MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

スマホ契約に合わせた高速の光回線選び詳しくはこちら

【2021年新型】iPad ProはM1チップ搭載でパソコンを超える存在に。

Appleが2021年4月21日に行ったAppleイベントで初の5G対応、そして初のMacに採用したM1チップを搭載したiPad Proを発表しました。

またiPad Pro12.9インチに限ってはApple専用で販売されている50万円を超えるPro Display XDRと同等のディスプレイを採用し、Appleが販売するモバイル端末の中ではトップクラスのディスプレイとなりました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

2021年版iPad Pro 11/12.9インチは「M1チップ」搭載

2020年後半に販売開始されたMacBook Pro、MacBook Air、Mac miniに採用されたM1チップは世界でも絶賛を浴びた処理性能の誇るApple独自のチップです。

M1チップには8コアCPUと8コアGPUの内蔵グラフィックによって、第1世代のiPadと比較するとCPU性能は最大75倍、そしてグラフィック性能はなんと1500倍にも向上し、よりパワフルなテクノロジーとして進化しています。

また感覚(ハプティクス技術)が使われているPS5のコントローラーとの接続も可能となり高フレームレートでゲームも本格的に楽しめます。

ネトセツ

このM1チップの凄さは約8万円で購入できるMac miniでも十分に体感しているのでこれが薄型のiPad Proにも使われるのは驚きです。

M1チップが搭載されたMac miniのレビュー

Thunderbolt搭載で外部モニターへ出力が可能

今までのiPadには外部出力対応することはできず、タブレット単体での利用にとどまっていましたが、充電端子となるUSB-タイプCはThunderboltとなりノートパソコンのデュアルディスプレイのように外部のモニターへ映像を映し出す事が可能となりました。

デュアルディスプレイは作業面積を増やし効率を高めるには非常に助かる機能なので、パソコンに近い形として作業ができるのは嬉しい限りでしょう。

5Gに対応

すでにiPhone 12シリーズでは対応となった5Gですが、iPadも今回のiPad Proから5G対応となりました。

もちろんこの5G対応はセルラー版のみとなっており、WiFi版では利用できません。また5Gはミリ波対応となっていますが、日本でのミリ波は未対応のようであまり喜ばしくないという結果に。

ネトセツ

まだまだ日本では5G通信の普及が進んでおらず、ミリ波が日本対応であったとしても使えるエリアはほんの僅かなので、ここからまだ3〜5年ほどは5Gには正直期待しなくても良いかもしれません。

iPad Proのインカメが「Center Stage」で更に進化

iPad ProはアウトカメラはISPとLiDARスキャナが暗い場所でもピントを合わせてくれたり、スマートHDR 3に対応しよりコントラストの高い画質もしっかりと調整してくれます。

ただそれよりも今回の目玉だったのが、インカメラにも12MPの122度の超広角カメラを搭載し「Center Stage」と呼ばれる技術でカメラに写っている人物を捉え自動的に追っかけてくれる機能が使える様になりました。

https://twitter.com/igeeksblog/status/1384815021457166339

自分がわざわざ端末の向きを変えずとも、被写体を追っかけてくれるようになりカメラマンいらずの配信や通話が可能になります。

もちろん複数の被写体がカメラ上に映った場合はその複数の被写体をしっかりと収めてくれるので、そのための超広角(122度)レンズが役立ってくれるわけです。

ネトセツ

モニターを見ながら撮影する顔出しYouTuberにはありがたい機能ですし、ZOOMやLINEなどの通話アプリでこの機能が使えるようになるとより楽しいものになりそうですが、果たして・・

12.9インチは「ミニLED」技術を使ったLiquid Retina XDR

新しいiPad Proの12.9インチはAppleから販売されている50万円を超える「Pro Display XDR」と同じ仕様となるLiquid Retina XDRディスプレイを搭載し、ミニLED技術によって最大輝度1000ニト、100万対1のコントラスト比を実現しています。

ネトセツ

数値だけでは何か分からないかもしれませんが、プロが数十万を払って使うような高精鋭なディスプレイがiPad Proの手元にあり、手軽に持ち運べるレベルまで来たと言えます。

アクセサリーに新モデルはなくホワイトカラー追加のみ

Apple Pencilやマジックキーボードは今回は刷新されず、従来のモデルをそのまま利用する形となります。

ただ唯一Magic Keyboardのホワイトモデルのみが新しくラインナップに加わり、こちらも4月30日から注文が可能となります。

ネトセツ

Magic Keyboardの価格は特に値下げなどもなく据え置きで正直もう少し下がってほしいなという印象です^^;

注意ポイントはストレージ容量でメモリ容量が異なる

M1チップが搭載された今回のiPad Pro(2021年)はメモリは8GB/16GBの2つがあり、選んだストレージ容量によって異なります。

もしもメモリ16GB版のM1チップを選択したい場合はストレージは1TBもしくは2TBを選択しなければなりません。

12.9インチ版においてはストレージの1TBを選択すると軽く20万を超えてしまい、メモリ16GBのM1チップ搭載のApple製品を使いたいならMacBook AirやMacBook Proの方が逆に安く手に入る結果となります。

ネトセツ

もしも動画編集や写真編集、そしてビジネス用途でファイルデータのやり取りをメインで考えているのであれば、同じM1搭載のMacBookやMac miniを選択肢に入れたほうが良いかもしれません。

iPad Proの価格は11はほぼ据え置きで12.9は値上げ

スクロールできます
iPad Pro 12.9
(2021年新型)
iPad Pro 12.9
(2020年)
iPad Pro 11
(2021年新型)
iPad Pro 11
(2020年)
128GB129,800円〜115,280円〜94,800円〜93,280円〜
256GB141,800円〜127,380円〜106,800円〜105,380円〜
512GB165,800円〜151,580円〜130,800円〜129,580円〜
1TB213,800円〜175,780円〜178,800円〜153,780円〜
2TB261,800円〜226,800円〜

今回発表されたiPad Proの2021年モデルは11インチはわずか数千円の値上げが行なわれながらもほぼ据え置きですが、12.9インチはミニLED等のディスプレイ強化の影響かもしれませんが旧型より1万〜3万円の値上げが行なわれています。

ネトセツ

間違いなくM1チップに5G、そして12.9インチにおいてはディスプレイ強化などが行なわれているので、値下げもやむなしかもしれませんが、16GBメモリのために大容量ストレージを選択する場合はMacBook AirやMacBook Proも検討視野に入れたほうがいいかもしれません。

今回のiPad Proは大幅なアップグレードが行なわれ、グラフィック・処理性能はM1チップにより大幅に向上しています。

iPad Proをもともと待望にしていた方には非常に嬉しいアップグレードですが、パソコンなのかタブレットなのか検討している方には今一度M1のiPadなのかM1のMacなのかしっかり用途に当てはめて検討してみるのが良いでしょう。

特にiPad Proは別売りのマジックキーボードも合わせて購入するとMacBook Proの16GBメモリモデルよりも非常に高く逆転現象が起こりうるので新調に機種選びを行いたいところです。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる