メニュー
10秒でできるネット選びの診断ツール
ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

あなたにぴったりのネット選びが10秒でできる診断ツール診断してみる

iPhone SE 第3世代がどれだけ変わったか旧iPhone SEと比べてみる

iPhone SE 第3世代がどれだけ変わったか旧iPhone SEと比べてみる
  • URLをコピーしました!

AppleからiPhone SEが2022年3月18日に発売されることが決定しました。

デザインはiPhone SE 第2世代と比べても外観は変わらず、中身だけが変わったと言ってもいいです。

iPhone SE第3世代

大きな変化はないものの日本での新生活スタート時期の発売となるので気になっている方は多いのではないでしょうか。

そんなiPhone SE 第3世代を徹底的にチェックし旧機種と比較してみました。

読みたい場所へ押して飛ぶ

iPhone SE 第3世代が旧世代と比べて変わった点

iPhone SE 第3世代で変わった点

今回発売されるiPhone SE 第3世代で大きく変わった点は以下です。

  1. A15チップ
  2. 5G対応
  3. バッテリー時間が2時間UP
  4. スマートHDR4

本体デザインは全く変わらず中身がこのように変化しただけですが、A15チップはiPhone 13シリーズに搭載されている最新チップが使われています。

iPhone SEもついに5G対応

ようやくiPhone SEも5Gに対応し、これで現在販売されているすべてのiPhoneシリーズが5Gに対応したことになります。

ただし相変わらず日本国内版はミリ派には未対応でsub6のみが使える仕様となっています。

iPhone SEの旧世代とスペック比較

iPhone SEの第3世代と第2世代の違い

iPhone SE 第3世代が旧世代と比べてどれくらいの変化があったのかを比べてみるとこのようになります。

新型iPhone SE
(第3世代)
旧型iPhone SE
(第2世代)
本体価格64GB:57,800円
128GB:63,800円
256GB:76,800円
64GB:49,280円
128GB:54,780円
256GB:66,880円
搭載チップA15 BionicA13 Bionic
バッテリー時間最大15時間のビデオ再生最大13時間のビデオ再生
通信4G/5G4G
アウトカメラ12MPカメラ
Deep Fusion
スマートHDR4
12MPカメラ
スマートHDR
インカメラ7MPカメラ
フォトグラフスタイル
Deep Fusion
1080p(120fps)スローモーション
7MPカメラ
防沫・耐水・防塵IP67等級IP67等級
本体サイズ高さ138.4/幅67.3/厚さ7.3mm高さ138.4/幅67.3/厚さ7.3mm
本体重量144g148g
接続端子LightningLightning

新型のiPhone SEは旧型のiPhone SEと比べると大きく変化があるのが内蔵されているチップ、そしてカメラ周り、5G対応ぐらいで、後はほぼ変化がなく、価格どの容量ストレージも平均して1万円弱の値上げが行われている状況です。

Apple自体ではiPhone SEの価格は旧機種と据え置きでの発表のようでしたが、日本国内では円安などの為替の影響で多少販売価格が高くなってしまっています。

ネトセツ

A13でもチップ性能は十分に良いですし、5G通信の恩恵を得られるのはまだまだ日本国内では数年かかることを考えれば新型iPhone SEの価格は据え置きで販売してほしかったのが正直な意見です。

もしも今使っているiPhoneが6もしくは7あたりであればよりサクサク動作し、そこそこの変化があるので恩恵はあるかもしれませんが、iPhone SEの第2世代、iPhone 8を使っている方からすればあまり乗り換えるメリットは感じないでしょう。

ホームボタン付きの指紋認証は継続

iPhoneでホームボタンの指紋認証が行えるのはこのシリーズのみ

このiPhone SE 第3世代は旧世代と変わらず、ホームボタンを搭載し、Touch IDの指紋認証によるロック解除が行うことができる唯一のiPhoneとなり今回新型になっても継続しています。

マスク生活の思いの外長引いている現状と、ここまで指紋認証を望んでいるユーザーが多い中、指紋でロック解除したいならこのiPhone SEを選んでくださいということでしょう。

ネトセツ

今年に新たに発売されるであろうiPhone 14もおそらくFace IDのみのロック解除を継続すると予想されているので、ホームボタン式iPhoneに馴染みがある方で乗り換えを行うならこのiPhone SEが有力候補になるのは間違い無いでしょう。

iPhone 11との価格はわずか4,000円

iPhone SEとiPhone 11はわずか4,000円しか変わらない

今回iPhone SE 第3世代は値上げをしていますが、64GBストレージはiPhone 11と4,000円の差しかありません。

Touch IDとFace IDの方式の違いとサイズ感が問題がなければ、チップと5G対応以外ではまだまだiPhone 11の方がトータルバランスでは上回っている状況です。

新型iPhone SE
(第3世代)
iPhone 11
本体価格64GB:57,800円
128GB:63,800円
256GB:76,800円
64GB:61,800円
128GB:67,800円
搭載チップA15 BionicA13 Bionic
バッテリー時間最大15時間のビデオ再生最大17時間のビデオ再生
通信4G/5G4G
ディスプレイRetina HDディスプレイLiquid Retina HDディスプレイ
アウトカメラ12MPカメラ
広角
Deep Fusion
5倍デジタルズーム
デュアル12MPカメラ
広角/超広角
Deep Fusion
5倍デジタルズーム
2倍光学ズーム
ナイトモード
インカメラ7MPカメラ12MPカメラ
4Kビデオ撮影
アニ文字ミー文字
オーディオステレオ空間オーディオ
ドルビーアトモス
防沫・耐水・防塵IP67等級IP67等級
本体サイズ高さ138.4/幅67.3/厚さ7.3mm高さ150.9/幅75.3/厚さ8.3mm
本体重量144g194g
接続端子LightningLightning

特にカメラ性能で比較してみると4,000円上乗せで購入できるiPhone 11の方がズーム機能やデュアルカメラ、ナイトモードなどiPhone SE 第3世代でも搭載されなかった機能が盛りだくさんです。

ネトセツ

綺麗な写真を撮影でき、バッテリー持続時間などを考えればiPhone 11の方がまだまだ優れた点が多いのでホームボタンの指紋認証でなければダメということでなければiPhone 11の方がおすすめです。

iPhone SE 第3世代で搭載がなかった残念ポイント

今回旧型より価格が1万円ほど高くなったiPhone SE 第3世代ですが、この価格帯であればAndroidと比較してぜひ搭載してほしかった機能について個人的に思ったことをまとめました。

ナイトモードが非搭載

iPhone SEにはのナイトモードが非搭載

iPhoneに関わらず、今ではAndroidの低価格帯スマホでも徐々に採用しつつある夜間の撮影でも明るく写真を残せる「ナイトモード」。

今回の新型iPhone SE 第3世代でもシャッタースピードを遅くして明るく撮影する技術なので搭載できないはずですが、非搭載ということでこの機能は正直なところ搭載してほしかったと感じました。

確かにiPhone SEの第2世代よりはカメラ性能は良くなってきめ細やかな映像や写真を残せるようにはなっていますが、夜の撮影も同じく綺麗に表現できるようにアップグレードしてほしかったという意見です。

ネトセツ

今回のiPhone SE 第3世代とわずか価格差が4,000円しかないiPhone 11(61,800円)から採用されたナイトモードですが、現在でもアップルストアでiPhone 11を継続して販売をしているところを見るとどうしても差別化をしたかったのではないかと思ってしまいます。

Mag Safeに非対応

iPhone 12シリーズから採用されたMag Safeには非対応

iPhone 12から採用されているMag Safeですが、それ以降で発売されたiPhoneシリーズとしてMag SafeはiPhone SE 第3世代にも搭載してくれたら良かったなという印象です。

ここまで割り切って差別化をしているのであれば価格が1万円ほど高くなっているのがちょっと残念でしょうがない気がします。

割り切りポイントは多いけども正当進化なiPhone SE

iPhone SEは確かに性能自体は向上している

iPhone SE 第3世代は最新のiPhone 13と同じA15チップ、5G対応、バッテリー時間の向上、HDR4など、あまり大きな変化を見せなかったのかもしれませんが、ここまでサクサク動作するエントリースマホはないと考えると正当な進化かもしれません。

ネトセツ

ただ私個人としては価格は値下げか最低でも据え置きになるような調整をして販売してほしかったなという考えがあり、この1万円弱高くなった新型を考えるともう一声何かを進化させてほしかったなという気持ちもあります。

ただiPhoneスタート当初から馴染みのあるホームボタン式のiPhoneを使い続けるにはこの選択肢以外はないので、あとはこのiPhoneを価格が妥当かと考えられるかは人それぞれでしょう。

もしくは今後値下げされて投げ売りされるであろう旧型のiPhone SEの第2世代をあえて狙うのもいいかもしれませんね。

新型にこだわりが無い方や少しでも安くiPhoneを新調したいなら旧世代の整備品済みもアリです。

第2世代は私の中ではかなりコスパが良いと感じました。

iPhone SE 第3世代を安く使うには?

iPhone SE 第3世代をなるべく安く使い倒したいならApple公式のストアだと定価の57,800円〜の価格となっており、最大24回の分割支払いも可能です。

ただし大手4キャリアでは2年間の短期の利用であればドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルが安くなる場合があります。

4キャリアのiPhone SE 第3世代の価格

楽天モバイルドコモauソフトバンク
64GB57,800円65,230円65,335円67,680円
128GB63,800円75,097円75,190円74,880円
256GB76,800円94,248円93,720円90,000円

現在4大キャリアの価格を見るとApple公式の価格と同じ価格設定なのは唯一楽天モバイルだけでその他の3キャリアは約1万〜2万円近くの上乗せが行われています。

アップグレードプログラム時(25ヶ月後に返却or機種乗り換え)

楽天モバイルドコモauソフトバンク
64GB28,896円
(1,204円×24回)
31,920円
(1,330円×24回)
34,615円
(1,505円×24回)
33,840円
(1,410円×24回)
128GB31,896円
(1,329円×24回)
36,840円
(1,535円×24回)
39,790円
(1,730円×24回)
37,440円
(1,560円×24回)
256GB38,400円
(1,600円×24回)
46,560円
(1,940円×24回)
49,680円
(2,160円×24回)
45,000円
(1,875円×24回)

各社2年間使う前提でのアップグレードプログラムを適用した場合でも最も楽天モバイルが安くiPhone SE 第3世代を利用することが可能でした。

ネトセツ

ただしアップグレードプログラムはいずれ返却が必要なプログラムとなるため、プログラムを使わずに3年以上続けてiPhone SEを使いたい場合はApple公式もしくは楽天モバイルが一番最良の選択となります。

グラフィック処理が重視でなければPixel 5a(5G)が安くておすすめ

どうしてもiPhoneでなければという方以外なら正直なところ、Androidが今はかなり熱いです。

Pixel 5a はiPhone SEよりも安くチップ以外の性能ではiPhone SEよりも高機能

チップ性能は今回のiPhone SE 第3世代には劣りますが、防水、指紋認証、デュアルカメラ、ナイトモード、USBタイプCの高速充電、4K動画撮影、5G対応、イヤホンジャック、デュアルSIMとてんこもりの性能で現在51,700円👉42,980円と値下げされているGoogleのPixel 5aが非常におすすめできます。

実際にPixel 5aは私も使っていますが、最新のAndroid OS搭載でサクサクと動作し、カメラ性能はiPhone 11 Proと同等もしくはそれ以上の処理で綺麗に撮影もでき、バッテリー時間も長く使い勝手が良いです。

Pixel 5aは本体背面の指紋センサーで解除

背面の指紋センサーによるロック解除もスムーズなので指紋センサーは譲れないけども、iPhoneでなくても良いという方にはこのPixel 5aもおすすめ機種の一つです。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

ネット選びに困ったら診断

ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
iPhone SE 第3世代がどれだけ変わったか旧iPhone SEと比べてみる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる