【第2世代】iPhone SEの値段をまとめ(ドコモ・ソフトバンク・au)他のiPhoneシリーズとも比較

【第2世代】iPhone SEの値段をまとめ(ドコモ・ソフトバンク・au)他のiPhoneシリーズとも比較

新たに発表された第2世代となる「iPhone SE」はコストパフォーマンスに優れていてハイエンドモデルを求めない大半の方に注目されているiPhoneです。

そのiPhone SEの公式の料金とキャリア版(ドコモやソフトバンク、au)などの大手キャリア版の値段の比較や他のiPhoneシリーズと比べてどれくらいコスパが高いのかもまとめました。
キャリアでのiPhoneSE販売

キャリアでは4月20日から予約開始で発売は5月11日です。

ドコモ公式ソフトバンク公式au公式

※現在新型ウイルスの影響により各キャリアではケータイショップ店舗よりもオンライン公式での申込みを推奨いています。

【要チェック】iPhone SE(第2世代)の人気ポイントまとめ

まず価格の前にiPhone SEがどうして最高のコストパフォーマンスに優れているかを備わって嬉しいポイントと合わせて重要な部分だけ解説します。

詳しいスペックは他のYouTuberやニュースサイトで取り上げられているので、iPhone SEに「この価格帯でよくこの機能を搭載してくれた」というポイントだけを重点にまとめました。
iPhone SEの人気になるポイント
スペックコメント
CPUA13 BioniciPhone11にも搭載している全く同じCPUでAndroidスマホのSnapdragon855,865をよりも高処理が可能なのがすごい
ディスプレイ4.7インチiPhone6、7、8で親しみのあるちょうどよい大きさで、日本人の手にはギリギリ片手操作が可能なバランスが良い小型サイズ
耐水・防塵浸水最大1メートルで30分間耐えられる耐水性能
カメラ12MPカメラはそこまで高性能ではないですが、A13チップによるカメラ画質のアップデート処理に期待
SIMnano SIM
eSIM
この価格帯で片方は物理SIMではありますが、デュアルSIMによる2つの電話番号の設定等が行えるのが良い。楽天モバイルをeSIMとして利用するなら電話番号を2つ使える
充電Lightning
ワイヤレス充電
ケーブルはまだLightningですが、ワイヤレス充電は使い勝手が良い
生体認証指紋マスク着用が多いこの時期に指紋解除は普通ではあるが、大変ありがたい
WiFiWiFi6対応2019年から基準となった高速通信「WiFi6」に対応しているのはこのiPhone SEとiPhone11シリーズだけ
価格64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:60,800円 
 今までのiPhoneを買い続けてる人なら圧倒的な安さながら性能を考えれば高いコストパフォーマンスの良さを感じるはず
今回のiPhone SEを端的にまとめると「側はiPhone8そのまんまなのに、それにiPhone 11の処理性能が入っためちゃくちゃコスパがよいiPhoneが出た」という話です。

私も実際に購入をしたので到着したら、LTEが使い放題となる楽天モバイルで試してみようと思っているので結果を追記したいと思います。

iPhone SEはこの時期の発売なのに5G対応ではない

ここで5G対応ではなかったと落胆する方もいるかも知れませんが、今5G対応のスマホを契約してもサービスが優先的に開始されはずの東京でさえほぼ5Gには繋がりません。
今年からスタートした5Gがどこにいても使えるようになるには、今回新型ウイルスの影響も考えるとインフラが全国的に整うのも3〜4年はかかると思いますので、こんな今の時期に月額も無駄に高い5Gプランを契約する意味もないです。

よって今回5Gではなく4G対応で低価格で販売されることになったiPhone SEはまさに絶妙のタイミングでしょう。

iPhone SE(第2世代)の値段を比較

ではこのiPhone SE(第2世代)の価格表を公式と大手キャリアを含めて比較すると以下のようになりました。

Apple販売価格
64GB49,280円
(税抜:44,800円)
128GB54,780円
(税抜:49,800円)
256GB66,880円
(税抜:60,800円)
ドコモ
公式でチェック
販売価格スマホおかえしプログラム適用時
64GB57,024円23,360円
(MNP)

38,016円
(新規/機種変)
128GB62,568円27,056円
(MNP)
41,712円
(新規/機種変)
256GB75,240円35,504円
(MNP)
50,160円
(新規/機種変)
ソフトバンク
公式でチェック
販売価格
トクするサポート+適用時
64GB57,600円28,800円
128GB64,080円32,040円
256GB78,480円39,240円

au
公式でチェック
販売価格かえトクプログラム適用時 
64GB55,270円 28,750円 
128GB61,250円 31,970円 
256GB 75,215円39,215円 

Apple公式では通常価格のみの販売ですが、大手キャリアではベースの販売価格は数千円高く設定されています。

ただし、それぞれが2年後の端末返却プログラムを適用させるとより安くiPhone SEを利用することができるようになっています。

このスマホ返却プログラムであればドコモへMNPにて「スマホおかえしプログラム」を適用してiPhone SEの申込みをする場合、64GBモデルならわずか23,360円の負担ということでかなり安いのがわかるでしょう。
キャリアでのiPhoneSE販売

キャリアでは4月20日から予約開始で発売は5月11日です。

ドコモ公式ソフトバンク公式au公式

今回発売のiPhone SEの「SIMフリー版」は今はどこでもOK

格安SIMや新しいMNOとなった楽天モバイルなどで利用する予定なら、今のところiPhone SEのSIMフリー版の販売はApple公式でしか行われていません。

が、最近ではドコモ、au、ソフトバンクでも契約から即日でSIMロック解除ができるようになっています。
大手キャリアのSIMロック解除条件
即日SIMロック解除不可即日SIMロック解除可能
一括でも分割購入でも口座振替や振込用紙での支払い登録の場合は101日目以降に解除可能一括でも分割購入でもクレジットカードでの支払い登録時は100日以内でも解除可能
注意
ただし分割払い時でも支払い方法にクレジットカードを指定しなければいけないという条件があるので注意事項を確認しましょう。

iPhone SEのコスパの良さを他のiPhoneと比較

今回のiPhone SEの価格と性能のバランスは以下の表で比較していくと、コストパフォーマンスが良いのは一目瞭然だと思います。

iPhone SE
(第2世代)
iPhone SEiPhone 8iPhone 11
チップA13A9A11A13
耐水
カメラシングルシングルシングルデュアル
ポートレート
指紋認証
ワイヤレス充電
WiFi6
デュアルSIM
(eSIM)
価格4万〜終了5万〜7万〜

よりカメラ性能を求め、バッテリー、大画面が欲しいと考えるのならiPhone 11もコストパフォーマンスには優れているので選択肢に入ってくるとは思います。

それでも多くの人はiPhone SEで十分すぎるレベルでしょう。

iPhone SEはこんな人が買い

ですのでiPhone SEの新型として待望んでいた方にはちょっとサイズ感としては残念な部分はありますが、iPhone5,6,7あたりからずっと使っきて最近の動作やバッテリーに不満を持っている方にはすぐに乗り換えたいレベルの完成度の高さとも言えます。

事実上iPhone8の後継機と「iPhone 9」とネーミングすべきな気がしますが、コストを大幅に落としつつも実用性と最新のA13チップ採用でしばらく長く続くiOSのアップデートで長く使う方にも安心して使えるiPhoneになっているのは間違いありません。

これから新たにスマートフォンを購入する方にも下手に性能が低く格安のAndroidスマホを手にするよりは、匹敵する安さながらオールマイティスマホとしてこのiPhone SEがこれからのスタンダードスマホになるのではないでしょうか。

+アルファでカメラ性能もほしい方はiPhone 11iPhone 11 Proという選択肢もありますし、値下げされたiPhone 8を狙う方もいるでしょうが今回のSEはガジェット好き以外のかなり多くの方が注目しているようです。

キャリアでのiPhoneSE販売

キャリアでは4月20日から予約開始で発売は5月11日です。

ドコモ公式ソフトバンク公式au公式

※現在新型ウイルスの影響により各キャリアではケータイショップ店舗よりもオンライン公式での申込みを推奨いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA