MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

スマホ契約に合わせた高速の光回線選び詳しくはこちら

新型iPad mini【第6世代】が旧世代miniから大きく変わったこと

Appleの2021年9月15日の新製品イベントでiPad miniが大きくメジャーアップデートを果たしました。

今回の発表ではその他にもiPad、Apple Watch 7、iPhone 13シリーズも同時に発表されていますが、一番インパクトが大きかったのはやはり「iPad mini」です。

ネトセツ

この第6世代となるiPad miniが大きく変貌を遂げて、どれだけ魅力的になったのか旧世代と比較してまとめました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

新型iPad mini(第6世代)の大きな変化

iPad mini(第6世代)は今まではiPadと同じデザインでホームボタン式のベゼルが太いディスプレイでしたが、今回は現在販売中のiPad Air(第4世代)の小さい版のようなスッキリしたデザインとなりました。

また本体はiPad Proのようにエッジが広がり、ベゼルが従来よりも狭くなったことで本体サイズは旧iPad miniよりも高さは小型化しているのにも関わらずディスプレイは7.9インチから8.3インチへ大型化されました。

またディスプレイはRetinaディスプレイからLiquid Retinaディスプレイへと進化しTrue Tone、P3の広色域、そして低反射による画面がさらに見やすくなったのが特徴です。

ネトセツ

ベゼル自体はギリギリという程まではいきませんが、従来のiPad miniからは思い切ったデザイン変更となり今回のAppleのイベンとではiPhoneよりもiPad miniの発表に一番印象に残っている方が多いようです。

また画面が大きくなったことでホームボタンとTouch IDは表面からはなくなり、トップボタン側にTouch IDが設置されました。

ただiPadの場合はFace IDの方が画面のどこを触ってもすぐにサクッと解除できるため相性が良いですし、毎回このトップボタンを触らなければならない煩わしさが出てしまうのは少し残念な気がします。※逆にiPhone 13にこれを導入してほしかったのですが・・・・。

またApple Pencilは第2世代に対応し、マグネット式による充電ができることによって、第1世代のApple Pencilよりも取り回しもよく本体に装着したまま持ち運びが可能となっています。

また搭載されるチップは同時に発表されたiPhone 13と同じA15 Bionicチップを搭載し、6コアCPU、そして5コアGPUによって高グラフィックのゲームや編集アプリなどを楽々動かしてくれます。

iPhone 12よりもiPad Airのチップよりも高機能なので、iPad Proの次に性能が良いCPUを積んでいるのでほぼもたつきはなくサクサクなんでもこなしてくれるでしょう。

またこれも嬉しいのが今までiPad miniはiPhoneと同じく端子がLightningでしたが、今回からUSB-C(タイプC)となり、高速充電や高速なデータ転送、iPhoneなどのデバイスへの給電なども行えるようになりました。

ネトセツ

正直この変更だけでも大きな変化で、USB-Cは今ではあらゆるデバイスで主流となっているので、わざわざLightningケーブルを持ち運ぶ必要もなくなったのはかなりの恩恵があります。

また通信においてはLTEの4Gの他に5G対応、Wi-Fi通信は最新のWi-Fi6に対応しているので、ビデオ通話や動画ストリーミング、ダウンロードなどにストレスを感じることはないでしょう。

もちろんWi-Fi6や5Gの自動切り替えによってバッテリーの持続時間にも貢献してくれているので、これだけの高機能を詰め込んでもバッテリーライフを脅かさず従来どおりの持続時間を確保できています。

今はオンラインでの授業やテレワークが普及している中、iPad Proだけに採用されていたインカメラの超広角カメラによる「センターフレーム」機能がiPad miniにも搭載されました。

これによりカメラ位置を動かさずともAIが自分にピントを合わせた状態で追っかけてくれますのでテレワークやビデオ通話が多い方には大きな手助けとなってくれます。

また合わせて背面のアウトカメラも8MP(メガピクセル)から12MP(約1200万画素)へアップグレードされており、A15のISPによるスマートHDR 3が使えるため今まで以上の高画質な写真を残すことができます。

また今まではフルHDまでの動画映像しか残せませんでしたが、4K撮影も可能となりました。

ネトセツ

今までのiPad miniにはなかったものをすべて兼ね備えてくれたiPad miniの完成形のような仕上がりとなっていながらも価格はほぼ据え置きなので驚きですし、今まで以上に魅力的なiPadになったのは間違いないと思います。

今回のiPad miniのカラー展開は4種類からとなっており、新色としてiPad Airにもあるパープル、ピンク、そして新しくスターライトがライナップとしてあります。

スターライトはどちらかというとゴールドとシルバーが混ざったような色で、ピンクは桜色のような薄めな配色になっています。

新型iPad mini 6と旧型となったiPad mini 5との比較

大幅なメジャーアップデートを行った新型iPad miniが旧iPad miniとどれだけ変わったかは以下を見れは一目瞭然です。

iPad mini 6
(新型)
iPad mini 5
(旧世代)
ディスプレイサイズ8.3インチ7.9インチ
サイズ高さ:195.4mm
幅:134.8mm
厚さ:6.3mm
高さ:203.2mm
幅:134.8mm
厚さ:6.3mm
重量293g300.5g
チップA15 BionicA12 Bionic
アウトカメラ12MP
(広角)
F値1.8
8MP
(広角)
F値2.4
インカメラ12MP
(超広角)
※センターフレーム対応
7MP
動画撮影4K撮影1080p撮影
(フルHD)
モバイル通信4G/5G4G
Wi-Fi規格802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi6
802.11a/b/g/n/ac
(Wi-Fi5)
接続端子USB-CLightning
スピーカー2スピーカー
横向き時ステレオ
2スピーカー
(横向き時モノラル)
セキュリティ認証Touch ID
(トップボタン)
Touch ID
(ホームボタン)
Apple Pencil第2世代
(マグネット装着可)
第1世代
価格59,800円45,800円

スペックや機能だけではなく重量や大きさは新型iPad mini 6の方が軽量・小型化しているのにも関わらずディスプレイのサイズは大型化しています。

今回のiPad miniはどれを比較しても旧世代より悪い点がほぼ見つからず、価格はやはりiPad mini 5よりは吊るしモデルでも多少高めとなっています。

ネトセツ

ただしこの値段の差が納得行くほどiPad mini 6の方が選ぶなら断然間違いないスペックになっており、今までモバイル版のiPadを使い続けてきた方には満足の行くメジャーアップデートだと感じます。

実際にiPad miniは注文し発売日の9月24日に到着予定なので届いたら旧型のiPad mini(第5世代)と比較してどれだけの変化があったのかレビューを行ってみたいと思います。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる