パソコン関連

macの「最近使った項目」をファインダーを開いた時に非表示にする

macの「最近使った項目」をファインダーを開いた時に非表示にする

Macのファインダー(Finder)を新規でウィンドウ開くとデフォルトでは「最近使った項目」が表示されるようになっています。

仕事もプライベートもMac一台で済ませている人は職場の方や取引先、カフェなど、公には見せたくないファイルやデータがあると思います。それの多くがこの「最近使った項目」ですべてさらけ出されてしまうからです。

これが都合が悪いという人も多いため、Finder(ファインダー)から「最近使った項目」を非表示にする流れを解説します。

ファインダーから「最近使った項目」を非表示にする

ネトセツ
ネトセツ
Finder(ファイダー)を開き、画面上のメニューバーの上にある「Finder(ファインダー)」をクリックし「環境設定」をクリックします。

 

ファインダーの環境設定
ネトセツ
ネトセツ
Finder(ファインダー)の環境設定が開いたら「新規Finderウィンドウで次を表示」という項目に表示されているのが「最近使った項目」となっていますのでこれを変更するためにクリックします。

 

ネトセツ
ネトセツ
この最近使った項目にチェックが入っている状態ではFinder(ファインダー)を開いた際に表示されてしまうので「デスクトップ」や「書類」など別の項目を指定しましょう。

 

私の場合はここを「デスクトップ」へ変更しています。

ネトセツ
ネトセツ
これで新規でFinderを開いた時に「最近使った項目」が最初に表示されることはなくなります。

サイドバーからも「最近使った項目」を非表示にする

Finderのサイドバーからも「最近使った項目」を非表示にしたい場合は以下の操作を行ってください。

サイドバーの表示もなくす
ネトセツ
ネトセツ
先程の「Finderの環境設定」の中にある「サイドバー」をクリックし、「サイドバーに表示する項目」にある最近使った項目のチェックを外してください。

これでFinder(ファインダー)を開いた際に一切「最近使った項目」へのアクセスができなくなります。

関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。