メニュー
10秒でできるネット選びの診断ツール
ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
最近検索されているワード

ZOOM、ワイヤレスイヤホン、iPhone、PS5、PS4、サブスクリプション、WiFi、使い放題、タブレット、テレワーク、ビデオ通話、オンライン会議

あなたにぴったりのネット選びが10秒でできる診断ツール診断してみる

乗り換えでポイント還元率が高い。楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のスペックとデメリットを調査

乗り換えでポイント還元率が高い。楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のスペックとデメリットを調査
  • URLをコピーしました!

MVNOではなくドコモ・au・ソフトバンクに続き4社目のMNO(移動体通信事業者)となり2020年4月8日から本格的にスタートした「楽天モバイル」。

現在米倉涼子さんと今田美桜さんのCMや広告を目にする機会が増えてきていると思います。

また楽天は使い放題3,278円(税込)のデータプラン内で1GB、3GB、20GB、無制限と、利用に応じて段階制の料金形態により使った分だけの支払いができる従量制となっており、コスト面でも通信データ量でも使い勝手がよいプランとなっています。

このドコモ・au・ソフトバンクにとって驚異の存在となった楽天モバイルの料金プランや条件について深堀りし、「本当にお得なサービス?」なのかを徹底的にまとめてみました。

ネトセツ

私もサービス開始当初の2020年4月から利用し始めていますが、神奈川県の地方エリアでも楽天の使い放題エリアとなり快適に使えています。

読みたい場所へ押して飛ぶ

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の概要

楽天モバイルの料金スペック

楽天モバイルの新プランは「Rakuten UN-LIMIT」というプランです。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
(2021年4月からの新プラン)
データ容量 1GB〜無制限
月額料金 1GBまで:無料
3GBまで:980円
(税込1,078円)
20GBまで:1,980円
(税込2,178円)
20GB以上〜無制限:2,980円
(税込3,278円)
回線エリア 楽天エリア
※楽天エリア外はパートナーエリア5GBまで
海外エリア 66ヶ国2GB/月まで無料
国内通話 Rakuten Linkアプリで無料かけ放題
(アプリ未利用時は30秒/20円)
通話オプション 10分カケホ/月1,100円
キャンペーン MNP乗り換えで最大35,000円ポイント
ネトセツ

楽天回線エリアが自分の居住地と行動範囲内であれば3,278円で無制限にLTE回線が使い放題で、あまりデータを使わない方には1GB以内なら無料、3GBまでなら1,078円と非常にお得な料金設定です。

もちろん契約縛りはなく、エリア内であれば高品質な通信が得られて安く利用できるのが楽天モバイルの最大の特徴ですね。

\ 乗り換えで高還元ポイント /

ドコモ・au・ソフトバンクと大容量パケット定額を比較

それだけでははく電話番号を使った通話も「Rakuten Link」を使えばかけ放題となり料金も2,980円の中にコミコミというのもすごいのではないでしょうか。

各キャリアのプラン月間データ量月額料金通話オプション
Rakuten UN-LIMIT
【楽天モバイル】
無制限使い放題
(パートナーエリア5GB/月)
3,278円アプリならかけ放題
10分:1,100円
使い放題Max 5G
【au】
無制限使い放題
(テザリングは30GBまで)
7,238円5分:700円
24時間:1,700円
メリハリ無制限プラン
【ソフトバンク】
無制限
(テザリングは30GBまで)
7,238円5分:800円
24時間:1,800円
5Gギガホプレミア
【ドコモ】
無制限
(テザリングも無制限)
7,315円5分:800円
24時間:1,800円

この4社を比較してみると料金の差は圧倒的で、特にパケットデータ量と電話かけ放題を組み合わせたとしても楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」がいかにコストが優れているかは一目瞭然です。

楽天モバイルは乗り換え先として現在トップ。

またこの「Rakuten UN-LIMIT」はエリア外であった場合はパートナー回線エリアとして5GBが利用でき、使い切った場合でも1Mbpsで使い放題です。

今後のエリア拡大を期待してサブ回線として使うのも良いですし、1GB以内のデータ利用に抑えておけばずっと無料で使えるので1GBが無料で使える通信回線は他には存在しないことを考えると唯一無二のプランといえます。

