MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

Google Pixel 4aは鬼コスパスマホの一つとなったかも。

Googleのスマホは「Pixel 3」「Pixel 3a」「Pixel 4」シリーズと今まで販売されてきましたが、今回のGoogle Pixel 4aが2020年8月20日発売されます。

元々夜景に強いGoogle Pixelシリーズが6GBメモリ、128GBのストレージ、おサイフケータイ(FeliCa)対応で税込み42,900円となればSNS時代のカメラスマホとしては最高コスパの予感もあります。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

私も購入をして8月20日発売日に到着しましたので、後日レビューを実施してみたいと思います。

そして今年2020年の売れ筋上位となるiPhone SE、すでに販売中のPixel 4シリーズなどと性能・機能面・コスパなどを含め比較してみようと思います。

読みたい場所へ押して飛ぶ

Pixel 4aの最大の特徴

GooglePixel 4はノッチではなくパンチホール

Pixel 4は「値段が高いな・・・」と正直手がでないという方が多かった中、廉価版として登場した今回のPixel 4aの大きな特徴をまとめると

  • 5.81インチ
  • 有機ELディスプレイ
  • カメラ性能はPixel 4とほぼ変わらず(望遠なし)
  • 価格はPixel 4のほぼ半額
  • おサイフケータイ
  • 生体認証は背面指紋センサー
  • 防水は非対応
  • ベゼルレスでコンパクト
  • CPUはスナドラ730のミドルスペック
  • nanoSIMとeSIMのデュアルSIM
  • ストレージは128GB
  • 価格は税込み42,900円
  • Androidアップデートは最速

と十分な良いスペックなのに手が届きやすい価格設定です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

スマホのスペックをそこまで必要としないライトユーザー向け、なのにカメラ画質や夜景はめちゃくちゃ綺麗なSNS向けのバランスが取れたスマホに仕上がっています。

本体はXLが無くワンサイズのみ

今までのGoogle Pixelシリーズは「通常サイズ」モデルと「大きいXL」の2つのラインナップが毎回販売されていしたが、今回のPixel 4aはディスプレイ5.81のワンサイズのみです。

  • Google Pixel 4 XL:6.3 インチ
  • Google Pixel 4a:5.81 インチ
  • Google Pixel 4:5.7インチ

今回はワンサイズしか出さない代わりに今までのGoogle Pixel 4の2サイズのちょうど中間サイズを補っています。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

なのでサイズは数種類は必要なく「ちょうどよいワンサイズ」を提案しており、購入において悩む要素が一つ減るのも逆にメリットではあるかもしれません。

パンチホール採用でノッチは無し

Pixel 4a(5.8インチ)はPixel 4(5.7インチ)Pixel 3a(5.6インチ)よりも大きなディスプレイサイズです。

それなのにベゼルが非常に狭くノッチを採用していないインカメだけのパンチホール式のディスプレイを採用しているのでPixel 4aはディスプレイサイズが一番大きいのに本体サイズは一番小さいんです。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ですので画面への没頭感はもちろんのことスマホサイズは一番コンパクトになっている女性にも嬉しい設計になっています。

Pixel 4にはない指紋認証センサー

Pixel 4はノッチ式の顔認証システムが生体認証でしたが、マスク着用が当たり前になっている今の時代には何かと不便ですが、今回のPixel 4aは背面の指紋認証システムに変更されています。

これによって顔認証による不便さは払拭されているのもPixel 4aのメリットでしょう。

Pixel 4aの価格は歴代Googleスマホで最高コスパ

今までのGoogle Pixelシリーズの中では廉価版のGoogle Pixel 3aの49,500円が一番安い価格設定でしたが、今回のPixel 4aは更に安いです。

Pixel 4Pixel 4aPixel 3a
89,980円〜42,900円49,500円
メモリ6GBメモリ6GBメモリ6GB
64GB〜128GB64GB〜
防水IPx8防水なし防水なし

Pixel 4aはPixel 3aよりもメモリ、ストレージ、CPU、カメラ性能は向上しているのにもかかわらず、7,000円も安い税込み42,900円でPixel 4のカメラ性能を兼ね備えているのにPixel 4の半額の価格です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

もうこれは完全にAppleのiPhone SE(49,280円〜)を意識しいますよね。

さらにソフトバンクなら「トクするサポート+」という25ヶ月後に機種を交換するプログラムを使うと更に安く24,840円でこのPixel 4aを使うことができてしまいます。

購入できる場所

※2020年8月20日発売です。

ストレージは64GBではなく128GBのみとなっており、アプリなどをたくさんインストールしても余裕ではありますが、SDカードスロットはないので128GB以上のデータがある方にはクラウドを使うしか拡張方法はアリませんので注意です。

Pixel 4aと同価格帯のスマホと比較

4万円台で購入できるスマホとしては十分なスペックを兼ね備えているのですが、実際に比較してみるとちょっとしたデメリットも見つかってきます。

OSは変わりますが、今回のPixel 4aの最大のライバルとなるのはAppleのiPhone SEではないかと思いますのでこの2機種と比較してみます。

スペックPixel 4aiPhone SE
価格42,900円(税込)
※128GBストレージ
54,700円(税込)
※128GBストレージ
CPU性能
※Antutuベンチマーク結果
スコア 25万
※Snapdragon 730
スコア 48万
※A13
解像度1080 x 2340 443 ppi1,334 x 750 326ppi
ディスプレイ有機EL液晶
バッテリー容量3140mAh1821mAh
重量143g148g
背面カメラ12.2MPƒ/1.712MP ƒ/1.8
インカメラ8MP ƒ/2.07MP ƒ/2.2
ナイトモード搭載なし
イヤホンジャックありなし
防水機能なしIP68
ワイヤレス充電非対応対応
デュアルSIM
nanoSIM+eSIM

nanoSIM+eSIM
ネトセツのアイコン画像ネトセツ

この比較を見ると確実にiPhone SEを意識して設計したと思ってしまうぐらい寄せてきています。

カメラ部分に関してはピクセルやF値もわずかながらPixel 4aが上回っていることになっていますし、ナイトモードが搭載がiPhone SEが搭載していないのでカメラにおいてはPixel 4aが確実に性能が良いです。

またiPhoneでは現在廃止してしまったイヤホンジャックが普通に使えるのも良いですね。

ただし防水性能やワイヤレス(Qi充電)には非対応なので実用性部分にいくつか欠けている点はコストダウンをするために止む終えない部分かもしれませんがちょっと残念です。

また、128GBのストレージを拡張する術がAndroidスマホにはSDカードという最終手段があるのですが、Pixel 4aはSDカードに対応していないのでクラウドストレージを使うしかありません。

カメラ性能はこの価格帯ではありえない性能

正直この4万円前半で販売されているスマホは中華系スマホ(ファーウェイ、OPPO)を含めて考えると非常に多いんですが、写真がきれいに撮影できるスマホはこの価格帯では見つかりません。

ですがPixel 4aは正直iPhone SEのカメラ性能は遥かに超えるどころか、夜景(ナイトモード)においてはもしかするとiPhone 11、iPhone 11 Proと同等レベルか、もしかすると超えているかもしれません。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

PixelシリーズはPixel 3時点でも元々カメラ性能は非常によく、レンズと言うより撮影した写真の画像処理を行うソフトウェア部分が非常に良いんでしょうね。

もしもこの価格帯でiPhoneかAndroidで迷っているSNSヘビーユーザーやインスタグラマーは絶対このPixel 4aを買ったほうが幸せになると思います。

カメラ比較については実施に購入し、iPhone SE2、iPhone 11 Proと比較してみようと思います。

Pixel 4aの残念なポイント(デメリット)

カメラが高機能でこの価格帯ではありえないコストパフォーマンスのPixel 4aですが、やはり妥協している部分いくつかあったのでまとめてみました。

ワイヤレス充電に非対応

最近のスマホでは充電ケーブル不要なワイヤレス受電(QI)に対応しているスマホが増えていますが、Pixel 4aではこの機能は搭載されていません。

置くだけ充電はあればやっぱり便利ですし、iPhone SEでは搭載されているのでコスト削減の要因のひとつとなったのかなと思われます。

防水機能はない

お風呂にスマホを持ち出す方やアウトドアなど水滴や水が掛かりそうなシーンではPixel 4aは他の防水・耐水仕様でないため、スマホに気を配らなければならないのがかなりのデメリットとなるでしょう。

普段の生活でスマホを使っている分においては濡れる心配はほぼないですが、スマホに対しての万が一の不安要素が一つ増えてしまうというのはちょっと残念なポイントです。

SDカードでのストレージ拡張ができない

Pixel 4aは128GBのストレージモデルのみの販売となるので、本体自体の容量を拡張したい人にはSDカードでの拡張ができません。

ただしGoogleドライブなら多くのデータをバックアップし拡張することができるので保存データが多い方はクラウドへのバックアップを検討しましょう。

デメリットは数えられるほどしかありませんが、それを払拭できるほどのメリットと価格のインパクトがすごいのでこれらのデメリットは許せてしまえるものになるでしょう。

キャリア版はSoftbankのみが取り扱い

2020年8月20日発売開始されるGoogle Pixel 4aですが、日本での販売先はGoogleストアもしくはキャリア版ならSoftbankのみです。

キャリア販売はSoftbankが独占したらしいので、ドコモやauからの販売は期待しないほうが良いですね。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

もしも格安SIMで利用したいならGoogleストアから購入するのがおすすめです。

購入できる場所

※2020年8月20日発売です。

私もPixel 4aは流石に注文し、同価格帯でライバルとなるiPhone SEと比較してみました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

    • 確かにAndroidスマホの大半ではSDカードでのストレージ拡張ができるのに、Pixelの場合はクラウドでしか拡張ができないのは残念ですね^^; 15GB以降は有料プランとなるのは予めここで有料プラン加入も想定しているのかもしれませんね・・・。

  • おかしいな、pixel4aデメリットで検索したはずなのに大したデメリットが見つからず新たなメリット情報ばかり手に入ってしまう。
    まじで最強説あるな…
    買いたいけど前代iPhoneSEがまだ元気に動いてるから買わないかも…pixel5aまで持ってくれよSEパイセン!

    • Pixel 5は間違いなくPixel 4aの弱点はカバーしてくるはずですから、メインで使うなら私もPixel 5に期待するほうがいいかなと思います!ただほんとにこの価格と性能などを考えたらコスパは良いですね!

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる