PS4でNATタイプが「失敗」でオンラインプレイができない場合の対処法

PS4でNATが失敗して接続されない場合の対処法

PS4のオンラインプレイにて主に対戦やフレンドとのマッチを行う際に接続何度も接続できず、PS4側の接続テストを行った際に出る表示でNATタイプのステータスが「失敗」と表示されているケースがあります。

このNATの接続で失敗する場合の対処法をまとめました。

PS4のネットワーク接続を手動で設定する

PS4のインターネット接続は基本的にWi-Fiでも有線LAN接続でも自動検出+自動接続に設定している方が多いと思います。
そこで手動での接続へ切り替えることでNATの状態が改善する場合があります。

設定の手順の前にルーターのIPアドレスを確認する

この設定を行うにはPS4と接続を行っているルーター(無線LANルーター)のIPアドレスを予め把握しておく必要があります。

PS4側の設定では以下の5つの項目を設定する必要があり、ここに「デフォルトゲートウェイ」と表示されているのが使用しているルーターのIPアドレスの数値です。

PS4側の設定画面手動接続時の値
IPアドレス192.168.○○.○○
サブネットマスク255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ
(ルーターのIPアドレス)
192.168.○○.○○
プライマリーDNS192.168.○○.○○
セカンダリーDNS0.0.0.0

PS4側にはNAT接続が成功するために、上記のように数値を指定して接続を行います。

ただしこの「デフォルトゲートウェイ」の数値をまずは把握しておかなければ接続が成功しません。そのデフォルトゲートウェイが接続中のルーターのIPアドレスになるのです。

メーカーが工場出荷時(購入時)に設定してあるルーターの設定へアクセスするためのIPアドレスは以下になります。

【メーカー・シリーズ名】
※クリックでメーカーサポートへ
【IPアドレス】
※各数字をクリックでアクセス
BUFFALO192.168.11.1
NEC(Aterm)192.168.0.1
192.168.10.1
コレガ192.168.1.1
エレコム192.168.2.100
IOデータ192.168.1.2
PLANEX(プラネックス)192.168.1.1
YAHOO172.16.255.254
192.168.3.1
NTTルーター192.168.1.1
上記のメーカーごとのIPアドレスに関してはあくまでも初期値での設定されたルーターのIPアドレスになります。

もしもどのメーカーなのかよくわからないということであれば現在接続しているスマホやパソコンからIPアドレスを確認できます。

ルーターのIPアドレスとmac、Windows、スマホ端末からの確認方法ルーターのIPアドレスとパソコン、スマホ端末から確認する方法

ルーターのIPアドレスを把握できたら、ようやくPS4側の設定を行います。

PS4のネットワークの手動設定の流れ

STEP.1
「設定」>」「ネットワーク」>「インターネット接続を設定する」と進む

STEP.2
接続方法を選択

こちらでは普段接続している方法を選択します。無線接続しているなら「Wi-Fiを使う」ケーブルで接続しているなら「LANケーブルを使う」を選択します。

STEP.3
「カスタム」の方法を選択

STEP.4
(Wi-Fiの場合は)ネットワーク名を選択

ここでWi-Fi接続の場合は普段から利用しているWi-Fiネットワーク名を選択します。

STEP.5
IPアドレスは「手動」を選択

STEP.6
IPアドレス入力する

ここで手動で数値を入力していくのですが、ここからが重要です。
PS4側の設定画面NECルーターの場合の数値
IPアドレス192.168.0.50
サブネットマスク255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ192.168.0.1
プライマリーDNS192.168.0.1
セカンダリーDNS0.0.0.0

上記のように数値を指定します。

  1. IPアドレス → 最後の数値だけデフォルトゲートウェイの数値からずらす
  2. サブネットマスク → 「255.255.255.0」に指定
  3. デフォルトゲートウェイ → ルーターのIPアドレスを入力
  4. プライマリーDNS → ルーターのIPアドレスを入力
  5. セカンダリーDNS → 0.0.0.0 のままでOK
IPアドレスはPS4側の手動で固定するIPアドレスです。これはデフォルトゲートウェイが例えば192.168.0.1の場合なら「192.168.0.3」や「192.168.0.50」などと最後の数値をずらして設定します。
STEP.7
入力を確認したら「OK」

上記の画面のように入力がすべて完了したら「次へ」を押して進みます。

STEP.8
MTU設定は「自動」を選択

STEP.9
プロキシサーバーは「使わない」を選択

STEP.10
インターネット接続を診断する

インターネットの設定を更新しましたと表示されたら「インターネット接続を診断する」を押して接続テストを行います。

接続テストが完了してNATタイプのステータスが「失敗」から「タイプ1」「タイプ2」「タイプ3」へ変更されれば成功です。
これで再度友達とオンラインプレイがきるか試してみましょう。

それでもマルチプレイが不可能な場合

NATタイプが表示されているのにもかかわらず友達とのオンラインプレイで接続ができない場合は相手側のNATタイプがどのように表示されているのを確認する必要があります。

NATタイプが違って接続できない

面倒をかけてしまうかもしれませんが、友達のPS4側でも接続テストを行ってもらい必要であれば手動でのネットワーク設定を行ってください。

ルーターのUPnP機能を変更する

最近のルーターにはUPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)という機能が搭載されています。

UPnPとは簡単にいうとネットワークサービスの検出をしやすくまた接続をしやすくするための技術なのですがオンラインゲームなどでは稀にこの機能によって接続が正常に行えないなどの例もあります。
特にPS4などのでは複数人数でプレイできるフォートナイトなどのオンラインサービスなら問題ないのですが、個人と接続を行うFIFAのサッカーゲームや格闘ゲームなどはエラーが起こるケースが多いです。

この機能をOFFにして接続が改善されるか試してみましょう。

バッファロー製ルーターのUPnP機能をOFFにする方法

バッファローのルーター画面へログインして操作する必要があるので先程のIPアドレスを入力してログインします。

初めてログインする方は以下を参考にしてみてください。

バッファロールーターの設定画面にログインができたら「セキュリティー」>「UPnP」>「UPnP機能をチェックを外しOFF」>「設定」を押して完了です。
もしも友人側のネットワークもこの機能がある場合は同じような操作をお願いしましょう。

とりあえずここまで行ってみて改善なければここで案内している操作どおりに行えているか再度確認してみてください。

私の場合は最後のUPnUの設定変更によりオンラインプレイが利用できるようになりましたのでぜひ実施してみてください。

NEC製品の場合は以下を参照してみてください。

👉UPnP機能|Aterm®WG1800HP2 ユーザーズマニュアル

👉ポートマッピング機能|Aterm®WG1810HP(JE) ユーザーズマニュアル

※製品型番により設定画面が異なります。

IPv6などの問題がありますがPS4は基本IPv4での接続を行っているため、もしもどうしても改善がなければ契約しているインターネットサービス・プロバイダへ問い合わせしてみましょう。

👉インターネットサービス・プロバイダ別

またルーターのファームウェアが最新版ではない場合は最新版へアップデートも行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA