fiは3年契約という長い期間の利用と支払い方法はクレジットカードのみというデメリットは存在するものの、

  • 月間データ量が50GB
  • 2,980円の格安の月額
  • 端末は3年利用なら無料

こういったユーザーにはコストの面でもサービスの面でもデメリットに勝るメリットがあるのでぴったりと条件にハマる方にはEx-Wi-Fiはおすすめできるサービスには間違いありません。

とくに無制限ほどは使わないけども費用は3,000円以下で抑えたいという方にはピッタリです。
特にスマホに毎月高額な月額費用を支払つつ、パケットデータ定額を超えて通信制限にかかっている方にはありがたいサービスとなるでしょう。

↓公式サイト↓

さらに大容量の通信や無制限or使い放題でモバイルネット通信を使いたい方は以下おすすめのWi-Fiサービスを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA