メニュー
相談受け付けてます
ネトセツでは個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ネトセツへ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」は実際どう?利用者の評判まとめ。

楽天モバイルの「最強プラン」で変わったこと。本当に最強になるの?
  • URLをコピーしました!

どれだけ使っても無制限で3,278円、楽天モバイルは「Rakuten最強プラン」が新たにスタートし、楽天エリアが届かない場所でもauのローミングエリアが無制限で「ほぼ弱点がない」というプランになりました。

ネトセツ

この楽天モバイルの最強プランはヘビーにデータ通信を使う方にとっては最高ではありますが、実際に「Rakuten最強プラン」のを利用しているユーザーの評判をまとめています。

楽天モバイル契約者、未契約者共にアンケート

994
楽天モバイルの「最強プラン」はどう感じますか?

※選択したら「投票する」を押してください。

最強プラン以前から楽天モバイル契約者の方にアンケート

718
Rakuten最強プランに切り替わってからどうでしたか?

※選択したら「投票する」を押してください。

2024年2月21日から開始。iPhoneが最大33,000円お得

もくじ(押したら飛びます)

まず楽天モバイルを開始当初から3年使い続けている私の感想

3年間使った私の率直な感想はこれです

私の居住地域は海と山に囲まれた神奈川県でもちょっと都心から外れた小田原という地域です。ただし今では楽天モバイルは海でやちょっとした山でもつながるようになっていてメイン回線として利用しています。

また実家の鹿児島の離島でも最強プランになったお陰で2022〜2023年まで繋がらなかった地域でも2024年時点では使い放題で利用でき、速度も20Mbps以上は出て快適に使える状況になっていました。

ネトセツ

ただしまれに山奥すぎて繋がらない場合や新幹線、山岳地域の高速道路を走行する場合はマイネオの低速プラン(990円/月)に切り替えてカバーして使っているので2つ合わせても3,000円〜4,000円でどこでも無制限な環境が整い、普通に満足度は高いです。

👉楽天モバイル最強プラン

楽天モバイルの最強プランは今までと何が違う?

今までの楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」プランという名称で楽天エリアが無制限、そして楽天エリアが繋がらないパートナーエリアが月5GBまで利用ができ、基本プランは3GB〜無制限で料金が変動する従量制プランでした。

  • 地下に行くと電波が届かない
  • 実家に帰省したら全然エリア外で結局auの5GBしか使えなかった
  • 楽天エリアが微妙でいつも5GBしか使っていない
  • トンネル、繁華街、建物内でいつも遅くなる

そしてこの楽天モバイルを今まで使っていた方にはこういった不満が常にあったはずです。

それはやはり大手のドコモ、au、ソフトバンクと比較して楽天モバイルはまだ屋内や繁華街、高層ビルなどで繋がりやすいプラチナバンド保有しておらず、いくら無制限でもそれを有効活用できないというシーンは多々ありました。

楽天モバイルがようやくエリア99%達成
ネトセツ

そこで今回のRakuten最強プランの最大の肝となるのが、楽天エリアが繋がらない場合の月5GBしか使えなかったパートナー回線(プラチナバンド含む)の制限の開放です。

①最強プランによりエリアも含め通信品質が向上

楽天モバイルでは自社の楽天エリアの設備強化を行って行く代わりに今まで月5GBまで使えることができたauのパートナーエリア回線の利用可能エリアを徐々に減らしてきていました。

エリアマップが98%から99%に向上

ただし6月1日からはそのauのパートナーエリア回線を逆に拡大し、実際にはプラチナバンドが繋がりにくかった都市部や建物内、地下、そして地方住まいの人に向けてエリアの改善を行うローミングエリア協定を行うことになりました。

簡単にいうと今までの楽天モバイルの弱点であった楽天エリアや通信品質をauのパートナーエリアと合わせてより強化し全国的にどこでも繋がる回線へと改善されるということになります。

ネトセツ

楽天モバイルは自社エリアだとプラチナバンドが使えませんが、Rakuten最強プランからはauの800MHzのプラチナバンドを活用することができ、全国的にエリアも通信品質も向上することになります。

