マンションで光回線の工事で大家さんへ許可が必要なパターンとそうでないパターン

マンションで光回線の工事で大家さんへ許可が必要なパターンとそうでないパターン

光回線をマンションで利用するために工事を実施することになると思うのですが、そこで問題となる大家さんに許可を取らなきゃいけないという問題。

またNURO光、auひかり、フレッツ光などの光回線サービスがありますが、実は同じように見えて全く別物のサービスなんです。

もしも希望の光回線を使いたいということで、工事許可の交渉によっては工事さえ実施されずに光回線が使えないとうケースも実は多いです。

そこでマンションで光回線が利用できるか事前に調べる方法と工事を実施するために必要な大家さんへの許可を取る流れについて解説します。

そのマンションは光回線の工事は一から必要なのか

マンション・アパートで光回線の工事を実施

まずこの自分の居住しているマンションなりアパートではインターネットを利用するための設備があるのかを必ず事前に知っておいたほうが良いです。

もしも自分で調べるのが難しい場合は直接大家さんや管理会社、仲介してくれた不動産屋さんに電話で確認を取るのが手っ取り早いです。

また最近ではインターネットは必須の時代にマンションやアパートに設備がまず整っていないということはあまりありません。

そこで実際に自分の住んいでいるマンション、アパートは光回線を利用するための設備がすでに導入されているか確認しておきましょう。
【知るべき】マンションで光回線を使う際の要点やサービス比較!

マンションの光回線工事の基本パターン

参考:フレッツ光 開通工事レポート 集合住宅にお住まいのお客さま

マンションへの光回線の工事は電柱からマンション共有部に配線する「引き込み工事」と共有部から各部屋に配線する「宅内工事」の2つの工事が必要になります。

ただし多くのマンションタイプはこの「引き込み工事」はすでにすでに完了しており「宅内工事」のみで完結することがほとんどです。
できればこのすでに引き込み工事まで完了している光回線サービスを契約して使うのが望ましいです。
もしもここで導入されていない光回線を使いたいうという場合はその光回線の工事を行うための大家さんへの許可や引き込み工事と宅内工事の2つの工事を実施する必要が出てくるということになります。

光回線導入で工事が不要なパターン

例えば自分が今居住している部屋で以前の方が光回線を導入していてすでに部屋までの引込工事が完了している場合工事が不要となります。

特に部屋の電話線の近くあたりにこういった「NTTの光コンセント」という設備があるか確認してください。
そしてその場合には工事が不要なため工事費用も発生することがなく光回線を申し込みしてから非常に早い期間で利用できるようになります。

工事をするための許可が必要なパターン

住んでいるマンションで

  • 導入されてない光回線サービス
  • マンション自体にネット環境がない
こういう状態の場合は一から光回線を申し込みし、マンションの大家さんや管理会社への許可が必要になってきます。

例えばフレッツ光の設備はあるけども利用したいのが別回線となる「auひかり」や「NURO光」を利用したいという場合は確実に工事が必要ということですね。

工事の流れは以下の動画を見てください。

このように初めてマンションに導入する光回線サービスの場合は配線を通すための作業が必要になるので許可が必要になるということです。
こういった工事の内容をマンションの大家さんに伝えるのはなかなか難しいですよね。しかも自分は部屋を借りているだけだから権限がないのでは?と不安になると思います。
そこでもしも伝え方がわからなければ申し込みした光回線の工事担当者に聞いた上でそれをメモして伝えると良いです。

工事を大家さんや管理会社に許可を取るために一番懸念しているのが「穴あけ工事を行うのか行わないのか?」ということです。

実際にこれは一度工事担当者が訪問してマンションの建物の状況を確認した上でどうするかを判断します。

基本的に

  1. 「電話線などの既存配管を使って配線する」
  2. 「エアコンのダクトを利用して配線する」
  3. 「穴あけをし配線する」
この3つの方法のうち、なるべく穴あけ配線を行わない方向で工事担当者も作業を進めます。

そのため、許可を取る際には大家さんには「穴あけはしない方向で工事を行います」と一言添えておくのが良いです。
注意
そこで作業を行っている中で「穴あけ工事」が必要になった場合は必ず「大家さんに穴あけ工事を実施してよいか許可をとれますか?」と聞いてきます。
勝手に工事をするめることはないのでそこは安心しましょう。

そしてその穴あけなどの工事について大家さんに許可取りをし、大家さんがNOといえば工事中止です。

この場合は諦めて別の光回線を検討するもしくはすでに導入されているネットサービスを利用するしかありません。

光回線の工事を快く許可をしてくれるケース

マンションの光回線の工事を許可してくれるケース

実際にいろんなアパートやマンションに引っ越してきて様々な光回線を使ってきた私が実際に工事許可を取る際にOKだったパターンを集めてみました。
しっかりと工事内容を丁寧に説明できる場合大家さんからすれば自分の管理しているマンションに余計な手を部外者に加えてほしくないのが正直なところ、ただしこちらの利用したい光回線の思いとしっかりとした道筋がみえる説明をすれば納得し許可してくれる場合があります。

普段から大家さんと良い関係を築けているやっぱり相手も人です。常日頃から挨拶などで良い関係を築けている大家さんの場合、居住者の悩みには親身になって聞いてくれることが多いです。

光回線の工事もそこまで大掛かりで外壁などを傷つけない工事とわかればすんなりと許可を出してくれます。

日常生活に支障が出ると伝える今は仕事でインターネットを使う人が増えている中、快適なインターネットが利用できないと仕事に支障がでるという理由を伝えることです。

大家さんや管理会社さんもしっかりと仕事をこなして稼いだ上で家賃をしっかりと収めて欲しいと思っていますのでビジネスとして考えると要求を飲んでくれる場合もあります。

使えないなら退去すると伝えるこの光回線サービスを使えなければ快適に日常を送ることができないという理由で許可を出さなければ引っ越しをすると訴える方法です。

この方法はあまりお互いの関係をこじらせてしまう可能性がありますが、最終手段としては有効だったりします。ただし常に退去者と入居者のりれ代わりが多い都会のマンションであれば効果は見込めません。

光回線の工事を許可してくれないケース

次は工事を許可してくれないパターンです。実際にサポートセンターで受付をしていた時にあった事例の含めてまとめてみました。

戸数が多い大型マンションの場合最近増えてきている戸数が多い大型マンションの場合、管理会社も大きくその住居者一人のためにマンションの構造に手を加えて欲しくないと考えていることが大半なため許可を出してくれない事が多いです。

大きなマンションほど郷に入れば郷に従えというところが多いのでこういった大型マンションの場合は要望が通らないと考えておいたほうが良いです。

工事の説明をしっかりとしないやっぱり大家さんや管理会社も人です。しっかりと工事をする理由を伝えることができなければ「急にそんな事言われても」ということになります。

ちゃんと利用用途やどうしてその光回線を使うのか?という理由をしっかりと伝えられなければ許可が出ることはありません。

もしも工事がどうしてもできない状況なら工事不要でインターネットが利用できるWiFiサービスを利用するのもありです。

WiMAXやソフトバンクAir(モバレコAir)などのホームルーターから持ち運びができるポケットWiFiなどがあり、以下で詳しく解説しています。

光回線のマンションへの工事は事前確認と理由を明確にする

光回線をマンションで使う場合に工事が必要な場合とそうでない場合の対処法をまとめると、

自分のマンションで使える光回線を把握しておくというのがまず一番大事になります。

そこから実際に自分が使いたい光回線サービスが工事が必要な種類のサービスになるかが判明します。

そして工事が必要な場合は大家さんへ工事の許可をしっかり取れるような説明をできるように工事の流れをしっかりと把握しておくことが重要になります。
【知るべき】マンションで光回線を使う際の要点やサービス比較! 【見れば分かる】光回線(ネット)の工事の内容と費用など【見れば分かる】光回線(ネット)の工事の内容と費用など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA