iPhoneのインターネット履歴や予測変換を削除する方法を解説

iPhoneのインターネット履歴や予測変換を削除する方法を解説

iPhoneのインターネットの検索履歴を削除する方法を解説します。

ここではSafariとGoogle Chromeの2WEB閲覧アプリの削除方法を案内します。

また合わせてiPhone自体の検索履歴以外に文章入力時の予測変換の削除方法も解説します。

iPhoneのSafariの閲覧履歴を削除する

Safariの履歴削除

STEP.1
Safariアプリの下にある本マークをタップ

STEP.2
本マークのタブから時計マークのタブへ切り替えて下にある「消去」をタップ

時計マークのタブを開き一番したの削除

STEP.3
消去したい履歴の日数を選ぶ

直近1時間〜すべてまで4つの選択肢から削除したい履歴の期間を選択します。

消去すると、履歴、Cookie、その他のブラウザデータが削除されます。iCloudアカウントにサインインしているデバイスから消去されますと注意書きがありますが問題なければ選択してください。
STEP.4
履歴が消えれば削除完了

履歴がまっさらになれば削除が完了です。これで完全に履歴を消すことができました。

さらにiPhoneでの文字入力時の予測変換の削除したい場合はこちら↓

Google Chromeの閲覧履歴を削除する

STEP.1
Google Chromeアプリの「・・・」をタップ

Google Chromeの・・・をタップ

STEP.2
表示された項目の中にある「履歴」をタップ

履歴をタップ

STEP.3
閲覧履歴を消去をタップする

 

 

ちなみに右側にある「編集」をタップすると一つ一つ選択して削除することもできます。

 

STEP.4
最終確認画面が表示

最終確認画面で「閲覧履歴」の他に「Cookie、サイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にもチェックが入っています。もしもチェックを外したい項目がある場合はタップして外すことができます。

確認し問題なければ「閲覧履歴の消去」をタップします。

タップしたら再度画面下に【選択したアイテムが削除されます】と表示されるので再度「閲覧履歴の消去」をタップしてください。

STEP.5
履歴が削除されれば完了

削除処理が行われればまた先程と同じ画面のままになるので右上の「完了」をタップします。

すると履歴がまっさらになっています。まっさらになっていれば閲覧履歴の消去は完了です。

iPhoneの予測変換の削除をする方法

iPhoneの文字入力による学習変換を削除するにはiPhoneのホーム画面の「設定」を開きます。

STEP.1
「一般」をタップする

設定の中の中段あたりにある「一般」をタップします。

STEP.2
リセットをタップする

STEP.3
「キーボードの変換学習をリセット」をタップする

STEP.4
パスコードを入力する

パスコードの入力を求められるので普段iPhoneで使用しているパスコードを入力してください。

STEP.5
最終画面でリセット

【キーボード上で入力したすべてのカスタムワードを削除し、キーボードの変換学習を向上出荷のデフォルト状態に戻します。】と注意が促されますが、リセットしても問題がなければ「変換学習をリセット」をタップしてください。

これでiPhoneのインターネット閲覧(SafariやGoogle Chrome)による履歴の削除と文字入力時の変換学習のリセットが完了です。

家族や友達に初期までともいわず貸出する際にはこの設定は覚えておいたほうが良いでしょう。

iPhoneを売却したり譲渡したりする場合の完全なデータ削除方法や初期化については下記の記事で解説しています。
iPhoneの初期化方法!その前にやっておくことも全てまとめiPhoneの初期化方法!その前にやっておくことも全てまとめ めちゃ注意!iPhoneを売る時・譲渡する前にやっておくべきこと。めちゃ注意!iPhoneを売る時・譲渡する前にやっておくべきこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。