【検証】ハングアウトのデータ通信量と1GBまでの目安。他のビデオ通話アプリとの比較

【検証】ハングアウトのデータ通信量と1GBまでの目安。他のビデオ通話アプリとの比較

テレワークやオンライン通話・オンライン飲み会などで需要が増えているテレビ通話アプリの一つなるGoogleの「ハングアウト」。

急激に利用が増えているZOOMのセキュリティ問題を心配している方ならこちらを使っている方もいるでしょう。

このハングアウトの音声通話やビデオ通話におけるデータ通信量の消費量を測定し同様の他社アプリとの比較とデータ通信容量対策についてもまとめました。

ハングアウトの音声のみの通話によるデータ通信量

hangout(ハングアウト)はパソコンでもスマホでも利用できますが、データ容量や通信制限を気にするユーザー向けにスマホでのデータの消費率をチェックしていきます。

まずはハングアウトの【映像なし】の音声のみによる10分間の通話でデータ容量の消費量をチェックしてみました。

【1回目】音声通話を10分

【2回目】音声通話を10分

【結果】ハングアウトの10分の音声通話によるデータ容量の消費は「6〜7MB」でした。
ハングアウトの音声通話時間データ消費量
10分7MB
60分(1時間)42MB
120分(2時間)84MB
600分(10時間)840MB
1440分(24時間)1008MB(約1GB)
ハングアウトの音声通話では1時間通話したとしても42MBのデータ消費となるので比較的消費量は少なめでした。
最近良く使わているZOOMと比べてどうですか?
音声通話に関してはZOOMほぼ一緒です。
1GB消費までの目安
音声のみの通話なら「24時間」

他社アプリとハングアウトの音声通話のデータ消費量を比較

ハングアウトと同様のオンライン会議等に使われている通話アプリと比較をしてみると以下のようになります。

※各アプリの測定結果は小数点繰越のデータ量を表示しています。

アプリ別の音声通話1時間10時間24時間
ハングアウト
ハングアウト
42MB420MB1008MB
(1GB)
ZOOM
ZOOM
42MB420MB1008MB
(1GB)
Skype
Skype
42MB420MB1008MB
(1GB)
LINELINE30MB300MB720MB
Facebook Messenger
メッセンジャー
18MB180MB432MB

ハングアウトはZOOMとSkypeとほぼ一緒ですが、音声通話のみで考慮するとデータ容量を抑えることができるのはLINEとメッセンジャーの音声通話という結果になっています。

ただしLINEとメッセンジャーは実際に利用して比較してみると音質はちょっと良くないですが、使ってみて相手の声が聞きづらくないと感じるのであればLINEやメッセンジャーはデータ容量の節約としておすすめできます。

ハングアウトのビデオ通話によるデータ通信量

次にハングアウトの映像と+音声となるビデオ通話にて10分間の通話でデータ容量の消費量をチェックしてみました。

【1回目】ビデオ通話を10分

【2回目】ビデオ通話を10分

【結果】ハングアウトの10分のビデオ通話によるデータ容量の消費は「250〜270MB」でした。
ハングアウトのビデオ通話時間データ消費量
10分260MB
60分(1時間)1560MB(1,5GB)
120分(2時間)3120MB(3.1GB)
600分(10時間)15600MB(15.6GB)
1440分(24時間)37440MB(37.4GB)
ハングアウトのビデオ通話では10分でも260MBに到達し、音声通話に比べて30倍以上もデータ量を消費してしまいます。
同じ時間話をしてもビデオありとなしじゃこんなにも違うんですね・・・
映像の送受信にかかるデータの消費量がいかに多いかが分かる結果となりましたね^^;
1GB消費までの目安
ビデオ通話なら「50分」

他社アプリとハングアウトのビデオ通話のデータ消費量を比較

ハングアウトと同様のオンライン会議等に使われている通話アプリと比較をしてみると以下のようになります。

※各アプリの測定結果は小数点繰越のデータ量を表示しています。

アプリ別のビデオ通話1時間10時間24時間
ハングアウト
ハングアウト
1500MB
(1.5GB)
15000MB
(15GB)
37000MB
(37GB)
ZOOM
ZOOM
600MB6GB14.4GB
Skype
Skype
250MB2.5GB3GB
LINELINE600MB6GB14.4GB
Facebook Messenger
メッセンジャー
360MB3.6GB4.3GB

こうやって他社のビデオ通話が可能なアプリと比較してみると飛び抜けてハングアウトのデータ消費量が激しいことがわかります。

もしもモバイル通信などのWiFi環境がないケースでビデオ通話使うならハングアウトは一番に選択候補からは外すべきですね^^;

ハングアウトのデータ通信量の結果まとめ

今回のハングアウトのデータ通信量の消費をまとめると音声通話・ビデオ通話それぞれで以下のような結果となりました。

通信時間パケットデータ消費量
音声通話ビデオ通話
10分7MB260MB
30分21MB780MB
1時間42MB1.5GB
3時間126MB4.5GB
5時間210MB7.5GB
10時間420MB15GB
今回の結果だとデータ容量の消費を考えて使うならハングアウトは音声通話のみであれば他社ミーティングアプリと比較しても同等ですが、ビデオ通話においては消費量が激しい為おすすめできない結果となりました。

とは言っても、参加者側がアカウント作成が必要なく利用できるZOOMとは異なりGoogleアカウントが必要にはなりますが、セキュリティは高い品質で守られているこも事実です。

また更にZOOMやSkypeでも利用できる画面共有や録画機能が搭載されたGoogle meetも一般向けに期間限定で無料開放するようなので、そちらに期待するのも良いかもしれませんね。

例)テレワークを10日間続けた場合
音声のみビデオ通話
1日6時間勤務2.5GB90GB
1日8時間勤務3.3GB120GB
例えばZOOMをテレワークのオンライン会議としてビデオ通話を行ったまま6〜8時間接続し続けると10日ハングアウトのミーティングで働くとなるとかなりのデータ容量の消費が予想されます。
自宅にネット環境がない場合はビデオ通話必須のテレワークなんかはきついですね^^;

自宅にインターネット回線環境がない場合、データ容量や速度制限を恐れることなく使える光回線などのサービスを検討してみましょう。

【通信制限を気にしない】 ハングアウトにおすすめのネット回線

Googleアカウントを大半の方が所有している現在で、ZOOMのセキュリティ問題を心配をしている企業としてはハングアウトを自宅自粛中のオンライン会議に使用すると想定しかねません。

そんな中、通信制限を気にしながら通話を行うのはストレスを伴いますよね。そこでZOOMでの通話におすすめできる高速インターネットやWiFiサービスをいくつか紹介します。

①快適な高速通信の「光回線」

もしも今後も在宅の機会が増えることを想定しなければならないのにも関わらず、自宅に高速インターネット回線を導入していないのであれば、この機会に光回線を検討すべきです。

ハングアウトに限らず他のビデオ通話アプリも同様で映像と音声を配信し続けるには、安定して快適なネット回線が前提としてなければいけません。

そこで快適なネット通信環境が整えられ、更にはスマホとのセット割引などが適用できるおすすめの光回線は以下になります。

おすすめの光回線5社特徴料金

(ドコモ光)
下り最大1Gbps(5Gbps/10Gbpsプランもあり)の高速通信+ドコモスマホ契約者なら毎月の月額料金が割引されるマンション:4,200円
戸建て:5,400円

(auひかり)
下り最大1Gbps(5Gbps/10Gbpsプランもあり)の高速通信+auスマホ契約者なら毎月の月額料金が割引されるマンション:3,800円
戸建て:5,100円

(ソフトバンク光)
下り最大1Gbpsの高速通信+ソフトバンクスマホ契約者なら毎月の月額料金が割引されるマンション:3,800円
戸建て:5,200円

(NURO光)
下り最大2Gbps(6Gbps/10Gbps)のSONYが提供する高速ネットインターネット回線。※利用地域が限られる4,743円

(eo光)
関西限定で提供する1Gbps(5G/10Gあり)の光回線+auスマホ割引 or マイネオの格安SIMの割引あり4,953円
1年間:2,953円
これらの光回線でインターネットを接続しておけば、通信制限を気にせずにハングアウトでのオンライン会議なども、ずっと繋ぎっぱなしであっても何も心配することがありません。

予め理解しておかなければいけないのは、光回線のを利用するには開通するための工事が必要になり利用が開始できるまで多少の期間がかかります。

最近ではテレワーク・オンライン通話の需要が高まっており、申込者も通常よりも増えて混み合っていますが、快適なネットワーク環境を手に入れるためには多少の待ち時間はトレードオフとなるでしょう。

②工事なしですぐ利用できる「ホームルーター」

光回線は自宅内、宅外の工事行ったりなど作業員が訪問して作業を行う工程が必要で、さらには利用開始まで時間もかかります。

そのため最近では工事がいらないWiFiと話題のソフトバンクエアーやWiMAXなどのホームルーターが人気です。

WiMAXのホームルーター
月額料金3,480円
通信データ量上限なし
(10GB/3日超え時1Mbpsの速度制限)
契約期間3年
割引auスマホなら最大1,000円割引
UQモバイルは500円割引
GMOとくとくBBWiMAX公式サイト

すぐに利用したい場合は自宅にネットを引くために工事などの過程が必要ないWiFiサービスがおすすめです。

自宅のネット回線の見直しを考える方が急激に増えた影響で、このような工事が不要なWiFiサービスは現在かなり需要が高くなっており、通常より申込から提供まで時間がかかっている業者もあれば新型ウイルスの影響で在庫が確保できず停止しているケースもあります。
もしもスマホの通信だけでやり過ごしている方で、検討している方は早めの決断を行い早めに手続を行っておいたほうが良いでしょう。

③スマホをメインで使うなら「楽天モバイル」

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の「eSIM版のみ」の申し込み手順

2020年4月から本格的にサービスが開始したドコモ/au/ソフトバンクに続き4つの大手キャリアとなる「楽天モバイル」

300万人先着で1年間は通常の2,980円の定額で使い放題となる「Rakuten UN-LIMIT」というプランが無料で使えるため今契約しておいて損がないモバイルプランの一つです。

Rakuten UN-LIMITのプラン詳細
月額料金
2,980円
データ容量楽天回線エリア、完全使い放題
(楽天エリア外のパートナーエリア時は5GB/月)
海外利用海外66カ国 料金無料
(データ容量2GB/月まで)
国内通話Rakuten Linkアプリなら無料でかけ放題
(アプリ未利用時は30秒20円)
キャンペーン300万人限定、1年間無料
オンライン契約で3,000pプレゼント
申込時の3,300円相当の事務手数料還元

楽天回線エリアであればLTE回線をほぼ使い放題(1日10Gまで)となっているのでスマホをメインでビデオ通話などを使う方には非常におすすめできるモバイル通信プランです。

先着300万人限定、1年間無料実施中

その他のビデオ通話アプリも通信量の検証をしているので気になる方は以下をチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA