オンラインビデオ通話によるデータ通信量を比較まとめ

オンラインビデオ通話によるデータ通信量を比較まとめ

テレワークや自宅でのオンライン飲み会など、ビデオ通話アプリやオンライン会議アプリを利用する機会が増えてきていますが、ここで気になるのがデータ通信容量。

自宅に光回線を導入していない家庭にとってはビデオ通話アプリは多くのデータ量を消費してしまい速度制限にかかる恐れがあり危険です。

そこで私が今まで検証してきた結果を元に通話×時間でどれほどのデータ容量を使い、アプリ毎で違いがあるのか比較表の作成とおすすめの格安なWiFi、ネット回線を紹介していきます。

オンラインビデオ通話のデータ容量の比較

主要となるオンラインビデオ通話アプリは以下です。

オンラインビデオ通話アプリ特徴
ZOOM
ZOOM
ビジネスミーティングに適しており参加者はアカウント作成の必要がなく100人、有料版なら最大1000人での会話が可能。

Google Meet
Googleアカウントを使ってどのデバイスからも参加できるミーティングアプリで最大150人まで参加可能。
Skype
Skype
オンライン会議の老舗アプリケーションで画面共有などビジネスに適した機能も豊富。
LINELINE日本ではコミュニケーションツールとしてスマホ利用者の大半が利用しているチャット・音声・ビデオ通話に対応。
ハングアウト
ハングアウト
Googleアカウントを持っている方同士で参加できる無料のオンライン会議アプリ。
Facebook Messenger
メッセンジャー
Facebookでつながっている友達同士であればすぐに通話・ビデオ通話ツールとして利用できる

現在オンライン飲み会、ビデオ会議、テレワークでメインで使われているこれらの通話・コミュニケーションアプリの利用におけるデータ通信量をチェックしていきます。

音声通話のみのデータ容量を比較

アプリ別の音声通話1時間10時間24時間
ZOOM
ZOOM
42MB420MB1008MB
(1GB)

Google Meet
36MB360MB864MB
Skype
Skype
37MB370MB888MB
LINELINE30MB300MB720MB
ハングアウト
ハングアウト
42MB420MB1008MB
(1GB)
Facebook Messenger
メッセンジャー
18MB180MB432MB

音声通話のみでは互いのデータ通信において必要な情報のやり取りが少ないためストリーミング動画やビデオ通話に比べてぐっとデータ容量の消費が抑えられています。

  • 2時間のオンライン飲み会なら平均で50MB〜90MB
  • 7時間のテレワークで常時接続なら平均で130MB〜300MB
もしも音声のみの通話であればFacebook Messengerを使うのがモバイル通信を利用する場合にはデータ量を節約することができます。

Facebook Messengerでは音声のみの通話であれば最大50人とのグループ通話にも対応しています。

データ量の消費量が抑えられているため、音声品質はあまり良くありませんので注意が必要です。

ビデオ通話のデータ容量を比較

アプリ別のビデオ通話1時間10時間24時間
ZOOM
ZOOM
600MB6GB14.4GB

Google Meet
36MB360MB864MB
Skype
Skype
120MB1.5GB2.8GB
LINELINE600MB6GB14.4GB
ハングアウト
ハングアウト
1.5GB15GB37GB
Facebook Messenger
メッセンジャー
360MB3.6GB4.3GB

ビデオによる映像も表示させた状態での通話では音声のみの通話より何倍ものデータ容量の消費が行われます。

  • 2時間のオンライン飲み会なら平均で250MB〜1.4GB
  • 7時間のテレワークで常時接続なら平均で1.7GB〜5GB
やはり音声通話と比べると10倍以上もの差がありますので、モバイル通信では当然ながら速度制限や通信制限の危険性が高まってきますね^^;
その中でもデータ量の消費が抑えられているのはSkypeです。他のビデオ通話アプリと比較しても1/2〜1/3ほどに抑えられています。

ただし現在多くの教育機関や企業、オンライン飲み会として人気なのはZOOMです。ただし他国では現在ZOOMはセキュリティの脆弱性が問題視されており使われていない地域もあります。

そういったセキュリティ問題が心配な方は2020年の9月末まで無料開放されたGoogle Meetなどもおすすめできるでしょう。
各アプリ毎のデータ通信量調べ

必ず確認ください

データ通信量の消費率の調査結果については【筆者が利用しているインターネット環境と通信端末によって測定した結果】となり、実際のデータ測定とは異なる場合があります。

この数値や結果はみなさんの通信端末やネット環境では異なる結果となる可能性が高いため、より細かなパケットデータ情報が必要な場合はご自身の環境で試してみることを推奨します。

オンラインビデオ通話のデータ量を節約する設定

オンライン通話が行える通話アプリの中にはデータ量の消費を抑えて節約する項目を用意されている場合があります。

確認したところ、LINEだけではこの節約項目が見つかりました(スマホ利用時)

LINEの通話の節約設定

LINEホーム画面より【歯車マーク(設定)】を開き>「通話」項目>「高画質ビデオ通話」をオフに変更

これでLINEのビデオ通話におけるデータ量の消費を多少抑えることができます。

その他の「ZOOM」「Skype」「Google Meet」「ハングアウト」「Messenger」には節約項目が見当たらないので利用する場合はなるべくWiFi接続を行った状態での利用をおすすめします。

