ポケットWi-Fiで口座振替の支払いOKな圧倒的おすすめな業者

多くのポケットWi-Fiサービスが支払い処理を円滑に行いたいがためにクレジットカードのみの決済にしか対応していない業者が多いです。

でも口座振替や口座振込で支払いたい。ポケットWi-Fiを利用したい方でもクレジットカードでの決済は都合が悪い場合だってあるのです。

そこでクレジットカード以外の支払い方法として「口座振替」に対応しているポケットWi-Fiサービス集めておすすめ順で紹介します。

ポケットWi-Fiはサービスが数種類存在する

WX04とパソコンとスマホを接続

ポケットWi-Fiは持ち運びができるモバイルルーターと呼ばれる端末ですが、

  • WiMAX
  • ソフトバンク(ワイモバイル)
  • ドコモ回線
  • au回線

などのように数種類の通信サービス業者が存在します。

ただしこの4つの通信業者の中で「ドコモ」と「au」のポケットWi-Fiサービスは料金が高めでサービス自体に力をあまり入れていません。

そこでおすすめできるのは「WiMAX」と「ソフトバンク(ワイモバイル)」の2社のポイケットWi-Fiサービスです。

①高速通信で「通信上限なし」のWiMAX

「低コスト」「データ通信の安定度」「面倒な工事不要」「定額通信」でより多くのデータ通信、速度が早いのがWiMAXで、のデータ通信量を気にせず使えるポケットWi-Fiとしては今や一番人気です。

このWiMAXはほとんどがクレジットカード決済のみですが、口座振替で支払い決済が可能なWiMAX事業者は以下の2社

  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX

この3社が口座振替での支払いに対応していますが中でも「BIGLOBE」が一番おすすめです。その理由を今から解説します。

この3社の中で特に「BroadWiMAX」は、口座振替の場合は18,857円の初期費用が発生してしまうのでおすすめできません。

「口座振替対応のWiMAX」ならBIGLOBEが一番おすすめ

BIGLOBEのWiMAXは口座振替対応

KDDIの子会社となる老舗のインターネットプロバイダ「BIGLOBE」が取り扱っているWiMAXです。

支払い方法はクレジットカード決済の他に口座振替が選択でき、キャッシュバックもしくは月額の大幅割引キャンペーンも実施しているWiMAXで一番のおすすめの業者です。

3社の中では特典も充実しており、申込み初期にかかる費用も少なく口座振替の支払いでポケットWi-Fiを利用するならトータルで一番安く収まります。

BIGLOBEのWiMAX詳細
月額料金・7GBプラン 3,696円
・ギガ放題  4,380円
支払い方法クレジットカード・口座振替
事務手数料契約事務手数料3,000円
ネトセツ経由限定ページ無料
端末代金4,800円(税別)
※代引き支払いの後に毎月200円×24ヶ月で割引されます。
キャンペーン①15,000円キャッシュバック
もしくは
②38,570円割引特典
取扱Wi-Fi端末WX05/W05/WX04/WX03/L01s

BIGLOBEを利用するなら「ギガ放題」というプランがデータ上限がなくたくさん通信ができる上に定額料金で利用できるので90%以上の方がギガ放題プランを選択しています。

データ量の上限がないのでほぼ無制限にネット通信ができて、支払い方法が選べるWiMAX業者は少ない中「BIGLOBE」です。

[jin-iconbox02]BIGLOBEのWiMAXキャンペーンサイト[/jin-iconbox02]

申込みから開通まで

申込みからポケットWi-Fiが届いた際に端末代金の代引き支払い(4,800円※税抜き)が必要になります。

ただしこの支払いした端末代金は毎月200円つづ割引として月額料金に充当される仕組みになっているため、2年後には4,800円が相殺され実質的に無料になります。

初期費用としてはそれ以外には事務手数料も不要になるので申込みから開始時点での支払いは端末代金以外には一切かかりません。

UQWiMAXも口座振替に対応していているのですが、キャッシュバックの特典、月額料金の割引率、初期費用のキャンペーンなどトータルを考えるとBIGLOBEの方が断然おすすめできます。

BIGLOBEのWiMAX公式

WiMAXの口座振替のプロバイダ比較に関しては下記で更に詳しく解説しています。

これで間違いない!WIMAXの支払い方法を口座振替で行えるお得な業者。

②地方での利用ならLTE対応の「NEXTモバイル」

WiMAXは市街地近くに住まいがある方にはおすすめできるのですが、エリアがまだまだ地方ではつながらない場合があります。

WiMAXのエリア検索の使い方や、失敗しないための判断基準まとめ

実際にWiMAXのエリアをチェックしてみてもしもエリアが厳しい方にはソフトバンクの通信が利用できる「NEXTモバイル」がおすすめできます。

NEXTモバイルの料金プラン

手のひらサイズのポケットWi-Fiで自宅でも外でもどこでもインターネットに接続ができる上に最大15台のスマホやパソコン、ゲーム機などの同時接続が可能です。

NEXTモバイルはWiMAXよりも広い全国のLTEエリアが利用でき、たくさんのデータ量と非常にコストが安いポケットWi-Fiです。

NEXTモバイルで一番人気のプラン30GB(月額3,490円)は口座振替に対応しています。

NEXTモバイルの詳細
月額料金・20GB   2,760円
・30GB   3,490円
・50GB   3,490円(※期間限定)
 支払い方法・クレジットカード
・口座振替(30GBプランのみ)
事務手数料契約事務手数料3,000円
端末代金無料
取扱Wi-Fi端末FS030W/HT100LN

例えば携帯電話のドコモのパケットパックが30GBだと月額8,000円なのに対し、NEXTモバイルは30GBで約半分以下の月額料金で利用できるのはかなり大きなポイントです。

NEXTモバイル公式

もしも今スマホのパケットプランが比較的多めのデータ量で契約しているならスマホプランを安くしてNEXTモバイルメインでWi-Fi接続したほうがランニングコストを下げられるかもしれません。

WIMAX以外でおすすめのポケットWiFiを厳選3つ※無制限もあり

ポケットWi-Fiの口座振替に対する審査基準

ポケットWi-Fiをクレジットカードで決済するのであれば、すでにクレジットカードを持つことで信用があり審査が不要なのですが、口座振替の場合はある程度の審査が必要になります。

口座振替の場合は引き落とし対象となる銀行口座は必須ですが、審査に必要な本人確認書類(身分証)の提出が必要になります。

本人確認書類の種類審査における提出の条件
  1. 運転免許証
  2. 運転履歴証明書
  3. パスポート
  4. マイナンバーカード
  5. 在留カード・特別永住証明書
  6. 各種福祉手帳
  7. 住基カード
原則一つの提出でOK
  1. 保険証・年金手帳
  2. 各種福祉手帳
  3. 印鑑登録証明書
  4. 住民票
  5. 戸籍謄本・抄本
  6. 官公庁から発行された書類
上記の原本とあわせて提出が必要

ケータイショップや電気屋などでスマホの契約を行い、口座引き落としの手続きを行う場合でもこれらの書類は必須となります。

ポケットWi-Fiなどの契約でWEBで申込みする際には申込みを行ってから郵送またはセキュリティメールなどで本人確認書類の提出を行った上で初めて契約が完了となります。

口座振替でポケットWi-Fiを申込みする際には「本人確認書類」がなければ審査自体ができませんので、必ず事前に用意しておきましょう。

口座振替は毎月手数料がかかる

口座振替手数料の200円

ポケットWi-Fiやスマホ契約でもよくある話ですが、基本的に口座振替を行うために毎月の手数料が発生するケースがほとんどです。

ATMで現金を引き出す時や振込を行う時にかかる手数料と同じ感覚ですね。

今回紹介したWiMAXの「BIGLOBE」と「NEXTモバイル」も月額料金とは別途200円の口座振替手数料がかかります。

この口座振替手数料はクレジットカード決済と比べるとデメリットになるのですが、どうしてもクレジットカードを利用できない状況にいる方は必要手数料と認識しておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。