MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

【実機レビュー】FS040Wは明らかに現時点で最強のモバイルルーターでした。

2020年の7月に旧型から人気だった富士ソフトのモバイルルーターFS040Wが発売されました。

FS040Wの箱

SIMフリーのモバイルルーター(ポケットWiFi)として日本メーカーの中ではダントツの人気を誇るFS030Wの後継機となりますが、旧機種との速度の比較や今話題の楽天モバイルなど動作するかもチェックしていきます。

読みたい場所へ押して飛ぶ

「FS040W」とFS030Wとのスペックの違いを比較

FS040Wの開封し同梱物の確認

今まで旧機種のFS030Wを普段から持ち歩きには使っており、今回のFS040Wを開封して手にとった瞬間にすぐ分かったのですが本体が「分厚く」なっています。

本体は大型化し重量が増えた

FS030WとFS040Wの比較

正面からはパット見だとわかりませんが、このように厚みがFS040Wの方が大きくなっています。

FS040W FS030W
大きさ 高さ 約76.0mm×幅 約76.0mm×厚さ 約19.6mm 高さ 約74.0mm×幅 約74.0mm×厚さ 約17.3mm
重量 142g 128g
バッテリー容量 3060mAh (連続通信:最大20時間)

ただし本体が大型化はしているのですが、バッテリー容量はどちらも3060mAhと変わらず連続通信時間は20時間と他のモバイルルーターには負けない強みは引き続き継承しているようです。

充電はUSBタイプCへ変更

FS040WはUSBタイプCで充電ができる

FS040Wでは急速充電が可能なUSBタイプCを採用しPCや他のスマホなどのデバイスともケーブルが共有できるようになったもの使い勝手が向上した大きなポイントです。

nanoSIMに対応

今までのFS030Wの場合だと通常のマイクロSIMサイズの差込口となっているため、nanoSIMの場合は変換アダプタが必要でしたが、FS040Wは現在のスマホと同じ主流のnanoSIMの差込口となっているので万が一の差し替えも楽です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ちなみにFS040Wの背面のカバーは旧機種:FS030Wのバッテリーカバーが横にスライドすると簡単に外れしまいそのクレームが多かったために、今回は固く取り外しにくく改善されているようです。

ディスプレイ表示の文字が小さい

正面のディスプレイ表示も若干変更が加えられており、FS040Wは最初は文字が小さいかな?と感じましたが、使っていくうちにシンプルで見やすい表記だと実感しています。

モバイルバッテリーとしても利用可能

FS040Wはモバイルバッテリーとしてスマホへ給電ができる

FS030Wにはなかった機能の1つとしてFS040Wではスマホなどへ給電を行う機能が追加されています。

ただしデフォルトではこの機能はOFFになっているんため「+F 設定ツール」か管理画面へアクセスし【充電設定】>【バッテリー給電モードを有効】に変更することで利用することができます。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ただしバッテリー容量は3060mAhほどなので緊急時にちょっとだけ充電するというオマケ機能で考えておいたほうが良いですが、それでも電源が確保できない場所では重宝する機能の一つになるでしょう。

バッテリー無しでもケーブル接続で起動が可能

FS040Wでもバッテリーを取り外してケーブル(USBタイプC)を差し込んだままであれば起動できるモードは旧機種から引き継いでいる点も嬉しいポイントですね。

特に自宅のみで使う方や、車で利用する方にはバッテリー劣化を防ぐこともできますし長期間使ってバッテリー自体が劣化したとしても気にせず使えるので、重宝する機能の一つでしょう。

FS040Wの速度をFS030Wと比較

今回のFS040Wでは旧機種のFS030Wよりも通信のスペックが向上しています。

実際にこの2機種を同じ条件でFUJI WiFi(フジワイファイ)で契約しているSIMカードをそれぞれに差し替えてみて、5GHz(W52) の周波数のWiFiに接続した状態でテストしてみました。

FS030Wの速度結果

下り23Mbps、上り3Mbps、Ping65ミリ

FS040Wの速度結果

下り45Mbps、上り2Mbps、Ping45ミリ

下り速度はやはりFS040Wの方が2倍以上のスコアが出ており、今回FS030Wに比べて通信規格にも大きな向上があったのではないかと思います。

また何度もテストしてみましたが、FS030W側ではpingが60〜80ミリと安定しないのに対し、FS040Wでは50ミリ以下と非常に安定した状態で通信ができていました。

FS040W FS030W
最大下り通信速度 300Mbps 150Mbps
最大上り通信速度 50Mbps
ドコモの周波数 バンド1:2.1GHz/バンド3:1.7GHx/バンド19:800MHz/バンド21:1.5GHz
auの周波数 バンド1:2.1GHz/バンド3:1.7GHz/バンド11:1.5GHz/バンド18:800MHz/バンド26:800MHz/41:2.5GHz バンド1:2.1GHz / バンド11:1.5GHz / バンド18:800MHz
ソフトバンク周波数 バンド1:2.1GHz/バンド3:1.7GHz/バンド8:900MHz/バンド11:1.5GHz/41:2.5GHz バンド1:2.1GHz / バンド3:1.7GHz / バンド8:900MHz / バンド11:1.5GHz

