【検証】Netflixのデータ通信量と1GBまでの目安と節約まとめ。

ストリーミング配信で映画やドラマ、そして独身配信などで人気のNetflix(ネットフリックス)。

この動画アプリをWiFiに接続ができない場所(移動中や外出先など)を想定し、モバイル通信を使った検証を行い、どれくらいのデータ通信量を消費し1GBの目安などをチェックしてみました。

この記事で分かること

  • Netflixの通信量と1GBまでの目安
  • 節約を行うための設定や対策
  • 見放題にするためのプランなど

Netflixを視聴した場合のデータ通信量

視聴のデータを行う前にNetflixは画像設定が「自動設定」と「データ使用量:少」「データ使用量:多」の3段階から選べるようになっています。

HuluやdTVのように更に細かな画質設定はできないので注意が必要です。

また実写映像、アニメ映像でもデータ通信量の消費量に変化があるか合わせてチェックしていきます。

自動画質設定でのデータ通信量

Netflix側で設定を変更しなければデフォルトで設定されている【自動設定】での動画10分間の視聴を行ってみます。

実写映画を視聴時のパケット消費量
アニメを視聴時のパケット消費量

【結果】10分の閲覧によるデータの消費量は「約70〜80MB」でした。

また特にアニメであっても実写ドラマ・映画であってもさほど大きくパケットデータの消費量は変わりありませんでした。

視聴時間データ消費量
10分80MB
30分240MB
60分(1時間)480MB
120分(2時間)960MB
結果を見ると自動の画質設定では他の動画配信サービスと比較すると少なめでした。

他の動画アプリサービスの【デフォルトの画質設定】で比較すると以下のようになります。

動画サービス別10分間視聴した際のデータ通信量
Hulu190MB
dTV260MB
Amazonプライムビデオ70MB
DAZN580MB
TVer160MB
U-NEXT140MB
Netflix80MB
こうやって他の動画配信サービスと比較するとNetflixはAmazonプライムビデオと同じくらいの消費量に抑えられていますね。
そうですね!これならたまの外での視聴程度であれば良いかもしれませんね。
1GBまでの目安自動画質での視聴なら約2時間

「データ使用量:少」設定でのデータ通信量

次は【自動設定】をOFFにした上で「データ使用量:少」設定の状態でどれくらいのデータ通信量の消費量になるかチェックしてみました。

【結果】10分の閲覧によるデータの消費量は「約80〜90MB」でした。

自動設定とほぼ変わらないパケットの消費量でしたのであまり画質などにこだわりがなければ「自動設定」のままで良いという結果になりました。

視聴時間データ消費量
10分90MB
30分270MB
60分(1時間)540MB
120分(2時間)1080MB(約1GB)
動画によっては前後してしまうので自動設定は低いパケットデータ量でなおかつ最適な画質で放送されるのでこの設定はあまり使わないほうが良さそうです。
1GBまでの目安「データ使用量:少」での視聴なら約2時間

「データ使用量:多」設定でのデータ通信量

次は「データ使用量:多」設定の状態でどれくらいのデータ通信量の消費量になるかチェックしてみました。

1回目の測定結果
2回目の測定結果

【結果】10分の閲覧によるデータの消費量は「約320〜350MB」でした。

「自動設定」や「データ使用量:少」の設定よりも大幅にデータ通信量を消費する結果となりました。

視聴時間データ消費量
10分350MB
30分1050MB(1GB)
60分(1時間)2100MB(2.1GB)
120分(2時間)4200MB(4.1GB)
30分しか見てないのに1GBのパケットデータを使うのはめちゃくちゃ怖いですね。。流石にこれはスマホの通信で見るのはきつい・・通信制限が怖い・・
確かにそうですね。この設定は基本さわらない方が良いですね(;゚Д゚)
1GBまでの目安「データ使用量:多」での視聴なら約30時間

【結果】Netflixの画質別のデータ通信量まとめ

画質設定10分視聴のデータ量1GBまでの目安
自動設定
【標準画質】
80MB2時間
「データ使用量:少」
【標準画質】
90MB2時間
「データ使用量:多」
【高画質】
350MB30分

Netflixは他の動画配信サービスと比べても細かな画質設定がなく、基本的には標準か高画質の2段階しか調整ができません。

自動設定の標準画質ならギリギリ映画1本を見れるか見れないかのレベルでした。

当然ながらこれ以上の画質を落とす設定がNetflix自体にはなく、モバイル通信で動画を見放題にするのはかなり厳しい結果となっています。

スマホの速度制限を恐れず、Netflixを存分に楽しむのならはやりWi-Fi環境は必須ということになりますね。

Netflixの自動画質と高画質の違い

ちなみにNetflixの「自動画質 or データ使用量:少」の低画質と「データ使用量:多」の高画質をスマホで表示させて見ました。

一見違いはなさそうに見えると思いますが、顔の表情やTシャツのプリントの文字などを比べると結構差があります。

画質にこだわって動画鑑賞したい方には高画質が良いかもしれませんが、WiFi接続をしているのならまだしも、この設定をモバイル通信で行うのは危険なのは間違い無いです。

Netflixの通信量を節約する方法

自宅や外出先でいつでもWiFiが確保できる環境にいれば問題ありませんが、せっかく毎月800〜1,800円の視聴料を払っているならいつでもどこでもサクッと見て楽しみたいですよね。

そこでNetflix視聴によるパケットデータ消費を気にせず節約しながら楽しむためのいくつかの対策方法をまとめてみました。

その① Netflixのダウンロード機能を活用する

NetflixはHuluAmazonプライムビデオと同じくダウンロード機能が備わっています。

Wi-Fiに接続した状態で予め視聴したいドラマや映画タイトルをダウンロードしておけば外出先ではインターネット通信を使わずに視聴することができる機能です。

ダウンロードが完了すれば「ダウンロード」というメニュー項目からいつでもモバイル通信を使わずとも視聴ができるためパケットデータ通信の節約にもなります。

この状態であれば飛行機などの機内モードをオンにしている場合でも視聴が可能です。

ただしこのNetflixのダウンロード機能にはデメリットもあります。

  1. スマホ本体の容量が増えてしまう
  2. ダウンロード対応していないタイトルもある
  3. 作品によっては年間ダウンロード数の制限がある

こういったデメリットもあるため闇雲にダウンロードをしまくるのも危険ですので予め理解しておきましょう。

またスマホ容量が心配な方は「メニューボタン」>「アプリ設定」>ダウンロード項目の画質が「スタンダード」にチェックが入っているか確認しましょう。

その② 持ち運びが可能な使い放題のポケットWiFiを活用する

「自宅にWiFi環境が無い」「スマホの容量が心配」「通勤中に気にせずたくさん動画を見たい」という方は通信が使い放題ながらどこでも持ち運べる「ポケットWiFi」を利用する人も増えています。

毎月月額が半額以下に抑えられそしてデータ容量が更にたくさん使える「WiFiルーター」の方がコスパも通信制限も気にならなくなると考えると非常にメリットがあると思います。
スマホの定額とポケットWiFi料金相場
au・ドコモ・ソフトバンク20GB:月5,000円〜
30GB/50GB:月6,000円〜
WiMAXやLTE系のポケットWiFi約100GB:月3,500円〜
無制限:月3,500円〜

利用できるデータ通信量は2倍もしくはそれ以上なのに半額近くの安さでWi-Fi通信がたくさん行えるモバイルサービスですが、この使い勝手をまだ知らない人も実際には多く、非常にもったいなく感じます。

もちろん光回線のように工事は一切ないので初期にかかる高額な費用は一切ありません。

私も利用しているのでもしもスマホのパケットで通信制限にかかり1GBを追加で千円とか払っている方はサービス内容をみなおすチャンスでもあります。

ポケットWiFiのサービスや料金については以下で紹介しています。

【まとめ】Netflixはスマホの通信では長時間視聴は不向き

Netflixをスマホのモバイル通信を使った検証結果では

  • 長時間の視聴は速度制限の怖さがある
  • できる限りWiFiでストリーミング視聴する
  • たくさん使えるWiFiサービスを検討する
  • ダウンロードが可能なら行っておく

という結論となりました。はやりインターネット通信を行わなければならないサービスなのは間違いありません。

動画はストリーミング方式となるのでYouTubeなどと同じくスマホのパケットデータを使ってたくさん見てしまうとすぐに通信制限の対象になりかねません。

せっかく定額を払ってNetflixを視聴しているなら存分に楽しみたいはずですので今回紹介したNetflixを気軽に楽しむための自分にあった節約方法や対策方法を見つけてみましょう。

他の動画サービスの検証も行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。