アイデンティティ5(Identity V)のデータ通信量を実測してみた。

アイデンティティ5のデータ通信量

PCゲームで緊張感がやばいホラーゲームとして人気だった「Dead by Daylight」のスマホ版となる「アイデンティティ5(Identity V)」が2018年7月にリリースされました。

荒野行動も開発している企業からのリリースなので本格的で人気が出てきているホラーゲームです。

ハンターとサバイバー
マスクゲーマー
マスクゲーマー
ハンター1人とサバイバー4人で分かれてオンラインプレイがで楽しめるスマホゲームなので当然ながらデータ通信量がかかります。そのため、今回どれくらいのデータ通信の消費量か実測してみました。

Identity Vの平均データ通信量とプレイ時間を算出

Identity Vのマッチングからのプレイ時間

アイデンティティ5(Identity V)はPUBG荒野行動と比べて比較的短時間でサクッとプレイができるため、一回のオンライプレイマッチでは平均して10分ほどのプレイ時間です。

それでは実際に何度かマッチプレイした状況でデータ通信量の平均値を出していこうと思います。

プレイ時間は平均6〜10分

アイデンティティ5(Identity V)のプレイにおける通信量

何度か実践してみましたが、ロビーのマッチング待機時間が1分以内、そしてプレイ時間が5〜10分程度でした。

アイデンティティ5(Identity V)プレイ前のデータ通信量
マスクゲーマー
マスクゲーマー
↑はプレイ前のデータ通信量です。ここからマッチングしてからプレイしていきます。
アイデンティティ5(Identity V)

7分のプレイ時間で消費したデータ通信量は4.5MBです。

【結果】1プレイ5〜7MBのデータ通信量

Identity Vのプレイ時間 通信データ消費量
5分 4MB
7分 5MB
9分 6MB
8分 5MB

ということは間をとって7分程度のプレイで約5MB、5回ほどプレイすると考えると約25MBのデータ通信量の消費です。

マスクゲーマー
マスクゲーマー
1分における消費量がだいたい0.7MBほどです。荒野行動は1分で0.3MBの消費量と考えると少しデータ通信量は多めな気もします。

ただし荒野行動の平均プレイ時間が20〜30分なので1プレイで考えるとIdentity Vの方が消費量が少ないということになります。

ハンター役の人が強くて早ければ5分もかからないパターンもあると思います。

マスクゲーマー
マスクゲーマー
そう考えると1日に2時間ほどハマってプレイしてしまいそうな人は約100MBほど消費する計算になります。

ライトに遊ぶ方にはほどよい時間とデータ消費量

グラフィックはかなり凝ったスマホゲームになっているので、通信を行うと少しデータ消費量は多めなのですが、気軽にサクサクと短時間でプレイできるホラーゲームなのでライトにプレイする方にはなかなかおすすめできるホラーゲームです。

イヤフォンをしながらプレイするとサバイバーの場合、暗号解読中にハンターが近づいてきた時の心臓のバクバク音が緊張感があり楽しいです。

荒野行動やPUBGモバイルのデータ通信量も実測しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
荒野行動のデータ通信量がどれくらいか実測してみた。
荒野行動のデータ通信量がどれくらいか実測してみた。スマホのバトルロイヤルゲームとして非常に人気の荒野行動。学生や友人と集まってどこでもオンラインプレイできますが、データ通信量も気になるポ...
あわせて読みたい
PUBGモバイル版のデータ通信量がどれくらいか実測してみた。
PUBGモバイル版のデータ通信量がどれくらいか実測してみた。スマホ版のバトルロイヤルゲームが非常に盛り上がっていますね。実際に私もハマっております笑 PUBGモバイルをプ...