PS4をiPhoneを使ってリモート接続「PS4 Remote Play」の設定方法

最新のPS4のアップデートで追加されたリモート接続ができるiPhone用アプリ「PS4 Remote Play」の設定からプレイの流れを解説します。

PS4とiPhoneリモート接続する前の準備

まずこのアプリを使ってリモート接続をするためのiPhoneやPS4の環境から確認しましょう。

  1. iOSバージョン12.1以降
  2. PS4の最新バージョン: 6.50以降
  3. PSNのアカウント(ID、パスワード)を確認する
  4. iPhoneのWi-Fi接続が必須
この環境を確認した上で「PS4 Remote Play」をiPhoneにインストールします。

「PS4 Remote Play」をインストールしてリモート接続

PS4 Remote Playをインストール

AppStoreで「PS4 Remote Play」をインストール

STEP.1
起動したら「はじめる」をタップします

始めるを選択する

STEP.2
PSNのアカウントでサインインする

普段PSネットワークへアクセスするためのID(メールアドレス)とパスワードでログインを行います。

STEP.3
ログインが完了すると接続が開始します

この検索中は2〜3分以上かかる場合があります。

STEP.4
接続されたらPS4の画面が表示される

リモート接続が完了したらこのようにPS4の画面がスマホ内に表示されます。

もちろん横向きにiPhoneを持つとワイド表示もできます。

これでPS4をリモート接続でプレイできるようになります。
注意
ただし一度このアプリを閉じたり別のアプリを切り替えた時点でリモート接続は切れてしまいます。

Wi-Fi接続が良好だと操作も実際のテレビ画面とのラグもなく操作はできました。

検索にてリモート接続ができない場合

「PS4が見つかりませんでした。手動でこの機器にPS4を登録する必要があります。」と表示された場合はPS4側を操作して設定を行います。
STEP.1
PS4の「設定」>「リモートプレイ接続設定」を選択

リモート接続設定を選択

STEP.2
「機器を登録する」を選択

STEP.3
表示された番号をアプリで入力する

機器を登録すためのコードが表示されたらiPhoneのアプリ側に入力します。

PS4側に表示された番号を入力したら「登録する」をタップします。

登録が始まります。

これでリモート接続ができるか試してみてください。

手動登録でもリモート接続ができない場合

もしも接続に関して以下ようなエラーが出る場合があります。

  • 80001fff(iPhone側)
  • CE-35398-8(PS4側)
このエラーが出る場合は一度PS4の再起動をしてください。

この再起動で私は改善されました。

PS4とiPhoneリモート接続の感想

実際に接続してみた感想だとWi-Fiの接続状況がよければPS4のホーム画面の操作はラグは感じませんが、ゲームプレイ中は通信が不安定になるシーンも多かったです。

また安定しないWi-Fi接続の場合、途中で切れることもあります。特にゴールデンタイム(夜の22時〜2時)あたりは回線が混み合う家庭は切断されることもあるでしょう。

どうしてもネット回線の環境によって大きく影響を受けてしまうのでオンラインゲームなどのシビアな操作が必要なゲームプレイはまともにできないと考えていたほうが良いでしょう。

Wi-Fiが安定しないもしくはPS4のインターネットのラグが激しい方は以下の方法を試してみて快適なWi-Fi環境を整えてみてください。

PS4のインターネット接続が不安定な時に対策する方法まとめ【保存版】PS4のインターネット接続が不安定時の対処法まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。