MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

ahamoへのMNP転入のやり方の手順まとめ詳しくはこちら

ハマればかなり安い。日本通信SIMの料金プランや利用者の評判をまとめ

ハマればかなり安い。日本通信SIMの料金プランや利用者の評判をまとめ

格安SIMでは大手のサブブランドの20GBプランに対し「合理的プラン」を発表し話題となった日本通信SIMですが、料金プランをチェックしていくとたしかに合理的で魅力的なプランに見えてきます。

また気になっている方の中には利用者の評判や実際の速度について調べている方が多いようなので、ここではこの日本通信SIMの料金プランの解説と利用者の声をまとめています。

読みたい場所へ押して飛ぶ

日本通信SIMの料金プランについて

日本通信SIMは日本通信株式会社が運営し「b-mobile s」という格安SIMプランも提供しています。

ただこの日本通信SIMは従来のb-mobileよりも力を入れているようで合理的プランで大手に負けないプラン内容で攻めています。

①合理的20GBプラン

ドコモの「ahamo」、auの「povo」ソフトバンクの「LINEMO」対抗すべく同じ20GBのパケットデータでより安く、そして無料通話分も含めた「合理的 20GGプラン」は税込みで2,178円と非常に安い料金設定が行われています。

合理的20GBプラン詳細

月額料金2,178円
月間パケットデータ20GB
(以降は275円/1GB追加可能)
無料通話70分
(以降は11円/30秒)
通信エリアドコモ
(LTE、FOMA(3G))
初期費用3,300円
(事務手数料)
ユニバーサルサービス料3円
契約期間なし

月間20GBと70分の無料通話分が含まれていて2,178円はなかなか安いです。特に最近ではLINE通話がメインとなっている方にはパケットデータの使える量に余裕があったほうがメリットが大きいのでしょう。

もしも月間のデータを20GBで探しているのであれば、選択肢の一つに入るのではないかと思います。

20GBが利用できる大手サブブランドと楽天モバイルとの比較

スクロールできます
日本通信SIMahamoLINEMOpovo楽天モバイル
月額料金2,178円2,970円2,728円2,728円2,178円
(20GBまで)
無料通話70分毎回5分まで無料なし
(追加有料オプション)
なし
(追加有料オプション)
24時間無料
(Linkアプリ)
20GB超え時の速度低速
(1GB追加を推奨)
1Mbps1Mbps1Mbps無制限
法人契約可能不可不可不可不可

大手キャリア(MNO)のサブブランドの料金設定と比べてみると日本通信SIMの安さは際立っています。

ただもしも20GBを月内で使い切ってしまった場合は日本通信SIMの場合は低速制限となり、公式サイトでは1GBを275円で追加したほうがよいという案内をしているため、最高速度は公表していないのを考えると速度制限時はネット閲覧ができないレベルかもしれません。

ネトセツ

ただし楽天モバイルがもしもエリア内であれば同じ料金で最大3,278円で無制限使い放題ということになるので20GB以上も考えている場合は少し悩むポイントかもしれません。

また会社用でスマホを用意したい中小企業にとっては日本通信SIMは法人契約も可能であるのは嬉しいですね。

20GBが利用できる格安SIMとの比較

スクロールできます
日本通信SIMマイネオイオンモバイルHISモバイルUQモバイル
月額料金2,178円2,178円2,398円2,178円3,828円
(※25GB)
無料通話70分なし
(別途追加有料)
なし
(別途追加有料)
なし
(別途追加有料)
なし
(別途追加有料)
余ったデータのくりこしなし翌月まで可翌月まで可なし翌月まで可
20GB超え時の速度低速
(1GB追加を推奨)
200kbps200kbps低速
(速度非公開)
1Mbps

20GBを提供している格安SIM(MVNO)業社はなかなか少なくマイネオ、HISモバイルとほぼ互角ですが、日本通信SIMは無料通話70分を含んでいる点では有利です。

ただマイネオは20GB使い切ってしまった場合にフリータンクから無料で引き出せるのでデータを20GBオーバーしてしまいそうな場合は楽天モバイルやマイネオなどを検討するのもありでしょう。

日本通信SIMには繰り越し機能がない

日本通信SIM公式のよくある質問より

また20GBでも使わない月と使う月と毎月使うパケットデータの量が異なる方にはありがたい「余ったデータの繰り越し機能」は日本通信SIMには搭載されていません。

マイネオやイオンモバイル、そして25GBのUQモバイルのように余ったデータを翌月まで繰り越せる機能がほしい方には日本通信SIMは向きません。

ネトセツ

もしも20GBの格安SIMを探していて繰り越し機能が必須と考えている方は以下のマイネオ、イオンモバイル、UQモバイルから検討しましょう。

20GBで繰り越し機能ありの格安SIM

20GBのパケットデータをメインで考えているのであればポケットWiFiサービスなども検討視野に入れてみるのも良いでしょう。例えば「どこよりもWiFi」というサービスであれば20GBでも税込み1,900円です。

②合理的みんなのプラン

2021年の5月から新たにスタートした合理的プランの低データバージョンですが、ほどよくデータが使えて70分の無料通話分がついていてこちらもなかなか合理的なプランになっています。

合理的みんなのプラン詳細

月額料金1,390円
月間パケットデータ6GB
(以降は275円/1GB追加可能)
無料通話70分
(以降は11円/30秒)
通信エリアドコモ
(LTE、FOMA(3G))
初期費用3,300円
(事務手数料)
ユニバーサルサービス料3円
契約期間なし

6GBというライトユーザーにはちょうどよいパケットデータ量ながら、料金は税込み1,390円と非常にお手軽でさらには通話も70分無料でついています。

ネトセツ

以前ネトセツで行ったアンケート調査結果でもパケットデータ量の平均は半数の方が5GB以下に収まっている結果でした。

子供のためにスマホプランを検討している場合やもっとデータもそこまで使わないので料金コストをもっと下げたい方にはこの合理的みんなのプランは非常におすすめできる料金設定になっています。

ただし余ったデータを翌月に繰り越すことができないので、常にパケットデータに余裕を持っておきたいと考えている方は繰り越しが可能な格安SIMを検討したほうが良いでしょう。

③合理的かけほプラン

合理的かけほプラン詳細

月額料金2,728円
月間パケットデータ3GB〜
(以降は275円/1GBで使った分だけ)
※最大30GBまで
無料通話24時間かけ放題
通信エリアドコモ
(LTE、FOMA(3G))
初期費用3,300円
(事務手数料)
ユニバーサルサービス料3円
契約期間なし

こちらのプランは基本的に電話をメインで使う方に向けての24時間かけ放題プランとなっており、パケットデータは3GBまでは定額料金の範囲内、そしてそれ以降は1GB使うごとに275円が追加される仕組みとなっています。

ただしパケットデータは自分で上限を設定することができ、5GB以上使わないなどのように柔軟な設定ができるため、知らないうちに使いすぎということを防ぐ事ができます。

ネトセツ

基本的に電話が24時間かけ放題という「電話がかけ放題」にフォーカスしているプランなので業務的な電話が多い方や電話番号発信でナビダイヤルのサポートセンターに電話することが多い方にメリットのあるプランです。

ただし電話のみで考えれば楽天モバイルのRakuten Linkアプリを使ったかけ放題のプランがあり、こちらであればパケットデータを1GB以内に押さえればずっと無料で使えるのでデュアルSIMなどで運用できる方なら楽天モバイルの方がおすすめできます。

かけ放題でおすすめのプラン

とはいっても少量のパケットデータでも収まる利用頻度で、電話がかけ放題がほしいという人には一つの契約ですっきりすしますし、この合理的かけほプランはピッタリな方もいるのではないでしょうか。

ただし楽天モバイルは法人契約はできないので、仕事上電話の頻度が多い企業で社用ケータイとして法人契約をするなら日本通信SIMが選択肢となるでしょう。

日本通信SIMの実際の速度の評価

https://twitter.com/Yasun63150764/status/1399502780071481344
https://twitter.com/akira5653jp1/status/1401204913258917888

日本通信SIMは混み合う都心でもMVNOとしては非常に健闘している速度ということで評判は良いです。

ネトセツ

実際に私も格安SIMは複数契約して使っていますが、OCNモバイルONEやLINEモバイル、マイネオやそしてこの日本通信SIMは「本当に格安SIMなの?」というレベルで大手に近い速度が体感できます。

また各地方であってもドコモの通信を使っているのでエリアの心配をしなくても良いのも大きなメリットでしょう。

ただし場所や時間帯によってはストレスになる速度になってしまうこともあるようなので、速度や通信品質においては安く使っている以上、確実に安定したものではないということだけは予め認識しておいたほうがいいでしょう。

ネトセツ

日本通信の公式Twitterにて上記のように広告費を抑えて料金と速度安定のために力を入れているということなので、速度については信頼して良い格安SIMなんでしょうね。

日本通信SIMを利用している人の評判

https://twitter.com/chari6chari/status/1400974792677748738
https://twitter.com/Tentensant/status/1355043187371298820
https://twitter.com/kyoklv/status/1310413693209866240

日本通信SIMの利用者の圧倒的な支持は料金の安さと比較的安定した通信速度みたいですね。

また特にいま注目されているのは6GB+70分無料通話付きで1,390円の合理的みんなのプランのようです。この料金設定はかなり日々スマホを使っているユーザーの手助けとなりそうです。

ネトセツ

かけほプランもよくよく考えたら3GBのパケットデータもついて電話が多い方にとっては非常にリーズナブルですし、ここまで低料金で良質な通信ができるとなると他社格安SIM業社や大手キャリアも黙ってはいないかもしれません。

日本通信SIMの気になる疑問まとめ

ここで日本通信SIMの気になる疑問やよくある質問で気になる点をまとめました。

支払い方法は?

クレジットカード決済のみで口座振替や請求書払には対応していません。

法人契約はできるのか?

法人契約も可能ですが「20GBプラン」と「かけほプラン」の2つのみで「みんなのプラン」は申込はできません。

余ったデータは繰り越しできるのか?

繰り越しはどのプランでもできません。

1GBのパケットデータ追加はいくら?

275円(税込)です。

通信エリアは?

ドコモのLTE(PREMIUM 4G)、LTE、LTE(800MHz)、FOMA(3G)エリアです。

留守番電話サービス等はある?

留守番電話(330円)キャッチホン(220円)があり、転送電話、迷惑電話お断り、遠隔操作、国際電話、国際ローミングオプションは0円です。

LINEのID検索は使える?

ID検索は使えないので、QRコード等で連絡先の交換が必要です。

キャリアメールは?

提供していません。

最低利用期間や解約金はある?

ありません。

対応してるスマホは?

動作確認済み端末の一覧をチェックしてみてください。基本的にドコモ通信を利用するのでそれ以外のエリアでの利用をしていたスマホの場合はSIMロック解除もしくはSIMフリー版を用意する必要があります。

スマホのセット販売はある?

スマホのセット販売は行っておらず、自分で予めスマホを用意する必要があります。

データを使いきった後の速度は?

低速通信でkbpsなどの速度を表す表記は公式サイトには記載が有りません。

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。
ハマればかなり安い。日本通信SIMの料金プランや利用者の評判をまとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる