MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

docomoから新ブランド「ahamo」が発表詳しくはこちら

iPhoneのデフォルトのブラウザをSafariからChromeへ変更する

iPhoneのデフォルトのブラウザをSafariからChromeへ変更する

2021年4月1日より消費税額を含めた価格を表示する【総額表示】が義務化されます。当サイトでは現在税抜き価格表示の記事内容を順次【税込表示】を行うよう切替え作業を行っていますが、紹介サービス元や当サイトの記事内容が総額表示に切り替わっていない場合もありますので、予めご了承ください。

iPhone利用者でもネット閲覧はもっぱらGoogle Chromeを使っているという方も多いでしょう。

メールやSNSからリンクをクリックするとSafariが自動的に開いてしまう方はiOS 14からこのデフォルトのブラウザを多のブラウザへ変更することができるようになっています。

ネトセツ

ここではiPhoneのデフォルトのブラウザをSafariからChromeへ変更する手順を解説します。

重要

※デフォルトのブラウザ変更はiOS14へのアップデートChromeアプリのバージョンを【86.0.4240.93】へアップデートを行わないと変更できないため、iPhone本体とChromeアプリのアップデートは事前に行っておいてください。

読みたい場所へ押して飛ぶ

iPhoneのデフォルトのブラウザをChromeへ変更する

※Google ChromeアプリはAppストアにて必ず最新版へアップデートを行っておいてください。

STEP
「設定」項目内にある「Chrome」をタップする
STEP
「デフォルトのブラウザApp」をタップします
STEP
デフォルトのブラウザAppを「Chrome」にチェックを入れる

デフォルト状態ではSafariにチェックが入っているのでChrome側をタップしてチェックを変更します。

Chrome側にチェックが入ればそのまま戻るでOKです。

これでデフォルトのブラウザAppがChromeに変更になったので、今後メールやSNSなどからリンクをクリックした場合は自動的にChromeで表示されるようになります。

iPhoneのデフォルトのブラウザをSafariからChromeへ変更する

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる