【検証】LINEの通信量は異常に激しい。1GBまでの目安と節約方法。

LINEの通信量は結構多かった・・・実際の消費量と節約方法をまとめました。

ライントーク、スタンプ、音声通話、ビデオ通話、グループ通話、スマホ持ちならLINEは日常生活のツールとして欠かかせないものです。

LINEが速度制限の理由になっているのか。

スマホが通信制限にかかったことがある方からすればLINEの「データ通信量」も気になっている方も多いはず。

LINEの実際のデータ通信量がどういうシーンでどれくらい消費してしまうのか?これから気をつけなければいけないポイントや節約方法などをまとめました。

LINEのトーク、スタンプ、写真などによる通信量

LINEは通話だけではなくメッセージ、スタンプのやり取りが非常に多いと思いますが、「メッセージ」「スタンプ」「画像添付」「動画添付」などのやり取りをすることでどれくらいの通信量を消費するのか確認してみました。

①トーク・メッセージのやり取り

LINEのメッセージの通信量

会話の内容はともかく・・・、一画面程度のメッセージのやり取りではどれくらいの通信量が発生しているのかチェックしてみます。
友達によってはこの一画面で終了する会話も多いから参考になりそうです。

このやり取りにおける通信量は38KBでした。トーク一回につき大体3KBほど消費する計算でした。

LINEのメッセージ回数データ通信量
1回3KB
100回300KB
1000回3MB(3000KB)
一回のやり取りで私は10通ほど行うのでメッセージ自体はかなり余裕ですね。友達が多ければ多いほど日頃のトーク数は増えると思うのですがトークだけだと全く問題なさそうです。
確かにそうですね(^^) LINEトークだけではメールと同じように非常に消費量が少なくて一安心です。
1GB消費の目安
LINEトークなら 33万回

②スタンプの送信

LINEスタンプの通信量

次はスタンプに関してです。スタンプも同じく一画面で内容を伝える程度の通信量を確認してみました。

スタンプは4つしか押してませんが、約28KB。ということは1スタンプにつき7KBほど消費しています。

LINEのスタンプ回数データ通信量
1回7KB
100回700KB
1000回7MB(7000KB)
LINEスタンプ連打が友達の中で流行ってたんですが、スタンプ連打はちょっと危険かもしれませんね笑
トークの約2倍程度ですので、スタンプに関しても通信量をそこまで深く考えるレベルではないと思います笑
1GB消費の目安
LINEスタンプなら 14万スタンプ

③写真画像の送付

LINEの画像送付による通信量

次はカメラで撮った写真などを共有するときに行う「画像の送付」による通信量ですね。これは写真の解像度やデータ量が多少大きいこともあり通信量が気になるポイントですね。

1枚の写真でもデータ量はそこそこ

1枚の写真を送付しただけで113KBでした。ただしこれはLINE側の設定と写真のファイルサイズに比例します。

LINEの写真送受信回数データ通信量
1回113KB
100回11.3MB(11,300KB)
1000回113MB(113,000KB)
写真データに関しては大きなファイルの送受信を行うことになるので予想どおり通信量が急激に増えることが分かりました。

LINE側の設定項目では「送信する写真の画質」はデフォルトでは「標準」になっています。

この設定を「高画質」に設定した場合の一枚の写真の通信量はなんと1MB(1000KB)を超えました。

もしもこの高画質の写真をもしも友人から大量に送られてきたら・・・恐ろしいですね・・。

やっぱりこの写真データのやり取りは結構消費量が激しいですね汗。友達に下手に写真をたくさん共有するのもあれですか?
もちろん、写真は送信であっても受信であっても双方に通信量がかかってくるのでもしも通信量を節約している友人を通信制限に貶めたりする可能性も高く、ありがた迷惑な事になってしまうかもしれませんね(-.-;)
ひぇぇぇぇぇ。。。ディズニーに行ったときの写真をめちゃくちゃ友達に送ってしまいました・・・。
1GB消費の目安
・標準画質なら 8,800回送信
・高画質なら  1,000回送信

④動画の送付

30秒の撮影した動画を送付

次に写真よりももっとデータ容量が大きいとされている動画の送付による通信量を測定してみます。30秒の撮影した動画を送付した場合はどれくらいになるのかチェックしてみます。

30秒のちょっとした動画でも送信における通信量は6MBも消費していました。

30秒動画の送受信回数データ通信量
1回6MB(6000KB)
100回600MB
1000回6GB
これ10分ぐらいの動画だったら・・・単純計算で120MBですよね?10回送ったらすぐに1GB超えるってことですよね?
・・・そうです。そう考えると動画はちゃんと考えて送信しないとですね。
動画は確かに「現場からは以上です」的な感じで旅行先から撮影した動画を送信するこもとあるから・・・(T_T)自分のスマホのファイルにある動画を何でもかんでも送るのは危険ですね。
出先からは確かに危険ですね。もちろん送信時にWiFiに繋いでいれば問題ないんですが、スマホのモバイル通信でそれをやっちゃうと危ないですよね。
そうですね〜。写真や動画はWiFiに繋いでやらないと知らぬ間に制限にかかりそうなので気をつけます!
1GB消費の目安
・30秒動画なら 166回送信

LINEはビデオ通話と音声通話で通信量が異なる

次はLINE通話によるデータ通信量はどれくらいの消費になるかチェックしてみます。

LINE通話

LINEはビデオ通話を行うか、音声通話を行うかで大きく異なります。そのため音声通話とビデオ通話の2つのパターンで実際にデータ通信量を計測したいと思います。
実家に連絡するときは結構ビデオ通話行っています。自宅ならまだしも外出先なら通信量が気になるところですよね。
WiFiに接続していれば心配することがないですが、今では電話代わりに平気で使う事が多いので実際の通信量がどれくらいか知っておいたほうが良いですよね。

①音声通話のデータ消費量

LINEの音声通話の通信量

まずLINEの音声通話の通信量はどれくらい消費するかチェックしてみます。

実際に多くのサイトやブログなどでは1分=0.3MB(300KB)と解説しています。ただしどのサイトも同じ情報を掲載しているのですが、情報元が明記されていません。というのもLINE公式でも公表されてませんし、2次情報から同じ掲載をしているだけなので実際のデータ通信量を実験しているサイトは少なかったです。
ということは本当は1分の通話が0.3MB以上の可能性も??
その可能性も高そうです。ですので実際に10分のLINE通話を数回に分けて実験してみました。

LINEの音声通話データ通信量
10分5MB
20分10MB
30分30MB
1時間50MB
結果として実際には10分の音声通話におけるデータ通信量は平均して5MBほどでした。
ということは1分の音声通話だと0.5MBぐらいの通信量ってことですね?
そういうことになります。いろいろなサイトで紹介されている情報よりも1.5倍ほどデータ通信量は多い結果でした。
ことはLINEの音声通話では1GB消費するまでには「20時間」までOKってことですね?
単純計算だとそうなります。ただしLINE通話だけが通信量を消費するわけではないのであくまでも目安程度にしておいたほうが良いと思います。
1GB消費の目安
・音声通話なら 20時間通話
注意
ただしこの通信量の実験結果が利用者それぞれの環境によっては消費量が異なってくるため、実際に自身の環境ではどれくらい通信量を消費するかチェックしておいたほうが良いです。

②ビデオ通話のデータ消費量

LINEのビデオ通話の通信量

次はLINEのビデオ通話の通信量はどれくらい消費するかチェックしてみます。

LINEのビデオ通話データ通信量
10分75〜85MB
20分170〜190MB
30分260〜270MB
1時間520〜550MB
やっぱりビデオ通話に関しても実際の10分間のデータ通信量の消費はかなり激しい結果になりました。

10分のビデオ通話のデータ通信量の測定は複数のデータアプリやスマホ側の通信量測定でチェックしています。

データ通信量アプリでビデオ通話を測定

①「My Data Manager – 通信量節約」アプリ

iPhoneでのデータ通信量

②iPhoneの「モバイルデータ通信」の確認黒目

実際にLINEのビデオ通話を実施してこれらのデータを元に平均値を出しています。

ビデオ通話がいちばん通信量を消費しやすいので普段からWiFi接続ができない方には厳しいでしょうね。

結果を見ると音声通話の10倍ぐらいの通信量ですね。1分で8MBも消費しているんですね。

これは以前の平均値より比べるとスマホの高性能カメラにて、よりクリアな映像を映し出すことが消費量増加の要因かもしれません。
1GB消費の目安
ビデオ通話なら 約2時間通話

【結果】LINEは意外にも通信量を激しく消費する

LINEの機能別1回の利用100回利用1GB到達まで
トーク3KB300KB33万回
スタンプ7KB700KB14万回
画像送付113KB11MB8,800回
動画送付6MB600MB116回
LINEの機能別1分間の利用100分間利用1GB到達まで
音声通話700KB70MB250時間
ビデオ通話8MB800MB2時間

今回の結果ではデータ量を気にする方にとって

  • LINEトーク
  • LINEスタンプ
  • 標準画質の送受信
この3つについては特に問題視するほどではないことが分かりました。

ただし逆に

  • 音声通話
  • ビデオ通話
  • 動画送受信
に関しては1GBにすぐに到達してしまうレベルの消費量の激しさがあったため、要注意する必要があるということが分かりました。

ビデオ通話ならskypeのビデオ通話の方が逆に節約出来ます。

【検証】skypeのデータ通信量と1GBまでの目安。他の通話アプリで節約?【検証】skypeのデータ通信量と1GBまでの目安。他の通話アプリで節約?
こちらで同じ環境でLINEとskypeを比較しているため、実際に自身の環境ではどれくらいより多く通信量を消費するorもしくは若干少ない結果になる場合があります。

そのため自身でも実際の通信量のチェックしておいたほうが良いです。

【節約対策1】LINEの設定を変更し通信量を抑える

写真や動画に関してのまず設定を変更して通信量を節約する方法です。限りなく通信量をへらすために今すぐ設定を変更してみましょう。

①写真の自動ダウンロードをOFFにする

LINEの歯車マーク

LINEのホーム画面から左上に表示されている「歯車マーク」を押します。

次の設定項目の中にある「写真と動画」を押します。

自動ダウンロードをOFF

写真と動画の項目の中にある「写真を自動ダウンロード」をOFFにします。

これでスタンプやLINEトーク内に送信されてきた写真の自動ダウンロードを防ぎ通信量を減らすことが出来ます。

②送信する写真の画質を下げる

同じく写真と動画の項目の中にある「送信する写真の画質」を選択します。

標準から低画質へ変更

送信する写真の画質の項目が表示されたら「標準」→「低画質」へチェックを入れて変更します。チェックが入ったらそのまま閉じてOKです。

この設定を画質を変更することで以下のように↓

1枚の写真でもデータ量はそこそこ

【↑標準画質】

 

【↑低画質】

これで相手先に写真を送る際のデータ通信量が少し削減されるようになります。

③GIF再生機能をOFF

同じく写真と動画の項目の中にある「GIF自動再生」をOFFにします。

この設定でLINEトーク内に送信されたGIF画像の自動再生がされないため多少の通信量の節約になります。

④動画自動再生機能をOFFにする

同じく写真と動画の項目の中にある「動画自動再生」という項目を選択します。

この項目の中で「Wi−Fiのみ」もしくは「自動再生しない」のいずれかにチェックを入れて閉じます。これでWi-Fi接続時しか自動再生を行わなくなるのでモバイル通信時は消費を抑えられます。

【節約対策2】LINEを使い放題にする

通信量を気にしながら使うのもなんか腑に落ちないという方にはLINEほとんどの機能を使い放題で利用できるLINEモバイルがおすすめ出来ます。

500円からでLINEが使い放題のデータフリー

LINEアプリで利用する

  • 「LINE通話」
  • 「ビデオ通話」
  • 「LINEトーク」
  • 「スタンプ」
  • 「タイムライン」
  • 「画像・動画の送受信」
などで行うインターネット通信が通信量としてカウントされず使い放題になる「データフリー」と言われるモバイルプランです。

今回の実験で通信量が多かった「ビデオ通話」「画像・写真の送受信」が気にせず使い放題になるってすごくないですか?!これ月額料金いくらからですか??

月額は月1GBのデータプランからで利用できるので月額500円からいけますよ(^^) また電話番号をつけるなら月1,200円で利用できます。
これだったらかなりオトクじゃないですか。。私ドコモなんですがネットはどこの通信使ってるんですか?
ドコモ・Softbankの通信を選ぶことができるのでドコモならそのまま電話番号以降してスマホもそのまま使えますよ(^^)
すごい!これはLINEをヘビーに使いまくる人ならかなり良さそうですね!

LINE、フェイスブック、Twitter、インスタが使い放題

しかも3GBの月1,110円からのプランにすればLINE以外でも「Twitter」「フェイスブック」「インスタグラム」の一部の通信を使う利用も使い放題になるのでSNSを常に駆使している人にはプラス600円で更に得して利用できるプランもありますよ(^^)
本当ですか??すごい!SNS漬けの友達とかに紹介したほうがこれは絶対知っておくべきサービスですね(驚愕)

LINEモバイルの細かな情報は以下で解説しています。

【見直し必須】スマホの月額500円からのLINEモバイルがコスパ最強な理由【見直し必須】スマホの月額500円からのLINEモバイルがコスパ最強な理由

【節約対策3】たくさん使えるモバイルルーターを使う

LINEでをモバイルルーターで使い放題今回の実験ではあくまでもLINE利用における通信量でしたが、普段はそれ以外にもデータを消費するシーンは多くあります。

  • ネット閲覧
  • YouTubeなどの動画
  • マップ利用
  • アプリのダウンロード
  • アップデート
  • その他のSNSの通信
  • クラウドにバックアップ
これらのすべての通信量を普段から使うと考えるとすぐに月の決められたプランの上限に近づくのはあっという間だと思います。

ちなみにYouTubeは通信量の消費がもっと激しいです。

画質設定別でYouTubeのデータ通信量の目安を検証。節約のヒントに!【実証】YouTubeアプリのデータ通信量の目安が分かる。節約方法もあり
そうですよね。動画も普段見るしTwitterも使ったり気になったことを検索したりニュース見たりしています。

もちろん今回のLINEの通信量を気にしてこのページに訪れている方は少なからずスマホの色々な機能で通信をしているはずです。

WIMAXという手軽に持ち運べるWiFiが一つあればこれらがすべてより快適に通信量の上限を気にせずに使うこともできるので検討材料のひとつとして考えるのもありだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。