Internet Explorerのキャッシュを削除する流れを解説

Internet Explorerのキャッシュの削除する流れを解説

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)のキャッシュ削除方法についてです。

キャッシュはWEBのページを一時保存し読み込みを早くする効果がありますが、キャッシュがたまりすぎると逆に最新ページが表示されなかったり表示速度が遅くなったりするため、定期的にキャッシュの削除を行ったほうが良い場合があります。

Internet Explorerのキャッシュ削除の流れ

STEP.1
「インターネットオプション」を開く

ブラウザページ右上の設定マークを押す

InternetExplorerの開いたページの右上にある歯車の設定マークをクリックすると表示される項目の中の「インターネットオプション」をクリックします。

STEP.2
閲覧の履歴「削除」をクリック

削除ボタンを押す

開いたインターネットオプションページで閲覧の履歴という項目がありその中にある「削除(D)」というボタンを押します。

STEP.3
削除する項目を確認して「削除」

閲覧履歴の削除項目

すると開いたページではデフォルトでチェックが入っている部分があります。

  • お気に入りWebサイトデータを保持する
  • インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル
  • クッキーとWebサイトデータ
  • 履歴

この4つにチェックが入っていれば問題ありません。このまま下の「削除(D)」ボタンを押します。

「フォームデータ」や「パスワード」に誤ってチェックを入れないように気をつけてください。
STEP.4
適用→OK

適用を押してOK

最後に「適用」を押して「OK」を押せば完了です。

その他のインターネットブラウザも使っいてネット接続の動作が重いなどの症状があれば同じようにキャッシュの削除(クリア)を実施してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。