オンラインビデオ通話におすすめのネット回線

現在日本でも自粛要請が出ている状況でビデオ通話や音声通話を利用する頻度が増えており、自宅にWiFiなどを用意していない家庭ではモバイル通信のデータ容量の心配が増えていることでしょう。

そこで様々なネット回線を使って検証してきている私がビデオ通話におすすめするネット回線をまとめました。
メモ
新型ウイルスの影響があるため、自宅に作業員が訪れ工事を行うような光回線は現在推奨しづらいのでモバイル回線を限定で紹介しています。

工事が必要ないコンセントを指すだけWiFi

自宅で利用するWiFiとして光回線が一番おすすめなのですが、自宅に作業員が訪れ工事を行ったり利用ができるまで1ヶ月ほどかかる場合があり今の時期的にはおすすめできません。

そこでCMで「工事のいらないWiFi」で話題となっている工事が不要で届けばコンセントに挿すだけですぐにネットにつながるホームルーターが今人気です。

その中でもUQコミュニケーションズが提供するWiMAX2+の通信を使ったホームルーターがおすすめです。

また更にこのWiMAXの中ではホームルーター代金が無料で提供されているGMOとくとくBB経由での申し込みがおすすめです。

WiMAXの概要
月額料金3,480円
ホームルーター代金無料
WiMAXは月間に利用できるデータ容量の上限は設けておらず3日に10GBのデータ量を超えた場合のみ翌日の18時〜翌2時までの一定時間のみ1Mpbsに制限が行われます。

ただしその速度制限も通常であれば128Kbpsなどかなりきつい制限ですがWiMAXは1MbpsでYouTubeなどの動画が見れるレベルの速度なので実質使い放題となります。

工事なしWiFi端末が無料

使い放題のポケットWiFi

万が一外出先や自宅以外にもWiFiを持ち出したいという人には持ち運びができるモバイルルーター系のWiFiがおすすめです。

最近でデータ容量が無制限+使い放題で更には国外でも利用ができるWiFiサービスが主流となりました。

おすすめのWiFiデータ容量月額料金
無制限・使い放題・海外利用可能(※国外は別途費用)3,480円
2,980円(半年)
〜3,280円(〜7ヶ月)

今オススメなのはCMでで話題となっている「THE WiFi」と私も実際に利用している「ZEUS WiFi(ゼウスワイファイ)

この2つのWiFiサービスは工事はもちろん不要で、ドコモ・au・ソフトバンクの3つのLTE回線から自動的に選別しデータ容量に上限がなく使い放題で利用できるポケットWiFiです。

一時期「どんなときもWiFi」というサービスが話題になっていましたが、あまりにも人気になり現在は受付を休止していますので今はこの2つが熱いです。

【番外編】スマホプランを見直すな「楽天モバイル」

スマホ1台で自宅でも常に過ごしている方ならスマホの料金プランを見直すのも一つの方法です。

2020年4月8日から本格的にスタートした楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は楽天回線エリア内であれば月額2,980円で無制限、使い放題で利用できる今話題のスマホプランです。

Rakuten UN-LIMITのプラン詳細
月額料金
2,980円
データ容量楽天回線エリア、完全使い放題
(楽天エリア外のパートナーエリア時は5GB/月)
海外利用海外66カ国 料金無料
(データ容量2GB/月まで)
国内通話Rakuten Linkアプリなら無料でかけ放題
(アプリ未利用時は30秒20円)
キャンペーン300万人限定、1年間無料
オンライン契約で3,000pプレゼント
申込時の3,300円相当の事務手数料還元
現在300万人限定でこの月額2,980円が1年間無料で使えるので楽天回線エリア内の方なら申し込んでおいて絶対損はないです。

先着300万人限定、1年間無料実施中

私も実際に家族分合わせて2契約していますが、2,980円でこれはめちゃくちゃありです。

楽天モバイル「UN-LIMIT」をiPhone7/SE/11 Pro、AQUOS sense3で接続検証

オンラインビデオ通話はWiFiを活用しよう

ビデオ通話はどのアプリを使っても1時間通話するだけでも相当なデータ容量を消費します。

そのため自宅にWiFi(光回線)を契約しておらず、スマホのパケットデータがある程度制限された定額プランでは圧倒言う間に上限を超えてしまい速度制限の危険性と隣合わせです。

今後もしばらくはこのようなオンライン通話アプリは重宝されると思いますので、いつでも快適に利用できる環境は早めに整えておいて損はないでしょう。

【おまけ】ビデオ通話はパソコンやタブレットがおすすめ

オンライン通話に参加する場合はスマホではなくタブレットやパソコンで参加するのがおすすめです。

理由はスマホは最終的な連絡手段としていつでも待受状態にしておいたほうが良い点と、ビデオ通話用の端末が別のほうがスマホのパーティーゲームなどができるからです。

スマホでビデオ通話をしてしまうとシングルタスクでしか画面表示ができないため、スマホでゲームや調べ物を話の流れで行ってしまうとビデオ映像が非表示になります。

スマホ以外にパソコンやタブレットがある方はその端末でビデオ通話を行ったほうがスマホがフリー状態になるのでおすすめです。

最近ではテレワークによるオンライン会議やオンライン学習の需要が高まっておりパソコンやタブレットを購入する方も増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA