MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

スマホ契約に合わせた高速の光回線選び詳しくはこちら

デスクバイク「FLEXISPOT V9」のレビュー。テレワークの運動不足を解消

スタンディングディスクでも話題となっていたFlexSpotで販売されている仕事とトレーニングを両立できるデスクバイク「FLEXISPOT V9」のレビューします。

2020年〜2021年は長く続く自粛期間によって、外出が減ったり、通っているジムが営業短縮したりなどで運動から遠ざかってしまっている方が多いのではないでしょうか。

そんな運動不足もテレワークをしながら解消できる可能性を大いに秘めているのがこの運動型デスク「FLEXISPOT V9」です。

ネトセツ

今回は機会がありFlexSpotさんよりレビュー提供の機会をいただけたので実際に使った感想や使用感をまとめてみました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

FLEXISPOTのデスクバイクV9はこんな製品

パソコンが置けるデスクが備わって座椅子は自転車のようなサイクル仕様になっており、見たまんまではありますが「運動しながら仕事ができる」製品です。

もちろん座ったままでもよいですし、デスクを持ち上げるとスタンドディスクとして使うことができます。

長時間座る行為というのは体に大きな負担がかかり健康的にも影響があることから、大きい企業ではどんどんとスタンディングディスクの採用を行っています。

今はテレワークの時代となりホームタイプのスタンディングディスクの需要も高いことから、そこにプラスαとして運動の要素を取り入れたのがこのデスクバイクV9です。

​世界的に健康志向が高まっている現代で、1日の半分近くを過ごす仕事においても姿勢と運動の重要さを兼ね備えているこの製品はCES Innovation Awards 2018を受賞しています。

運動により体の健康を保つことが仕事の生産性を高めるのは間違いのない事実です。

立ちっぱなしも良くなければ座りっぱなしも良くないため、デスクバイクはこの「立つ」「座る」の両方が行え、更に「体を動かす」という3つ目の要素を兼ね備えています。

FLEXISPOTデスクバイクV9の実機レビュー

配達員から届いたデスクバイクV9のダンボールは大きく、とにかく室内へ持ち運ぶのに相当苦労しました笑

重量は34.5kgと非常に重いので2人がかりでないとすんなり移動させることはできないかもしれません。

組み立てはすごく簡単

ただし箱から取り出すと意外とすっきりした中身でデスクとバイク部分の2つの部品のみでこれを組み立てるだけです。

デスク自体の重量もしっかりしており、耐久性も申し分は無いと思います。

また説明書に書かれているとおりにフロントレッグとリアレッグを広げてデスクを設置するだけなので、組み立てには全く苦労しませんでした。

デスク部分は差し込み六角レンチで1本のネジを回すだけ。これで組み立てが完了するので実際に3分もかかりませんでした。

デスクとサドルの高さが調整可能

またデスク部分は左側のレバーで前後へのスライド、右側のレバーで上下の昇降移動が可能です。

デスクの高さは最大でこのように高くなるので、座らず逆方向からデスクをスタンドデスクとして使うこともできます。

またサドルも最大でこのように高さが調整でき、どの体格の人でもペダルとの位置調整はできるようになっています。

デスク自体は広々としている

デスクバイクV9のデスクは広々としており、MacBook Pro 13インチを置いてみましたが両サイドはまだまだ余裕があります。

ということでMacBook Pro 13インチの隣に12.9インチのiPad Proを置いてみるとデスクの幅ちょうどでした。

広々としたデスクなのでパソコン+本やちょっとした小物を置けるほどスペースには余裕があります。

ちなみにデザインはホワイトのみですが、先日発売されたiPad Proのホワイトのマジックキーボードとは相性が良く、気分的にも明るく感じます(^^)

ペダルの負荷を調整できる

デスクバイクV9はペダルの負荷を-1〜8段階で自転車のギアのように軽い〜重いペダルへの調整が可能です。

一番負荷をかけた状態だと自転車で上り坂を登っているようなほどの感覚で結構足を鍛えられそうで、こういった調整機能があるのも運動好きにはありがたいのではないでしょうか。

もちろん電池を入れるとモニター側に走行距離や消費カロリー、運動時間などの測定ができるようになっているので、フィットネスジムのランニングマシーンのように簡易的なものではありますが運動の目安も確認できます。

デスクのグラつきはそこまで気にならない

実際に使ってみましたが、タイピング時に若干のグラつきはありますが、土台はしっかりしているのでそこまで入力作業やクリック作業にはさほど支障はないと感じました。

フィットネスジムにあるような土台がしっかりとしたエクササイズマシーンのようにある程度は重量が重くデスクバイクの重心はしっかりしている印象です。

またペダルを漕ぎながらでも安定感があるので、ペダルの負荷が強いと逆に自分の体が揺れてしまうので正直ここは体幹が良いか悪いかに関わっているかもしれません笑。

簡単移動で設置場所を選ばない

ほとんどのデスクの場合は一度設置すると数年に1度ぐらいの模様替えで無い限り設置場所を移動することがないですよね。

しかしデスクバイクV9ならキャスター付きで部屋中を移動できるので、どの部屋にいつでも移動して設置することができます。

もちろん運動をするなら外の空気を吸いながら仕事をすると気持ちが良いので、ベランダやテラスがある家庭ならこのように庭やベランダなどで作業+運動をするのも全然アリだと思います。

ただし耐水性能は補償ができないので、雨ざらしにあう場所に放置するのはおすすめしません!あくまでも水に濡れない場所での利用を推奨します。

ネトセツ

実際にベランダに設置してペダルを漕ぎながら作業をしてみましたが、外の空気も気持ちよく集中して仕事ができます!これすごくいいですね(^^)

デスクバイクV9の気になった点

FLEXISPOTのデスクバイクV9はスタンドデスク、座りながらのデスクワーク、ペダルを漕ぎながらの運動の3つを兼ね備えているいいとこ取りの製品ですが、いくつか気になる点があります。

デスクの手前のクッションが多少高い

サドル側に座って作業している場合にデスクの手前にクッションがあるのですが、このクッションの高さがちょっと高いかな?という印象でした。

ただデスクの高さを調整することである程度気にはならなくなりますし、パソコンなどの落下防止にもつながると思うのであって良い機能かなと今となっては納得しています。

背もたれがない

サドル部分はどうしても運動を行うために設計をされているので背もたれがなく、休憩するには向いていません。

長時間運動するのも辛くなって少し休憩したい時にはデスクバイクから席をはずしソファーなどに寝転がってしまいますが、リラックスができないという意味で考えるとデスクバイクV9は意識高めの方にはぴったりでしょう。

収納は重くて大変

本体の安定さとペダルを回して運動していても大きなぐらつきを防ぐために30kgを超える重量を兼ね備えているのですが、これが逆に使わない時の収納には結構大変かもしれません。

基本的には部屋のどこかに設置していつでも使えるようにしておくべきですが、もしも一時的に収納する場合はデスク部分を分解しても本体自体は結構重いですし収納場所もかさばります。

ネトセツ

女性ひとりだと収納や組み立てはなかなか大変だと思いますので、それを理解した上で検討してみてください。もちろん手助けしてくれる方が側にいる場合は問題ないでしょう。

ペダルは素足ではなくシューズやスリッパが必須

ペダル部分は自転車のように硬い凹凸があるので、素足もしくは靴下だけではちょっと「イテテッ」となります。

なのでペダルを漕ぐ時には室内シューズもしくはスリッパなど履物を用意上で運動するようにしましょう。

これらの4つの気になる点もそこまで大きな問題ではないのですが、細かく気にする方はこの点は理解した上で検討してみましょう。

FLEXISPOTデスクバイクV9は運動不足なテレワーカーにおすすめ

今現在テレワークを余儀なくされているサラリーマンにとっては普段の通勤がなくなるという些細なことで重大な運動不足に悩んでいる方も多いかもしれません。

自宅だとダラダラしてさらにはご飯も食べるようになって・・・という悪循環に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

このデスクバイクV9は気分転換としても運動による気持ちの切り替えにも最適なバイクデスクなので、価格も大型なスタンドデスクよりも安く案外リーズナブルなのでテレワークで自宅に籠もっている方には非常におすすめできます。

また運動する時には美味しい酸素を取り入れたいので、ベランダや庭がある方はぜひ外に設置して運動しながら作業するとすごく気持ちが良くて気分転換ができるのでおすすめです(^^)

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる