【検証】Hulu(フールー)のデータ通信量と1GBまでの目安。節約方法まとめ。

ストリーミング再生で視聴できる映画・ドラマアプリの中でも人気のHulu。このHuluをモバイル通信で視聴した場合のデータ通信量とギガバイトの目安を確認するために実験してみました。

またHuluを外で通信制限を気にせずに視聴するための通信量の節約方法もまとめています。

Huluの動画の画質別のデータ通信量を測定

HuluもDTVやYouTubeと同じく画質設定が細かくできます。この画質の設定別で10分間のストリーミング再生を行ってみました。

Huluの画質設定別

  • 推奨
  • 最高
この5つの画質設定により消費するデータ通信量は変化します。

「推奨」画質でのデータ通信量

Huluの推奨画質による通信量

まずはHuluアプリでデフォルトで設定されている「推奨」画質の設定で10分間の動画視聴を行ってみました。

【結果】10分の動画視聴によるデータの消費量は「180MB〜190MB」でした。

ストリーミング再生時間データ消費量
10分190MB
30分570MB
1時間1140MB(約1.1GB
5時間5700MB(約5.7GB
10時間11400MB(約11.4GB

推奨画質でも10分で約200MBと考えると1時間視聴すればすぐに1GBを超えてしまう通信量ということがわかりました。

1GBで30分程度のアニメ2本しか見れないですねw 

そうですね。モバイル通信で視聴するには推奨画質はまずおすすめできないですね。

1GBまでの目安推奨画質なら「約1時間」

「最高」画質でのデータ通信量

Huluの最高画質による通信量

次にHulu側の一番良い画質「最高」設定で10分間の動画視聴を行ってみました。

【結果】10分の動画視聴によるデータの消費量は「290〜300MB」でした。

ストリーミング再生時間データ消費量
10分300MB
30分900MB
1時間1800MB(約1.8GB
5時間9000MB(約9GB
10時間18000MB(約18GB

最高画質だとやっぱり消費がさらに激しくなりますね。

この画質はWiFi接続でないとしんどいレベルですね。。

モバイル通信では絶対に変えては行けない設定となりましたね。

1GBまでの目安
最高画質なら「30分」

「高」画質でのデータ通信量

Huluの高画質による通信量

次は最高画質より多少落ちる「高」画質の設定で10分間のストリーミング再生を行ってみました。

【結果】10分の動画視聴によるデータの消費量は「250MB〜260MB」でした。

ストリーミング再生時間データ消費量
10分260MB
30分780MB
1時間1560MB(約1.5GB
5時間7800MB(約7.8GB
10時間15600MB(約16GB

最高画質より数十MBだけ消費量が少なかったですが、この画質でもやっぱり消費量が激しいです。同じくモバイル通信でも契約している20GBプランや30GBプランでもすぐに到達してしまうレベルですね。

1GBまでの目安
高画質なら「40分」

「中」画質でのデータ通信量

Huluの中画質による通信量

1GB(60分視聴可能)と書かれているため、この「中」画質の設定はHuluのデフォルトの「推奨」設定とほぼ同等の画質ということですね。

【結果】10分の動画視聴によるデータの消費量は「180MB〜190MB」でした。

ストリーミング再生時間データ消費量
10分190MB
30分570MB
1時間1140MB(約1.1GB
5時間5700MB(約5.7GB
10時間11400MB(約11.4GB

結果的にも推奨画質と同じ結果になりました。

推奨画質と同じでも1時間のドラマを1本見ちゃうとそれで1GB超える計算ですもんね。

そうですね。この中設定でもまだまだ通信量は多いのでモバイル通信は危険だなという感覚ですね。

1GBまでの目安
中画質なら「1時間」

「低」画質でのデータ通信量

Huluの低画質による通信量

最後にHuluの中でも最低画質の設定とされる「低」画質で10分間の動画を視聴してみました。

【結果】10分の動画視聴によるデータの消費量は「90MB〜100MB」でした。

ストリーミング再生時間データ消費量
10分100MB
30分300MB
1時間600MB
5時間3000MB(約3GB
10時間6000MB(約6GB

推奨画質や中画質よりちょっとだけ通信量は減りました。1GBまでと考えると30分ほど視聴時間は伸びる計算ですね。

実際の画質の方はどうですか?見るに堪えないレベルですか?

実験してみたんですが、画質は「低」だとやっぱり「きついかな・・・」という映像でした。YouTubeの240pの画質設定と同等レベルかなという感じです。

1GBまでの目安
低画質なら「1時間30分」

【結果】Huluの画質別のデータ通信量まとめ

画質設定1GBまでの目安
推奨50分
最高30分
35分
50分
1時間40分

Huluの画質設定別で1GB到達までの視聴時間を比較してみると圧倒的に低画質ならギリギリ映画1本を見れるか見れないかのレベルでした。

当然ながらこれ以上の画質を落とす設定ができないため、Huluをモバイル通信で見放題にするのはかなり厳しい結果となっています。

ただし「低」画質はスマホで視聴する場合、人物の表情が多少分かりづらく「一昔のDVD映像」ぐらいという感覚です。その画質で画面できると言うなら問題無いレベルだと思います。

Huluの通信量を節約する方法

せっかく映画やドラマ見放題になるHuluを毎月933円払って契約しているなら通信制限なく楽しみたいですよね。

そこでHuluのデータ消費を抑えるためにいくつかの節約方法があります。

その①予めダウンロードしておく

Huluの映画を予めダウンロードしておく

WiFiに接続した状態で視聴したい映画・ドラマのタイトルを予めダウンロードしておくことで外出先でもどこでもインターネット通信を使わずに視聴することができるのでこの機能を優先的に使っておきましょう。

ただしこのHuluのダウンロード機能にはデメリットもあります。

  1. スマホ本体の容量が増えてしまう
  2. ダウンロード数は25本まで
  3. ダウンロード対応していないタイトルもある

こういった問題があるため、時間があればドラマシーズンを一気に見たい方、最新作は未対応などと言った課題もまだまだあるのも事実です。

スマホの容量圧迫を軽減する

Huluの映画やドラマのタイトルはダウンロードすることでスマホ本体のストレージ容量が増えてしまいます。もしも容量がもう残り少ない人はあまりメリットが無いかもしれません。

そこでHuluで実際にダウンロードするファイル容量を抑えつつ保存するする方法があります。

STEP.1
「設定」を開く

Huluのアプリ画面の右上にある「横線3つ」をタップして次に「設定マーク」をタップします。

STEP.2
「ダウンロード設定」を選択

設定項目にある「ダウンロード設定」をタップします。

STEP.3
「標準画質」へ変更

ダウンロード画質はデフォルトで「高画質(おすすめ)」に設定されているので「標準画質」に設定します。

ダウンロードした動画は多少画質は悪くなりますが、これだとファイルの容量を約3分の1まで減らす事ができます。

その②持ち運び可能なWiFiルーターを使う

スマホ本体の容量を圧迫せず、そして公園でも移動中でもどこでも接続ができる「持ち運びWiFi」および「ポケットWi-Fi」を利用している人が最近は多くなってきています。

もちろんスマホの20GBや30GBなどの大容量のパケット定額を契約している方も多いと思いますが、おそらく月に7千円〜1万円以上のスマホの月額を払っているでしょう。

毎月月額が半額以下に抑えられそしてデータ容量が更にたくさん使える「WiFiルーター」の方がコスパも通信制限も気にならなくなると考えると非常にメリットがあると思います。

自宅でも外でもこの持ち運びWiFiに接続すればどこでも通信はできますしHuluの動画もデータ通信量を気にせず使えるようになるかもしれません。

契約するWiFiのサービスプランによっては通信エリア外になる場合もあるため、自分の活動範囲内のエリアが電波が届く範囲なのかを予め把握しておく必要があります。

その③無料接続ができるWiFiを活用する

wifiスポット

スマホ本体のストレージ容量もあまり空きがなくダウンロードは難しい方は無料で接続できるWiFiを使って外出先でも通信量を節約して視聴する方法もあります。

ファミレスや商業施設など、街中に設置されている無料WiFiをマップ上で探し出しいつでも無料WiFiに接続が可能な便利な「タウンWiFi」というアプリがあります。

どこでも無料でWiFiが使える最強アプリ「タウンWiFi」どこでも無料でWiFiが使える最強アプリ「タウンWiFi」

このアプリを活用してできうる限りWiFiに接続してHuluを視聴しましょう。

注意
ただしこの無料WiFiはあくまでも施設に設置されているため、カフェや店舗を離れるとWiFi接続が切れますし、移動中などは接続ができないというデメリットがあります。

ダウンロード容量も残っていない、WiFiスポットでの接続もなかなか難しいという人には持ち運びができるWiFiルーターがおすすめです。

【まとめ】Huluの通信量が多いの自分にあう節約方法を見つけよう

Huluのモバイル通信を使った検証結果では

  • データ通信量は多い
  • できる限りWiFiに接続する
  • 画質設定を下げる
  • ダウンロードが可能なら行っておく
という結論に至りました。よってWiFi通信を使ったサービスはどうしても必須なアプリだと言うことが分かります。

せっかく見放題のアプリなら休日には見たかった映画を一気に見たいときなどがあると思います。

そんな時に通信制限の恐怖に怯えながら視聴するのも非常にもったいないですし、ちょっとした工夫で見放題にできる可能性を多く秘めています。

今回紹介したHuluを存分に楽しむための節約方法で「自分にあった節約術」を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。