2つの機種の通信スペックを比較すると通信速度は理論上は2倍の速度になっています。

また周波数帯においてはauとソフトバンクに新たに対応したLTEバンドが増えているため、FS030Wでauやソフトバンクを利用するよりも通信エリアでもかなり有利になっています。

FS040Wは「楽天モバイル」での動作もOK

FS040Wで楽天モバイルを使う

データ通信がたくさん使える楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」での利用を考えている方にも動作確認が気になるポイントではありますが、APN設定を行えば楽天モバイルでも問題なく通信ができます。

楽天モバイルのパートナーエリアでも下り20〜30Mbps、ping値も30msと安定

楽天モバイルを差し込んだ状態で通信を行いましたが、楽天エリアではない【パートナーエリア(auエリア)】でも十分な速度を出してくれました。

楽天モバイルのAPN設定

FUJI WiFiはプロファイルを自動的に設定してくれたお陰でSIMを差し込んでそのまま起動するだけですぐに通信できましたが、楽天モバイルの場合はAPNの設定が必要です。

設定にはスマホもしくはPCが必要です。

iPhone版、Android版どちらもアプリストアからインストールできます。

iPhone版、Android版どちらもアプリストアからインストールできます。

スマホ利用の場合は予め「+F 設定ツール」アプリをインストールしておくと楽です。

FS040Wの再起動が完了し左上のアンテナの✕が消えて4Gのアンテナが表示されれば楽天モバイルでの通信が可能となっていますので、再度スマホもしくはPCをWiFi接続してください。

新たにホームキットにも対応

FS030Wにはない機能の2つめとして、新たにオプションとしてホームキット(クレードル)が追加されホームルーターとしての利用も可能になっています。

※ただしFS040Wとは別途購入が必要になります。

またホームルーターキットを利用するとWiFi通信の規格が最大867Mbpsとなり、同時接続台数が15台32台に増えます。

ホームキットにはビームフォーミング機能が搭載されているので、自宅で利用する場合はFS040W単体で利用するよりも安定した通信環境でネットに接続することができます。

ホームキットの実機レビュー

デメリットは価格が高い

FS040Wは本体価格が19,800円とそこそこいい値段なんですが、ホームキットセットの場合は約3万円ほどの出費となってしまいます。

今回の機能向上ぐらいのレベルなら旧機種でもいいかな?という人もいるとは思いますので、自分の予算に合わせて検討してみるのは良いと思います。

機種別参考価格
「+F FS030W」13,800円
「+F FS040W」19,800円
「+F FS040W」+ホームキットセット29,990円
ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ただし新品の価格差がそこまでないのなら、両方とも使った私の感覚だとやっぱり新型のFS040Wを買った方が幸せになれるのは間違いないとは思います。

最初はFS040Wの単体だけ購入しておいて必要になったら楽天やAmazonなどで安くなってきたホームキット単体を狙うのがありかなと感じています。

SIMフリールーターならFS040Wが最良の選択

SIMフリーのルーターは日本国内で購入できる端末でもあまり数多くはなく、現在はスマホのテザリングでも十分な方もいるのでなかりニッチなジャンルではあります。

前機種で評判の良い点を踏襲しつつ、ほしい機能を更に追加し向上した今回のFS040Wは隙がないモバイルルーターだと実感していますし、数少ないSIMフリーのルーターでは一番おすすめできるレベルに仕上がっています。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

WiMAXの高機能なモバイルルーターやファーウェイなどのSIMフリールーターがありますが、ここまでバランスが良くてかゆいところに手が届くポケットWiFiは現時点では他に存在しないでしょう。

またLTEのバンド数(周波数)も他のSIMフリー系モバイルルーターと比べても一番多く対応しているので、格安SIMを差して使うならこっちを買っておいて損は無いでしょう。

FS040Wにぴったりなモバイルプラン

FS040Wを最大限に活かすなら4G LTE通信のパケットデータがより多く利用でき、なおかつ通信品質が高いモバイルプランが良いです。

FS040Wと相性がよいモバイル回線
おすすめのモバイルプラン 月額料金 特徴
楽天モバイル 「 Rakuten UN-LIMIT 2,980円 (期間限定1年間無料) 楽天回線エリアが使い放題(1日/10GB目安)、エリア外はauパートナーエリアが月5GB(5GB超え時は1Mbps)
FUJI WiFi 980円/10GB〜 (デポコミコース時) 10〜100GBまでの幅広いパケットデータ容量によって非常に安い料金で申し込みが可能。
BIGLOBEモバイル 1,600円/3GB〜 (+980円でエンタメフリー) エンタメフリーによってYouTubeや音楽アプリなどが見放題のオプションが利用可能

上記の3社のSIMのみを契約し、FS040Wに差し込んで利用すればスマホのプランの節約もできますし、アウトドア用途や通勤にも最適です。

BIGLOBEモバイルにおいてはSIMフリーのルーターでエンタメフリーのカウントフリーオプションを利用することは可能ですが、接続は1台のみが対象で2台以上の接続の場合は追加料金が加算される可能性があるので要注意です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

パソコンやスマホなどを複数接続したりノマドワーカー、テレワークにもこのFS040Wと格安モバイルプランの組み合わせはかなりおすすめですよ(・∀・)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる