メニュー
10秒でできるネット選びの診断ツール
ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

あなたにぴったりのネット選びが10秒でできる診断ツール診断してみる

コンセント一体型モバイルバッテリーのおすすめを徹底まとめ

コンセント一体型モバイルバッテリーのおすすめを徹底まとめ
  • URLをコピーしました!

モバイルバッテリーは今や様々なメーカーから販売されており、長時間の外出や旅行などでは欠かせないバッテリー切れに対しての安心感を与えてくれる必須アイテムです。

その中でもコンセントが一体型となったモバイルバッテリーは本体を充電するための余分なケーブルが不要となるので、さらに使い勝手が良いです。

読みたい場所へ押して飛ぶ

コンセント一体型モバイルバッテリーのメリット

コンセント付きのモバイルバッテリーは通常のモバイルバッテリーにはない最大のメリットがあります。

コンセント一体型モバイルバッテリーのメリット
  • 本体充電用のACアダプタやコードが不要
  • コンセントを差したまま充電ができる
コンセント一体型のモバイルバッテリーのメリット

ACアダプタが付いていることでコンセントがある場所では差したままスマホなどの通信機器の充電が行え、本体のバッテリーの充電も同時に行えるので一石二鳥です。

もしもコンセント一体型でなければ、モバイルバッテリー自体の充電忘れも防ぐことができるためよりバッテリーを活用できる幅が広がります。

コンセント一体型のモバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーで充電

コンセント一体型モバイルバッテリーの選び方の基準はどの端末をメインで充電を行うのか?またどういったシーンで利用するのかをしっかりと目的を決めたうえで選定しましょう。

バッテリー容量の選び方

バッテリー容量は軽量モデルなら5000mAh、多少重くてもスマホを複数回充電を行うのであれば10000mAh〜で選ぶのが良いでしょう。

バッテリー容量端末の充電回数
(参考値)
バッテリー本体の重量
(平均値)
5000mAhスマホ:1〜1.5回
タブレット:0.5回
150g

200g
10000mAhスマホ:2〜3回
タブレット:1回
250g

350g
20000mAhスマホ:4〜5回
タブレット:2回
350g

400g

搭載しているバッテリー容量(mAh)の数値が大きいほど、満充電から各端末のバッテリー充電の回数が多く、それに伴い重量は重くなります。

ネトセツ

バッテリー切れを起こさないために容量を重視するか、持ち運びを重視するために少なめの容量にするか、間をとってバランスを考えるかは自分のライフスタイルに合わせて判断してみるのが良いでしょう。

接続ポートの種類や数

モバイルバッテリーのポートの数やUSBタイプCポートの重要さ

充電を行うためのUSBポートの種類や接続可能なポート数については自身が充電したい端末によってしっかりと確認しておく必要があります。

最近ではUSB Type Cなどの急速充電が可能なポートを搭載したモバイルバッテリーが多く販売されているので、いち早くスマホの充電速度を早めたいならUSB Type Aに+αでType Cなどのポートを搭載したモバイルバッテリーを選びましょう。

ネトセツ

外出先で充電するならなるべく充電が早く完了してバッテリーから取り外したいというのが本音でしょうから、USBタイプCは今や搭載は必須項目として考えておいた方がいいと思います。

PDと出力ワット数を確認

モバイルバッテリーの最大出力をチェックする

スマホなどの充電時に急速充電が可能な「USB Power Delivery(PD)」に対応したモバイルバッテリー、また出力ワット数を確認しておいた方が良いでしょう。

スマートフォンの場合は15W〜でも急速充電が可能ですが、それよりも大型となるタブレットやノートパソコンの場合は30Wや60Wなどの出力でなければ充電が進まずバッテリーが減るのが止まる程度の充電しかできない場合もあります。

ネトセツ

より多くの出力ワット数での充電が必要な端末については予めパソコンやタブレットの仕様も合わせて確認しておく必要があるでしょう。

日本で定められているPSEマーク認証済みかを確認

PSEマーク認証済みをチェックする

安全性の観点から経済産業省の電気用安全法で定められているPSEマーク認定を取得しているをバッテリー選びではしっかりと確認しておくようにしましょう。

モバイルバッテリーやACアダプタはこの電気用品安全法(PSE)の義務付けが行われており、この品質をクリアしていない場合は火災・感電・などの事故を引き起こす可能性があるため、Amazonなどでの購入時には要注意しておきたい項目です。

おすすめのコンセント一体型のモバイルバッテリー

ここでは上記で解説したモバイルバッテリー選びの重要なポイントを押さえたおすすめできる製品をまとめています。

Anker PowerCore Fusion

Ankerのコンセント一体型モバイルバッテリー

安心の大手メーカー「Anker」から販売されている、20WのPD急速充電に対応し、折りたたみコンセント一体型のモバイルバッテリー。

バッテリー容量9700mAh
ポート数
(端子)
USB-C×1
USB-A×1
急速充電(PD)
最大出力20W(USB-C単体時)
15W(2ポート同時充電時)
サイズ82×82×35mm
重量278g

約10000mAh(9700mAh)の容量を搭載し、大型のスマホで約2回の充電が可能な重量もバランスの取れた一台で最大24ヶ月の保証もついています。

IDMIX GaN Idmix CH08

20000mAhの大容量を搭載しながらモバイルバッテリーモード時は最大30WでのPD急速充電が可能、またACアダプタ接続時には65WとMacBook Airなどであればコンセントに差しながら高速充電ができるというスペック。

最大出力の大きさからスマホだけではなくタブレットや小型なノートパソコン(MacBook Air)等であれば充電が可能なレベルです。

バッテリー容量20000mAh
ポート数
(端子)
USB-C×1
USB-A×1
急速充電(PD)
最大出力30W(USB-C)
22W(USB-A)
36W(2ポート同時充電時)
65W(USB-C ※コンセント差し込み時)
サイズ165×75×26mm
重量467g

おしゃれな淡いグリーンカラーと落下防止ストラップ、本体内蔵可能なUSB-Cケーブルが付属しており、USB-C対応の端末を充電するのであれば余分なアクセサリを必要としないのも好感度が高いです。

実際にレビューを行っています。

OMKUY 【コンセント一体型】モバイルバッテリー

10000mAhのバッテリー容量のコンセント一体型のモバイルバッテリーの中では価格も安く、iPhone用のLightningとMicro USB、USB Type Cの3つを兼ね備えた内蔵型ケーブルを搭載しており余分なケーブルを用意する必要はありません。

バッテリー容量10000mAh
ポート数
(端子)
USB-C&Micro USB×1
Lightning×1
急速充電(PD)
最大出力10.5W
サイズ150×80×16mm
重量225g

最大出力がそこまで高くないため充電速度には期待できませんが、本体の厚みが16mmと非常にスリム&コンパクトでポケットに入れる事もできます。

Petasonien モバイルバッテリー PD18W対応

モバイルバッテリー、充電器、Type-C、iPhone用Lightning、スマホスタンドの1台5役をこなす、オールインワンコンセント一体型のモバイルバッテリー。

PD最大18Wの急速充電に対応し、15000mAhの大容量バッテリーでケーブルも内蔵されているこの本体を外出先に1台持ち運べば安心感があるのは間違いありません。

バッテリー容量15000mAh
ポート数
(端子)
USB-C×1
USB-A×1
【内蔵ケーブル】
USB-C&Micro USB×1
Lightning×1
急速充電(PD)
最大出力18W
サイズ86×86×32.5mm
重量318g

マルチ充電チップが内蔵されており、過電流、過電圧、加熱、ショートから保護する機能も備わっています。

エレコム モバイルバッテリー 10000mAh

安心な日本製をほしいという方におすすめのエレコムが販売するコンセント一体型モバイルバッテリー。

大容量の10000mAhのバッテリーながらもコンパクトなサイズにまとまっており縦も90mmほどで帰省や旅行にも最適なサイズ感です。

ボタン3秒以上を長押しすることで低電流モードを使えるなど他にはない機能を備えています。

バッテリー容量10000mAh
ポート数
(端子)
USB-C×1
USB-A×1
急速充電(PD)
最大出力15W
サイズ90×80×27mm
重量250g

KYOKA モバイルバッテリー 9600mAh

PD3.0に対応し、スマホを30分で最大50%まで充電が可能な急速充電速度を実現しています。

またiPhone用ケーブルとUSB Type Cの2つのケーブルが内蔵され、暗い場所でも照らしてくれるLEDライト機能も備わっており、アウトドアや災害時などの強い味方となります。

バッテリー容量9600mAh
ポート数
(端子)
USB-C×1
USB-A×1
【内蔵ケーブル】
USB-C&Micro USB×1
Lightning×1
急速充電(PD)
最大出力18W
サイズ90×70×25mm
重量248g

コンセント一体型モバイルバッテリーのデメリット

コンセント一体型のモバイルバッテリーのデメリットはあまり見当たりませんが、あえてひとつあげるとしたら「コンセントが10000mAhを超える大きい個体のによっては差しづらい」ということです。

コンセント一体型モバイルバッテリーはコンセントへの差し込みがしづらい場合がある

もちろんコンパクトタイプのモバイルバッテリーであれば、家庭用のコンセントはもちろんのこと、カフェなどの共有スペースに設置されているコンセントにも差し込みやすいですが、大容量バッテリータイプの場合は重量もあるため場合によってはしっかり差せず充電できない場合もあります。

差し方次第という事もあるため、コンセントへ直接差し込みする場合は場所や設置方法を選ばなければならない点はちょっとしたデメリットです。

ネトセツ

ただしバッテリー本体の充電するための端子やケーブルは不要だったり、外出時の荷物も少なくて忘れ物もなくなるため、コンセント一体型は実際に使ってみてメリットのほうが大きく満足度は高いはずです。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

ネット選びに困ったら診断

ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
コンセント一体型モバイルバッテリーのおすすめを徹底まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる