MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

【2020年】MacBook Airのレビュー。過去シリーズと比較しても完成度が高い。

MacBook Airを私は11インチが存在したモデルから使ってきており、昨年の2019年モデルも購入してわずか1年も経過していないのにも関わらず、今回キーボードとCPUが強化されアップグレードされた今回の2020年モデルのMacBook Airを迷いつつも購入しました。

4月13日に到着してから7月までの約3ヶ月ほど使ってみて感じたことを話していきます。

購入に至った経緯と実際に2020年モデルのMacBook Airがどれほど良くなったのか、2世代の旧型と比較した感覚も含めてレビューしていきたいと思います。
読みたい場所へ押して飛ぶ

2020年版のMacBook Airをレビュー

今回のMacBook Airは最小構成ならCore i3、メモリ8GB、256GBのSSDストレージで104,800円で購入できるという非常にコスパに優れたMacのスタンダードノートパソコンです。

また学生や教員であれば「学生・教職員向けストア」からアクセスすることで更に1万円弱安くなる【93,800円】でこのMacBook Airを購入することができます。

ちなみに私が購入したモデルは10万円台で購入できるベースモデルからだいぶカスタムしています。

私のカスタム構成

ベースモデル 私のカスタムモデル
CPU Core i3
デュアルコア
Core i7
クアッドコア
メモリ 8GB 16GB
ストレージ 256GB 1TB
価格 104,800円 189,800円
私の場合はちょっした編集作業やWindowsを仮想化ソフト上で動かすためにCPUは最低でも最高にして、ベースモデルから結構カスタムしている状態です。

ただしカスタムはぜずとも軽い作業や学習で使うという基本的な作業程度であればベースモデルでも十分すぎると思います。

私が今回1年前に2019年モデルのMacBook Airを購入したのにも変わらずなぜこの2020年モデルを購入したのには訳があります。

2019年(前モデル)のバタフライ構造のキーボードは「パチパチ」と軽い押し心地

私は仕事柄、パソコンで文章を長時間打つことが多いため、2019年モデルのMacBook Airのバタフライ構造のキーボードのタイピングには正直満足していませんでした。

2020年(新モデル)の(シザー構造)マジックキキーボードは「カタカタ」としっかりとした打鍵感がある

そして今回新たに改良された2020年モデルでは打鍵感とタイピングがしやすいシザー構造を採用したiMacなどに使われるマジックキーボードタイプに変更になったということで、今の2019年モデルから早速乗り換えるつもりで購入しました。

この判断はやっぱり正解で、実際に届いてからしばらくタイピングしていますが、2019年モデルよりも断然タイピングがしやすくなり長時間の利用でも疲労が少なくなる効果があるを実感しています。

また2020年モデルは2019年モデルと比べると手前に向かって急斜面になるパームレスト部分が若干高めに調整されいることもわかりました。

ただこれはあまりタイピングや操作中の弊害には実際にはならなかったので、特に気にする問題ではありませんでした。

もちろんそれだけではなく基本のCPUスペックやグラフィックスも向上はしている上で価格も2〜3万ほど実質値下がりしているというのも乗り換えの要因の一つではあります。

ただしもしかすると旧モデル(2019)のバタフライ構造のキーボードが爪が長い・ネイルをしている女性にとっては逆にタイピングしやすいのかもしれません。

が、今回の2020年モデルでAppleがシザー式のキーボードへ戻してきたというのは多くのユーザーの要望があってこそなので・・もしも2019年モデルと打ち比べたい方は家電量販店ぐらいしか無いですが今は無理そうですよね^^;

本体サイズはほぼ変わりませんが、2020年モデルのほうが1mmだけ分厚くなっているようです。

実際に両方を比べてみましたがほぼ分かりません。これは特に気にする問題でもないですが、ぴったりなスキンケースなどを購入しようと考えている方はちゃんと2020年モデル用のケースを購入したほうが良いでしょう。

3世代のMacBook Airを比較してみる

私が現在所有しているのは2014年、2019年、今回手に入れた2020年のMacBook Airの3つです。

※2020年モデルだけカラーがスペースグレイになっています。

2014年モデルと2019年モデルは大きく変化がありサイズも重量もディスプレイも大きく変化をしているのでかなり違いがありましたが、2020モデルとではほぼ外観的には違いがありません。

左が2019年モデル、右が2020年モデル

並べてみても外観は全く一緒です。ただしキーボードのタイピングの感じは明らかに違います。

左が2014年モデル、右が2020年モデル

ただしキーボードは2014年モデルと2020年が近いです。キーストロークは2014年の方が深いですが、2020年の方が「ちょうどよい」深さです。それに対して2019年はキーストロークが浅すぎるという感じですね。

要は2020年モデルがタイピングには最強のキーストロークということになります。

さっきからタイピングだけの話で申し訳ないんですが、、、今回のMacBook Airは処理能力も2020年>2019年>2014年と当たり前ですが上がっています。

また2019年のフルカスタムモデルと2020年のフルカスタムモデルでは処理能力とグラフィック性能は2倍も違うようです。

この3つのMacBook Airを使ってきた私の感想をいくつかのシーンでまとめてみました。

ちなみに写真編集はPhotoshop、動画編集はAdobe Premiere Proを使っているので本格的に編集処理を行う方々と同じソフトを使用しています。

スペックやスコア比較はどこのサイトでもやってると思いますので、あくまでも私の使ってきた感覚での感想をまとめています。

私の感想 2020年モデル 2019年モデル 2014年モデル
画面 キレイ キレイ 薄くて角度で見づらい
タイピング すごくしやすい 問題ないが誤タッチがある しやすいけどひっかかる
トラックパッド なめらか なめらか 多少なめらか
写真編集 そこそこ快適 そこそこ快適 重い
動画編集 4K動画をギリギリ HD動画をギリOK 厳しい
バッテリー 長持ち 長持ち 長持ち
重さ まあまあ軽い まあまあ軽い 重い
ゲーム 向いてない 向いてない 向いてない
作業効率 めちゃ上がる もう少し もう少し
価格とのバランス めちゃ良い 普通 普通

これらを3つ比べてみるとあんまり進化を遂げていないようにも見えますよね。

4K動画はちょっとカクつきますが、フルHD映像なら案外余裕で編集ができます。エンコードについてはやっぱり時間がかかりますし、その間は他のブラウジング作業さえもカクつくので、Proシリーズよりはその点不利かもしれません。

ただし今までのMacBook Airより多少の作業効率がよくなり、編集部分に関してはちょっと耐えられる部分が増え価格が安い!という全体バランスで考えると「良くなってるんだな」と改めて思える進化なのでしょう。

参考 MacBook Airの歴代モデルApple公式

2020年のMacBook Airは一つの完成形

今まで「私がAppleだ私についてこなければ必要ない」という路線でiPhoneやMacBookのシリーズを絶えず出してきてましたが、最近のAppleは過去のユーザーの声にちゃんと耳を傾けて、何度も見直しを行って今のユーザーを大事にしてきてる感じを出してきています。

そして昔の尖ったAppleらしさはありませんけども、今まで値段をあまり下げてこなかったiPhone製品が「こんな安さで買えちゃうの?」と思えてしまう出来事が最近では多くなってきました。これは良いことと受けて止めてもいいんじゃないかと思います。

MacBook AirはMac入門としてもおすすめ

MacBook Airは初代が2008年に「封筒から取り出すパソコンのパフォーマンス」としてスティーブ・ジョブスが衝撃の発表をしてからもう12年も経ちます。

この翌年2009年に発売された初代MacBook Airの価格はわずか64GBのSSDモデルで30万円ですよ。。。高すぎますよね。

この初代MacBook Airが発端となりDVDトレイがなくなり、SSDが採用され、モバイル用のCPUが開発され、今あらゆるWindowsの薄型化したノートパソコン(ラップトップ)を牽引してきました。

2年後の2020年にMacBook Airは先代のMacBook Air、12インチのMacBook、MacBook Proの良いところどりをした上で、わずか10万円弱で手に入る「バランスが良くて本格的に使える仕事道具」として完成度が高くなったノートパソコンの一つではないかと私は感じています。

元々Windowsパソコンをバリバリに使ってきた私でしたがMacBookAirを使うたびに「Windowsがやっぱり使い勝手とコスパがね・・」となってましたが、今回の2020年モデルはそういう気持ちを薄れさせてくれる完成度の高さ感じます。

またこの値段設定ですよ^^; 10年前ならこのスペックには50万積んでも手に入らないレベルじゃないですかね?

ですのでこれからAppleのパソコンを検討している方、またiPhoneユーザーが初めて購入する入門パソコンとしては今回のMacBook Airは私は自信を持っておすすめできますよ!

とは言ってもまだまだWindowsのパソコンは性能をもっと妥協すればもっと安い製品を購入することもできます。コスパ重視の方は以下の記事チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる