MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中

【Kyash Card】物理カードの到着からApple Payに登録する手順まで

年齢制限がなく年会費0で利用できるプリペイド式のVISAカード【Kyash】ですが、券面に番号と名前が表示されずセキュリティの高さと還元率1%で現在人気になっています。

また4月7日からようやくApple Payに対応したということで、このカードの到着からiPhoneのApple Payで利用するための登録手順をまとめました。
読みたい場所へ押して飛ぶ

Kyashカードの到着は現在1ヶ月ほどかかる

Kyashの物理カードはKyashアプリをスマホにインストールしカード発行手数料の900円を支払うことで発行手続きを依頼することができます。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

発行手続きの流れは以下の記事で解説しています。

kyash(キャッシュ)アプリ登録とKyashカードの発行の流れkyash(キャッシュ)アプリ登録とKyashカードの発行手続きの流れ
私がKyashカードの発行手続きを行ったのが3月の前半で到着したのが4月の19日でした。そのため今から申し込み下としてもそれぐらいの期間がかかってしまうのではないかと思います。

Kyashカードの有効化設定を行う

Kyashカードが届いたらApple Payに登録する前にカードの有効化設定が必要になります。

STEP.1
KyashカードのQRコードをカメラでスキャンする

届いたカードのと同じ冊子に表示されているQRコードを読み取り有効化します。

ここでは必ずKyashアプリをインストールして登録しているスマホでカメラを起動してください。

QRコードを読み取ったら「Kyashで開きますか?」と聞かれるので「開く」をタップします。

STEP.2
カード背面のセキュリティコードを入れる

「3桁のコードを入力」と表示さえたらカードの背面を確認します。

カード背面に記載された3桁のセキュリティコードを確認し入力してください。

STEP.3
「有効化しました」と表示されたら完了

これでKyashカードの有効化が完了しチャージすることで決済に使えるようになります。次にApple Payで利用できるようにすための設定手順を解説します。

KyashをApple Payに登録する

Kyashアプリから操作を行います。

STEP.1
ホーム画面の「Apple Payを設定」をタップ

STEP.2
「設定を始める」をタップ

STEP.3
電話番号認証(SMS)認証を行う

Kyashアプリに登録している電話番号宛にSMS認証コードが送信されます。

SMSに届いた認証番号を入力します。

 

STEP.4
Apple Payへ追加したい端末を選択する

iPhoneだけであれば選択肢は一つですが、Apple Watchも利用している方は2つの選択肢が表示されます。

後ほどApple Watchにも登録はできるので利用しているiPhone側をタップしてください。

STEP.5
カード追加の確認

【Kyash Cardが◯◯◯◯◯(iPhone名)のWalletで利用できるようになります】と表示されるので右上の「次へ」をタップします。

STEP.6
利用規約に同意する

STEP.7
QUICPay表示で「完了」をタップ

STEP.8
メインカードか選択する

メインカードとして使用するかを聞かれるので他に支払いのメインカードがない場合は「メインカードとして使用」をタップします。

もしも他にメインカードがある場合は「今はしない」をタップしてください。※この設定は後ほどいつでも変更できます。

【KyashがApple Payで支払えます】と表示されたら「設定完了」をタップしてください。

これでApple Payを使って支払い時に「QUICPayで支払いお願いします」と伝えればタッチによる決済が可能になります。
またクレジットカードではなくあくまでもチャージを行ってチャージした残高から決済を行うプリペイド式のVISAカードになるため、Kyashアプリからチャージや残高を確認すこととなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる