MENU
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

サイトを移行修正中により、不具合が出ている記事のご報告でプレゼント実施中詳しくはこちら

PS4でおすすめのバトロワ(バトルロイヤル)ランキング【2020年版】

スマホでもPCでも家庭用ゲーム機でも残り1人(1チーム)に残るまで戦い続けるバトロワ(バトルロイヤル)は今でも根強く人気で世界的に毎日のように同時接続しているサービスです。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

今回はPS4で高画質で快適にプレイできる人気のバトロワゲームをランキングで紹介します。

読みたい場所へ押して飛ぶ

PS4で基本無料のバトルロイヤルランキング

スマホ版のバトルロイヤルゲームは基本プレイはすべて無料ですがPS4版ではさらに種類が多く、基本プレイが無料なものとゲーム自体が販売(有料版)があります。

まずは無料で始められるPS4のバトルロイヤルゲームのランキングです。

※ランキングについては「当記事の後半に実施中の独自のアンケート投票」や「Twitterでのアンケート調査」をもとに決定付けています。

1位 APEX(エーペックス・レジェンズ)

2019年サービス開始からPS4ではいま一番盛り上がっているバトロワです。

FPSの軽快感と操作性、そして独自のスキルを持ったキャラクターごとの特殊能力を使い斬新で戦い方に多様性が生まれるのもこのゲームの人気の一つです。

プレイ人数60人
プレイモード・デュオ(2人)
・トリオ(3人)
特徴キャラ毎の独自スキル
プラットフォームPC(Windows Origin)、PS4、Xbox One
※Switch、Steam向けは2020年秋予定
クロスプレイなし
(※実装予定)

👉APEX LEGENDS公式

近未来な武器とキャラクター毎の特殊能力を駆使してプレイする度に新しい発見や策略が見つかる世界観はぜひプレイしてみるべきです。

2位 フォートナイト

サービス開始から長い間、世界中で長く愛されている誰もが聞いたことがあるバトルロワイヤルゲーム。

遊びココロ満載のプレイスタイル、壁や建造物を駆使した建築バトルが多くのゲームプレイヤーを熱くさせている類を見ないゲームスタイルです。

プレイ人数100人
プレイモード・ソロ(1人)
・デュオ(2人)
・スクワッド(4人)
※自作ができるプレイグラウンド
※チームランブル(20人)
など不定期で新しいモードが展開中
特徴・壊して素材集め・建築プレイ
プラットフォームPC、PS4、Xbox One、Nintendo Switch、Android、iOS
クロスプレイ

👉フォートナイト公式

2020年現在でもシーズンも更新され、頻繁にアップデートを繰り返しプレイユーザーの声をもとに新しい機能が増え自分だけのマップを作成しみんなでプレイもできるプレイグラウンドモードもあり、遊びの幅が多いです。

最近では有名アーティストの新曲発表やパーティーロイヤル内でのライブパフォーマンスも増えてきておりゲーム以外の各著名人の宣伝の場ともなっています。

また世界大会も頻繁に行われており、プロゲーマーも多く参戦し賞金金額も桁違いのているゲームでもあります。

3位 Call of Duty Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)

2020年3月11日より基本プレイ無料としてサービスが開始された150人によるバトルロイヤル。

コーブオブデューティーの中でもトップの人気を誇る「モダン・ウォーフェア」シリーズを舞台にした爽快なFPSアクション。

フォートナイトと同様で復活システムがあり、死んでしまったらその同じ状況で収容された敵と1vs1で対戦し勝てば復活することができる復活アクションは非常に楽しいです。

プレイ人数150人
プレイモード・ソロ(1人)
・トリプル(3人)
特徴バトルロイヤル
PLUNDERの2種類のモードあり
プラットフォームWindows、PS4、Xbox One
クロスプレイ

👉Call of Duty Warzone公式

おなじみのバトルロイヤルモードの他に100万のキャッシュ(賞金)を欠けた「PLUNDER」モードが用意されており、こちらはリスボーンありのより激しい戦闘が繰り広げられます。

4位 荒野行動

スマホのバトルロイヤルとして幅広い方に人気のある荒野行動のPS4版が2019年12月より配信がスタートしています。

スマホでは味わえない高グラフィックとコントローラーによるプレイのしやすさが魅力。

プレイ人数100人
プレイモード・ソロ(1人)
・デュオ(2人)
・スクワッド(4人)
・クインテッド(5人)
特徴・王道バトルロイヤル
プラットフォームPC、PS4、Nintendo Switch、Android、iOS
クロスプレイ
※PS4×スマホ版のみ

👉荒野行動公式

またスマホ版からの入り口の影響で若い方から幅広い年層のユーザーが存在し、賞金バトルも本格的に行われてるため腕に自信のある方はぜひ参加してみるべし。

5位 H1Z1

こちらも新たに2019年4月18日からサービスが開始された、基本無料プレイのバイトルロイヤルシューター「H1Z1: Battle Royale」。バトルロイヤルの元祖。

また元々2015年からPCのゾンビゲームとしてゲーム自体は存在し様々な改良をしモードやサービスも改良し続けて今作品に至っています。

プレイ人数150人
プレイモード・ソロ(1人)
・デュオ(2人)
・クインテッド(5人)
特徴・王道バトルロイヤル
プラットフォームPC、PS4、Xbox One
クロスプレイなし

👉H1Z1公式

銃や物資を手に入れ乗り物に乗りというPUBGや荒野行動のような王道のバトルロイヤルが新たな仲間入りで、すでに海外では1500万DLされ話題になっていいます。

6位 Hyper Scape(ハイパースケープ)

レインボーシックスシージやファークライでも有名なUBIが手掛ける基本無料のFPSバトルロイヤルがついに2020年8月12日開始。

プレイ人数100人
プレイモード・ソロ(1人)
・スクワッド(3人)
特徴・特殊能力
・近未来的FPS
プラットフォームPC、PS4、Xbox One
クロスプレイなし

MAP上で入手できる特殊能力を駆使しテクニカルなアクションが行えるのは他のバトロワはない要素で、スクワッドは先にやられたとしてもエコーとして協力も可能。

シーズン1が開始されこれからどんどんアップグレードされていくことが予想されるので、FPSシューティングとしてはAPEX(エーペックス・レジェンズ)のライバルとなりそうです。

賞金総額が50,000ドルの大会なども開催されたり今後盛り上がりが一層激しくなる予感。

PS4の有料版バトルロイヤルランキング

PS4のソフトとしてはゲーム本体はソフトとして通常販売され、そもそも別のゲームタイトルとして成り立っているFPSシューティング。

そこにバトルロイヤルモードとして追加され人気になったゲームタイトルも紹介します。

1位 PUBG

バトルロイヤルゲームが世界に広がるきっかけとなったPUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)。

広大なマップと100人による残り1チームor1人になるまでの生き残りをかけた戦いはこのゲームタイトルなしでは語れません。

プレイ人数100人
プレイモード・ソロ(1人)
・デュオ(2人)
・スクワッド(4人)
特徴・元祖バトロワ
プラットフォームPC、PS4、Xbox One
クロスプレイ
※PS4×Xbox Oneのみ

👉PUBG公式

PC版では完成度が高いのですが、PS4版では現在は他のバトロワゲームタイトルに勢いを奪われがちです。ただし一度は元祖バトロワを体験してみるべきです。

2位 BFV(バトルフィールドV)ファイアストーム

PS4のバトルロイヤルゲームの中では一番現実的でリアルな世界を体感できる本格的FPSシューティングです。

またバトルロイヤルだけではなくマルチプレイとしてはコンクエストやラッシュなど戦車や戦闘機乗るなど迫力のあるプレイが楽しめるのもこのBFV(バトルフィールド)の醍醐味でもあります。

プレイ人数64人
プレイモード・ソロ(1人)
・スクワッド(4人)
特徴・戦車、現実世界を体感
プラットフォームPC、PS4、Xbox One
クロスプレイなし

👉BFVファイヤストーム公式

エレクトロニック・アーツ
¥2,820 (2020/09/21 14:33:46時点 Amazon調べ-詳細)

多くのバトルロイヤルでは毒ガスや嵐といった演出ですが、BFVでは炎の輪に包まれていき建物などを焼き尽くす灼熱の炎の中からの安全地帯への避難は迫力もあり実装されてからゲージ自体の人気を取り戻しつつあります。

3位 CoD:BO4 ブラックアウト

こちらも元々、FPSシューティングとしては長い間、本格的プロゲーマーにはマルチプレイゲームとして愛され続けているタイトル。

軽快な操作感とスピーディーなゲームスタイルのバトルロイヤルはCODシリーズならでは。

プレイ人数88〜100人
プレイモード・ソロ(1人)
・デュオ(2人)
・スクワッド(4人)
特徴・CODシリーズ初

👉CoD:BO4 BLACKOUT公式

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥3,900 (2020/09/21 14:33:46時点 Amazon調べ-詳細)

新エリア「ゴーストタウン」なども公開されさらに戦いの幅が広がり今後のプレイスタイルやアップデートにも期待できます。

近日サービス開始予定のバトルロイヤル

未だ配信は開始されていませんが、近日中にPS4版として配信が予定されているバトルロイヤルゲームは以下。

Cuisine Royale

すでにPS4版は北米版が配信されていますが、日本では正式には2020年8月20日配信予定です。

ただし北米アカウントにてダンロードを行えば日本語にも対応しています。

戦場でのスタート時はパンツのみで、鍋などのキッチン用品を装備しながら武器を拾い生き残る元祖バトロワのシステムながらフォートナイトの遊び心も兼ね備えている期待のタイトルです。

【投票】みんなが選ぶPS4版のバトロワランキング

皆さんが普段からプレイしていたたり、好きなバトルロイヤルゲームを是非投票してください。

※一番好きなゲームタイトルにチェックを入れて「投票」を押すだけです。

PS4で一番好きなバトルロイヤルゲームは?

プレイにはネット環境とPSPlus加入が必須

今回紹介したバトルロイヤルゲームは

  • PS4本体
  • インターネット環境
  • PSPlusの加入

が必須になります。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

ただしフォートナイトに関してはエピックゲームズが独自のサーバーを用意しサービス提供している関係でPSPlusに加入していなくてもプレイが可能です。

旧料金2019年8月1日から
1ヶ月利用権514円850円
3ヶ月利用権1,337円2,150円
12ヶ月利用権5,143円5,143円

もちろん無料でプレイできるバトロワタイトルであっても上記の環境は必須となるので注意が必要です。

ネトセツのアイコン画像ネトセツ

PS4本体は通常版、Pro版どちらでもOKですが、より高精鋭なグラフィックでの体験ならPS4 Proがおすすめできます。

PS4のネット環境のおすすめ

またインターネット回線はPS4が安定した通信ができるために自宅に導入できる光回線が一番望ましいです。

特にオンラインプレイはゲームサーバーへ安定して接続ができるネット回線でなければゲーム切断、ラグが発生するので安定して高速なネットサービスを提供している業者がおすすめです。

もしも光回線を導入できる環境でない場合はポケットWi-Fiでもプレイは可能です。光回線ほど安定度は高くはありませんが、最近のモバイルWi-Fiは比較的安定しています。

PSPulsはプレイステーションのアカウントを作成しPS4をインターネットに接続しオンラインプレイを楽しむために必要な契約となります。

1ヶ月、3ヶ月、12ヶ月の利用券があり12ヶ月の利用券が5,143円で一番トータルで安く利用できます。

PS4のゲームタイトルはバトルロイヤルだけではありません。2018年-2019年でおすすめできるPS4のゲームタイトルは以下で紹介しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (10件)

    • ありがとうございます!たしかにそうでした、独自でサーバーを用意してるんでしたね。訂正します!

    • SNSでのアンケート聴取と記事内にあるアンケート投票によって決定しています。

  • コメント失礼します!
    ウォーゾーンとハイパースケープって今人口どんな感じか分かりますかね…
    なんかマッチング遅いし人いない感じがして

    • たしかにエイペックスやフォートナイトに比べるとマッチングはしづらい状況ではあるんですが、実際のプレイ人口については確認する術がないですね^^;

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる