MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

iCloudのストレージを家族で共有するための設定手順

多くの写真撮影や動画撮影でiCloudの無料5GBでは足りない家族も多くなっていることでしょう。

そこで家族がみなiPhoneならファミリー共有でiCloudの容量を分け合うことで一人だけiCloudストレージの有料契約をすれば済みます。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ここではiCloudストレージを契約している方(管理者)による、ファミリー紹介によるストレージ容量の共有方法について解説していきます。

読みたい場所へ押して飛ぶ

【注意】iCloudのファミリー共有の注意点

その前にiCloudのストレージをファミリーへ共有する前に確認しておかなけばならない点があるため、それを事前にチェックしておきましょう。

①iCloudストレージが共有できる容量は200GB〜

ファミリーで共有できるiCloudストレージは200GBもしくは2TBプランのみで、無料の5GBと130円/月の50GBプランでは共有ができません。

②写真データは共有フォルダに入れない限り見れない

ファミリーでiCloudのストレージを共有していても、それぞれ個人の撮影した写真フォルダのデータは他のファミリーでも見ることはできません。

写真は自分で「アルバム」>「共有アルバム」に写真を追加したものだけが共有して見ることができるため、基本的にこの共有フォルダに写真を追加されないとファミリーでも確認ができません。

家族間といえど、しっかりとプライバシーは守られいるので心配は不要です。写真以外の情報に関してもそれぞれのiPhone所有者がで共有フォルダや共有の処理をしなけば覗くことはできません。

また共有できるのはiCloudストレージや写真だけではなく、ミュージックや位置情報、購入アイテム、Apple TV+など細かく設定が可能です。

もちろんiCloudストレージの容量だけ単純に共有するということであれば、これらの設定は何も触る必要がありません。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

これらを理解した上でiCloudのストレージ共有の処理を下記で解説します。

【STEP①】 自分のApple IDへファミリーへ追加する

iCloudのストレージを共有するためにはまず管理者となるApple ID(iCloudストレージ有料プラン(200GB〜)契約者)のファミリー参加依頼の操作が必要なのでその手順から進みます。

ファミリーへ招待→加入する

STEP
「設定」>「自身のApple ID」>「ファミリー共有」をタップ
「設定」>「自身のApple ID」>「ファミリー共有」
STEP
「+メンバーを追加」をタップ
ファミリー項目でメンバーを追加をタップ
STEP
ファミリー共有への登録を依頼する画面で「登録を依頼」ボタンをタップ
STEP
ファミリー登録依頼を送る

ファミリーへの参加依頼を送るにはいくつかの方法がありますが、目の前に共有したい相手がいる場合は「AirDrop」がおすすめです。

もしも離れた場所にいる場合は「メッセージ」「メール」で送信してください。

AirDropの場合は表示された共有したい相手のアイコンが表示されたらタップするだけです。

AirDropの設定について不明な場合は以下を参照してください。

これでファミリー共有依頼の手続きは完了です。ここまではファミリーへ招待する管理者側のiPhone操作の手順です。

招待を受けたファミリー加入依頼に参加する

次にファミリー招待を受けた側のiPhoneでの操作です。

招待を受けたファミリー加入依頼に参加する

AirDropもしくはショートメール、メールにて送られてきた【○○(家族名)さんがWebサイトsetup.icloud.coを共有しようとしています。】と表示された案内には「受け入れる」を選択してください。

すると上記のように【登録案内が届いています。○○さんのファミリーに登録すると、共有アルバムやファミリーカレンダーを・・・etc】という画面が表示されますので「ファミリーに登録する」ボタンをタップしてください。

【現在○○さんのファミリーメンバーです】と表示されたら登録がOKです。

管理者側(ファミリー招待した側)のiPhone

招待された側がファミリー加入に承認すると新たにファミリーメンバーに追加されているはずです。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

これでiCloudストレージが共有できる資格となるファミリー登録が完了し、準備が整いました。次のSTEP②の共有処理でiCloudストレージの共有が可能となります。

【STEP②】 iCloudストレージをファミリーへ共有する

ここは管理者側のiPhoneの操作となります。

STEP
「設定」>「自分のApple ID」>「iCloud」>「ファミリーと共有」と進む
STEP
「ストレージプランを共有する」ボタンをタップ

【完了しました】と表示されたらこれでiCloudストレージの共有設定は完了です。

ファミリーへ招待した管理者側のAppleアカウントへ登録しているメールアドレス宛に【○○さんがファミリーに参加しました】という通知が届きます。

もちろんそれぞれのファミリーが現在所有しているiCloudストレージの容量は設定項目のiCloud内にある「ストレージを管理」を開くことで管理者が常に確認することができます。

この設定の変更や解除は常に管理者に権限があるので、いつでも変更や共有の解除は可能です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

iCloudのストレージを家族(ファミリー)で共有する手順は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる