MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

ahamoへのMNP転入のやり方の手順まとめ詳しくはこちら

「カウントフリー」に対応した格安SIM各社と特徴やおすすめ度まとめ

スマホの月額料金を安く抑えられる、格安SIM(MVNO)業者は数え切れないほど多いです。

その中でも「SNS放題」「動画見放題」などと言われる、通信データ量をカウントしない「カウントフリー」に対応しているの格安SIM業者をまとめてみます。

パケットデータプランのアンケートによる平均

参考:みんなのスマホのパケットデータ量の平均は??【独自アンケート】

以前行ったアンケート調査では多くの方がパケットデータ量を少なめにしスマホ料金を節約している傾向にあります。

ネトセツ

そこで自分がどのアプリサービスを一番利用しがちなのか?それに合わせたカウントフリーサービスで毎月のスマホ代金をもっと安くするチャンスかもしれません。

読みたい場所へ押して飛ぶ

カウントフリー対象サービス毎の格安SIM業者

普段利用しているスマホのアプリが動画なのかSNSなのかという傾向によって検討すべき格安SIM業者は異なるので、よく使うアプリを指標にチェックしてみてください。

「音楽アプリ」のカウントフリー対応格安SIM

格安SIM業者 カウントフリー対象アプリ 最低月額料金

BIGLOBEモバイル
Apple Music
YouTube Music

Google Play Music
Spotify
AWA
Amazon Music
LINE Music
radiko
dヒッツ
Rec Music
らじる★らじる
楽天ミュージック
1,320円〜
(データSIM3GB+エンタメフリー280円のオプション費用)
合計:1,500円

OCNモバイルONE
AmazonMUSIC
AWA
dヒッツ
Google Play Music
LINE MUSIC
Spotify
ANIUTa
RecMusic
ひかりTVミュージック
770円〜
(1GBコース+オプション費用は無料)
合計:770円

リンクスメイト
AWA 165円〜
(データSIM100MB+カウントフリーオプション550円)
合計:715円

音楽アプリがカウントフリーで聴き放題となる格安SIM業者はこの3社となります。

BIGLOBEモバイルはエンタメフリー・オプションという有料オプション(通話SIMは480円、データSIMは980円)を月額に上乗せすること利用することができ、音楽だけではなくYouTubeやAbemaTVなどの動画も見放題となります。

ネトセツ

純粋に音楽アプリだけをカウントフリー対象として考えているのであればOCNモバイルONEが最低維持費が安くておすすめできます。

ちなみにOCNモバイルONEはスマホ購入を検討している方ならどこよりも安いです。

「SNSアプリ」のカウントフリー対応格安SIM

格安SIM業者 カウントフリー対象アプリ 最低月額料金

リンクスメイト
Twitter
インスタグラム
Facebook
165円〜
(データSIM100MB+カウントフリーオプション550円)
合計:715円

BIGLOBEモバイル
Messenger 1,320円〜
(データSIM3GB+エンタメフリー280円のオプション費用)
合計:1,500円

SNSアプリの使い放題でこの中から一番コストが安く利用できるのはリンクスメイトが非常に低コストで運用できるのでおすすめできます。

この3つでオプション費用550円と最低料金のデータSIM:165円で合計715円の月額費用でSNS専用通信が実現できると考えればコスパはなかなか良いのではないでしょうか。

ただし以下の通信はカウントフリー対象外の通信となるので注意が必要です。

リンクスメイトのカウント対象外となる通信
Twitter Periscope(外部サービスを利用したライブ配信機能)
Instagram ライブ動画でのP2P通信(ゲスト参加機能利用時における、端末間の音声・映像共有用通信)
Facebook SNS機能以外のコンテンツ利用時に発生する、外部サーバとの通信(Game Store、Gameroomアプリなど)
Facebook LiveでのP2P通信(ゲスト参加機能利用時における、端末間の音声・映像共有用通信)
Facebook Messengerおよび、Facebook Messenger Lite の音声通話・ビデオ通話でのP2P通信

参照:リンクスメイト公式

「動画アプリ」のカウントフリー対応格安SIM

格安SIM業者 カウントフリー対象アプリ 最低月額料金

BIGLOBEモバイル
YouTube
AbemaTV
U-NEXT
YouTube Kids
1,320円〜
(データSIM3GB+エンタメフリー280円のオプション費用)
合計:1,500円

リンクスメイト
U-NEXT
ニコニコ動画
ビデオマーケット
FRESHLIVE
オープンレック
ミラティブ
165円〜
(データSIM100MB+カウントフリーオプション550円)
合計:715円
ネトセツ

人気のYouTubeを視聴したい方はBIGLOBEモバイルがおすすめですが、ゲーム関連の動画やニコニコ動画、配信アプリなどが好きな方はリンクスメイトがコスパが良いです。

「通話アプリ」のカウントフリー対応格安SIM

格安SIM業者 カウントフリー対象アプリ 最低月額料金

BIGLOBEモバイル
Messenger
(音声通話)
1,320円〜
(データSIM3GB+エンタメフリー280円のオプション費用)
合計:1,500円
mineo
(マイネオ)
LaLa Call
(音声通話)
880円〜
(シングルタイプ1GB+LaLa Call基本料110円)
合計:990円

長電話をする方は通話アプリを活用すれば無料での音声通話やビデオ通話が利用できることができます。

日本での通話アプリメインとなっているLINE通話がカウントフリー対象となっているLINEモバイルは現在新規受付を停止しており、現在はソフトバンクのサブブランドとしてスタートしたLINEMOでLINEのカウントフリーを提供しています。

なお通常の電話番号ありの携帯電話や固定電話に電話をする機会が多い方はLaLa Call(ララコール)が利用できるmine(マイネオ)がコスパに優れていておすすめできます。

LaLa Callの料金
  • 携帯電話:30秒8円
  • 固定電話:3分8円
  • 050IP電話:3分7.4円
  • PHS:1分20円
  • 国際電話(アメリカ):1分6円
  • 災害用伝言ダイヤル(171):3分30円

「電子書籍配信」のカウントフリー対応格安SIM

格安SIM業者 カウントフリー対象アプリ 最低月額料金

BIGLOBEモバイル
dマガジン
dブック
楽天Kobo
楽天マガジン
1,320円〜
(データSIM3GB+エンタメフリー280円のオプション費用)
合計:1,500円

リンクスメイト
Abemaマンガ
サイコミ
165円〜
(データSIM100MB+カウントフリーオプション550円)
合計:715円

電子辞書のパケットデータをカウントフリーにできる格安SIM業者は少なめですが、ガンガを読むのか雑誌を読むのかで大きく分かれるでしょう。

ネトセツ

特に雑誌系が多いのであればdマガジンのBIGLOBEモバイル、マンガをメインならAbemaマンガのリンクスメイトです。

「ゲームアプリ」のカウントフリー対応格安SIM

格安SIM業者 カウントフリー対象アプリ 最低月額料金

リンクスメイト
※対象ゲームタイトル一覧 165円〜
(データSIM100MB+カウントフリーオプション550円)
合計:715円

マルチプレイやオンライン通信を使うゲームアプリのカウントフリー対象の格安SIMならリンクスメイト一択です。

ネトセツ

またゲームアプリは定期的にコンテンツのアップデートがありますが、基本的にGoogle PlayやAppStoreでのゲームアプリのアップデートならカウントフリー対象となるのも嬉しいポイントですね。

またカウントフリー対象となるゲームアプリは今後も追加される予定で最新情報はリンクスメイトのTwitterでお知らせがあるようです。

カウントフリー対象の格安SIMの料金スペックや特徴

今回カウントフリー対象となっている格安SIM業者各社の料金スペックや特徴、注意点をまとめています。

①BIGLOBEモバイル

おすすめ度:★★★★★

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー
カウントフリー対象アプリ

Apple Music、YouTube Music、Google Play Music、Spotify、AWA、Amazon Music、LINE Music、radiko、dヒッツ、Rec Music、らじる★らじる、Messenger、YouTube、AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kids、dマガジン、dブック、au PAY マーケット、楽天Kobo、楽天マガジン、楽天ミュージック

カウントフリーオプション費用:データSIM契約者は980円、音声SIM利用者は280円

料金スペック

月間データ量キャンペーン期間
初月〜12ヶ月
キャンペーン期間終了後
13ヶ月〜
1GB700円
(税込770円)
980円
(税込1,078円)
3GB770円
(税込440円)
1,200円
(税込1,320円)
6GB1,200円
(税込1,320円)
1,700円
(税込1,870円)
12GB以降〜後日発表後日発表

BIGLOBEモバイルは音声通話SIMの場合は280円、そしてデータSIMであれば980円のオプション料金でエンタメフリー・オプションが利用でき、対象アプリがカウントフリーとなります。

注意すべき点

エンタメフリー対象のアプリでも一部のサービスでカウントフリーが適用される通信量が発生します。

アプリカウントフリー対象外の機能
YouTube動画、音楽コンテンツのアップロード
U-NEXTダウンロード機能利用時
AppleMusicビデオ再生
Spotifyポッドキャストの通信
AmazonMusicブラウザでの再生
LINEMusicダウンロード機能、動画の閲覧
RecMusic動画の閲覧
Facebook Messengerビデオ通話、GIFやゲームのコンテンツ

これらの対象外の通信を気をつければ基本的にパケットデータを使い切って速度制限がかかっている状態でも快適にアプリサービスを利用することができるでしょう。

また半年間はエンタメフリーオプションが無料などのキャンペーンも実施しています。

\ 公式サイト /

②OCNモバイルONE

おすすめ度:★★★☆☆

OCNモバイルのカウントフリー
カウントフリー対象アプリ

AmazonMUSIC、AWA、dヒッツ、Google Play Music、LINE MUSIC、Spotify、ANIUTa、RecMusic、ひかりTVミュージック

カウントフリーオプション費用:無料

料金スペック

パケットデータ月額料金
(税抜)
CON光モバイルとの
セット割り適用時
(毎月200円割引)
1GB770円(税込)550円(税込)
3GB990円(税込)770円(税込)
6GB1,320円(税込)1,100円(税込)
10GB1,760円(税込)1,540円(税込)

カウントフリーとなる音楽サービスがBIGLOBEモバイルよりは多少少なめですが、オプション費用が無料で追加できるため、ミュージックアプリを頻繁に利用しながらもコスパを重視したいならOCNモバイルはおすすめです。

注意すべき点

カウントフリー対象の音楽アプリであっても、音楽以外の動画や画像などの読み込み、外部サイトへのアクセス、公式アプリ以外やブラウザからのアクセスは対象外となります。

\ ぼたんだよ /

③リンクスメイト

おすすめ度:★★★★☆

リンクスメイトのカウントフリー
カウントフリー対象アプリ

Twitter、インスタグラム、Facebook、AbemaTV、Abemaマンガ、AWA、enza、オープンレック、グランブスルーファンタジースカイコンパス、GameWith、サイコミ、ニコニコ動画、Video Market、ファミ通.com、FRESH LIVE、ミラティブ、U-NEXT、Lobi、LinksMateウェブサイト+ゲームアプリタイトル多数

カウントフリーオプション費用:550円

料金スペック

データ量データSIMSMS+データSIM音声通話SIM
100MB165円297円517円
200MB275円407円627円
300MB308円440円660円
400MB330円462円682円
500MB363円495円715円
1GB385円517円737円
2GB418円550円770円
3GB550円682円902円
4GB726円858円1,078円
5GB858円990円1,210円
6GB990円1,122円1,342円
7GB1,111円1,243円1,463円
8GB1,254円1,386円1,606円
9GB1,353円1,485円1,705円
10GB1,518円1,650円1,870円
以降1TBまで続く(笑)公式でチェック

リンクスメイトは音声通話SIMとデータSIM+SMSともに5つのシンプルな料金プランから選ぶことになり、500円のオプション料金の追加で対象ゲームアプリの通信がカウントフリーとなります。

さらにはゲームアプリだけではなくゲーム攻略サイトやニコニコ動画やAbemaTV、音楽アプリのAWAなど様々なアプリのカウントフリーも多く、ゲーム好きや動画好きにも存分に楽しめるサービスが用意されているのもポイントです。

注意すべき点

完全にカウントフリーというわけではなくパケット通信量の90%がオフと公式でも伝えています。

その他のカウントフリー対象外となる利用は以下となります。

アプリカウントフリー対象外の機能
TwitterPeriscope(外部サービスを利用したライブ配信機能)
Facebook外部サーバーとの通信(Game Store、Gameroomアプリ)、FacebookLIVE、Messengerの音声通話やビデオ通話
Instagramインスタライブの閲覧

多くのゲームタイトルがカウントフリー、ウェブコンテンツや動画・音楽コンテンツも500円で一部使い放題になるのでコストパフォーマンスに非常に優れています。

\ 公式サイト /

カウントフリー対応の格安SIM各社まとめ

自分が一番どのようなアプリでデータ通信をメインで行うのかをしっかりと把握した上でその傾向が多いアプリをカウントフリーとしている格安SIMを選ぶようにしましょう。

BIGLOBEモバイルがおすすめな方音楽をヘビーに聞く
YouTubeなどの動画を頻繁にみる
電子書籍コンテンツが好きな方
OCNモバイルONEがおすすめな方音楽のヘビーユーザーでコスパ重視の方
リンクスメイトがおすすめな方色々なゲームをプレイする方
バランス良くSNSや動画、ゲームなどを利用している方

格安SIM各社は契約縛りもきつくはないため、期間ごとで色々試してみるのもよいでしょう。

また自分がどのようなアプリを使っているかを具体的にチェックしたい場合はiPhoneであれば「スクリーンタイム」を活用してアプリの使用頻度を調べることができます。

今後はカウントフリーが規制対象の可能性

SNSや動画見放題となるカウントフリーについては2019年11月に総務省がサービス規制を行うようです。

理由としてはこのカウントフリーによって回線混雑や他の中小企業のサービスを排除してしまう恐れがあるからという理由です。

すでに大手のソフトバンクやauが実施しているSNSのカウントフリーサービスはこれから規制がかけられている予定となっています。

ネトセツ

もしかすると大手だけではなく格安SIMにもこの影響が及んでしまうかもしれませんので情報が分かり次第追記していく予定です。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる