iPhoneの写真(iCloud)がMac側で同期しない場合に試すことまとめ

iPhoneで撮影した写真をマイフォトストリームを通してMac側やiPadで写真できるiCloudの一つのサービスです。

ただしまれにMac側で同期されずiPhoneで撮影した写真が閲覧できない場合があります。

仕事で使っている方や撮影した写真をすぐに編集したい方には非常に不便な状況だと思いますので順序を追って対策方法を解説していきます。

iPhoneで撮影した写真がMacに同期しない場合の確認項目

Mac側で写真が同期されないシーンではいくつかの原因が考えられます。

そこで原因を切り分けるべくトラブルシュミレーションを実施してください。

STEP①iPhoneから写真がアップロードされていない

iPhoneがもしも省電力モード、もしくはWi-Fiに接続されていない場合は写真自体がフォトストリームにアップロードされません。

またiPhoneはバッテリー残量が20%以下と少ない場合はWi-Fiに接続していてもバッテリーを優先し写真がアップロードされないため、少ない場合は充電しておきましょう。

そしてiPhoneの写真アプリで「アップロード中」と表示されればアップロード中となり【アップデート中】もしくは【前回のアップデート:日付orたった今】と表示さればフォトストリームへのアップロードは完了しているということになります。

メモ
写真自体がWi-Fiに接続していてバッテリーが十分なのにアップロードされない場合は写真アプリを終了して再度起動する、もしくはiPhoneを再起動してください。
iPhoneからの写真のアップロードが確認されている上でMac側に同期されていない場合は次のSTEPに進みます。

STEP②Mac側の写真を終了し再度立ち上げてみる

写真アプリを立ち上げた状態で画面左上にある「写真」>「写真を終了」で一度閉じたあとに再度写真アプリを立ち上げてみて同期するかチェックしてください。

もしもこれで同期されない場合は次のステップに進みます。

STEP③Macを再起動して写真を開く

次にすべてのアプリケーションを終了するためにMacを再起動してください。

この動作で再度写真アプリを起動して確認してください。

これで改善がなければ次のステップに進みます。

STEP④iCloudの接続を一旦OFFにして再度ONにする

「システム環境設定」>「AppleID(もしくはiCloud)」>「iCloudを使用するこのMac上のアプリケーション」という項目で「写真」のチェックを外します。

チェックを外したらもう一度チェックを入れてMacのパスワードを入力てOKをクリックします。

写真のチェックを入れ直したら写真を終了し再度立ち上げてみてください。

これで改善がなければ次のステップに進みます。

STEP⑤同じAppleIDで接続しているPCやスマホ端末が多くないか?

これはAppleユーザーでいる方も多いかもしれませんが、iPad、iPhone、Macだけではなく今まで使っていた端末も未だに現役で同じAppleIDで利用している場合です。

システム環境設定から「AppleID」をタップして左下に接続している端末があるかと思いますが、このような同期問題は接続している端末が多い場合でも起きる現象のようです。

ちなみにシステム環境設定を開いた際に「AppleID」に通知のような①や②のようなマークが表示されている場合はなにか問題が起こっている場合の合図です。
【再度サインインするまで、一部のアカウントサービスは利用できません。】と表示されている場合が大半のケースです。

この状態では一部iCloudやアプリなどの同期自体ができていない可能性があるため「続ける」をクリックしてAppleIDでログインしてください。

この症状では「AppleIDのログイン」>「このMacのパスワード」の2つの入力で基本的にはこの状態が解除されます。

まれに3つめの「他のMacPCなどのログインパスワード」を求められることもあります。

短時間で複数のデバイスからAppleIDにログインした場合などに警告として出るようですので、この場合もそのMacで利用しているパスワードを素直に入力してください。
これでも同期に関する問題が改善がなければ次のステップに進みます。

STEP⑥【原因の切り分け】ブラウザのiCloudへログインしてチェック

iCloud.comへアクセスして写真が同期されているかチェック

次に写真アプリではなく、Safariなどのブラウザでhttps://www.icloud.com/へアクセスしAppleIDでログインした状態で「写真」が同期されているかチェックしてください。

ここでiCloud.com側にはすべての写真が確認できた場合、【Macの写真アプリ】もしくは【Macのユーザーアカウント】側に問題が起きている可能性があります。

iCloudのストレージを確認する

もしもここでも写真が同期されていない場合はiCloudのストレージ容量をチェックし、足りなければ容量のアップグレードか不要な写真や動画を削除して空き容量を確保してください。

iCloudストレージの確認はiPhoneの場合は「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」をタップすると上記の画面で確認できます。

もしもiCloudのストレージに十分な空き容量がある場合はSTEP①のiPhoneからのアップロードが正しく行われていないため再度チェックしましょう。

逆にiCloudのストレージに余裕があり、なおかつ写真が同期されている場合はMac側の写真アプリの問題となります。

Macで新しいユーザーを作成し写真が同期されるかチェック

次に写真アプリが現在使っているMac側のユーザー起因によるものなのかを確認するために、新しいユーザーを作成してください。

新しく作成したユーザーでも同じAppleIDでログインする

作成したMacの新しいユーザーでも同じAppleIDでログインを行い、写真アプリの同期が行えるかチェックをします。

新しい、もしくは別のMacユーザーでログインを行い、メインのユーザーで使っていた同じAppleIDでログインします。

そして【写真】を開き「はじめよう」をクリックします。

すると同期とアップデートが開始されます。

写真アプリの同期は写真数や動画数が多ければ多いほど時間がかかるのでこの検証結果をチェックするまでには半日もしくは1日ほど時間ががかかる場合があります。

別ユーザーでの写真同期がうまくいく場合

この新しく作成もしくは別ユーザー上でのiCloud上にある写真が問題なく同期された場合、やはり今まで利用していたユーザーの写真アプリのシステムに問題がある可能性があります。

元のメインユーザーへログイン→ライブラリのファイルを操作する

注意
この操作はAppleのサポートで案内してもらった内容で基本的にはサポートなしで操作するのは推奨していません。ですので自己責任でお願いします。もしも不安な際にはAppleサポートの方と一緒に操作するのが望ましいです。
STEP.1
同期されない元のメインユーザーでMacへログインし「Finder」をクリック

STEP.2
画面左上の項目にある「移動」をクリックで開く

さらにここでキーボードの【option】を押したままにしてください。

すると【ライブラリ】という項目が出現しますのでクリックします。

STEP.3
ライブラリの中にある「Containers」をダブルクリック

STEP.4
「Containers」の中にある「com.apple.CloudPhotosConfiguration」というファイルをゴミ箱に入れる

STEP.5
さらに同じく「Containers」の中にある「com.apple.Photos」というファイルをゴミ箱に入れる

またこの時点で2つのファイルがゴミ箱に入ったかと思いますが、しっかりと同期されるのが確認できるまで、ゴミ箱を空などにしないようにしてください。
STEP.6
「com.apple.CloudPhotosConfiguration」が削除(ゴミ箱)されたのを確認したら「再起動」をしてください

これで再起動後に再び写真を開くとアップデートが開始されます。

◯◯項目をアップロード中という表示がされ、これが終了して写真が同期されていれば解決です。

注意
この処理では一旦ライブラリをリセットし、写真をはじめて同期する作業を行うためインターネット回線環境や写真や動画の本数が多ければ多いほどアップロードまで時間がかかります。
いわゆる写真アプリの初期状態になりますが、iCloudにアップロードされた写真が消えるわけではなく、Mac側の写真の同期をいったんリフレッシュする形となり、再起動後に私の写真の同期は改善されました。

※同期には写真の量が多ければ平気で1日以上はかかるのでそれまではなるべくスリープせず起動したままにしておいてください。

写真を一旦削除して初期の同期を行う

最終手段として一度Mac側に同期されている写真のデータをすべて削除します。

STEP.1
「Finder」を開き「環境設定」を開く

STEP.2
環境設定の「サイドバー」タグを開き「ピクチャ」にチェックを入れる

STEP.3
Finderに出てきた「ピクチャ」をクリックする

Finderのサイドバーに表示された「写真ライブラリ」というものがあります。

この写真ライブラリをゴミ箱に入れてください。

またこの操作においても、この時点でライブラリがゴミ箱に入ったかと思いますが、しっかりと同期されるのが確認できるまで、ゴミ箱を空などにしないようにしてください。

そして一回再起動を行います。

これで写真の同期を1からやり直すという方法です。

初めてMacをiCloudで同期する操作画面が表示されるので、流れに沿って写真を同期してみてください。

この初期の写真同期を行うことで大半の場合は復旧できると思います。私もこの操作で改善されました。
注意
また写真の数が多い場合や、接続しているネットワーク環境によって写真の同期が完全に終わるまで1日〜以上かかります。そのため完了するまではMacをスリープをしない設定にし、MacBookシリーズの場合は充電コードを差し込んだままにしておきましょう。

これらの工程を行っても写真が同期されない場合

一通りのことを行って改善されない場合は今のMacユーザーを諦めて新しいユーザーを作成しそちら側のユーザーで写真の同期を行う。

もしくはMac自体を一旦クリーンインストールするという最終手段があります。

長く使っているMacであればあるほど、初期化などはかなりリスクがあるため私はまありおすすめしたくありませんが、別ユーザーをMac上に新たに作成し、そちらをメインユーザーとして使う方法の方が良いかもしれません。

とはいえ、別のMacユーザーを作成しそちらでスタートさせたとしてもiCloud以外のソフトウェアやMac本体の各種設定は初期状態になるのでこの方法も悩ましい選択です。

現時点では今までのステップの操作を行い現在私は様子を見ている状況ですので、他の改善方法が見つかり次第こちらに追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA