iPhone

iPhoneの「予定」アプリはカレンダー、写真、リマインダーが一括管理できてすごい。

iPhoneでスケジュール管理を行う際に使うカレンダーやリマインダーなどのiPhone純正アプリがありますが、中には純正アプリが使いづらくてヤフーカレンダーやさいすけなどの別のアプリを使っている方もいるでしょう。

そんな中、iPhoneの純正カレンダーやリマインダー、写真をまとめて活かせる「予定」というアプリがリリースされました。

この「予定」というアプリの便利な機能や使い方などをまとめてみました。

「予定」アプリのここがすごいところ

写真とリマインダーとカレンダーを一括管理できるスケジュールアプリ

予定アプリのすごい点はapple公式アプリの「カレンダー」「リマインダー」「写真」の3つのアプリを一つのカレンダーで同期させ一括管理ができるスケジュールチェックにはもってこいのアプリです。

実際にこの「予定」アプリのインターフェースをチェックしてみます。するとまず確認できるのが、「カレンダー」に投稿した予定と「リマインダー」へ投稿した内容です。

ネトセツ
ネトセツ
また広告が表示されないのもカレンダーアプリの中ではメリットの一つです。

ここまでは普通のカレンダーと同じようなインターフェイスですが、例えば一つの予定をタップしてみます。

するとこのようにカレンダーに入力された内容、リマインダーのタスク表示、そしてその日程を終えた予定にもしもiPhoneで撮影した場合は「写真も一覧として表示」されます。

また写真もiPhoneの写真アプリの機能として「お気に入りボタン」があるのでここからチェックを入れておくと写真アプリ側でも反映されて管理ができます。

写真も一括で管理できれば例えば友人や家族に旅行に行った際の写真などの共有する際にカレンダーから探ったほうが探しやすいのもポイントです。

すなわちこの「予定」というアプリでその日に行った消化した予定やタスク、そして撮影した写真もすべて一括で管理できるというスグレモノです。

「予定」からカレンダーアプリの入力が可能

もちろんこの「予定」アプリからApple純正のカレンダーの予定が入れられます。予定を入れたい日程をタップします。

+ボタンから予定追加

するとページが立ち上がるので「+」ボタンを押します。

Appleのカレンダーアプリがそのまま

するとAppleの純正カレンダーアプリと同じ画面が開きます。そのまま今までのカレンダーアプリのように入力すれば「予定」アプリにもAppleの「カレンダー」にも反映されます。

「予定」が良い理由はApple Watchとの連動

Apple Watchのカレンダー表示

「予定」アプリの良いポイントはApple純正アプリをそのまま活かして利用する点です。その理由はApple Watchが純正アプリ以外はうまく機能しないからです。

Apple側も純正カレンダーアプリが最適に動くようApple Watchのアップデートも調整しています。特に今回のApple Watch4のインターフェイスでは純正カレンダーアプリでなければしっかりと連動しません。

ネトセツ
ネトセツ
ということはサードパーティーのカレンダーアプリでも純正アプリを活かしたまま使えるのが何より重要だと考えています。

多くのカレンダーアプリもApple純正のアプリとの連動は基本的にできるので問題はありませんが、あとはそこに写真などの機能も含まれたアプリは今の所この「予定」アプリだけでしょう。

そして「カレンダー」「リマインダー」「写真」のそれぞれのiPhone純正アプリをわざわざ一つづつ開くことなく「予定」アプリで一括でスケジュール管理ができるのが良いポイントです。

ネトセツ
ネトセツ
特に旅行などで撮影した写真を探す際に写真アプリではなく、「予定」のカレンダーに残った写真から探るほうは手っ取り早かったりします。

ただしiPhoneのアプリの中ではシンプルな部類のカレンダーアプリになるので他の「ヤフーカレンダー」や「Lifebear カレンダー」などの機能やデザインが豊富な老舗のカレンダーアプリも色々使ってみるのもありです。

最終的にどれが使いやすいかは人それぞれですが私は今のところ「予定」アプリはとりあえずシンプルで使いやすいのでしばらく使い倒ししてみたいと思います。

ネトセツ
ネトセツ
このアプリは通常240円の課金が必要なアプリですが、プレリリースとして11月10日から無料でアップルストアでダウンロードできます。無料のうちにゲットしておき実際に使い勝手を試しておきましょう。

 

関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。