②最強プランでauのパートナー回線が無制限化

auのパートナーエリアが利用できる範囲が広がった事は喜ばしいですが、問題はこのパートナーエリアが月に利用できるデータ量は5GBまでと制限があります。

通信品質がauパートナーエリアも無制限になることにより大幅に改善

そこで6月1日から開始する「Rakuten最強プラン」はこのauのパートナーエリアの5GB/月の制限が撤廃され、今まで楽天エリアが繋がらなかった地域の方でも無制限で使えるようになりました。

ネトセツ

楽天の最大の弱点であったプラチナバンド含む、提供エリア問題を克服することで本当の最強に生まれ変わったプランを実現できたという事になります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ
(2023年5月まで)
Rakuten最強プラン
(2023年6月から)
楽天エリア無制限
パートナーエリア
(auローミングエリア)
5GB/月まで
(超過後は1Mbps)
無制限
月額料金〜3GBまで:1,078円
〜20GBまで:2,178円
無制限〜:3,278円
人口カバー率98%99.9%
国内通話Rakuten Linkアプリで無料
※アプリ未使用で22円/30秒
海外通信高速データ通信2GB/月
楽天市場のポイントUP最大+3倍

Rakuten最強プランがスタートすることによって、auのローミングエリア(パートナーエリア)はプラチナバンドも無制限で使える最強仕様となります。

もちろん今までのポイントUPや海外通信、Rakuten Linkアプリによる24時間通話し放題などの条件は劣化することもなく、純粋にエリアが強化された形となります。

③auパートナーエリアが無制限化しても料金は据え置き

そしてパートナーエリアのデータ制限が開放されてもなお料金は変わらず据え置きで提供できるというのは今回の最強プランでより繋がりやすくなったユーザーにとっては喜ばしいことでしょう。

ネトセツ

楽天モバイルを利用していた方で、楽天電波の届かない地方に住んでいる方、繁華街や建物内や地下鉄などの電波に悩まされてきた方は楽天エリアが駄目でもau回線が届く範囲ならデータ量制限を気にせず安心して使えることになります。

\公式サイトでエリアもチェック/

【重要】auのローミングエリアはすべてをカバーしない

ここでauパートナーエリアが無制限化されたことで、少し疑問となる「楽天エリアはどうなるの?」という問題です。

基本的には楽天モバイルエリアへメインで接続されることになり、どうしても楽天エリアが届かない場所をauパートナーエリアがカバーする仕様は従来のプランから特に変更はありません。

KDDIが公開している「楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア」のページにてauの回線が使えるエリアをチェックしてみると、分かるかと思いますがすべてのエリアをカバーしているわけではないことが分かると思います。

基本的には楽天エリアで頑張りつつ、どうしてもダメな地域やエリア、建物内はauのローミングに助けてもらうという感覚になるので、人によってはRakuten最強プランであってもエリア問題が改善しなかったり、今までとなんら変わらず繋がりにくいという状況はどうしてもあることだけは理解しておいた方が良いでしょう。

auのローミングエリアの情報は以下

最強プランは2023年6月1日から開始

この最強プランのスタートは2023年の6月1日からのスタートとなり、6月1日以降に楽天モバイルを申し込みする方はすべてこのプランのみの提供となります。

既存の楽天モバイルユーザーは自動的に最強プランへ移行

また現在楽天モバイルを利用している方でも6月1日からはこの最強プランが自動的に適用されるので、特にプランの変更などの手続きは一切不要です。

また楽天モバイルアプリ内にあった「データ高速モード」は今までauパートナーエリア通信を節約するための機能でしたが、現在は海外ローミングエリア(2GB)を高速で使うか、もしくは節約して低速で使うかを切り替えるモードへ変更されています。

他社からのMNP乗り換えもスムーズに変更予定

また他社から楽天モバイルの最強プランに乗り換えたい場合は、今まで乗り換え前の携帯電話会社にてMNP予約番号の取得が必要でした。

ただし現在はMNPのワンストップサービスが開始され楽天モバイルもMNPワンストップ化に対応したことにより、auやドコモ、ソフトバンク等から乗り換える場合はわざわざこのMNP予約番号を取得する必要がなく、そのまま乗り換えたい携帯会社に申し込みすることでそのまま乗り換えができるようになりました。

ネトセツ

MNPのワンストップ対応事業者は今のところ、大手4キャリア、UQモバイル、Ymobile、LINEMO、ahamo、povoなどのサブブランドと格安SIMは日本通信SIM、ジャパネットたかたまでにとどまっており、他の格安SIMブランドはまだ未対応な業者が大半です。

よってMNPワンストップへ該当しない格安SIMなどを使っている場合は、今まで通り乗り換えにはMNP予約番号の発行が必要となります。

MNPのワンストップ化について

携帯電話各社間の乗り換えによるMNP予約番号の発行→乗り換え先にて申し込みの手順を省き、他社契約中でも乗り換え先の通信会社で申し込みするだけで電話番号等も引き継いですぐに利用開始できる手続きのこと。

参考:MNPワンストップ化の検討状況について(総務省)

最強プランになることのメリット

楽天モバイルが最強プランになることで得られるメリットは以下です。

  1. 楽天エリアが届かない地域でも安心して使える
  2. プラチナバンド(auパートナー回線)が無制限で使えるようになる
  3. 月額料金はそのままで使える

楽天エリアが使える人でも長距離の移動などでトンネル、地下、建物内、など少しでも楽天モバイルで繋がらないと感じていた方には今回のエリア拡充&制限撤廃は最強プランになることで大きなメリットがあります。

楽天モバイルの自社回線エリアではプラチナバンドが使えませんが、この最強プランからはプラチナバンドを保有するauのローミングエリアが無制限で使えるようになり、料金が据え置きというのもまた驚きです。

鹿児島のど田舎で離島となる地域でも無制限で利用できるので、2024年現在で楽天エリアがかなり広範囲で利用できるようになっているのは改めて実感しています。

ただし楽天モバイルのエリアがそのままau全ての高速通信で使えるというわけではなく、800MHz帯のみで一部楽天エリアが弱い地域をカバーするような形での提供となります。

ネトセツ

そのためauの800MHz帯が使えない地域で楽天モバイルを使おうとした場合は、楽天モバイルからauパートナー回線に切り替わっても圏外となるので注意が必要です。

楽天モバイルはテザリングも無制限 

楽天モバイルの最強プランはテザリングも無制限

楽天モバイルは元々auやソフトバンクのようにテザリング時には30GBまでと言ったスマホでの通信以外の制限は設けておらず、Rakuten最強プランに切り替わっても変わらず無制限で利用することはできるでしょう。

もちろん帰省中やホテルなどの移動でWiFi環境に困っている場合でも手持ちの楽天モバイルを「WiFi化」することでパソコンやタブレットすべてをWiFi接続させて通常のネット環境を整えるということも可能でしょう。

もちろんそれはauのローミングエリア(パートナー回線)であっても同じ条件です。もしもこれがローミングエリア+テザリング時のみ月○○GBまでと言った制限がかかるようなことがあれば最強プランと名乗れないはずです。

ネトセツ

また今回auのローミングエリアは当然プラチナバンドも無制限で利用できる事になるので、楽天エリアが駄目でもパートナーエリアとなるau回線が届く範囲であれば通信がし放題が可能となるのはRakuten最強プランによる最大のメリットの一つです。

最強プランになってデメリットはあるのか?

楽天モバイルが4つめの大手キャリアとしてスタートしてから散々言われ続きけてきたエリア問題。それはやはりプラチナバンドを取得していないという最大のデメリットでした。

このプラチナバンドは今後楽天が獲得するという報道が多く行われてきましたが、今回の発表は楽天モバイルがプラチナバンドを取得できたわけではなく、auとのローミングでの協定で実質的には楽天モバイル契約者がauのプラチナバンドを無制限で使えるようになるという話でした。

ということで6月1日からスタートするRakuten最強プランでは最大のデメリットとされてきたこのプラチナバンドが無いという弱点を克服できることになります。

①表面上はどちらに繋がっているか不明

今までは楽天エリアに繋がっているのか、auパートナーエリアに繋がっているかを楽天モバイルアプリ上で確認できるようになっていましたが、Rkuten最強プランに変更してからはその接続状況が分からなくなりました。

よって電波は少なからず立っているのに、どちらに繋がっているか分からないので対策のしようがなくなっているのがデメリットです。

ネトセツ

実際には2023年6月1日からRakuten最強プランによりauのパートナーエリア回線がどれほど実用的に使い放題で利用できるかは個々のユーザーが実際に体感した声を拾って行かなければ分からないでしょう。

また細かな文字で書かれていますが「※2 公平なサービス提供のため、速度制限の場合あり。環境により速度低下する場合あり」と公式サイトにも表記がされているため、大容量なファイルをダウンロードを毎日行うなどと行った過度な利用では制限の対象となる恐れがあるので、その点だけは留意しておきましょう。

Rakuten最強プランでも海外のデータ量は月2GBで変更なし

今回の楽天モバイル最強プランはあくまでも国内での通信、そしてエリアが最強になったということなので、もしかしたら海外も使い放題?とちょっぴりとした期待を抱いた方もいるかも知れません。

ただし海外利用においては従来と変わらず、毎月パケットデータは2GBまでが無料、そして海外から日本、日本から海外への電話番号発信がRakuten Linkアプリを利用するのであれば通話し放題となっています。

海外での利用で月2GBのデータ通信を使い切った後は128Kbpsの速度となります。

最強プラン(ローミング時)の速度はどれくらいなのか?

楽天モバイル利用者でauのパートナーエリアばかりに繋がる地域の方はこのRakuten最強プランでどれほどのパフォーマンスと快適度で無制限に使えるかを気にしている方もいるのではないでしょうか。

これは6月1日の本サービススタート後に分かることなので後ほど検証してみますが、流石に本家の楽天エリアよりは速度や通信品質は低いと思われます。

ただし一つだけ言えることは楽天に回線を無制限で提供することになるKDDIは本家のサービス「au」「UQモバイル」「povo」の品質を落とすことはできないはずなので、楽天モバイルで使えるauのローミングエリアは通常ののKDDIの高速通信と比べると若干速度は抑えられた通信品質になるのではないかと考えられます。

ネトセツ

au本家の無制限プラン「使い放題MAX」は月額料金が7,238円ですから、この料金差で楽天モバイルに同じ品質の通信回線を使わせることは流石に無いと考えるのが普通なので過度な期待はしないほうが良いでしょう。

楽天最強プランのデータ専用SIMも開始

楽天モバイルは電話番号を含む「音声通話SIM」のワンプランのみの提供ですが、現在はデータ専用SIMプランも開始されています。

ネトセツ

ただし料金は音声通話SIMと据え置きなので、SMSなどを使うことを考慮するのであればデータ専用SIMの優位性はないでしょう。

Rakuten最強プランと他社無制限プランを比較

大手4キャリアの無制限プランと比較

楽天モバイルドコモauソフトバンク
プラン名Rakuten最強プラン5Gギガホプレミア使い放題MAXギガ無制限
データ容量無制限
テザリング無制限30GB/月
月額料金3,278円7,315円7,238円7,238円
人口カバー率99%

このようにRakuten最強プランで最大の弱点となるエリア問題が解消されれば、無制限サービスとして考えれば楽天モバイルのやはりコスパ最強で一択ということになりますね。

またこれで楽天モバイルはauのパートナーエリアとなるプラチナバンドを有効活用することができますが、あくまでも4G通信となり5G通信は使えないので通信速度は超高速というわけではりません。

ネトセツ

もちろん楽天モバイルには光回線とのセット割引や家族割などが存在しないため、様々な条件が重なれば他の大手3キャリアが強い部分もあり、自身が契約している環境によって異なるかと思います。

今回のローミング協定でauのパートナーエリア回線が無制限になったことは喜ばしいところではありますが、通信速度や安定度に関しては過度は期待はしないで今後の動向を見守っていこうと思います。

→楽天モバイル公式サイトをチェック

Rakuten最強プラン以降、利用者の評判

まさにこういう地方で暮らしている方で今まで5GBしか使えなかった方はRakuten最強プランがスタートしたことで、かなりの恩恵を得られているのではないかと思います。

auのパートナーエリアのみで繋がっていたユーザーにとってはauローミングが無制限になったことでかなり状況が良くなったのは間違いないでしょう。

逆に今までも楽天モバイルエリアがメインであり楽天エリアが届く範囲なのでauパートナーエリアがそもそも提供されていない&あまり強化されてないエリアの方はRakuten最強プランになっても何も改善されていないという感想を持っている方が多いです。

Rakuten最強プランに切り替わってから分かったこと

Rakuten最強プランは今まで5GBまでの制限があったauローミングエリアの制限の開放になり、今まで繋がりづらかったエリアが広がったとことが最大の改善です。

ですが、、、

「もしも楽天エリアにギリギリ繋がった場所でauローミングエリアに切り替わらなかったら?」という懸念点は拭い切れていませんでした。

私もどちらかというとRakuten最強プランに変わっても状況が変わらないユーザーの一人でした^^;

結果、6月からRakuten最強プランに切り替わり、実際に楽天エリアがギリ繋がりパートナーエリアに切り替わらない場所へ再度行ってみましたが、状況は変わらず繋がらない状態・・・・

また6月に入ってからはこのように楽天モバイルエリアでも圏外になるケースがあり、Rakuten最強プランが開始してからはエリア問題が劣悪になっているような気がします。

ネトセツ

もしもこれが新プランによる切り替え作業等の一貫で一時的なもであり、これが今後改善し楽天エリア→auパートナーエリアへの切り替えがズムーズになるのであれば喜ばしいことですが、この状態が続くのであれば流石に楽天ユーザーをずっと続けてきた私でも乗り換えを検討せざるをえません。

なんとなく予想はしていましたが、プラチナバンドに繋がれば本来スムーズに行くこの状況が改善しない限り本当に楽天モバイルは最強プランとは言えないのではないかなと思います。

ただRaukten最強プランがスタートしてからは楽天モバイルでは「Rakuten最強プランプロジェクト進行中」にて徐々に基地局の設置を増やしエリアの強化は進めているようです。

2023年12月現在でも基地局の増設が結構な頻度で行われているので、実際に私が利用してきてから3年目でようやくどこでも繋がるというのを体感しています。

ですのでサービス開始当初のイメージを持っているヘビーユーザーの方は、お試しに出戻りしてみるのも良いかもしれません。

快適で電波を気にせずに使えて当たり前なのがスマホのネット回線ですから、現状繋がりづらいユーザーの離脱の可能性も含めて急ピッチで進めてもらいたいと思います。

最強プラン以前から楽天ユーザーの方にアンケート

718
Rakuten最強プランに切り替わってからどうでしたか?

※選択したら「投票する」を押してください。

相談受け付けてます

ネトセツでは個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ネトセツへ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

楽天モバイルの「最強プラン」で変わったこと。本当に最強になるの?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (8件)

  • 海外から日本への通話はRakuten link を使えば相手がRakuten link ではなくても無料では?

    • ご指摘ありがとうございます。確かに海外から日本は相手はどちらでもOKですね。訂正を行いました。

  • 確かに楽天ギリのところだと凄いストレスですよね
    なんとかAUに繋がらないかと思います
    楽天ギリのところは潔くAUに切り替えて欲しいものでふ

    • そうですよね。そこがネックです。楽天繋がっていても通信できないと意味がないですよね。
      確かにそういう時にはプラチナバンドが使えるauにサクッと切り替わってほしいです。

  • 楽天モバイルが出始めの頃、楽天リンクを使用しても通話が途切れる事はなかったのですが今年5月に街中で楽天リンクで通話すると途切れ途切れで会話になりませんでした。即解約したのですが最強プランになって通話が途切れそうな状態でもギリ楽天に繋がっている状態ならauのB18に切り替わらないなら状況はかわらないですね。不安で再契約に躊躇しています。

    • Rakuten最強プランで地域やエリアによっては状況が変わらなかったり、逆に良くなったという声も聞くので実際にこればかりは利用してみないと分からないというのが難しいですよね。

  • 自宅は近くに楽天モバイルの基地局があり、高速で無制限で使えますが、別荘はローミングエリア。別荘でのネットをどうするか考えたいたので今回のローミングエリアの無制限は吉報です。
    速度は落ちるとは当初は3Mbps前後だったのが今は6Mbps以上出る様になりました。
    固定回線としての使用なので一般の利用とは違いますが。
    現状楽天モバイルはデュアルSIMでで利用するのが良いと思っています。デュアルSIMの場合通話で非通知の問題がありますが、通話を楽天モバイルSIMで行うと設定しておけば回避出来ます。
    海外ではむしろ国内より安定して使えました。

    • 近くに楽天モバイルの基地局があるのはすごく羨ましいです。
      楽天エリアがバリバリの方であれば、無制限で通信ができてコスパは非常に高いので全然ありだと思います。
      逆に今回の最強プランがスタートして恩恵を受けた地域やエリアがあるのは間違いないと思うので、今までパートナーエリアしか繋がらなかった田舎の離島で実際に使って検証したいとは考えています。
      海外が安定しているのは初耳でした。良い情報をありがとうございます。

コメントする

CAPTCHA


もくじ(押したら飛びます)