新型iPhoneXsとXRは実際にどうなのか。iPhoneX所有の私の感想。

新型iPhoneXsとXRは買いか?iPhoneX所有の私の感想を述べます。

913日に発表されたiPhoneXsXs MAX、XR。深夜のiPhoneの発表Liveをずっと見ていました。

ネトセツ
ネトセツ
実際今回の新型iPhoneは買いなのかiPhone Xを使っている私の意見を述べたいと思います。

iPhoneXからスペックアップした部分を比較

今回のiPhoneXs、iPhoneXs Max、iPhoneXRが昨年発売されたiPhoneXと比べてどれくらいスペックアップしているのか表にしてみました。

  • 緑色 → スペックアップしている部分
  • 茶色 → スペックダウンしている部分
iPhoneX
(2017モデル)
iPhoneXR
(2018モデル)
iPhoneXs
(2018モデル)
iPhoneXs Max
(2018モデル)
サイズ5.8インチ6.1インチ5.8インチ6.5インチ
解像度2436×1125
(Super Retina )
1792×828
(Liquid Retina )
2436×1125
(Super Retina )
2688×1242
(Super Retina )
ピクセル458ppi326ppi458ppi458ppi
3D Touchありなしありなし
チップ
(プロセッサ)
A11 BionicチップA12 Bionicチップ
A12 Bionicチップ
A12 Bionicチップ
容量64GB
256GB
64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
64GB
256GB
512GB
認証機能FaceIDFaceID
FaceID
FaceID
カメラ12MP
デュアル
12MP
シングル
12MP
デュアル
12MP
デュアル
防沫・耐水・防塵IP67等級IP67等級IP68等級IP68等級
バッテリーインターネット:最大11時間
ビデオ再生:最大13時間
インターネット:最大15時間
ビデオ再生:最大16時間
インターネット:最大12時間
ビデオ再生:最大14時間
インターネット:最大13時間
ビデオ再生:最大15時間
SIMカードnano-SIM
(シングル)
nano-SIM
eSIM
(デュアルSIM)
nano-SIM
eSIM
(デュアルSIM)
nano-SIM
eSIM
(デュアルSIM) 
本体カラースペースグレイ
シルバー
ブルー
ホワイト
ブラック
イエロー
コーラル
レッド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
重量174g194g177g208g
価格 後日記載 後日記載後日記載  後日記載

ざっくり比較するとiPhoneXと比べてXsとXs Maxは多少のスペックアップが行われています。特にA12チップを導入することで今までの2倍以上の処理能力がアップはしています。

ただし今までのsシリーズと同じく大きなアップデートではなくマイナーアップデートと捉えて良いと思います。

逆に今回目新しいXRに関しては液晶ディスプレイ、カメラなどのスペックはiPhoneXと比べてスペックダウンしているものの、4機種の中ではカラーバリエーションが豊富な点とバッテリー駆動時間が一番長いというメリットがります。

XRに関してはiPhone7、iPhone8を使っていた層を狙っての低価格版として捉えると良いかなと感じます。

今回の新型iPhoneは3機種ともデュアルSIMに対応

iPhoneがデュアルSIMに対応

iPhoneシリーズでは初となるデュアルSIM。このメリットは例えば国内SIMを挿したまま海外へ行った際にもう一つのSIM側に海外のモバイル回線業者の通信を登録することでSIMの差し替えをせずに使えるというメリットがあります。

ただし今回の新型iPhoneはデュアルSIMでも片方のSIMはeSIMとなっており、日本市場ではまだeSIMに対応しておらず、SIMを切り替えて使うことは現時点ではできません。

特に大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に関しては契約縛り&SIMロックを掛けたがるのでこのeSIMシステムは導入したくないと思われます。

このデュアルSIM対応については後半でまたお話しします。

今後はTouchID廃止でFaceID一択に

これからはFACEID

今回のiPhone3機種はすべてTouchIDが廃止され、FaceID一択になっています。

ということは今後発売されるiPhoneからはTouchIDが搭載された機種は出てこないかもしれません。

ネトセツ
ネトセツ
マスクを付ける習慣のある日本市場ではなかなか受け入れがたい事実ですがApple的にはFaceIDの精度が良いことと、セキュリティ的にもより高まると考えているのでしょう。正直に言うとせめて背面にTouchIDをつけてほしかったです。

どうしても指紋認証でのTouchIDでなければ嫌!という方は現行販売されているiPhone8、iPhone8Plusが最良の選択となります。

一番人気になりそうな新型iPhoneは【XR】

スペックが高ければ高いことに越したことはないという人は除いたとして、一般的にな方がスマートフォンに望む機能としては

  • バッテリーが長く持つ
  • カメラが綺麗に撮影できる

が最も重要なのではないかと思います。

そもそも現在販売されているスマートフォンの大体の液晶画面は綺麗です。液晶の解像度の差で綺麗かそうでないか?の判断は現在レベルでは人間の肉眼で見分けるのもミクロの世界で限界があります。

ネトセツ
ネトセツ
撮影した写真や映像を拡大した時点でやっと分かるレベルです。なのでもうこれはスマートフォンを販売している企業同士の争いで一般の人には「ふーん」レベルかもしれません笑

低価格なスマホでもある程度カメラ性能は良いですし、多くの人がアプリで加工するため元の画像がそんなに綺麗でなくても良い若年層も多いことが事実です。

そうなってくると価格帯、個性の出せるカラー展開、バッテリーが長く持つということでiPhone XRが一番人気になるのではないかと思っています。

また、単体撮影や団体撮影でも誰かに撮影してもらわずに「インカメラ」を使って綺麗に撮影したい需要があることを考えるとiPhoneXRはiPhoneXやXsと遜色ないフロントカメラを搭載しているのでこれも嬉しいポイントではないでしょか。

【注意】3DTouch排除でLINEの既読せずに閲覧する機能が使えない

今までiPhone6s、iPhone7、iPhone8に搭載されていた3D Touch機能がiPhoneXRでは搭載されなくなっています。

この3DTouch機能を日常的によく使うシーンでは、LINEでの既読をつけずに内容を読む機能(3DTouchで押し込む操作)が使えなくなっているのでもしもこの機能を頻繁に使っている方はiPhoneXRに乗り換えると利用することが出来ないので注意が必要です。

3DTouch機能が省かれたのかは謎ですが、もしもこの液晶を強く押し込む機能を多様していた方には残念なお知らせなので気をつけましょう。

もちろん変わりにFaceIDによるiPhoneを解除をした状態で通知されたLINEトークをチェックすることはできるのであまり影響はないかもしれません。

ネトセツ
ネトセツ
それでも3DtouchによるLINEのトークチェックはトーク毎に確認できるので「やっぱり3Dtouchがないと無理!」って方はiPhoneXRは慎重に検討したほうが良いと思います。

iPhoneXsはiPhoneXを持っていない方は買い

ネトセツ
ネトセツ
iPhoneXを持っている私からするとiPhoneXsは一瞬は悩みましたがちょっとしたスペックアップのみで劇的な変化があるわけでもないため、見送るという結果になりました。

iPhoneXでも十分だと感じます。逆にiPhoneXが今後在庫処分で安くなる可能性があるのでそこまでスペック重視でなければ、ケータイショップなどでiPhoneXへ乗り換える方にはチャンスかもしれません。

また去年のiPhoneXに少しでも魅力を感じていた方で最新機種がほしい方はiPhoneXsとiPhoneXs Maxはマイナーチェンジと言えど更にブラッシュアップされているのでおすすめできます。

  • カメラ機能の強化
  • 処理速度の向上
  • ポートレートモード、ボケ感の強化
  • 防水機能の強化
  • インカメラのスペックアップ
  • デュアルSIMに対応

iPhoneXから劇的な進化は遂げているわけではないですが、着実にアップグレードはしているので特にカメラ機能などや撮影にこだわる人はiPhoneXsは買いですね。

また特に大画面で高精鋭な液晶ディスプレイを使いたいならiPhoneXs MaxがXsよりも更に高解像度になっておりまたバッテリー時間も多少長いのでおすすめです。

デュアルSIMでもeSIMは日本キャリアでは導入するか不明

出展:eSIMとは?(Kaspersky公式ブログ)

先程も少し触れましたが、格安SIMを複数契約している層からすると今回の新型iPhoneのデュアルSIM対応に一瞬は「おお」という喜びがあったかもしれません。

ただし、今回日本で販売されるiPhoneXsのデュアルSIMは片方はeSIMとなっています。

eSIMは埋込み型SIMになり、SIMを入れ替えるなどの面倒な作業が不要でデータを登録することで気軽にキャリアを切り替えられるメリットがあります。

が、これは落とし穴で日本でのスマートフォンへのeSIMサービスの導入はまだ行われておらず、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでも現在はApple Watch3、今年発売されるApple Watch4ののセルラー用で提供していますが今後、通常のスマートフォン向けの契約で導入するかは不明です。

どちらかというとこのeSIMシステムは簡単にデータを書き換えることで別の携帯キャリアに乗り換えることができるという機能があり、契約で縛りたい日本の通信キャリアでは逆に嫌がられる機能となっています。

ですから今後eSIMに対応する日本のモバイル業者が出てくるのかは全くわかりません。また格安SIM業者でもこのeSIMに対応するのもまだ当分先の話になると思います。

ネトセツ
ネトセツ
ただし中国市場で販売する新型iPhoneXs、XsMax、XRのみが両方物理的なnano SIMになっています。中国で販売されている新型iPhoneを逆輸入すれば日本で格安SIMを2枚使えるので使い勝手がよいとは思います。

中国のAppleストア

海外はeSIM対応が増えている

逆に海外ではeSIMに寛容的で対応している国は順次多くなっています。ですので日本と海外を行き来する方このiPhoneのデュアルSIMは非常にメリットが大きいのでは無いでしょうか。

日本国内のSIMはnanoSIMで差し込んでおき、海外ではeSIMに登録して海外通信を使うということを考えると今回のiPhoneは魅力的になると思います。

ネトセツ
ネトセツ
海外旅行や海外出張が多い方で普段からiPhone持ちの方には非常に嬉しい機能ではあると思います。

【まとめ】新型iPhoneXsはおすすめ、XRは注意が必要

iPhoneXsとXsMaxiPhoneXsとXsMaxはiPhoneXを持っていない方からすれば処理能力向上とカメラ機能が非常に良くなっているためおすすめできると思います。

FaceIDの精度もかなり良いですし、ベゼルレスの全面液晶画面は非常に見やすくボタンがない画面操作にもすぐに慣れてくると思います。

TouchIDがほしい方は今安くなっているiPhone8やiPhone8Plusが逆におすすめできると思います。

またiPhoneXRに関してはカラーバリエーションが豊富なのとバッテリー駆動時間が一番長いということで長時間外出先にいる方には非常に有利だとは思いますが、3DTouchが排除された事による使えない機能をどう考えるかにかかっています。

ネトセツ
ネトセツ
iPhoneXを持っている私からすると今回はスルーです。そして来年2019年にどのようなiPhoneが発売されるか逆に期待が高まった感じです。

それよりも今回はApple Watch4の方が魅力的です笑

POSTED COMMENT

  1. うじ より:

    iPhoneXsは値段が高くてパソコンが購入できるレベルなんですよね。2年ぐらいのサイクルを考えたらそこまで出す価値があるのかどうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。