楽天モバイル公式:https://mobile.rakuten.co.jp/

実際に私も契約して届いたので持っているスマホで楽天モバイルが安定して使えるかレビューています。

楽天モバイルのデメリット

LTE回線が使い放題でさらに国内通話かけ放題で3,278円(税込)では条件が良すぎますし、料金プランが桁違い過ぎて逆に勘ぐってしまいますよね。

ということで当然存在する楽天モバイルのデメリットについてまとめました。

①楽天回線エリアが使えない地域がある

この「Rakuten UN-LIMIT」プランで完全データ使い放題の対象となる楽天回線エリアが大手のドコモ、au、ソフトバンクと比べるとまだまだ発展途上となり一部エリア外で使えない地域が存在します。

完全データ使い放題の対象となるは楽天回線エリア、すなわち楽天基地局からの楽天専用のLTE通信を受信時に使えれば使い放題対象 のデータ通信となります。

2020年4月のサービス開始当初の関東エリア

東京を中心とした関東エリアで見てみるとこの濃いピンク色のエリアが楽天回線エリア(使い放題対象エリア)となります。

2022年2月現在の関東エリア

ネトセツ

とはいっても2022年2月現在では約2年間の間に急ピッチでエリアの拡大を進めてきており、楽天モバイルがいかに頑張っているかがわかるかと思います。

もちろん以外の薄いピンク色はパートナーエリアとなり「Rakuten UN-LIMIT」プランでの使い放題対象エリアとはならず月に5GBまでしか通信が行えず5GBを超えてしまった場合は1Mbpsに制限されてしまうのです。

2020年2月のサービス開始当初の本州エリア

更に範囲を広げてみると2020年のサービス開始当初では使い放題で使えるエリアは大阪、神戸、京都、名古屋、東京、千葉、埼玉、神奈川あたりの一部の地域しか実際には使えませんでした。

2022年2月現在の本州エリア

今では全国の都道府県でも市街地を中心に徐々に広がりを見せているので、あと1〜2年もすればどこでも楽天エリアにつながるような状況になる可能性が高いです。

ただ今での一部の山岳部などの地域については楽天の通信エリアが届かず5GBまでのパートナーエリアしか使えない可能性もあるので、楽天モバイルが気になっている方は、この使い放題の対象となる楽天回線エリア対象となるか必ずエリアをチェックしておきましょう。

👉楽天モバイルサービスエリアをチェックする

楽天モバイルの通常プランに組み込まれている「電話かけ放題」はスマホ標準の電話アプリではかけ放題になるのではなく「Rakuten Link」アプリによる通話でなければ対応できません。

ネトセツ

もちろん通常のスマホ搭載のアプリでも電話はできますが、20円/30秒の料金がかかるので、電話代を浮かしたいのであれば、Rakuten Linkアプリのインストールは必須です。

ただこのRakuten Linkアプリがちょっと癖があり、Androidでは問題がありませんが、iPhoneの場合はRakuten Linkアプリで着信することができません。

よってRakuten Linkアプリで発信した側には特に問題がありませんが、相手側も楽天モバイルを利用している場合でiPhone標準の電話アプリへの着信履歴から折り返した場合は料金が発生してしまうというデメリットがあります。

Rakuten Linkの本質問題

以前私が通話としてRakuten Linkアプリを使ったことがありましたが、通話音質は非常に良くなかったです。その時の感覚でいたので基本的には通話手段としては使わずLINE通話などをつかっていました。

ただしサービス開始当初より通話品質はかなり向上しており、2022年現在ではRakuten Linkでの通話も標準通話アプリと変わらない音声品質を体感できました。

iPhoneでこのRakuten Linkを使う場合は着信時のデメリット等はありつつも慣れ次第では有意義に使いこなせるのではないかと思います。

③iPhoneはSMSが有料

AndroidはRakuten Linkを介しての標準のSMSの送受信ができるため、無料範囲内でSMSの送受信が可能です。

ただしiPhoneはRakuten LinkアプリでのSMSの送受信ができません。よってiPhone標準のSMSを使うと100円(不課税)が発生してしまうのでSMSをメインで使う方には非常に向いていないです。

この楽天モバイルのiPhone+Rakuten Linkの仕様については今後も変更の予定がなさそうなので、iPhone利用者にとっては少しハードルが高く、使い勝手が悪く感じる点もあるかも知れません。

ネトセツ

iPhone利用者でもメッセージのやり取りがLINE、そして通話もLINEという方には全然楽天モバイルのこの仕様が邪魔になるわけではないので問題なく楽天モバイルをおすすめできます。

楽天モバイルのメリット

デメリットを色々とまとめてきましたが、楽天モバイルはそれ以上にメリットも多く存在するので、デメリットを理解した上でメリットについても改めて確認してみると良いでしょう。

①最新のスマホ端末が安く手に入る

楽天モバイルではMNP乗り換えと同時にスマホを購入する方に大きな楽天ポイントバックのキャンペーンを実施しています。

特に最新のiPhone 13シリーズがドコモ、au、ソフトバンクの大手3社と比べても圧倒的に安く入手することができます。

理由としては楽天モバイルで販売されているiPhoneはAppleストア公式と同じ価格で販売しているのに対し、auやドコモ、ソフトバンクは多少の上乗せをして販売しているのが大きな違いです。

iPhone 13
(128GBの場合)

Appleストア98,800円
楽天モバイル実質78,800円
(MNPポイント2万還元時)
ドコモ実質89,672
(MNP 5G WELCOME割22,000円割)
ビックカメラ
ヨドバシカメラ
97,812円
(5%還元時)

そこに更に新規もしくはMNPによる乗り換えのキャンペーンによって高額なポイント還元で実質的には非常に安くなるということです。

②1GB使わなかった月は無料

1GB使わなければ無料、たくさん使っても無制限で3,278円。

モバイル通信業態では当月に使っても使わなくても同じ定額料金の請求を行うことが大半です。

ただし楽天モバイルはもしもWiFi環境が多くあまり使わなった月はその使ったパケットデータ消費量に合わせて料金を抑えることができます。

ドコモやau、ソフトバンクにも使った分だけの従量制プランが存在しますが、料金が非常に高く、楽天モバイルの比になりません。

auの従量制プランは高すぎる

あまりデータを使わない方を対象としたauの「ピタットプラン 4G LTE」を例にして比較すると以下のようになります。

楽天モバイル
Rakuten UN-LIMINT Ⅵ
au
au ピタットプラン 4G LTE
〜1GB 無料 3,728円
〜3GB 1,078円 4,928円
〜4GB 2,178円

〜7GB 6,578円
〜20GB
無制限 3,278円 なし

このようにauの場合は1GB以内の利用であっても4千円近くの月額料金を払わなければいけないのに対し、楽天モバイルは無料、そして3GB、20GB、無制限とライトに使う方からヘビーに使う方幅広く対応しています。

ネトセツ

当然毎月同じペースでパケットデータを使うわけはありませんし、休日が多いときにはたくさんデータを使うシーンもあるでしょうからそれらにすべて柔軟に対応しているのは楽天モバイルだけではないでしょうか。

ライトに使う人にもヘビーに使う人にもおすすめ

楽天モバイルはライトユーザーにもヘビーユーザーにも最適なワンプラン

楽天モバイルはサービスがスタートしてもう2年経ちましたが、ものすごい速さでエリアは拡大しています。

ネトセツ

実際に私はサブ回線として楽天モバイルをデュアルSIMで差し込んでおり、当時は楽天モバイルエリア内ではなかったため、通信もほぼ使っていませんでしたが、いつの間にかエリア内になっており無制限で使えるようになっていました。

ですので、エリアが当初と比べてもかなり広範囲になっているので、サービス開始当初にエリア外で諦めていた方は改めて自分の居住エリアが楽天エリアになっているか確認してみると良いでしょう。

楽天モバイル公式:https://mobile.rakuten.co.jp/

ネトセツ
ネット回線やトラブルなど質問があればLINEやTwitterなどでも質問を受け付けています。

ネット選びに困ったら診断

ネトセツのインターネット回線選びの診断ツール
乗り換えでポイント還元率が高い。楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のスペックとデメリットを調査

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


読みたい場所へ押して飛ぶ
閉じる